今週の最強銀河 究極ゼロ 7話

最強銀河 究極ゼロ 7話 『味わえ! もう一人のアルティメット使い!!』

ゼロep7 0

もう毎回エリス出せばいいと思う。
ゼロep7 1

アルティメット・ジークフリーデンを我が物としたカードバトラー・レイの実力は留まるところを知らない。
いつものようにアルティメットを使いこなし、三羽ガラスをやっつけるレイ。ぶっちゃけジークフリーデンいなくても楽勝だろうけど…
そんな絶好調のレイと一番星号クールは、アイスキューブの街で1人の青年と出会います。
彼の名はカッパのトーノ。惑星ジャグーチの王子で、レイとは旧知の仲だそうです。
惑星ジャグーチはマリンスポーツで有名な常夏の星。レイはジャグーチへの再訪を夢見ますが、それを聞いたトーノの顔色は暗い。


ゼロep7 2

聞けば、ジャグーチには水回りを全制御しているの青取っ手と赤取っ手があり、その内の青取っ手をギルドの悪い連中に奪われてしまったという。
星の地下水を制御する青取っ手を奪われてしまい、今じゃ温泉水を制御する赤取っ手しかない為、ジャグーチは温泉の星になってしまったという。
トーノは青取っ手を取り返す為にバトスピ修行中で、アイスキューブにやってきたのはアルティメット発見の情報を聞いたからでした。最もそりアルティメットはレイが手にしてしまったわけですが。
ギルドへの復讐の気持ちをくみ取ったレイは、トーノのデッキを診断してサポートすることに。


ゼロep7 3

しかしそこへやって来た謎の宇宙船! その正体は銀河七将のボス、暁のバジーラ
レイが次々と銀河七将を破っている今、とうとうそのボスが重い腰を上げる時が来たようです。まだ7話目なんだけどね。
しかしバジーラの姿を見たトーノは勇ましく彼にバトルを挑み始めました。曰く、ジャグーチから青取っ手を奪ったのは何を隠そうバジーラ本人だというのです。
島の命といっても過言ではない青取っ手。それを奪った理由は、何とバジーラが食べる糠漬けの漬物石に青取っ手が丁度いいんだという。ええ~っ!?
バトルの申し出を受諾するバジーラ。トーノが勝てば、青取っ手はジャグーチに返却。バジーラが勝てば、今度は赤取っ手も頂くという。目的はもちろん、浅漬けの漬物石にするという。ええ~っ!?


ゼロep7 4

バトルはトーノの白デッキとバジーラの紫デッキが激突。
トーノは2ターン目からウィングソルジャーでバジーラに先制アタック。
場面飛びまくって8ターン目。いつの間にか両者ライフ3になったようです。
トーノはキースピリットである、「獅機龍神ストライクヴルム・レオ」を召喚。ブレイヴ時代にバローネ様が使っていたスピリットです。
トーノの場にはレオの他に、系統「星塊」を持つイグア・バギーが2体。レオは系統「星塊」を持つスピリットが疲労する度に自身を回復させる効果を持つ為、今の状態なら合計3回攻撃ができます。
イグア・バギー自身のアタックも合わせて合計5回。対するバジーラはライフ3、ブロッカー1体だけなのでピッタリで勝つことが出来ます。

レオのアタックをカースガーゴイルで受け止めるバジーラ。しかしカースガーゴイルの破壊時効果には「スピリット1体のコアを2つ除去」というものがあります。レオのコアは2つ。これではレオが破壊されてしまう…
がしかし! レオは【重装甲:/緑/白/黄】を持つ為、カースガーゴイルの効果は一切寄せ付けず。
しかしカースガーゴイルの効果はブロックしたスピリット以外でも適用できる為、バジーラはイグア・バギー1体のコアを除去し破壊。これによりレオの波状攻撃はできなくなり、バジーラのライフを1つにするまでに収まりました。


ゼロep7 5

「わらわの秘宝… メインディッシュを括目するがよい!」
バジーラのターン。バジーラはキースピリットであるアルティメット・デスペラートを召喚。
Lv5の状態なのでBPは19000。更にアタックステップで相手のリザーブとトラッシュのコアの数だけBPを+1000する為、実質BPは26000に!
そしてアルティメット・デスペラートの【Uトリガー】発動。トリガー対象はコスト4だった為HIT!
アルティメット・デスペラートの【Uトリガー】効果は「トリガー対象のカードのコストの数だけ、相手スピリットのコアを除去する」というもの。
レオは【重装甲:紫】を持ちますが、重装甲はスピリット・マジック・ネクサス・ブレイヴに対してしか効果を発揮できない為、アルティメットの効果は防ぎようがありません
コア除去により、スピリットは全破壊され、後はバジーラのスピリットの総攻撃でトーノは負けてしまいました。


ゼロep7 6

バトルに勝利し、ジャグーチの赤取っ手を貰うことを約束するバジーラ。
このままではバジーラは一切の水を供給できなくなり、砂漠の星と化してしまう。
友達のピンチを救う為、レイはバジーラへのバトルを誓うのでした…


・感想
銀河七将のボスであるバジーラの言動が何かとグルメ関連だったり、星の命とも言える代物を奪う理由が単なるメシ食う為だけだったり… う~ん、とんでもない美食家ですなw 位の高い者の考えることは低い者には分からないということか?
しかし随分とゆる~い雰囲気に包まれてしまいましたな。バトスピってちゃんとカードの販促もしながらも、シナリオの中心は大体シリアスだったりして、そこが面白かったんですが… (最たる例がブレイヴ)
こればっかりは慣れれば何とかなるかしら。一応バジーラのキャラは嫌いではないし…

バトル描写はもうどうにかならんのかな。ストライクヴルム・レオが噛ませになるのは仕方ないとして、
せめてターンスキップするならナレーションを入れられないのか… そりゃナレーターがいないのは知ってますが、
それならせめて登場人物に経過を話させるくらいは…

次回はゼロとバジーラのバトル回。8話目にしてラスボス格と対決ということですが、どうなることやら。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/10 11:20 ] 最強銀河 究極ゼロ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/322-4d79a5ab