HGBF 1/144 ビルドストライクガンダム フルパッケージ レビュー

IMG_1757.jpg
HGBF 1/144 ビルドストライクガンダム フルパッケージ

『ガンダムビルドファイターズ』第1話放映記念!
まだ予定に入ってる玩具を全然紹介してないけど、それとこうとは別!
というわけで、HGBF 1/144 ビルドストライクガンダム フルパッケージをレビューいたします。
IMG_1717.jpg
GAT-X105B ビルドストライクガンダム

イオリ・セイが製作した「HG エールストライクガンダム」の改造ガンプラ。
セイの高い工作技術で組み上げられた野心作だが、圧倒的な機動性ゆえにレイジ以外のパイロットには乗りこなせない。
武装はハイパー・メガランチャー級の威力を持つ強化ビームライフルと、標準型のビームライフル、
取り回しと連射性に優れたビームガン、両腰に2基備えられたビームサーベル、
プラ板を数枚重ね合わせた積層型のチョバムシールド。
ベース機と同じくバックパックの換装機構(ストライカーパックシステム)を持つが、
当初は追加装備が未完成だったため武装面に弱点を抱えていた。

…そろそろ自分の文章で書くのが面倒になってきたのでwikiに丸投げ(ぇ
パーツ数が少ないので組み立てやすく、プロポーションもバッチリです。細見でカッコイイ。
つーか、とてもあの野暮ったいプロポーションのHGエールストライクとは天地の差です。

組み立てに関しては、一部シール部分を塗装していますが、殆どシール&素組み状態です。
何故か顔の部分だけスミ入れしてるけど気にしないでね。


IMG_1718.jpg
フロントビュー。
さっきも言いましたが、ぶっちゃけストライクとはそこまで似てないです。
まあ主役機ですし、オリジナルの面影を残すよりも見た目のインパクトを重要視したのかもしれませんね。


IMG_1719.jpg
リアビュー。両腕にはHGストライクとは違い、丸型のジョイントが。
HGストライクだと武装(というかシールド)を腕に直接付けるから、塗装が剥げやすかったのよね。


IMG_1720.jpg
顔アップ。ここが特にストライクとの決定的な違い。
アンテナの形状はどちらかと言うとフリーダム寄りで、4本全てが黄色のまま(ランナーそのものの色ともいう)です。
ダクトや頬当ての形状も変わっており、とにかくストライクとは完璧に別物です。


IMG_1724.jpg
胴体。こちらはまんまストライクですね。
HGストライクの頃とは違い、新規造形なのでフレームの灰色は素組みで再現されています。


IMG_1721.jpg
肩。こちらもストライクというかフリーダムっぽいですね。
セイ君、HGストライクの改造中にフリーダムのパーツ混ぜてないか?w


IMG_1722.jpg
腕。こちらはストライクと殆ど同じですが、新たに牽制バルカンのようなものが追加されています。


IMG_1723.jpg
下半身。青いラインが入っている以外はストライクと同じです。
HGストライクと比べると細くてスラッとしてて、まるでモデルさんのよう…w


IMG_1725.jpg
リアアーマー。サーベルラックにもなっています。
こちらはストライクともフリーダムとも似てませんね。サーベルの位置的にはストフリですが…
もう何なんだこの魔改造ガンプラw


IMG_1753.jpg
背中。胴体がストライクと同じだったので、こちらも同様です。
HGストライクと同じ3mm穴が開いているため、エールストライカーを初めとしたストライカーユニットを装着することが可能。


IMG_1726.jpg
IMG_1727.jpg
可動面は殆どHGAC ウイングガンダムと同様で、フレキシブルにとてもよく動きます。


IMG_1728.jpg
武装。こちらはビームガン。連射性を重視した小型の銃です。


IMG_1729.jpg
こちらはビームライフル。ビルドストライクの主武装です。
ストライクのものとは似ても似つきませんが、この辺はセイのオリジナル武装なのかも。


IMG_1730.jpg
こちらは強化ビームライフル。威力が高い分、連射は無理みたいです。
両手持ちが可能ですが、グリップの位置がちょっと意地悪気味。もう少し手前が良かったな。


