今週の最強銀河 究極ゼロ 1話

最強銀河 究極ゼロ 1話 『登場!アルティメットだ一番星!!』

ゼロep1 0

ゲートオープン! 界放!
ゼロep1 1

アニメ開始早々、いきなりのバトルシーン。しかも両者ライフ1という超大詰めの様子。
相手プレイヤーであるリドルのスピリットは3体。ダーク・ティラノザウラーにレックス・ビートザウラー… かつての赤き黒のソードアイズを彷彿とさせます。
対するこちらのスピリットは小さい弱小スピリット1体のみ。これではアタックを防げません。
が、こちらのプレイヤーは余裕の表情でフラッシュ「バーストシールド」を発動。
このカードの効果でコスト4以上のスピリットからの攻撃を無効化。これでこちらのライフは現状維持のまま。
続けてこちらのターン。キースピリットの召喚の為、コア4つを確保する。そして…

ゼロep1 2


「出力! レベル5! 白銀の守護神!『アルティメットオーディーン』発進!」
現れたのは巨大な白スピリットであるアルティメット・オーディーン! レベルはなんと5! BPは20000!
あまりの風格に、相手プレイヤーであるリドルがたじろぐ。


ゼロep1 3

「貴様、何者だ!」
「我が軍は白き軍… そして我が名は白銀のゼロ!」

ゼロはアルティメット・オーディーンの召喚時効果でランスモザウルスを手札に。
更に続けてオーディーンの【U(アルティメット)トリガー】を発動。
【Uトリガー】とは、相手のデッキの一番上をトラッシュに置き、そのカードのコストが【Uトリガー】持ちのスピリットよりも低かった場合効果を発動するというもの。
リドルのデッキの一番上にあったのはダーク・ディノニクソー。コストは2。そしてオーディーンのコストは6!


ゼロep1 4

【Uトリガー】発動! 相手スピリットは全員アルティメット・オーディーンをブロックできなくなってしまった!
リドルはオーディーンのアタックをどうすることもできず、オーディーンの攻撃をライフで受けるのでした…
「白く輝け一番星! 轟け! 勝利の凱歌!」


ゼロep1 5
ゼロep1 6

と、いうわけでアニメ放映初バトルで勝利を収めた白銀のゼロ。
その正体は一番星のレイ(CV:中村悠一)というアルティメット使いのカードクエスター。
相棒のムゲン(CV:井口裕香)とクッキングロボであるソルト(CV:福山潤)共に銀河一のお宝を探してバトルスピリッツをしているという。
レイは「1」という数字に深いこだわりを持っているようで、好物はコーラとピザ。凄く太りそうです。
一方のムゲンは人前で平然とオナラを連発する陽気なちびドラゴン。バトルの時はスピリットとしてカードに変身するようです。
彼らが捜している究極のお宝というのが、宇宙の何処かにあるという「究極のバトルスピリッツ」とのこと。
ただしその情報についてはからっきし。ひとまず彼らは自前の宇宙船である「一番星号」でステーションに向かうことに。


ゼロep1 7

ステーションのバーを訪れたレイとムゲン。
レイはバーのマスターに究極のバトルスピリッツについて聞いてみるも、やはり情報はナシ。
そんなことよりステーション内では「白のアルティメット使いが現れた」という情報でもちきりだそうです。
もちろんその正体は白銀のゼロ=レイであるが、レイはどうやら秘密にしておきたい様子。


ゼロep1 8

そんな話をしていると、バーに謎の男と、相棒と思しきちびドラゴンの2人組が。
彼らが入ってきた瞬間、突如としてバー内がざわめきだしてしまいました。
彼の名前は流れ星のキリガ(CV:前作でブリンガーやってた人)。ちびドラゴンの名前はイアン(CV:白石涼子)
彼らは悪名高いギルドのメンバーであり、そのギルドの中で一番強いのがキリガだという。
そんな話をマスターから聞いたレイは、「一番」と聞いてキリガに興味津々。早速バトルを申し出ることに。
「一番星と流れ星か… 強く輝いているのはオレの星だな!」
「…君の宇宙は随分と暗いんだな」
「お前こそ強いってもギルドの中で…だろう?」
キリガにバトルを申し出る命知らずに驚きを隠せないバーの客たち。
何やらムゲンとイアンもお互いをライバル視している様子…


ゼロep1 9

と、そこへ突然緊急救難信号というものが。
内容を察するに、「揉め事が起きてバトルで解決しなきゃいけないんだけどバトルできないから代わりに誰かバトルして!」というヘルプコールとのこと。
信号を発したのは地球に住むライラ・エイプリルという少女。ギルドのメンバーと揉め事の様子…
ギルドメンバーの揉め事ということで、キリガは地球に向かおうとしますが、レイが競争心を抱き始めた為、レイの方が先に地球に行くことに。


ゼロep1 10

で、その揉め事が起きている地球。
如何にも胡散臭そうなギルドの3人組に絡まれているのが、救難信号を出したライラ・エイプリル(CV:伊瀬茉莉也)とその弟ラクト・エイプリル(CV:釘宮理恵)
どうやらラクトが持っている宇宙コンパスという代物をギルドが狙っている様子。
で、この世界では揉め事はバトルで決着を付けるとバトスピ法なるもので決められているそうですが、その際はお互いバトルで賭けるものを決めなくてはならないという。
ライラは救難信号を待ちくたびれたのか、デッキを取り出し勝負に挑むことに。ライラ側が賭けるのは宇宙コンパス。ギルド側が賭けるのは宇宙船。というわけでいざバトル!


