FC2ブログ





今週のスター☆トゥインクルプリキュア 49話(終)

スター☆トゥインクルプリキュア 第49話 『宇宙に描こう!ワタシだけのイマジネーション☆』

スタプリep49_0

宇宙空間でその涙の流れ方はおかしくないかしら。
◆序論

例えるなら、歴史とは終わらないワルツのようなものです。戦争・平和・革命という三拍子がいつまでも続く……
ノットレイダーとの戦いを終え平和を手にしたプリキュア達に待ち受ける革命とはいかなるものなのか。
蛇遣い座の人が「お前たちの作る世界の行く末を見ているぞ」と言われた以上、多少なりとも「その後」を真面目に描いてほしいものですが、
このアニメは真面目じゃないのでキレーな後日談をパパっと作っておしまいです。
うんこ。


◆本論

◇スタプリ世界の「その後」

全員現代の姿の等身を大きくした程度の変化しかなく、全然成長した感じがしません。
メイン視聴者であるチビッ子でも見分けられるように、敢えて変化を低くしたのでしょうか。
だったら成長後の姿なんて描写するもんじゃないと思いますが…
そんでもって、各キャラの母親だけやたら小皺が分かりやすく描かれていたのは何故なのか。父親の方はそうでもなかったのに。

そもそもな話、5人とも未来への展望があやふやな状態で未来の姿を描かれても反応に困ります。
ひかるは初期設定から安易に想像できるようなベタな未来しか提示できてない(そして彼女固有の想像力はガン無視)、
ララルンは現代とやってることが変わってないみたいですし、ユニは… 多分未来でもニート生活を満喫してるんでしょうね。
まどかに至っては無理矢理ひかると接点を作るためにあの職業に就いたとしか思えないです(当然の如くピアノについてはガン無視)。
未来へのビジョンを多少なりとも描いていて、それを成就させたのは えれなくらいじゃないでしょうか。
まあ、成就したから何なんだって話なんですけど。過程が抜け落ちてるので感動もクソもないです。

多分、上からの命令で「成長後の話も書いて! 早急でお願い!」て言われたからやったんでしょうね。
上層部も何故成長後の話を入れなきゃいけないのか分かってなさそうです。


◆まとめ

スター☆トゥインクルプリキュアは、当ブログにとって記念すべき重要な立ち位置にある作品です。
実は感想の書き方を統一し、1話から最終話まで通して感想を書いたのは本作が初めてです。

劇中の台詞を描き起こさなければならない以上、該当シーンや前後の流れを何度も見なくてはならないので、
ストーリーに関する勘違いや誤認識は減ったのではないかと思います。
また、ある程度記事内容も整理できて読みやすくなったのではないかと。
反面、感想を書き起こすのに従来よりも時間が掛かってしまうようになったので体力面ではややキツくなりましたが。

これでニチアサ4番組体制に戻ったらやってけません。
ゾロリやバトスピが週次アニメ枠に復権するという噂も聞いてますが、仮にニチアサに戻ったら多分感想はスルーします…





とかどうでもいいこと考えるくらい、今日のスタプリは言うこと殆どない回でした。
この手のフォーマットの作品は、最終回になると決まってコメントに困るのが難点ですね。それ以前の問題かもしれませんが。
込み入った感想は後ほど挙げる予定の総合記事にて書き記す予定です。あまり遅くならないようにします。


スタプリep49_1
関連記事
スポンサーサイト




総合記事待ってます

あまりにもどこかで見た光景ばかりでイマジネーションとは?と疑いたくなる最終回でした。
時間を飛ばしてさも何かを得たり解決した形にもっていくのはまほプリでもやっていたので虚無を感じてました。

その一方で、(消化の関係で)猫に米を大量に摂取させてはいけないというのを思い出し、
ユニにおにぎりを勧めたり食べさせるのは実はまずいことなのではないかと思ってます。
昨今、食べ物からくるアレルギーのことも気にかけなければいけないご時世ですから、
考えなしに食べ物でコミュニケーションを図るというのは無神経に感じますね。

