ROBOT魂 エクストリームガンダム オプションセット レビュー

IMG_1918.jpg
ROBOT魂 エクストリームガンダム オプションセット

全てはコイツをレビューする為だったのさ!
というわけで、ROBOT魂 エクストリームガンダム オプションセットをレビューいたします。
IMG_1920.jpg
セット内容。
エクストリームガンダム(type-レオス)をアイオス・フェースとエクリプス・フェースへ換装させる為のパーツです。
ここで一気に紹介せず、ブンドドを織り交ぜながら各パーツを見ていきたいと思います。


IMG_1923.jpg
エクストリームガンダム (type-レオス) アイオス・フェース

遠隔操作兵器によるオールレンジ攻撃に特化したMS技術が発展した世界でのGAデータを得て進化したファンネル進化形態。
オリジナルのエクストリームガンダムのイグニス・フェイズから受け継がれた遠隔操作兵器のデータを
レオス用にデチューンしており、Hi-νやストライクフリーダムに似た翼から分離して使用する「アリス・ファンネル」が特徴。
極端にまで進化したオリジナルのイグニス・フェイズとは異なり、近接戦や通常射撃にも対応した武器も装備している。
搭乗するレオスもまたキラ・ヤマト、刹那・F・セイエイなどを始めとする純情な革新者たちの願いへと同化し、
この形態へと変化した後の彼は無尽蔵の愛と諦めぬ心で世界と向き合う、極限の理想家として開花する。

レオスが扱いに苦労したアイオス。
背部ウイングのおかげでスタイルこそいいものの、重心のバランスとかは悪め。
そうは見えなくても組み替え箇所が細かいので手間暇もかかります。
それだけウイング展開時の見栄えにも感動しますけどね(笑)


IMG_1924.jpg
フロントビュー。
フリーダムを思わせるような背後の折り畳まれたウイングが特徴的。


IMG_1925.jpg
リアビュー。
ウイングばかりに目が行きそうですが、ディテールもしっかり変わってます。


IMG_1926.jpg
まず胸。スッキリとした胸が分厚くなりました。


IMG_1927.jpg
フロントアーマーも派手に。


IMG_1928.jpg
バックパックも背部ウイングを接続するため大型化。


IMG_1946.jpg
背部ウイングはデザインの為90度ほど可動。


IMG_1951.jpg
リアアーマーも大きくなりました。尾のような部分は可動します。


IMG_1947.jpg
ヴァリアブル・ライフル。
専用の持ち手がある為、保持はしっかりしています。


IMG_1948.jpg
シールド。


IMG_1949.jpg
取り付け基部はバルカンと同一化。
その為シールドを縦に構えたりすることはできません。残念。


IMG_1950.jpg
なおシールドは組み替えて短くすることも可能。


IMG_1945.jpg
そして目玉でもあるウイング展開。パーツの1つ1つが自由に動きます。
その為一定の形をとるにはちょっと苦労。フィギュアーツのタジャドルのウイングを複雑化させたようなものです。
なおファンネルが取れてることは気にしないでね。


IMG_1936.jpg
ウイングを展開した姿。うひょーカッコイイ。
ますますフリーダムっぽくなりました。


IMG_1937.jpg
この形態により、ファンネルを使ってのオールレンジ攻撃が可能になります。
しかし重さのバランスは悪くなっているため、魂STAGEでディスプレイさせると物凄いプルプルしてくれます(苦笑)


ではアイオスでブンドド。


IMG_1929.jpg
ウイングを除けば、装備はライフルとシールドとビームサーベルというシンプルなもの。


IMG_1930.jpg
それ故に他の形態と比べて爆発的な火力はなく、
またファンネル制御も容易ではない為、パイロットにとっては玄人向けの形態。


IMG_1931.jpg
種撃ちっぽく。


IMG_1935.jpg
ビームサーベルも使えるよ。


IMG_1938.jpg
ウイングの形を整えるのには一苦労ですが、
自由度が高い分、取らせるポーズの幅も膨らむと好意的に見るべきか。


IMG_1944.jpg
ファンネル発射は、ファンネル自体を魂STAGEなどで上手いこと固定できないので断念。


IMG_1939.jpg
ヴァリアブル・ライフルは専用ジョイントとファンネルを合体させ、
ディバインシュートに変形可能。


IMG_1940.jpg
が、バランスが悪く全く保持できないので、ポーズをとらせるには何かしらの補助が必要。
上画像では魂STAGEを使ってます。


IMG_1943.jpg
もしくは左手を添えてやってもいいかも。安西先生、ライフルを構えたいです。


IMG_1942.jpg
しかしサンプル写真ではどうどうと構えていたのに… また騙されました。


では以上、アイオス・フェースでした。


IMG_1952.jpg
エクストリームガンダム (type-レオス) エクリプス・フェース

射撃戦に特化したMS技術が発展した世界でのGAデータを得て進化した射撃進化形態。
その武器はあらゆる兵器をも凌駕する射撃兵器であり、極限進化状態になると
オリジナルのエクストリームガンダムのカルネージ・フェイズの規格外の武器を限定的に再現できるようになる。
搭乗するレオスもまた叢雲劾やヒイロ・ユイなど歴戦の兵士の魂の影響を受け、
この形態へと進化した後の彼は何事にも動じない冷静な判断力を持つ、極限の兵士へと変貌する。

レオスがピーニャもご満悦のクールガイになるエクリプス。
シルエットも纏まっていて、組み替え箇所も少なめ。
しかし筆者はアイオス→エクリプスと写真を撮っているため、換装にはかなり手間暇かかってます(笑)


IMG_1953.jpg
フロントビュー。
肩パーツを変えるだけで印象がガラッと変わりますね。


IMG_1954.jpg
リアビュー。見ての通り、ゲーム・漫画版では付属しているエクリプスクラスターが付属していません。
何でこんな仕様にしたし!?


