HGBF 1/144 ザクアメイジング レビュー

IMG_1869.jpg
HGBF 1/144 ザクアメイジング

燃え上がれ、ガンプラ!
というわけで、HGBF 1/144 ザクアメイジングをレビューいたします。

地味に照明の当て方とかも変えたんですけど、どうだろう?
IMG_1839.jpg
MS-06R-AB ザクアメイジング

ユウキ・タツヤが使用する「HGUC 高機動型ザクII」の改造機。
実弾武装を主体とした重武装・重装甲機で、スケール違いの戦車模型のパーツが多く流用されている。
鈍重な外見ながらも、タツヤの高度かつ緻密に計算された改造により、あらゆる戦場に対応可能な汎用性を持つ。
各部に配置された黒い箱型のパーツは、着弾時に爆発して機体本体へのダメージを軽減するリアクティブアーマーとなっている。
武装は遠距離用のロングライフル、両肩の5連装ロケットランチャー2基、両腰のホルスターに格納されたハンドガン2丁、小ぶりで取り回しに優れたヒートナタ2本。
その性能とシャア・アズナブルを思わせる赤系のカラーリング、タツヤ自身の高い操縦技術と相まって、
周囲に「紅の彗星」の名を知らしめる名機となった。

なおビルドストライクと違い、箱絵に描いてあるアメイジングブースターは別売りです。
このキットだけ買っても、アメイジングブースターに組み替えることはできません! 購入の際はご注意を。

画像に使ってるのはシールのみ貼ったキットです。ほぼパチ組み同然です。


IMG_1840.jpg
フロントビュー。元のザクⅡのデザインがいいのでプロポーションは秀逸。
フルアーマーMSをモチーフとしている為、武装もゴテゴテしていて非常に好みです。


IMG_1841.jpg
リアビュー。バックパックにも武装があることが確認できますね。


IMG_1842.jpg
顔アップ。色合い的に、完璧にシャアザクです。角は外れやすいので接着推奨。


IMG_1843.jpg
モノアイもちょっとだけ動かすことが出来ます。
ちなみに今回のキットで使っているシールはこのモノアイと五述するロングライフルのセンサーのみ。


IMG_1844.jpg
肩には箱型のリアクティブアーマーが。
内部の火薬を爆発させて振動させることで、外部からのダメージを軽減させるんだとか。
ちなみにガンプラではない、プラモ戦車からパーツを流用したそうです。正に魔改造。


IMG_1845.jpg
脚部にも3つ、左右合わせて6つのリアクティブアーマーが。


IMG_1846.jpg
デザインの殆どはザクⅡ高起動型(三連星のやつ)から流用しています。
パイプのせいで腰が回せないのも一緒。この辺はどうにかならんかったかなぁ。


IMG_1860.jpg
サイドスカートについてる赤いホルスターはハンドガン(後述)のものですが、かなり外れやすいです。
俺の作り方が間違ってるのか…? とりあえず後で接着しときます。


IMG_1849.jpg
可動範囲。この辺もザクⅡと同じ。
腕はこんくらい上がります。


IMG_1868.jpg
肩可動。そのまま上げると殆ど上がりませんが、肩アーマーを動かせば少しは上げられます。


IMG_1851.jpg
脚部。一軸タイプではあるものの、スカートがあまり動かないので可動もイマイチ。

総じてHGUCでは許されるものの、最先端ガンプラであるHGBFで張り合うのはかなり厳しい。


IMG_1847.jpg
武装紹介。バックパックには2つのロケットランチャーが付属。


IMG_1848.jpg
これらは脚部に装着することも可能です。


IMG_1852.jpg
ロングライフル。こちらも模型戦車からパーツを流用させたとか。
ってことは多分実弾兵器でしょうね。


IMG_1854.jpg
上画像のようにフォアグリップを握らせられます。ちょっと窮屈ですが。



IMG_1861.jpg
ハンドガン。デュナメスのように2丁装備してます。


IMG_1856.jpg
ヒートナタ。戦闘時には発熱する、非常にザクらしい近接装備。


IMG_1864.jpg
ザクマシンガン。こちらは玩具オリジナルの装備です。


IMG_1866.jpg
ヒートアックス。こちらも玩具オリジナル。


ではではブンドドタイム。

IMG_1857.jpg
アニメではビルドストライクの前に飛び入り参戦するという登場の仕方をしました。


IMG_1858.jpg
デカブツとは思えないほどの高機動力でビルドストライクを翻弄。


IMG_1859.jpg
ヒートナタを首に構えるシーンは倒れてるビルドストライクに支えてもらって何とか可能。
ビルドストライク相手じゃあ、この可動範囲は辛いって!


