S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーウィザード インフィニティースタイル レビュー

IMG_1570.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーウィザード インフィニティースタイル

ヒースイフードー! ボーザバビュードゴーン!

というわけで、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーウィザード インフィニティースタイルをレビューいたします。
IMG_1571.jpg
仮面ライダーウィザード インフィニティースタイル

仮面ライダーウィザードがインフィニティーリングを使って変身した最強形態。
魔法使いとしてではなく、晴人の人としての想いを具現化させたような姿である為、他のフォームと違いイレギュラーな存在。
スペックもさることながら、特筆すべきはその驚異的な防御力。
ダイヤモンドのように輝くその装甲は晴人とウィザードラゴンの力を結晶化したアダマンストーンによるもので、
並大抵の攻撃ではビクともしないほどの防御力を誇る。
ちなみにアダマンストーンには放出された魔力を自動的に取り込む力も備わっているため、
自身が出した魔法から魔力を得ることも可能。要するに永久機関。何コイツヤバイ。

ご覧の通り最強すぎるスペックを持ち、劇中でも処刑用フォームとして使われた形態ですが、
それ故激しいアクションは少なめ。晴人も理由もなしに使用を拒んできたため出番も少なく、
挙句OP映像には影すら出させてくれなかったという始末。何コイツヒドイ。

ちなみに現実世界のダイヤモンドはあくまで傷がつきにくいだけであって、
ダイヤモンドをハンマーで叩くとダイヤモンドの方が砕けます。
クレイジーな方は別かもしれませんが…


IMG_1572.jpg
フロントビュー。
ドラゴンスタイル準拠の為プロポーションに問題無し。
可動についてもそれを準拠にしています。


IMG_1573.jpg
リアビュー。
マントはメタリックシルバー塗装。見栄え良しで質感もバッチリ。
残念ながらドラゴンのパーツは付けられないので、インフィニティードラゴンは再現できません。


IMG_1574.jpg
顔アップ。造形に問題は無し。
クリアパーツも今まで以上に透き通ったものなので綺麗です。


IMG_1575.jpg
バストアップ。こちらもクリアパーツをふんだんに使用。
所々にラメ加工がなされているのがお分かりでしょうか。


IMG_1576.jpg
ハンドオーサーはいつも通り。ポロリの心配もなし。


IMG_1577.jpg
下半身マント。…特に言うことはありませんね。


IMG_1579.jpg
付属品一覧。
・交換用手首×10
・アックスカリバー
・アックスカリバー剣モード用交換パーツ
・交換用ハンドオーサー&リングホルダー
・交換用マント

となっております。
WAP!で付いてきたウィザーソードガンは付いてきません。まあ使ってないしね。


IMG_1584.jpg
なお今回はマントの取り外しを楽にする為か、ジョイントそのものが簡素なものになっています。
そのせいなのか、腰の可動がかなり緩め。気になる人は補強しましょう。
最もそうすると取り外しが面倒になりますが…(経験者は語る)


IMG_1581.jpg
アックスカリバー。造形・塗装良し。クリアパーツにはラメ加工がされています。
画像は剣刃部をソードモードのものに交換しています。


IMG_1582.jpg
持たせてみた画像。大き目に作られていてカッコイイ。


IMG_1583.jpg
続いてアックスモード。剣刃を専用のものに変えています。
剣刃の部分を持たせる際は、ソードモード時のグリップを持つ手とは別の手に交換します。
まあぶっちゃけどっちでも持たせられますが。


IMG_1585.jpg
次にマントを交換してみた画像。
ランドスタイル以来、やっと交換用マントが付属しましたね。


IMG_1586.jpg
リングホルダーも専用のものに交換しています。


ではブンドドりましょう。

IMG_1598.jpg
本編でのインフィニティーの体術は白い魔法使い戦のみの披露。


IMG_1597.jpg
脚はちょっと上げにくい。けどまあ問題はなし。


IMG_1589.jpg
アックスカリバー・ソードモードを持ってアクション。


IMG_1588.jpg
基本的にインフィニティーがやることといえばコイツでバッサバサ無双することでしたね。


IMG_1587.jpg
しかしマントが違うだけで印象もガラっと変わります。


IMG_1590.jpg
ターンオン。剣刃は既に交換済み。
でも劇中でも実際の玩具でも剣刃が変化するギミックは無いのでぶっちゃけ交換しなくてもいいかも。


IMG_1599.jpg
ハァーイタァッチ!


IMG_1591.jpg
ガバッ


IMG_1592.jpg
シャイニングストライク!
忠実に再現する場合はDX版のシャイニングカリバーを使ってみるといいかも。
筆者も購入を考えましたが、如何せん懐事情が…

ちなみに誤解し易い(?)ですが、シャイニングストライクの正式名称は「ドラゴンシャイニング」です。
アンタは何処まで必殺技名で筆者を困らせるんじゃい。


IMG_1594.jpg
プラズマシャイニングストライク。強化版の割には大層地味な技です。


IMG_1596.jpg
最後はキックストライク。やっぱりこれが一番カッコイイかと。


IMG_1600.jpg
以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーウィザード インフィニティースタイルのレビューでした。

これといって非の無い、非常に優秀なフィギュアだと思います。
皮肉にも長らくウィザーソードガンでのアクションを強いられてきただけあって、アックスカリバーのアクションは非常に新鮮でした。
惜しむなら魂STAGEが付属しなかったことか。せっかくの最終フォームなんだから付いてきてほしかったです。

さて、インフィニティーには更にランク上であるインフィニティードラゴンが登場しましたが、
果たしてあちらは販売されるのでしょうか。100%プレバンでしょうが。
最もオールドラゴンと違ってあちらは必殺技演出用のスタイルでしたし、
それを出すぐらいならグレムリンやエフェクトセットを発売してほしいです。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/09/28 14:49 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(2)

よく一緒に購入されている商品「S.H.フィギュアーツ キュアハッピー」(Amazonより抜粋)

ついに登場したウィザードの最終スタイル、「インフィニティー(∞)」
は本編同様クリアパーツが目を引くカッコイイデザインですねd(>_・ )
アックスカリバーも丁寧に色分けされている印象ですしどっかのハルトと違いシール要らずですねw
この技術を使えばシャンゼリオンの方も実現しそうですが…
 しかし歴代最終フォームの中でもトップクラスのデザインに感じる一方
本編での印象が薄いのがネックではありますね、ブンドド写真を見るまで状況が思い出せませんでしたw
そして最終回を経てこの指輪は別の「はると」の手にありますが
今後のオールライダーではどうなるのか?多分何食わぬ感じで変身するんだろうなぁーヾ(~O~;)
[ 2013/09/29 16:58 ] [ 編集 ]

Re: よく一緒に購入されている商品「S.H.フィギュアーツ キュアハッピー」(Amazonより抜粋)

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

インフィニティースタイル、想像以上の出来栄えです。
ただ本編での活躍に殆ど印象がないのがネックですね。本当に処刑用フォームでしたから…
最強フォームたる強さは発揮できたと思いますが、コズミックのように少し苦戦しててもいいですから、随所随所で活躍してほしかったですね。
「はると」のインフィニティーリングについては本編の記事で取り扱わさせていただきます。
[ 2013/10/04 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/278-e2abbb95