FC2ブログ





毎朝起きてランモバを開いてレディンの顔を叩くのをそろそろやめようかと考えてる

20200109_150721000_iOS.png

ティアリスから告白された。

はじめは違和感しか覚えなかった彼女のボイスも、流石に月日が経てば慣れる…
…なんとことはなく、聞けば聞くほど違和感が増幅する不思議。
もっとロリ声出せる声優呼んでくれば良かったのにね。
20200114_123726000_iOS.png

カルザス王家は往々にして銀髪の娘たちで構成されているのがラングの務めである。
なのだが、ランモバ内で銀髪キャラとして認識されているのはルナとシェリーだけで、クラレットは白髪、ナームに至ってはピンク髪である。
確かに見ようによっては銀髪は白髪にも見えなくないが、何となく老け込んだイメージを持ってしまう。
そりゃ親戚殺してるし王族が支持されなくなって家出はするし、旧作声優亡き後の後継者がホモときたら気苦労の1つはするかもしれないけれども。
そしてピンクはないだろうピンクは。ナームの髪をそう表現している場面に直面した時、私は少々違和感を感じた。

20200114_130459000_iOS.png

nm.jpg

試しに旧作のゲーム画面と確かめたところ… ピンク髪と断ずるには根拠は弱いが、確かに赤みがかってはいる。
そしてゲーム内マップでのアイコンでは完璧に銀髪である。しかしパッケージイラストだと全体的に髪色が青みがかってるような印象を受ける。
これらの事実を踏まえると、ナームは他の銀髪キャラと比べて髪色が全体的に分かり辛い。

これはうるし原先生が初代ラング発売期と同時期に作成していた、「レジェンドオブレムネア」の主人公、レムネアでも同様の事象が確認できる。
レムネアは作中では一貫(と言っても一、二言くらいしか出てこないけど)して銀髪であることが描写されているが、
カラーイラストだとイマイチ髪色が統一されておらず、ルナみたいな白髪の時もあればナームみたいな薄紫、あるいは薄ピンクみたいな時もあり。
後年発売されたフィギュアではなんと紫色で統一されたこともある。
当時のうるし原先生としては、銀色を表現する色使いに少々苦労していたのかもしれない。(にしても紫はないだろうと思うが)


619169.jpg

ティアリスの影に隠れがちだが、ナームのキャラも旧作と比べると結構変わってる印象を受ける。
どちらかと言うと旧作時点でのナームのキャラはルナみたいなクールタイプだったのだが、
ランモバは全体的にギャルっぽいキャラ付けにまとまっている。十中八九担当声優が変わったせい。
旧作時点で定まり切っていなかったキャラを確定させる意味も込めて、どっちつかずだった髪色をピンクの方に振り切らせたのだろうか。



そんなくだらないこと考える暇があるくらい、今のランモバはコンテンツ不足で退屈である。
早く大型アプデこないかな。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2020/01/14 22:56 ] ラングリッサーモバイル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/2347-1348c9a7