IMG_1853.jpg
遠くの敵はロングライフル!


IMG_1862.jpg
中距離からはハンドガン! …で対応するらしいです。
あの人だったら近距離でもハンドガンで戦えそうだけど。


IMG_1865.jpg
やはり元が元なだけに、ザクマシンガンは似合います。


IMG_1867.jpg
多彩な装備を生かし、ガンプラバトルを有利に運べ!


以上、HGBF 1/144 ザクアメイジングのレビューでした。

評価は…ちょっと厳しいですw
プロポーションはとても良いですし、シールも殆ど使わないので色分けもお見事といったところ。
しかしやはり可動面がネックになります。ビルドストライクと絡ませると一層悩ましくなりますw
ぶっちゃけ可動についてはHGUCのザクⅡの時点で完成しちゃってるので、
この点についてはいくら言及しても仕方ないです。もしやザクって可動プラモ向きじゃないのか?
ついでに物申したいのが、キットに付いてくる手首が7つに対し、手甲の数は5つ。微妙に足りてません。
ザク系統は武器を持たせるのに一々手首を分解せねばならず、それに加えて手甲まで組み替えなきゃならないのは面倒です。
何故手甲をもう2つ余分によこしてくれなかったの…

良くも悪くも、古き良き機体デザインを生かしたということか。
ザク好きだったり、HGUCが好きな方なら買いかもしれませんが、変態可動を求めている方にはオススメできないかも…?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/15 03:16 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

OPでのラルさんの異常な存在感…

ガンダムBF、2話も中々濃い内容でしたね(^◇^)┛
個人的にはゴールドスモーの勇姿が見れて嬉しかったです、IFバンカーはオリジナルながらもシリーズ最高技術のMSらしい演出でした。
(ガンプラバトルでは例外ですけどf^_^;)
タツヤ先輩はイメージに反して結構イタイ人でしたね(^。^;)この世界の女生徒も「これで趣味がバンドだったら(ry」
なんて言ってますし他のホビーアニメと違い妙にリアリティがありますねf^_^;

ビルダーズのF2000がたっつんのストレートな中二病の象徴に対して。
こちらのザクアメイジングはガンプラ以外のミリタリープラも嗜むタツヤ先輩らしい渋めのデザインですね。
ザクにはこういった改造が似合いますから現実でもAFVモデルの技術を習得するモデラーは多いです。
只、ミリオタの私が気になるのはリアクティブアーマーの扱いですね。
http://www.tamiya.com/japan/products/35157m60a1/top.jpg
実際は↑みたいにびっしり貼付けるものですし一回使い捨てでHEAT弾にしか効果がありません。
劇中ではどのような演出なのかは見物ですね。
素体の高機動型ザクは私もマツナガ機を所持してますが、確かに最新のアイテムと比較すると見劣りしてしまいますね。
腰の稼動はザク∥共通の宿命ですね(-"-;)
HGUCの06系の中で最新のF2型(0083版ザク)ならば
OO二期の内部構造で腰の稼動もだいぶ改善されていますからこれを素体にしてアメイジングブースターを組み込むのも手ではあります。
(バックパックの改造に苦労しそうですが…)
あるいは来月発売予定のジョニー・ライデン専用機に賭けてみるか…。
あまり良い噂を聞かないのが不安ですが…(-"-;)
[ 2013/10/19 18:20 ] [ 編集 ]

Re: OPでのラルさんの異常な存在感…

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

最新フォーマットと真新しい武装に包まれたBストライクと違い、
タツヤ先輩の愛機は、ベースの機体のイメージを損なわない、正に主人公の先輩格が使うに相応しい機体かと思います。武器もビーム兵器は取っ払ってますしね。
腰可動については新しいガンプラだからどうにかなってるかなーと思ったらそのままでした^^;
パイプを張り巡らせている分、可動に支障がきたすのは仕方ありませんね。
サンダーボルトのHGシリーズはとりあえず買ってみる予定です。どうかHGUCのフォーマットではなく、最新の技術を使ってますように…
[ 2013/10/30 16:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/300-15459336