HGUC ガンダムデルタカイ ちょっと改造してみたお(`・ω・´)

IMG_0484.jpg

以前私がその出来栄えについてボヤいた、『HGUC MSN-001Xガンダムデルタカイ』
UCのMSとは思えないほどのヒロイックのデザインと、MSVらしいゴテゴテした武装。
そのカッコよさに惚れた私に待ち構えていたのは、HGストライク並みの低可動
最もHGストライクの出来栄えがそこまで悪いわけではなく、むしろ可動に特化してないのはHGUCではよくあることなのですが、
00やAGEに慣れた私にとっては頭を悩ます課題でした。ゴテゴテしすぎて動かすとパーツがすぐ取れるし。

しかしここまでの造形とデザインを無下にするのはあまりにも惜しい。
まあ何が言いたいかといいますと、


IMG_1467.jpg

ちょっとだけ改造してみました!
本当にちょっとだけですけどね^^;
IMG_1468.jpg
手を加えたのはここの肩関節。
HOBBY BASEから発売されている「関節技ロールスイングジョイント 中」を使用しました。
腕側の軸に付属のボールを装着させ、後はボール受けを胴体に移植させるだけです。
胴体の移植がかなり苦労しましたね。予想以上に中を削ったりしますから…^^;


IMG_1470.jpg
後細かいことですが、全体のカラーリングの紫と黄色の部分を、
ガンダムマーカーのメタバイオレットとゴールドで塗りつぶしました。
シール使うとブンドドに支障きたしますし、塗装初心者の私ではカラー混ぜるのとか苦手なので…


IMG_1473.jpg
左手にシールドを付けることを考慮しなかったのですが、意外とヘタりません。
とはいえ実際に行う際は左側だけでもボールに瞬着コーティングさせたいところです。


IMG_1471.jpg
サーベル抜刀もこんなカッコよく… ってあんまり変わらないか。


IMG_1472.jpg
で、サーベルも付属のものでは短すぎるので、RGのビーム刃の軸を削って装着できるようにしました。
この方が断然カッコいいです。


IMG_1475.jpg
やはりサーベルでの斬撃シーンはボールジョイントのように、角度を付けた方がカッコいいかと。


IMG_1477.jpg
最後はファンネルも発射して、キメ!


画像では分かりにくいと思いますが、実際にやってみるとかなり違いますよ!
これでデルタカイのヒロイックなデザインも余すことなく堪能できます。
同じデルタシリーズであるデルタプラスとデルタガンダムも同構造なので、同じ技術が使えそうです。
最もボール受けの胴体移植は結構骨が折れますが…^^;

今後の課題点としては、MA形態への変形と合わせ目消しの方かな。
ぶっちゃけMA変形については既にキットを2つ購入した為、既に作ってあるので解決してるっちゃあ解決してるんですがw
あとは腰周りの可動とかにも手を入れてみたいですね…


 

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/08 00:42 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/259-a86a4ba9