最後に、全49話並びに劇場版の視聴及び感想お疲れさまでした、
感想の書き方を変えたとのことで並々ならぬ苦労があったと思いますが、
それに見合うものはありました、実際自分の中でもやもやしていた部分がここで解けた部分もあったので
ありがとうございました。
[ 2020/01/26 20:14 ] [ 編集 ]

一年前の予告通り令和初投稿です。

エピローグとしては可もなく不可もなく無難ですが何の感慨も湧きませんね。
まどか除き各キャラの初登場時に何となく「こういう職に就くんだろうな」という
予想から寸分違わずそうなっただけです、ひかるが宇宙飛行士になるなんて安直すぎて逆に驚きです、悪い意味で…
あとオマケの戦闘は蛇足中の蛇足な上、只でさえ扱いの悪い大人キャラを更に貶めるだけでした。
何はともあれ4クールもかけてキャラの心情や実績の積み重ねなど殆どされていなかった本作。
メインテーマであろう「イマジネーション」がバトルでもプライベートでも発揮できていませんでした。

そもそもひかるって目の前の未知に対して「キラヤバ!」「知りたい」と言っているだけで「想像」する事が無かったですからね。
目の前の現象にリアクションするだけなら野生動物でもできます、ヒトのみが持つ「認知機能」の一つが「想像」です。
「答え」が目の前になくとも想像力を働かせればペンを探す方法やララの正体がばれるピンチを凌いだりカッパード達の身の上を知ったり。
敵の正体や事件の真相を掴む事も可能だったはずです、しかしプリキュア達はタナボタ展開の乗っているだけでした。
とどのつまり「まほプリと同じ」と言えばそれまでですが本作は変に背伸びしてシリアス要素も入れようとしてるからたちが悪い…

>まどかに至っては無理矢理ひかると接点を作るためにあの職業に就いたとしか思えないです(当然の如くピアノについてはガン無視)。
宇宙飛行士になった主人公の『ついで』で宇宙開発責任者になった娘の『ついで』で内閣総理大臣になったポンコツ親父はもっとたちが悪いですね。
現実とはかけ離れた緩い展開が許されている女児向けアニメにあえて投入した『リアリティ』。
その象徴たる香久矢冬貴というキャラクターですが、はっきり言って失敗でした、もう二度とやらないでください(語録無視)

>込み入った感想は後ほど挙げる予定の総合記事にて書き記す予定です。
私としてはこれ以上言うことは無いので次回作に備えるだけです。
今期は岡山の県北が舞台の「推しが武道館いってくれたら死ぬ」、ブンビーが久しぶりに主人公声優を務める「ドロヘドロ!(名作)」
そしてY.AOIを一躍スターダムにのし上げたまどマギのスピンオフ「マギアレコード」と。
新作アニメが続々と始まっているので、ノンケの私はそちらの視聴が優先です。
「ヒーリングっど♥プリキュア」もこれらと肩を並べられるノンケ幼女向け作品になることを祈るばかりです(切実)
[ 2020/01/26 20:54 ] [ 編集 ]

一番好きになれたかもしれないプリキュア

やっと終わりましたね。ってなんですかこの話は?
前半は割と良い感じの話じゃんと思ってたらまさかの夢オチとかフルボトルバスターぶっ放したくなりますよ!!!

後半にはやっとロケットらしいロケットがスタプリに登場しました。
しかし、国産初の有人ロケットなのに形がまんまアメリカ製であるSpaceX社のファルコン9ロケットとクルードラゴン宇宙船です...
スタプリ世界の三菱重工は倒産したのでしょうか...?

