1/144 ヴァルヴレイヴⅥ 火遊 レビュー

IMG_2357.jpg
1/144 ヴァルヴレイヴⅥ 火遊

また電気スタンドを他のものに変えました。早くフィギュア撮影用に向いてるスタンド欲しい。
そして箱でかい。いつものことですが。
というわけで、1/144 ヴァルヴレイヴⅥ 火遊をレビューいたします。
IMG_2358.jpg
ヴァルヴレイヴⅥ 火遊

ヴァルヴレイヴの6号機。正式名称・“火遊(ヒアソビ)”。メインカラーは紫。電子戦に特化している。
アキラがショーコを助けたい一心で搭乗者となった。
ヴァルヴレイヴ共通のセンサー機器「センシズ・ナーヴ」が、機体のあらゆる箇所に多数配置されており、このマルチセンサーアーマーを総称した「森羅万象」を特能装備としている。
これにより戦況把握能力(受信)に特化しているほか、限定的に敵機へ搭乗者の意思を介入(送信)させる支配機能を有する。
主武装は近接格闘武器としても使えるロッド状の「ハミング・バード」で、森羅万象と連動して侵食回路を生成することで対象をハッキングし、複数の敵機を一定時間強制操作する機能を持つ。
この装備をフル活用するためには搭乗者にも相応の情報処理能力が要求される。
また、他にも鉤爪状の刃5本を扇状に束ねた「ファン・タロン」を持ち、掌に装着して斬撃や硬質残光放射といった攻撃を行う。


6号機も無事発売(投稿してる日にち的には発売日じゃないけど)され、いよいよヴヴヴのキットも大詰め。
ややクリアパーツが太目の気がするも、プロポーションはかなり良いバランスで纏まっている方かと。
とりあえず従来通り、白いライン部分は塗装してますが、今回は比較的シール数控えめの90枚ほど(もはや感覚狂ってる)ですし、
せっかく書いた白ラインも画像では殆ど見えてない為、もう全部シールでも良かった気がします。


IMG_2359.jpg
フロントビュー。
とにかく全身に張り巡らされているクリアパーツ「センシズ・ナーヴ」が最大の特徴。
キットの組み立て方も今までの感覚でやってると少し面倒なことになったり。
まあ組むの面倒臭いのは今に始まったことじゃないですが。


IMG_2360.jpg
リアビュー。やっぱりクリアパーツまみれ。
肩の後ろにあんなデカイクリアパーツがあるとは思わなかった。
この異常な数のクリアパーツのせいでキット本体を手で掴みにくいw


IMG_2361.jpg
顔。今までの機体よりも遥かにエヴァ臭がします。
ちなみにこの顔に付いてるクリアパーツはやや外れやすいので接着推奨。


IMG_2362.jpg
胸周り。ここからでもやっぱりクリアパーツまみれ。
見ての通り胸には2つのクリアパーツを使ってますが、そのうち下のものが外れやすいです。


IMG_2363.jpg
肩。割合的にはここに一番クリアパーツが集中してます。
様々な層に分かれて張り巡らされているクリアパーツは何とも幻想的。


IMG_2368.jpg
脚部にも大きくクリアパーツを使っているアーマーが。


IMG_2366.jpg
IMG_2365.jpg
腕回りや胴回りなど、細かい部分までクリアパーツが。


IMG_2367.jpg
腕アーマーも新しいものを装備。
なお画像でチラホラ映ってる、この紺色の上から緑のギザギザが出てる部分は全てシールです。
今回は5号機と違って、一応モールドが掘られています。塗れるかどうかは別として。


IMG_2370.jpg
可動範囲。
1号機と同じフォーマットではありますが、如何せん独特過ぎるデザインのせいで可動を食ってる箇所も。
上画像のように、腕はあんまり前に出せなくなってます。まあ肩アーマーを動かしてやればいいんですが。


IMG_2371.jpg
股関節はこのくらいしか開けません。つーかこれ、開いてるって言っていいのか?
その他は若干デザインが干渉する部分があるものの、ほぼ1号機と同等。


IMG_2374.jpg
武装紹介。こちらはファン・タロンという5本の鉤爪。手首ごと差し替えます。
クリアパーツ仕様で質感良し。親指が自由に動くという謎のギミックもあります。


IMG_2375.jpg
ファン・タロン展開状態は左右それぞれ1つずつ付属。


IMG_2376.jpg
展開前の閉じた状態は左手のみ付属。なんでー?


