HG 1/144 ガンダムレギルス [MEMORY OF EDEN]

IMG_2104.jpg
HG 1/144 ガンダムレギルス [MEMORY OF EDEN]

10月最後の更新はコイツで決まりだ!
というわけで、HG 1/144 ガンダムレギルス [MEMORY OF EDEN]をレビューいたします。
IMG_2079.jpg
xvm-fzcr ガンダムレギルス [MEMORY OF EDEN]

OVA「機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN」に登場した機体。パイロットはゼハート・ガレット。
ゼハート専用機体にするが為に、オリジナルのレギルスを赤く塗りなおしたものです。
このカラーリングはヴェイガンの母性である火星の赤色であると共に、
イゼルカントの計画の為に流れてきた、及びゼハートのが背負っている血の色という説も。

皆様、「MoE」は視聴されましたか? 視聴されましたよね?
もし見てない方がいましたら、せめて↓の動画だけでも見といてください。消されないうちにどうぞ。



IMG_2081.jpg
フロントビュー。
AGEお得意のカラバリ商品。元々のレギルスの出来栄えがいいのでプロポーションは抜群ですが、
HGレギルス自体が、色分けがかなりいい加減だったりとちょっと癖のあるキットなだけあって、
MoE版もそれを引き継いでしまっています。しかも地が赤色なので塗装の難易度もアップ…orz


IMG_2082.jpg
リアビュー。
とりあえず分かる範囲で塗装&スミ入れはしてます。
出来ればカラーリングはワインレッドの方が良かったかも…^^;
まあ他のゼハートの機体と統一感を持たせる為ですかね。


IMG_2083.jpg
顔はツインアイを選択。


IMG_2084.jpg
赤色だけでなく、細部のカラーリングも細かく変わっています。


IMG_2087.jpg
レギルスコア形態。
相変わらずの死に設定ではありますが、一応翼を広げるというギミックはOVA本編で使用されました。


IMG_2085.jpg
ライフルはオリジナルでは中央部が白く塗装されていましたが、
今回のMoE版ではオミット。塗装派に優しい…のか?


IMG_2086.jpg
シールドはオリジナル同様ビット展開モードに変形可能。
内部はシールで済ませてます。


IMG_2102.jpg
ビームサーベルもいつも通り2つ付いてます。
ヴェイガンMSは手から直接形成するビームサーベルしかない為ちょいとブンドドしにくい。


IMG_2103.jpg
オリジナルと比較。
よく見たらサブカメラの色とかも変わってました。


それではブンドド。

IMG_2088.jpg
TV版ではキオ達に突っ込んでは逃げるを繰り返して大した成果を挙げなかったレギルスですが、


IMG_2089.jpg
OVAではクランシェ部隊や戦艦を破壊するなどの成果を挙げました。


IMG_2090.jpg
ではAGE-2DHと絡ませてみる。


IMG_2091.jpg
サーベルの鍔迫り合いはレギルスのサーベルの仕様上ちょっと難しい。
さりげなくDHがライフルを抑えているのもポイント。


IMG_2092.jpg
DHにライフルと左腕を破壊されるレギルス。


IMG_2093.jpg
しかしやられっぱなしなのは執念が許さない。
左腕を失ったハンデを抱えながらもDHをタコ殴りにするレギルス。


IMG_2094.jpg
地球とヴェイガン側の技術を使った最新鋭の機体がゼハートの精神と共に崩壊して、
次第に1匹の獣と化してDHに喰らいつく姿は何処となく儚い。


IMG_2095.jpg

IMG_2096.jpg

IMG_2098.jpg
ぶつかり合う2機の拳! しかしレギルスの機体は既に限界寸前…


IMG_2099.jpg
そして右腕と翼も破壊され…


IMG_2101.jpg
この馬鹿野郎がぁぁぁぁ! で決着。


以上、HG 1/144 ガンダムレギルス [MEMORY OF EDEN]のレビューでした。
キットとしての魅力は一般販売最後のキットであるAGE-1フルグランサに劣りますが、そこはOVA補正。
OVAでの活躍も合わせて、私としては十分楽しめました。そもそもカラバリキットって私嫌いじゃないし。
カラーリングの変化で「ガンダムらしさ」は損なわれていますが、
OVAで追加されたシーンのおかけで「ゼハートとの同一化」には十分果たしているかと。
そもそもガンプラって本編の活躍ありきのものですからね。
Amazonで殆どプレミアが付いてないのはちょっと悲しいけれども^^;



関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/10/31 22:56 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(1)

Gジェネならばレギルスコアの戦闘も見れるかも。

ニコ動を見てみましたが確かに高いクオリティですね(^^)b(OVAなので当然といえば当然ですが)
アセムとゼハートのバトルは逆シャア的でもありマクロスプラスのようでもあります。
エデンのイメージでロマリーを交えたシーンがそう思わせます。
(アセム→イサム、ゼハート→ガルド、ロマリー→ミュンといった所でしょうか?)
レギルスのゼハートパーソナルカラーは思いの外マッチしてますね。
元々細身で「非ガンダム的なガンダム」ばデザインが功を奏しています。
しかし、無印同様にビットの表現が模型では難しいので本編を知らない人が見ると地味目になってしまいますね。
似た仕様のキュベレイにはこんな限定商品もありましたが↓
http://auction.thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_aucitem/image3/130/11308130/0501/img1650193718753.jpg
こういった商品はファンの下支えが無くては成立しませんから…(-。-;)
[ 2013/11/04 15:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/316-cde74a10