ゼロep1 11

即終了。
ちなみにバトル開始~終了までの現実での時間は約25秒早い! そして弱すぎるぞライラ!
バトスピ法の定めによりラクトはギルドに宇宙コンパスを奪われてしまいました。
宇宙コンパスを手に入れて大層ご満悦なギルド3人組。と、そこへレイの宇宙船が。
颯爽と代理バトラーとして登場したレイ…でしたが、既にバトルは終了。ライラがバトスピをせずにじーっと待ってればよかったものを…


ゼロep1 12ゼロep1 13
ゼロep1 14ゼロep1 15

ギルド3人組はそれぞれ自己紹介。
3人組は自称ギルド最強のギルドメンバー「銀河三羽ガラス」という名前のグループで、リーダーで語り弾き好きなのが流しのワタリ(CV:山口勝平)。常に言葉をラップ調で話すのが目覚めのツルハシ(CV:宮野真守)。オカマ風で太ましいのが怒りのハシブト(CV:強いられてるんだ!)。ノリノリで話す自己紹介に一同茫然。

「次はボクがバトルする!」とリクトが名乗り出るも、賭けるものがないので三羽ガラスからあしらわれてしまいます。
するとどういうわけかレイがバトルを売って出ることに。ギルド最強と言われて黙ってるわけにはいかなくなったようです。
レイはバトルに自らのキースピリットカードを賭けることに。ワタリもそれを認め、ハシブトがバトルに買って出ることに。

ゼロep1 16

「お前を燃やす色は… だッ!」
というわけでゲートオープン、界放!
バトスピ恒例のバトル用のコスチュームチェンジのシークエンスも完備。
でも何故か今回は半裸からの変身姿に。ライラの時は一体どんなシークエンスになるの…
こうしてレイが変身した姿は赤デッキを主体として使う灼熱のゼロに!

第1ターン、ハシブトはデモ・ボーンを召喚してターンエンド。
第2ターン、ゼロはファイザードと相棒のムゲンのカード版であるムゲンドラを召喚。
第3ターン、ハシブトは「命闘志バラム」を召喚。そしてデモ・ボーンでアタック!
ゼロはファイザードでブロック。デモ・ボーンは破壊されるも、デモ・ボーンの効果【呪撃】の効果でファイザードも道連れに。
続けてハシブトはバラムで攻撃。ゼロはライフで受け、残りライフを4に。
「たまんねぇな! ギラギラ来るぜ!」
燃え上がるバトル展開に、次のターンでゼロはキースピリットを召喚する!


ゼロep1 17

「起きろ、灼熱の竜! 『アルティメット・ジークフリード』! 俺と共に熱くなれ!
相手がアルティメット使いであることに驚く三羽ガラスの3人。ライラとラクトもビックリ。
ゼロはそのままムゲンドラでアタックし、ハシブトのライフを4にしてターンエンド。

次のターン、ハシブトはデモ・ボーンを再召喚し、バラムでアタック。
それをアルティメット・ジークフリードでブロック! BP勝負ならジークフリードの勝利。
しかし、バラムには【呪撃】がある! これでは相打ち状態になってしまう…
「アルティメット、道連れにしてやるわ!」
バラムの呪いが蝕み、ジークフリードは早くも破壊…


ゼロep1 18

されない!これはいったいどういうことなのか!?
「こんなもんで驚いてたら後がもたねぇぜ。もっと凄いの見せてやるよ!」


・感想
というわけで堂々始まりました! 最強銀河 究極(アルティメット)ゼロ! 厨二病も真っ青なネーミングセンスだ!
元気一杯テンションMAXで中々良い雰囲気ではありますが、如何せん説明が少ないかな…
独特の世界観なのに、「ステーション」や「ギルド」などの用語は「察しろ」と言わんばかりにノータッチ。
今までバトスピアニメを見てきた人達なら空気読んで馴染めそうですが、初見さんには少々ハードルが高いか?
新カードである「アルティメット」の説明が全くされていないのはまあシナリオの都合ということで…
代わりに白銀・灼熱のゼロを1話で両方とも披露するという詰め込み具合。悪いことではないと思うけど、ちょっと方向性が思ってたのと違うと言いますか…^^;
無理しなくても、冒頭のバトルシーンは廃止して、ライラのピンチとか灼熱のゼロのバトルシーンに尺を費やすべきだったかと。
とはいえ今までバトスピアニメ全シリーズ制覇してきた私にとっては十分な掴みだと思います。
アルティメットの効果を予習しておいて良かった…

メインキャラの声優さん達の紹介は多すぎるのでキャラの名前の横にCV表記で出させていただきました。
ご覧の通り、ソードアイズを更に超える(であろう)超豪華声優陣です。知らねー人いねーよ!
諏訪部氏はもちろんのこと、福山氏や釘宮さんも前作から続投しています。強いられている人も実はブレイヴ時代にバトスピ出演歴があります。
釘宮さんは今回も前作同様少年役ですが、声質的にはハクアと亜久里の中間ぐらいかな? 舌足らずなところが可愛い。
そして主役を務める中村悠一さんはシリーズ初の主役男性声優! これからも頑張っていただきたいですね!

それでは今年のバトスピも1年間よろしく頼むぜ!
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/22 12:13 ] 最強銀河 究極ゼロ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/273-8f0db743