IMG_1731.jpg
ビームサーベル。リアアーマーに2つマウントされています。
HGAC ウイングガンダムに付いてきたのと同スケールのクリアピンクのサーベル刃が2つ付属。
昔のストライクに付けられるサーベル刃って、中途半端に短いものばかりだったんだよね~


IMG_1735.jpg
チョムバシールド。プラ板を3枚重ねたシールドだそうです。
実際のプラモでも3枚のプラ板を張り付けます。


IMG_1732.jpg
で、こちらが追加パックであるビルドブースター。
ストライクルージュのオオトリパックを改造したものだそうです。


IMG_1733.jpg
プラモではシールでのみの色分けで、素組みだとブルー一色という何処ぞのコレクションシリーズを臭わせる仕様です。
シールの色分けも、何処ぞのコレクションシリーズの如くどう考えても足りてません。
後日、ちゃんと全て塗り分けた完全版を紹介したいと思います。


IMG_1736.jpg
GAT-X105B/FP ビルドストライクガンダム フルパッケージ

こちらがビルドストライクにビルドブースターを合体させた姿です。


IMG_1737.jpg
後ろ。エールストライカーと違い、引き締まったフォルムです。


IMG_1739.jpg
ビルドブースターのビームキャノンは持ち手をせり出させ、F91のようにキャノンを構えることが可能です。


IMG_1754.jpg
で、こちらはHGエールストライクに付属するエールストライカーを装着してみた図。
オリジナルのプラモ同様、首の可動がある程度制限されてしまいます。


IMG_1755.jpg
後ろ。でもこれってよく見たらビームサーベル4本マウント。
数だけならユニコーンとタイマン張れるで!


では適当にブンドドド~


IMG_1740.jpg
アニメ第1話では武装が不十分なのもあって、


IMG_1744.jpg
肉弾戦がメインでした。
キックシーンを再現するにはもうちょい腰に可動が欲しいですね。


IMG_1746.jpg
唯一もダメージソースであるビームサーベルを構え…


IMG_1747.jpg
相手のガンプラを一刀両断!
(0w0)「ダカラナンディオリガヤラレルンディスカ!」
HGUCギャン持ってないんです。


IMG_1748.jpg
他の装備はまだ劇中未登場です。


IMG_1752.jpg
これらの装備がどんな活躍をするのか楽しみですね。


IMG_1742.jpg
僕の使ったガンダムなら…!


IMG_1743.jpg
でも腕がちゃんとはまっていなかった! 皆さんも気を付けましょう。
装着力が落ちてきた患部を瞬着でコーティングしてあげましょう。


IMG_1756.jpg
ビルドブースターを付ければ出力が160%になるとか。


IMG_1749.jpg
ストライクといえば種撃ちなので、コイツでも実践。綺麗にポーズが決まります。


IMG_1751.jpg
以上、HGBF 1/144 ビルドストライクガンダム フルパッケージのレビューでした。

遂に始まったHGBFシリーズ。ウイングガンダムと同じフォーマットなだけあって、可動面は保障されています。
プロポーションもまとまっていて、非常にカッコイイです。
最近MSV系のクセの強いガンプラばかり作っていた傾向があったのでねこういうヒロイックな機体は何処か新鮮です。
これで是非ガンプラ入門をしていただきたい! …と言いたいところなのですが。

かなり厳しいのが塗装の面倒臭さ。多くのパーツがシールによる色分けであり、
またシールでも色分けされていない箇所も多々あります。ビルドブースターは先述した通り青一色です。
しかもやたら白色塗装する箇所があるので、隠蔽力の低い白色を赤下地や青下地の上に重ねなければいけません。
楽に塗装したいならサフ吹きを推奨したいところですが、とても初心者に勧められることじゃないなぁ。

ある意味、素組みで色分けが少ない分、塗装による拡張性が高いと見るべきか。
自分はこの後ちゃんと塗装する予定です。初心者の方は、まずはスミ入れなどから始めてみましょう。
少しずつステップを踏めば、塗装作業もきっと苦ではなくなるはず…です。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/08 02:30 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

