FC2ブログ





なんかロストテクノロジーをいじくってるみたいでカッコイイ

先日、PSP, PS3, PSvita向けのPSstoreの購入サービスが2021年夏をもって終了することが発表されました。
いつか来るとは思っていましたが、実際に直面すると改めて時代の経過が感じられます。

PS3コンテンツはともかく、ゲームアーカイブスがこれから新規購入できなくなるのはちょっと辛いです。
幸い再ダウンロードは可能とのことですが、そのサービスもいつまで続くか分かりません。
これからも安定して遊び続けるには、一度プレステを取り巻くゲーム環境を見直す必要があると思いました。

良い機会なので、埃を被っているプレステハード達を引っ張り出してみました。
最初に取り掛かるのはPSPとPSvita。
上記2つはゲームアーカイブスを遊べる唯一(唯二?)のハードであり、
ハードそのものが型落ちになった現状でも大きなアドバンテージを誇っていると言えます。
今後もアーカイブスを遊んでいくためにはこのハードのケアは欠かせないです。

どうせこれからも遊び続けるなら、記録メディアを大容量にして再ダウンロードの手間を省きたい…
ということで、記録メディアを取り換える方針でハードを見直すことにしました。


ps_saitekika (5)

久々に引っ張り出したPSPとPSvita。
Vitaは最後に起動したのが1年前くらい。PSPは最後に起動したのが何年前か全く覚えてない。(一応バッテリーは交換済み)
つーかそんなに放ってたんだったらゲームアーカイブスの心配しなくてもいいのでは?

記憶メディアに関しては、PSPがメモリースティックduo。Vitaは専用のメモリーカード。
後者のメモカはソニーのみが取り扱っている専用商品かつとっくに生産が終了しているので、
容量に問わず今から手に入れようとするとべらぼうな金額が要求されます。
(厳密に言うとSD2VITAなる変換アダプタがあるようですが、使用にはvita本体に手を加える必要があるそうなのでスルー)

その反面、前者に関しては純正のものを手に入れようとすると少々苦労するものの、
現在ではSDカードをメモリースティックduoに変換してくれる便利なアダプタがある上、
使い方によってはメモリースティックduoの最大容量である32GBを超えて256GBまで拡張できるとかできないとか。
SDカードも輸入品であれば大容量でもそんなに高くつきません。

というわけで、vitaは捨ててPSPをケアしていく方針に決定。
vitaも32GBメモカがあるので使えなくはないですが、データ管理というのは変にバラけたくないものですし。



というわけで、SDカードをメモリースティックduoに変換してくれるアダプタを早速購入。
ウチに余らせていた256GBのSDカードがあったので、早速装填してフォーマットをかけてみると…


ps_saitekika (2)

フォーマット失敗。そう上手くはいかなかった。
まあ、挿入してる256GBSDカードというのが何処の馬の骨とも分からない謎企業製の安物だったので、
こうなることは大体予見できてました。

少し調べてみると、この手の変換アダプタで一度に認識できるのは128GBが限界らしく、
256GBは二枚挿しができるアダプタでなければ実現できないとのこと。


ps_saitekika (1)

ならばっ!
ということで早速買ってきた2枚挿し用変換アダプタと128GBのSDカード2枚。
SDカードは安定と信頼の大手SanDisk製。これであれば読み込み不良など起きるはずもない。



早速2枚挿ししていざっ!


ps_saitekika (4)

フォーマットしようとしても、そもそもSDカードとして認識してくれない。
ちなみにPCに挿しこんでも同様の事象が発生しました。
どうやら2枚挿しの変換アダプタには当たり外れがあるらしく、特に今広まっているものに関してはハズレ品が多いとか。
真っ当に認識してくれる純正品は今では流通していないそうです。


ps_saitekika (3)

一応、1枚挿しの状態であればまともに認識してくれるようです。
変に256GBに拘るより、1枚挿しの128GBを複数枚持った方が管理しやすいかもしれません。
とりあえず、PSPで今後も遊ぶ環境は一応整ったと言えるかな。

とはいえ256GBもの大容量はロマンですので、もう少し変換アダプタを買い足して粘ってみます。

あとはPS3の方も面倒見なければ…
関連記事
スポンサーサイト



[ 2021/04/03 22:23 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/2747-a50369a5