今週の最強銀河 究極ゼロ 6話

最強銀河 究極ゼロ 6話 『俺と戦え! デッキの底の熱い奴!!』

ゼロep6 0

この世に「堀江病」というものがあることを最近知りました。うぐぅ。
ゼロep6 1

いつものように三羽ガラスと戦うレイもとい、白銀のゼロ。相手は流しのワタリ。
結果的には大勝利したものの、勝負に挑むゼロの様子はいつもと違い、何処か神妙な顔つき。
どうやら前回で手に入れたアルティメット・ジークフリーデンを使いたいようなのですが、
アルティメットはその性質上、「自分が主だと認めた者にしか使えない」という代物である為、
どうやらジークフリーデンはレイを主かどうか見定めている為、バトルに出てきてくれないそうです。
ムゲンは「1枚挿しなんだからそう簡単に出ないだろ」と言いますが、お前(ムゲンドラ)も1枚挿しやろ!

じゃあそもそもレイが普段使っているジークフリードとオーディーンはいつ認められたのか? というライラの質問に対しては、
「気が付いたら持ってた」とのこと。何じゃそりゃ。
曰く、レイが覚えている記憶の範囲では、彼は何処かの荒野に倒れていて、起き上がってみるとその2枚のカードを手にしていたとのこと。
で、ムゲンとはその後出会ったそうです。うーむむ、謎が謎を呼ぶ。


ゼロep6 2

その一方で銀河七将のボス、バジーラの船。
不屈のザードからアイスキューブにアルティメットがあり、そのアルティメットはレイが所持していることを告げられます。
が、その次の瞬間、船内に警報音が! 警報の正体は、船内に盗みが入ったからでした。
1枚のカードを手に船内を逃げ回る泥棒。追っ手を巧みにかわし、見事バジーラの船から脱出。


ゼロep6 3
ゼロep6 4
ゼロep6 5

盗みを働いたのは義賊と名高い明の明星(ほし)のエリスの部下、ガルボ
チョコのお菓子みたいな堅苦しいですがれっきとした女の子です。中の人は白石涼子さんです。
先に挙げた2人と、海賊船ヴィーナス号の操縦士であるマレーネの3人で構成された宇宙海賊。彼女らが狙っていたのはバジーラの持つ「裁きの神剣」のカード。(多分リ・ジェネシスのことだと思う)
がしかし! 盗んだカードはバジーラの張ったトラップで、カードが光り輝いた瞬間、ヴィーナス号はコントロールを失い暴走してしまった!

暴走して一直線に向かってくるエリスの船を間一髪で避けるレイの一番星号。
エリスの船はそのままアイスキューブの方向へまっしぐらです。
が、ライラは暴走してくる船をエリスの船だと一発で見抜き、助けてあげようと提案。
聞けばライラにとってエリスは憧れなんだという。ライラの操縦でアイスキューブへ向かう一番星号。


ゼロep6 6

「こっちは一番星号! あたしはライラ・エイプリル。明の明星のエリスさんですよね? 大ファンなんです~」
「エイプリル…?」
一番星号からの通信を受けたエリスは、エイプリルの名に感づきます。
実はエリス、ライラ・リクトの祖父であるデイビットと共にカードクエスターとして競い合った仲だという。
ライラとリクトも祖父と同じように究極のバトスピを探している身であることを知るエリス。
と、そこへ背後から銀河七将の不屈のザードと烈風のゲダムが現れた!
バジーラの船に盗みに入ったことに関して、ガルボの身を明け渡すよう命じるゲダム。
部下の不始末を上司がとる、とバトルを挑もうとするエリスでしたが、それより先にレイがターゲット宣言。
こうしてレイとゲダムはバトルすることに。ゲダムが勝てばレイの持つアルティメットとガルボの身を引渡し、
その代わりレイが勝てばゲダム達はエリスらを見逃すということに。