ラルさん「この風(トップコートのかほり)、この肌触り(ゲート跡)こそ戦争(模型店)よ。」

どうも、ガンダムビルドファイターズが予想外の面白さで大満足なソバスチンですヽ( ´¬`)ノ
スマプリ以来(えー)のバリってる作画に、大会PVのお祭り感と過去の名機が動く様は大変興奮しました。
コロコロ系(昔ならボンボン系)のホビーバトルアニメとしても教科書通りでお子様も食いつき易いのでは?
主人公のイオリ・セイはよくある「素人なのに何でも出来る」キャラでは無いのも好感が持てます(^^)b
加えて過去作のパロディーも1話でいきなりフルボッコなHGACウイングに「近所のラルさん」等、気が利いていますw
この辺はケロロや銀魂のノウハウが活きていると思いました。
今回戦ったサザキくんも嫌味な性格ですが悪人ではありませんしHGUCギャンの売上に少なからず貢献したみたいですよ。
(ぶっちゃけ13年前のキットなのであまり良い出来ではないのですがね…ガンキャノンに続く2番目ですよ)
ホントAGEもこの路線で行けば…(放送局が変わって放映権がないので出演しない可能性が…(-。-;)

さて前置きも長くなって恐縮ですがHGBFビルドストライク。
主人公機というだけにヒロイックかつ現行のストライク系最新作に相応しい出来のようですね(^^)
ビームサーベルの位置が105ダガーと同様の箇所なので1話ではナイフという地味な展開は免れましたw
私も前後に長くてイモッぽいエールやIWSPよりノワールやこのビルドブースターの方が好きですね。
単色なのはやはり改造で何とかしてくれというメッセージでしょうか?
巷では安価な事もあってブースター単体が売り切れ状態みたいです、ストライク以外の似合いそうなHGの売り上げにも貢献しそうですね。
近所の家電量販店ではストライク・ノワールが忽然と姿を消しましたw
塗装も黒く塗れば「ビルド・ノワール」オオトリに戻せば「ビルド・ルージュ」ってところでしょうか?
サフ吹き(必要ないでしょうけど)するにしてもブースターだけならスプレー缶で十分です。
(因みにジムスナの時はコンプレッサー(自治会の備品)のある実家に持ち込んでエアブラシで仕上げました。)
で、元ネタのオオトリ・ルージュですが私は種死HDは見る予定はありません。
若かったアノ頃は種死最終回を見て頭に血が昇ってテレビを壊しかけたので…(-。-;)
[ 2013/10/11 21:31 ] [ 編集 ]

Re: ラルさん「この風(トップコートのかほり)、この肌触り(ゲート跡)こそ戦争(模型店)よ。」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

ビルドファイターズ第1話、とても楽しめた内容でした。
どちらかと言うと話の内容よりも、ガンダム達の「ガンプラ」としての扱いに感動しました。
「あのパッケージはデルタカイだな!?( ゚д゚)」
「あれはPGのレッドフレームか!( ゚д゚)」
「そして隣にあるのはMGシナンジュのカトキ版か?( ゚д゚)」
ずっとこんな感じでしたw
ただウイングの扱いに関しては正直「おこ」状態です(#゚Д゚)
いくら何でも最新キットをボコボコに壊さんでも…
ウイング壊すくらいなら、HGストフリでもええやろ! あんな地雷キット!
…感想記事を書くとしたら、恐らくこんな感想ばっかになると思います(´・ω・`)

私の行った某家電量販店では新発売のビルドストライクの横でHGUCギャンが売られてて思わず吹きそうになりましたw
まさか最新キットと古参中の古参キットが同列に並んで売られているとは! ギャンもこんな扱いをそれるとは思ってもみなかったでしょう。
ただ002ndシーズンとAGEが出ない疑惑は残念です。ガンプラはあそこから本領発揮と言っても過言ではないので。

ブースター単体が売切れ状態とは驚きです。私はどちらかと言うとビルドストライク本体を単品で売ってほしいのですが。(改造素体になるので)
私もちょっと塗装には手を入れてみようかと。その為にはまずインク切れを起こしているガンマカを補充しなければ~
種死HDに関してはノーコメントで…(小声
[ 2013/10/19 12:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/291-83d76d27