RG 1/144 ストライクフリーダムガンダム レビュー

IMG_2435.jpg
RG 1/144 ストライクフリーダムガンダム

HGではその絶妙な体系からゴリラと呼ばれ、
そのキットの在庫の溢れ具合から閣下と崇められた悲しきMS。
アニメは叩かれ、キットはあざ笑われ、歴代ガンダムの中でも浮いた存在である彼の導き出した答えは。

次回「最後の販促」
売上を信じて、翔べ! フリーダム!

というわけで、RG 1/144 ストライクフリーダムガンダムをレビューいたします。
6981a869.jpg


レビューに入る前に。
今回のRGストフリは発売前に「内部フレームを金色で再現!」という謳い文句をぶら下げていました。
今まで1/144のストフリといえばHGでもROBOT魂でも満足に金フレームを再現し切れていませんでした。(俗に言うウンコ色)
今回は徹底した金フレームに対する宣伝内容。誰もが期待に胸を膨らませるはずです。
では実際金フレームはどのくらい再現できているのか、フレームを構成するランナーを見てみましょう。

IMG_2392.jpg
こちらはBランナー。フレームの主部である骨格を形成するパーツです。
やや明るい色合いですが、金色かと言われるとかなり微妙なところ。どちらかと言うとウンコに近いですね。
いきなりですが、早速謳い文句とは違う結果となりました。


IMG_2393.jpg
Eランナー。パーツを繋ぎとめる関節や手首などのパーツ。露出する部位が多いです。
こちらはHGのアストレイゴールドフレーム天ミナのフレームと同じ色。
赤みがかっていて、ややチープ気味ではありますが、金色には近い彩色と言えます。


IMG_2394.jpg
F1ランナー。細部フレームの役割を担うパーツです。
Bから色が暗くなり、まさしくウンコ色となりました。あんたってランナーは!


IMG_2395.jpg
最後にF2ランナー。ドラグーンを形成する大きなフレームパーツです。
全身を金メッキでコーティングされているという豪華仕様。先述した3つの後ですからホレボレしてしまいます。

総評。
まともなのはF2ランナー。次点でEランナーが許容範囲内。
色分けしてるのはRG独特のアレンジともとれますが、ストフリの金フレームはどの商品媒体でも中々再現できないんだから、
今回ばかりは本気を出してほしかったという気持ちが残ります。
やはりストフリの金フレーム問題は未来永劫引きずっていかなければならないようです…

気を取り直してキットのレビュー。

IMG_2396.jpg
ZGMF-X20A ストライクフリーダムガンダム

『機動戦士ガンダムseed destiny』で登場したらしいMS。パイロットはキラ・ヤマト。
ふさいの あいが うんだ さいきょうの がんだむ。
スーパードラグーンを始めたとした最新鋭の武装を詰め込み、独自のスライド機構やフレームの細分化によって従来よりも細かい動きを実現。
その分フレームが多く露出していることもあり防御面で不安が残るものの、パイロットとアニメスタッフ約2名の技術によりどうということはありませんでした。
ドラグーンを外されければ最高速度が出せなかったり、ライフルをマウントした状態だとレールガンが使えないなど機体の不備がかなり残ってますが細かいことは(゚ε゚)キニシナイ!!。


IMG_2400.jpg
フロントビュー。
背中の武装が武装だけに、自立はちょっと困難。
その為写真では少々ズングリした体系になってますが、それは自立の為の調整であって、
実際のプロポーションは中々のものですよ。


IMG_2399.jpg
リアビュー。ドラグーン兄貴ちっす。


IMG_2401.jpg
顔。思ってたよりも太めでしたが、悪くないです。少なくともHGゴリラさんよりは。
ただアンテナが今までのシリーズと比べるとやや太めかな? という印象。


IMG_2404.jpg
胸。カリドゥス復相ビーム砲が埋まってます。
こちらは残念な色での再現。ROBOT魂だと金メッキだったんだけどな。
機体デザインやディテールのバランスなどは良好。