ゼロep6 7

灼熱のゼロとしてバトルに挑むレイ。
バトルシーンは例によってカット多数。早くも7ターン目。ゼロの場のスピリットは多分ムゲンドラだけ。
レイはひたすらジークフリーデンが来るのを待ち、その為無駄にスピリットを置こうとしません。手札にはアルティメット・ジークフリードがあるにも関わらず…
隙を与えすぎたゼロはゲダムからアタックを喰らい、早くもライフは1に。
しかし9ターン目にてとうとうジークフリーデンを引き当てました。
一番になる為に、ジークフリーデンの力を使いたい。ゼロのその心がジークフリーデンを引き当てたのです。

ちなみにゼロ=レイが「一番」に拘る理由。
それは「一番になると、誰もが自分を狙って追いかけてくる。それがゾクゾクして、大好きなんだ」とのこと。
要するにドMってことですね。たまげなぁ。


ゼロep6 8

「灼熱の牙! 鋼の魂! 最強の名をオレは呼ぶ! アルティメット・ジークフリーデンの勇姿にホレてみろ!」
ファイザードと共に、ゼロはアルティメット・ジークフリーデンを召喚。
早速ジークフリーデンで【Uトリガー】発動。ゲダムのカードのコストは5だった為、ヒット!
ジークフリーデンの【Uトリガー】効果「【Uトリガー】対象のコストの数だけBP10000以下のスピリットを破壊」により、ゲダムのスピリットを一掃。
ジークフリーデンでライフを1つ削り、ターンエンド。

ゲダムはスピリットを4体並べ、一斉攻撃。しかしフラッシュ「フレイムスパーク」の効果により総攻撃を抑えました。
ゼロのターンでジークフリーデンにし、更にファイザードとエッジ・ウルフを召喚。
ジークフリーデンの【Uトリガー】をヒットさせ、効果によりゲダムの2体のスピリットを破壊。
最後に総攻撃を仕掛け、ゼロの勝利です。


ゼロep6 9

バトルが終了し、ザードはゲダムを連れて撤退。
エリスはレイのバトルのプレイングを褒め、もう1人のアルティメット使いであるキリガの名を出しました。
やはりレイと彼は戦わなければならない宿命にあるのか。
「究極のバトスピ、どちらが先に見つけるかな?」
エリスはライラにそう伝え、復旧したヴィーナス号で去っていきました。


・感想
エリスさんにバトルしてほしかったなぁ…(´・ω・`)
正直レイのキャラってありきたりすぎるし、6話まで続くとなると新しい刺激が欲しかった。
え? それがジークフリーデンだって? 舐めんな。

バトル内容は相変わらず雑だし、説明も少ない。ちゃんとジークフリーデンの説明できてねーし。
(一応アニメ放送後に説明されたけどね)
何度も言うように、ゼロのバトルする姿はもう見飽きた! 新弾カード宣伝のことがあるのは分かってるけど、
それなら何故アニメの放映時期と新弾発売の時期をズラしたのか…
シナリオも良くも悪くも当たり障りない冨岡脚本だからなぁ。エリスが出てきてくれたことが今回の最大の評価点か?

で、今回出てきてくれました明の明星のエリスさん。
声優は皆大好き堀江由依さん。彼女は前作でもヒロイン役であるキザクラ・ククリを演じていました。
ちなみにキザクラはヒロインであるにも関わらず初登場が3話と少し遅れての登場となりましたが(その他ヒロインは全て1話)、
今回の登場は少し遅れてってレベルではありませんでした。公式サイトで明かされていたキャラクターの中ではぶっちぎりのワースト1の遅さです。
登場の遅さ故に、アニメ放映前の宣伝番組でも見事に紹介がスルーされていました
そんな不遇中の不遇のエリス(もとい堀江さん)ですが、今回はどのような活躍を見せてくれるのでしょう?
前作のキザクラは見事にヒロインの座を引きずりおろされましたが、今回は逆転してヒロインワンチャンあるか…?


ゼロep6 10

どうでもいいけどエリスの外見って何かうるし原先生の絵っぽいよね。
おっぱいとかビキニとか。でもあの人だったらもう少し露出度上げるかな…?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/27 10:37 ] 最強銀河 究極ゼロ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/312-e46f0918