IMG_2377.jpg
で、こちらが主武装のハミング・バード。チョコンと当てるだけで気軽にハッキングできる便利な装備。
造形は十分ですが、色分けに関してはシール1枚だけとかなり大味。
グリップに関しては別の成形色で作ってほしかったところ。


IMG_2364.jpg
なお使わないときはグリップ部パーツを差し替えて脚部に装填できます。


IMG_2382.jpg
あと付いてくるのがこちらのハミング・バード用エフェクトパーツ。
ハッキング時のエフェクトを表しているようです。


IMG_2383.jpg
裏を見てみると魔法陣があり、円陣内も文字ディテールが掘られているという作りの細かさ。
その努力を是非アニメ本編に生かしてもらいたい。


それではブンドドドドド。


IMG_2379.jpg
中の人的に魔法少女とか言いたいところですが、
呪術師とか死神とか言ったほうがずっと似合ってると思います。


IMG_2380.jpg
ファン・タロンは接近武器であると共に、硬質残光を撃つことのできる射撃武器としても使用可能。


IMG_2381.jpg
ハミング・バードは説明書では両手持ちが推奨されてますが、片手でも十分安定して持てます。
というかアニメではずっと片手持ちだしね。


IMG_2384.jpg
エフェクトパーツはハミング・バードに直接取り付け可能。ブンドドの場所を選びません。


IMG_2388.jpg
両手持ちで再度アクション。普通に似合ってるなー。


IMG_2387.jpg
前期OPシーンではパースがかかっていたので、流石に無理があるか。


IMG_2386.jpg
ハミング・バードは直接殴れる武器としても使用可能。らしいです。


IMG_2385.jpg
ファン・タロンと共にアクション。うおーカッコええぞ。


IMG_2389.jpg
以上、1/144 ヴァルヴレイヴⅥ 火遊のレビューでした。

アニメがアレな分、文句も言いたくなりますが、普通に良キットだと思います。
クリアパーツのせいで可動は阻害される部分もありますが、思い切ったポーズをとらせれば実はあまり問題なかったり。
まあクリアパーツ塗れなので、動かしたり手で掴むのはちょっと面倒な点もありますが。
武装にもうまい具合にクリアパーツが生かされていて、またエフェクトパーツも使いやすく大変好印象です。
ただ使用されているクリアパーツは、その性質上歪みとかに弱いので、
ディスプレイには今まで以上に注意を払う必要があります。気を付けましょう。
組み立てるのは相変わらず大変ですが、その独特で幻想的なフォルムに惹かれたら是非。




・おまけ

IMG_2391.jpg
どうにか撮影スペースぎりぎりに納まった…orz
ちなみに1号機は地味に修理中だったり。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/21 02:58 ] ヴァルヴレイヴ | TB(0) | CM(1)

アキラ「に、兄さんがポケ戦が好きといえば通だと思って貰えるって…」サトミ「きれいな浪川が見れるガンダムはポケ戦だけ!」

どうも、「電子戦型ロボット」と言うとドラグナー3号機を思い浮かべるソバスチンです。
http://www.dragonar.net/mechanics/e03.html
早期警戒機を思わせるレドームがそのまま頭部になっているデザインは
ZZのアイザックを上回るインパクトな上、序盤は敵のミサイルをハッキングしたり幼心にも
「ドンパチするだけが戦争じゃない」と考えさせました。

ついに5体そろったヴヴヴのトリⅥ号機ですが。
クリアパーツの多様とアンテナ状のセンシズ・ナーヴが電子戦機っぽさを感じさせはします。
(ミリオタ的には前時代的に見えますが…)
しかし電子戦を「森羅万象」とオカルトで片付けるとはこのアニメの設定考証は相変わらずですねヾ(- -;)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19047592?ref=search_tag_video
ヴヴヴの中でも確かに異色ではありますね、ちょっとゼーガペインを思い浮かべます。
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/h/hidemisato/20090325/20090325192506.jpg
古い作品でまだ新人で棒読みだった花澤香菜さんがヒロインを演じていましたが知る人ぞ知る名作ですよ(^-^*)/
ロボットアニメとしては弱いですが骨太なSF作品として評価が高いです、今のサンライズにはこういった作品は作れなさそうですね(;^_^A
[ 2013/11/24 22:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/337-60d8e080