さてもうスタプリは終わりです。
タイトル文についてですが放送前はそう思ってました。
だって大好きな宇宙とプリキュアが一緒になったんですから。
実際1クール目は楽しめてました、2クール目以降はダレてましたが。
今思えばキャラ萌えで見てたようなものでした、美人は三日で飽きるならぬ三ヶ月で飽きるですね。
美少女アニメが1クールで終わる理由が分かった気がします。

私が何回も不満を垂らした宇宙描写、個人的にはリアル志向サイエンスが理想ですが別にドラえもんみたいなフィクション多めのサイエンスでも、聖闘士星矢やセーラームーンのようなフ星座や神話に全振りの宇宙描写でも良かったのです。
ただ、一つ求めた事はモチーフに真剣に向き合う事。
アラモードはスイーツ描写は監修のおかげか頑張ってましたし、ハグも子育て要素は取り組もうという気は感じられました。
しかし、スタプリの宇宙はなんですか!?まるで邪魔だと言わんばかりの扱い...
せめてスタッフは小学館の図鑑くらい読んで欲しかったなぁ。

来季は地球とか癒しがテーマです。個人的には環境保護や公害を例にあげて地球を良くするのも悪くするのも人間だって感じの話をしてほしいですがさすがにプリキュアには荷が重いかななんて思ったり。
もうさすがに学習したので期待値ゼロですが女は可愛いので1クールは見ようかなと思います。
それでダメなら視聴切ります。
[ 2020/01/26 21:01 ] [ 編集 ]

Re: 総合記事待ってます

さくにゃん様、コメントありがとうございます。

>あまりにもどこかで見た光景ばかりでイマジネーションとは?と疑いたくなる最終回でした。
想像力つーか、予定調和みたいな感じでしたね。
多分何も考えてなかったんでしょうけど。

>その一方で、(消化の関係で)猫に米を大量に摂取させてはいけないというのを思い出し、
ユニにおにぎりを勧めたり食べさせるのは実はまずいことなのではないかと思ってます。

その線で行くと多分ドーナツもダメです。というか肉食動物であるネコに人間向けの食品を与えるのは基本的にご法度だと思います。
でもユニはネコというか猫人間なので、特に問題ないんでしょう、制作側にとっては。
もしくは特に何も考えてなかったか。

>感想の書き方を変えたとのことで並々ならぬ苦労があったと思いますが、
それに見合うものはありました、実際自分の中でもやもやしていた部分がここで解けた部分もあったので
ありがとうございました。

そう言ってもらえると本当にありがたいです。1年間ありがとうございました。
[ 2020/01/27 01:13 ] [ 編集 ]

Re: 一年前の予告通り令和初投稿です。

ちくわぶドロボー様、コメントありがとうございます。

>あとオマケの戦闘は蛇足中の蛇足な上、只でさえ扱いの悪い大人キャラを更に貶めるだけでした。
ただの落とし物を見せるためだけに専門家の人を呼ぶとか、
まどかパパもひかるパパもどんだけ暇人なんだと思ってました。

>宇宙飛行士になった主人公の『ついで』で宇宙開発責任者になった娘の『ついで』で内閣総理大臣になったポンコツ親父はもっとたちが悪いですね。
あれおかしいね、出世コース外れたはずなのにね。
一念発起して再スタートしたのでしょうかね。本編からはそんな気配微塵も感じられませんでしたが…
基本的に本作におけるサブキャラは、メインキャラを引き立てるか、どうでもいいミスして恥晒すかのどちらかばかりでしたね。
前者は観星中の生徒、後者はそれこそまどかパパや星空連合が当てはまると思います。
[ 2020/01/30 01:28 ] [ 編集 ]

Re: 一番好きになれたかもしれないプリキュア

反省会のスレの民様、コメントありがとうございます。

>しかし、スタプリの宇宙はなんですか!?まるで邪魔だと言わんばかりの扱い...
せめてスタッフは小学館の図鑑くらい読んで欲しかったなぁ。

話を聞いた限りでは、元々「宇宙は男の子向けじゃないか?」と不安がる声もあったみたいですね。
結局女の子へのアピールというか、話の中に上手いこと落とし込むこともできなかったようですが。
スタプリこんなんばっかでしたね。
[ 2020/01/30 01:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/2358-cddbb664