IMG_1955.jpg
肩パーツはブラスター・カノンの付いた大きいものに変更。
取り付けの際のジョイントが結構固かったので、シリコンスプレーとか射したほうがいいかも。


IMG_1956.jpg
ブラスターは差し替え無しで変形。砲身を前面に展開できます。


IMG_1958.jpg
サイドアーマーも大きいものに変更。


IMG_1960.jpg
武器は2丁のヴァリアブル・サイコ・ライフル。
ウイングゼロのツインバスターライフルを模したものでしょうが、ちょっと砲身は小さめ。


ではブンドド。


IMG_1961.jpg
シルエットが纏まっている為、アイオスと違って魂STAGEでディスプレイさせてもプルプルはしません。


IMG_1959.jpg
なおライフルは連結させてクロスバスターモードにすることもできます。
前述した通り、エクリプスクラスターが付属していない為、このポーズも完全ではありません。


IMG_1962.jpg
強引に一斉射撃ポーズもとってみる。


では以上、エクリプス・フェースでした。


そして今こそ、ゼノン・エクリプス・アイオスの力を1つに…!


IMG_1972.jpg
エクストリームガンダム (type-レオス) EXAフェース

ゼノン・フェースの脚部パーツとシャイニングバンカー・ユニット、
エクリプス・フェースの肩部パーツとヴァリアブル・サイコ・ライフル、
アイオス・フェースの背部パーツとアリス・ファンネルの他、各フェースで装備される装甲パーツを組み合わせた、
上記の三形態の特徴をすべて併せ持つ極限進化加速形態。


IMG_1973.jpg

今のところゲーム専用形態。
その崇高で偉大なるシルエットは主人公機体どころか完全なるラスボスの姿です。
漫画で使用したら、レオスはどんな性格になることやら。


IMG_1974.jpg

IMG_1976.jpg

IMG_1977.jpg
見ていてわかるでしょうか、全ての形態のパーツを使ったこの豪華さ! このボリューム!
1度換装させたり素立ちさせるだけでもホレボレしちまいますぜ。
そして再度組み替えたりするのにひたすら面倒臭さを感じます。


IMG_1978.jpg
ローリングバスターライフル。みたいな。


IMG_1979.jpg
クロスバスターはむしろこっちの方が合っているような。


IMG_1971.jpg

以上、ROBOT魂 エクストリームガンダム オプションセットのレビューでした。

いやぁ、もうお腹一杯です。
エクストリーム付属のゼノン含めて合計5形態を変形が可能であるこの商品。
様々な細かいパーツを取りつけますが、不思議とポロリの類はありません。
(アイオスの時に、バックパックがちょっとグラつくぐらい。)
てんこもり装備故の重量による遊びにくさこそあるものの、非常に遊び応えのあるセットとなっております。
各形態クリアパーツも程よく使われていて見栄えも良く、何よりEXAフェースのてんこ盛り感が堪りません。
それだけにエクリプスクラスターが付属しなかったなど、細かい詰めの甘さが気になってしまいますが。
それでも間違いなく、暫定でROBOT魂シリーズ随一のボリュームを誇るセットだと思います。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/18 00:34 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(2)

私の世代では、ときた先生はボンボンのイメージなのですが…

どうも、VSシリーズはエウティタまで駅前のゲーセンで常連だったソバスチンです。
今は流石に時間も無いし身体能力も劣ってましてw(-"-;)

さてガンダム版ディケイドことEXA。
オルフェの千葉さんも相変わらずの中二病っぷりですね(^。^;)
この原作の世界は∀とはどのような関係にあるのですかね?
エクストリームガンダムはオプションも含めればかなりのボリュームですね。
「歴代ガンダムの良いところをパクった」デザインは確かにどちらかと言えばラスボスポジションですね。
以前TGSへ行った時のバンナムブースでは「スパロボOG∞バトル」が大々的に宣伝されてましたから
逆にEXAがスパロボやGジェネに参戦することも視野にいれているかも知れませんね、シナリオも作り易そうですし。
もしGジェネで登場してきたら私なら量産機でこいつをムッコロそうと努力しそうですねw
オーバーワールドではスタークジェガンでストフリやクアンタを血祭りに上げて悦に浸ってましたwf^_^;
[ 2013/10/19 20:39 ] [ 編集 ]

Re: 私の世代では、ときた先生はボンボンのイメージなのですが…

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

私はVSシリーズはやったことないですね。というかガンダム系ゲームは殆どやってことありません。
1度無双3の実機プレイしてる様子を見たことがあるのですが、ファーストが流暢にアクションしてるの見て、「何かコレジャナイ…」って感じがしてプレイを敬遠してたんですよねw
そんな私はスパロボのようなシュミレーション系が一番ですかね(´・ω・`)

…エクストリームガンダムのことを全く話てねぇ…( ゚д゚)
[ 2013/11/03 23:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/302-c12b390b