ROBOT魂 ダブルオークアンタ(トランザムver.) レビュー

IMG_2233.jpg
ROBOT魂 ダブルオークアンタ(トランザムVer.)

先日友人から、
「トランザムクアンタのレビューかと思って記事見たらプリキュアだった。ちゃんとレビューしろ!(要約)」
との声を頂きました。
11/10の「今週のドキドキ!プリキュア」の記事では皆様を騙すような真似をしてしまい申し訳ございません。
深く反省致しません。(´∀`(⊃*⊂)

というわけで、ROBOT魂 ダブルオークアンタ(トランザムver.) をレビューいたします。
IMG_2248.jpg
GNT-0000 ダブルオークアンタ(トランザムver.)

ダブルオークアンタがトランザムを発動した姿。
…それ以外に言うことがございません。
グラハムの特攻やクアンタムシステムの完全なる前フリ扱いだったしなあ。

そんなこんなでROBOT魂クアンタ発売から約3年経っての唐突の発売決定。
誰もが驚いたことでしょう。ちなみに私はROBOT魂クアンタは未購入です。

IMG_2249.jpg
フロントビュー。
今までのROBOT魂のトランザムver.は全身クリア素材を使用したフィギュアで、
HGガンプラでは光沢感のある赤みがかった塗装をされてのキット化でした。
どちらも劇中同様「光っている」感触を生み出せていて好感触でした。


IMG_2250.jpg
リアビュー。
しかし2月発発送のジンクスⅣからはそんな今までの例とは一線を画す、全身濃いメタリックレッド塗装に変更。
今回のトランザムクアンタのそれに準じた仕様てなりました。
ハッキリ言って劇中のそれとはあまり似てないんですが、これはこれで高級感があっていい感じ。
何か凄く言いくるめられてるというか、騙されてる感がありますが…

まあ赤く光ってシャカリキに動けば何でもトランザムと呼ばれるこのご時世。
あまり細かいことは気にしない方がいいのかも…むむむ。


IMG_2237.jpg
顔アップ。
どうやら通常クアンタから変更があるようなのですが、比較できないのでよくわかりません。


IMG_2238.jpg
胸の太陽炉はスモークイエローのクリアパーツで再現。
胸周りのメタリックレッドも綺麗です。


IMG_2251.jpg
背面も同様にクリアパーツ形成。


IMG_2239.jpg
GNシールドもビット部分のクリアパーツはイエローに。


IMG_2252.jpg
GNシールド側の太陽炉はメタリックイエロー塗装でした。


IMG_2241.jpg
もちろん全身メタリックレッドというわけではなく、元々白かった部分は薄めのワインレッドな感じ。
青い部分はツヤツヤなメタリックレッド塗装ですね。


IMG_2253.jpg
GNソードV。刀身はビット同様のクリアイエロー。


IMG_2255.jpg
刀身と持ち手の角度を変えればライフルモードに変形。


IMG_2242.jpg
IMG_2243.jpg
IMG_2244.jpg
可動範囲の説明は簡単に。ほぼHGガンプラと同等ですね。


IMG_2256.jpg
その他の付属品。
・交換用手首×7
・軟質アンテナ
・ディスプレイ用ジョイント
・GNバスターソード&ライフル用GNソードV刀身
・GNビット用ビーム刃×2
・GNビットディスプレイ用ジョイント

となっております。
ROBOT魂版にはHGと違って突き用の手首があるのがポイント。


IMG_2268.jpg
GNソードVの刀身を付け替えビットを取り付け、GNバスターソードへ変形。


IMG_2269.jpg
先端のビットの位置を少し変えればGNバスターライフルにも変形可能。
ソードの唾のジョイントを腕のハードポイントに嵌めれば保持も楽です。


IMG_2263.jpg
GNビットディスプレイ用ジョイントでは魂STAGEと合わせてこんな感じでディスプレイ可能。
せっかくだから魂STAGEも付属してほしかったですね。


「それでは刹那、ブンドドだ! トランザムはするなよ!」
「了解! トランザム!

【TRANS-AM】

「('A`)」

IMG_2246.jpg
「待ちわびたぞ少年!」
※発売時期的に


IMG_2257.jpg
重塗装なフィギュアも手元に集まってきましたが、やっぱり撮影は難しいっすね。


IMG_2262.jpg

IMG_2258.jpg
この頃の刹那はどちらかと言うと銃主体の戦闘スタイルをとってたのでソードの活躍がちと薄め。
活躍の少ないクアンタなら尚更。


IMG_2260.jpg

IMG_2259.jpg
銃主体ってのはある意味ガンダムらしい戦闘スタイルでもあるのですが。


IMG_2266.jpg

IMG_2267.jpg
何だかんだでこうやってGNビットをイジるのは楽しい。


IMG_2265.jpg
クアンタムバースト風に。意外と似合ってる?


IMG_2270.jpg

IMG_2271.jpg
「このまま表面を切り裂く!」
劇中での活躍はこれだけ。
「対話用機体の貴重な戦闘シーン」と見ればこのシーンの価値も変わるか?


IMG_2264.jpg
以上、ROBOT魂 ダブルオークアンタ(トランザムVer.)のレビューでした。

ROBOT魂の00シリーズはジンクスⅣ(トランザムver.)がプレバン限定で2月発送、
完全オリジナルではELSクアンタがプレバン限定で2012年12月発送。
今回のトランザムクアンタ発売まではかなりのブランクがありました。
00シリーズはROBOT魂の中でもかなり古参シリーズなので、今回のトランザムクアンタの発売は、
ある意味バンダイの技術力の進歩を購入者側に訴えるものなのかもしれません。
正直ROBOT魂の00シリーズはHGガンプラと比べてもドッコイドッコイのものが多いんだよね。特に初期。

久々の00シリーズのリリースなので、こうなったら他の第五世代MSのリリースもしてほしいところ。
HGガンプラでもマルートとかトランザムver.は発売されてませんからね。
HGとの違いは付属品とかで差を付ければいいし… やってくれないかなぁ。


  
通常版とトランザム版の価格の違いはなんなんや(涙)
いい加減通常版も再販してくれませんかね…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/14 23:01 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/327-9311d021