IMG_2438.jpg
コクピットのハッチはこんな感じで展開。


IMG_2431.jpg
肩の金フレームはこんな感じでスライドして露出可能。


IMG_2402.jpg
腕。金フレームが沢山露出しています。これが金色だったらなー。


IMG_2411.jpg
脚。こちらは実際のデザインよりも多くフレームが露出するようアレンジが加わっています。
主に足首辺り。


IMG_2407.jpg
スーパードラグーン。先述通りこちらのフレームは金メッキで再現。勝ち組です。


IMG_2408.jpg
ドラグーンは1つずつ自在に動かせる上、各パーツをスライドさせてフレームをむき出しにすることが出来ます。
金メッキがとても煌びやか。さすが勝ち組は違う。


IMG_2429.jpg
全てのドラグーンのフレームを展開してみた姿。
見てくれは非常にいいですが、部位によってドラグーンが外れやすかったり外れちゃったりと少し大変。


IMG_2406.jpg
腰には設定どおりライフルをマウント可能。


IMG_2409.jpg
その場合、レールガンとサーベルラックは後ろ腰に収納されています。


IMG_2432.jpg
ライフルのマウントジョイントはこんな風になってます。


IMG_2433.jpg
レールガンを左右の腰に移動される場合、ライフル用のジョイントを折り畳んでレールガンの影に隠れるようにします。


IMG_2415.jpg
ドラグーンを広げて、ライフルを持った状態で素立ち。


IMG_2416.jpg
この場合は重心が安定して、立たせるのが少し楽になります。


IMG_2410.jpg

IMG_2412.jpg

IMG_2413.jpg
可動範囲はRGなので非常に良好。ただ肩パーツが異様に外れやすいような。個体差でしょうか?


IMG_2414.jpg
HGとは違い、ちゃんと腰が回ります。
ただレールガンが胴体と繋がっているので、うまいこと位置を調整しないと見てくれが悪くなるかも。


IMG_2417.jpg
適当に余った武装紹介。こちらはお馴染みのビームライフル。
専用の持ち手がありますが、グリップにピンが付いてない為ちょっと保持が不安定気味。
取り出しやすくなったといえばそうなのですが。


IMG_2418.jpg
設定通り連結可能。
ライフルの砲身延長やグリップ収納など、全てのギミックを差し替え無しで再現できるのには驚いた。
最近の1/144って侮れない。


IMG_2419.jpg
で、こちらはシュペールラケルタ ビームサーベル。変な名前付けんでもいいのに。
マニュピレーターにピンを嵌めて保持させるのですが、中々ピンが刺さってくれない…orz


IMG_2420.jpg
こちらも設定通り連結可能。でもキラは使ってなかったような。


IMG_2421.jpg
ビームシールド。こちらはクリアパーツに6枚ほどシールを貼って再現。
シールを貼る際は一度糊の部分を水に当てて粘着力を弱くしてから貼るのがオススメ。
…って雑誌に書いてました。


IMG_2437.jpg
こちらはクスィフィアス3 レール砲。やっぱり変な名前付けんでも。
レールガンは砲身の延長が可能。金フレームの露出部も増えたような。


ではブンドド。


IMG_2436.jpg
HGのライフルを頑張ってガンマカで色分けしてた時代が懐かしい。いい時代になったもんだ。


IMG_2423.jpg
人殺しイクナイ主義のキラ君にとってビームサーベルは必須装備。手足のように扱うよ。


IMG_2422.jpg
その気になればデスティニーのアロンダイトとも鍔迫り合いができる…らしいよ。


IMG_2430.jpg
タイトルバックは僕だ! 彼じゃない!
デスティニー「…」


IMG_2427.jpg
ハイマット・フルバースト!
ドラグーンを発射できてないので完全再現はできませんが、フレームを展開してるとそんな気になれます。


IMG_2428.jpg
以上、RG 1/144 ストライクフリーダムガンダムのレビューでした。


何だかんだ言ってますが、ストフリのRG化は素直に嬉しいです。
HGがゴミすぎたので、ストフリの1/144に関してはずっと未練が残ったままでした。
可動は問題ないですし、各ギミックも非常に正確に再現できています。
ギミックに関してはストフリを多く商品化してきた中での賜物といったところでしょうか。
それだけに金フレームに関しては本当に残念なところ。
MGの限定版みたく、こちらもプレバン限定とかでいいから豪華塗装仕様とか販売してくれませんかね。
もしくはいっそのこと自分で塗っちゃうか? でも一部ABS素材が含まれてるんだよなぁ。

まあとにかくストフリ好きなら間違いなくオススメできるキットですので是非。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/11/22 01:42 ] ガンプラ(RG) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/338-47ff826e