今週の革命機ヴァルヴレイヴ その16(2nd SEASON)

革命機ヴァルヴレイヴ 16話 『マリエ解放』

vvvep16 0

遅れてしまって申し訳ございません。んでもって今回も感想のみです。
ここ最近どうも忙しくてあまり更新に漕ぎ着けません。どうかご了承ください。
で、マリエの記憶がスッカラカンになってしまった今回のお話ですが、
実はマリエが1号機のテストパイロットだったという事実が発覚しました。

ここからは予測ですが、当初の「機関」はヴヴヴの動力源であるルーンをパイロットから搾取する方針に。
で、テストパイロットであるマリエはルーンである記憶をガリガリ吸われていくわけですが、
それはパイロットに負担がかかり過ぎるということで計画を断念。その時点でGUIであるピノの設定も初期化されたのでしょう。
で、機関はパイロットの負荷を軽減する為、「ルーンを他人から搾取する」という方向に変えたと。
その結果が今のハルトであると…
う~ん、ここまで来るとますます1期からマリエの設定をほったらかしにしたのか分からない…orz
マリエが以前リオンやアキラにやってたセクハラ描写は何だったんや…

一応辻褄が合っている設定だとは思いますが、マリエの出自や学園に来た理由とか全て、
「ルーンとして消化されたから忘れちゃった! というわけで以降この件は解決済みってことで!ミ★」
という公式側からのメッセージとして受け取れなくもない…
でも散々ハルト達の記憶は忘れといて、パイロットとしての技術は忘れないってのは都合いいよなぁ。
頭では忘れてても身体が覚えてるってか。ハハハ。

前も言ったけどこのアニメ、視聴者の脳内補完に頼る描写が多すぎないか? フロム脳以外はお断りかぁ~?

あと片腕取れただけで動けなくなるヴヴヴ3号機はちょっと情けないぞ。
RX-78-2は左腕が壊されてもなおジオングと正面から戦ってたぞ。
まあもしかしたら原動機であるミラーレイヴが損傷してしまったのかもしれませんが。

そもそも全てはハルトが最初から1号機に乗って戦闘してれば上手くいったんじゃ…
ああ、情けない! 主人公としての評価がまた下がる…

まあでも、2ndシーズンの中で今までのと比べたらだいぶ見やすい方かな。
アキラとショーコが置いてかれてるけど、どうなることやら。

しかしこのアニメの見過ぎで私の思考もだいぶ腐ってきたと思う。
もう他の深夜アニメ見れねーヨー(ノД`)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/02 17:52 ] 革命機ヴァルヴレイヴ | TB(1) | CM(1)

悠木碧「シールだらけのプラモの作り方やテクニックをマスターして、自分が声優なのかモデラーなのかシール貼り師なのか分からなくなった…。」

元フロム脳の私でもお断りなヴヴヴ16話ですが。
(そういえば1号機ってナインボールみたいなカラーだな…)
マリエに関しては本来なら主人公に相応しいだけのバックボーンがあるにも関わらず
1期から通してまったくモブと言っても良いぐらいの描写しか在りませんでした
「戦うごとに記憶や人格が失われる」という設定は上手く調理すれば非常にドラマチックになった筈です
(ファフナーやゼーガペインはその点秀逸で切なくて名作でした。)
しかしアイナ同様にこのまま刹那的なイベントで退場させては肩透かし甚だしいですね
 それにしてもルル山さんが演じるアードライに「困った時の足場崩し」をやるとは…
あまりにも投げやりで上手く行き過ぎな起死回生の展開でした。
エルエルフもここ最近アホになってきましたがルーンを取られたせいでしょうかw?
[ 2013/11/04 15:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/317-9294576b


革命機ヴァルヴレイヴ 第16話「マリエ解放」

革命機ヴァルヴレイヴの第16話を見ました。 第16話 マリエ解放 ハルトは真実を話そうとするが、秘密を守ろうとするエルエルフにマリエは撃たれてしまう。 しかし、怒りをぶつけるハルトの後ろでマリエは立ち上がるのだった。 「マリエ、まさか君も…!?」 「野火マリエ、ヴァルヴレイヴに乗ったのか?」 「何、どういうこと…!?」 その頃、エネルギーパックを換装すること...
[2013/11/02 18:58] URL MAGI☆の日記