HGBF 1/144 ベアッガイⅢ(さん) レビュー

IMG_2537.jpg

HGBF 1/144 ベアッガイⅢ(さん)

そういや店に並ぶSDガンダムも立派なガンプラだったなぁ…
1/144サイズばかりに目がいって、すっかり失念しておりました。
まあ筆者の部屋のスペースの都合上、今後SDシリーズを購入する予定はありませんが(ぇ

というわけで、HGBF 1/144 ベアッガイⅢ(さん)をレビューいたします。
IMG_2506.jpg
KUMA-03 ベアッガイⅢ(さん)

コウサカ・チナが使用する「HGGPB ベアッガイ」の改造機。
名称の「III」(さん)はチナが考えたものだが、前型機の「ベアッガイII」が存在するかは不明。
チナは「ぬいぐるみがガンプラになった」という設定で製作しており、原型機に比べ頭部全体がより大きく、
モノアイを廃止した完全なぬいぐるみ風の顔つきとなっている。
装甲内部にはぬいぐるみと同じく本物の綿が詰められており、高い耐衝撃性を得ているとともに、
これを外に飛ばして敵を絡め取ることもできる。顔面には新型の液晶モニターが仕込こまれており、
バトル中は目口の表情が豊かに変化するのが特徴。
美術部出身であるチナの高い塗装技術により、非常に美しい仕上がりを持つ。
武装は開閉式の口に内蔵されたビーム砲1門と、両腕に内蔵されたビームサーベル兼用のビーム砲2門。
背中にはストライカーパック用のコネクターが設置され、蝶結びの赤いリボンを模した「リボンストライカー」を標準装備する。
リボンストライカーはチナが独自の解釈を交えて製作した飛行ユニットで、結び目はスラスター、帯はウイングとして機能する。

キャーカワイイー!
誰もが頷く納得の愛くるしさを備えたベアッガイさん、早くもキット化です。
筆者宅では母親がすっかり気に入ってしまったようで…^^;
ちなみにデザイナーは海老川兼武さん。00の頃から割と型にハマらないデザインを持ち味としてたけど、ここまで来ちゃうとは…
ちなみにキットは素組み状態です。


IMG_2507.jpg
フロントビュー。キャーカワイイー!
当然ちゃ当然ですが、本キットに綿は入っていません。あしからず。


IMG_2508.jpg
リアビュー。キャーカワイイー!
リボンは装飾ではなくれっきとした武装です。偉い人にはそれが分からんのです。


IMG_2509.jpg
顔。
ベアッガイベースとはいえ、最早完全無欠なクマさん。クマー!


IMG_2510.jpg
腹。腹がギザギサな辺りはアッガイらしいですね。


IMG_2511.jpg
手。両手とも爪はなく、完全無欠な肉球デザインに。真ん中はサーベル用の穴が開いてます。


IMG_2512.jpg
足はまんまアッガイ。でも色合いが可愛いせいか、上手いことクマの姿に馴染んでます。


IMG_2513.jpg
リボンストライカーは背後のバックパックと接続。


IMG_2531.jpg
で、バックパックの専用の延長ジョイントを使って他のストライカーユニットと換装可能。


IMG_2532.jpg
キットの解説書通り、エールストライカーを装備してみた図。すごい浮いてます。


IMG_2533.jpg
正面から。ただでさえストライカーが小さい上に、図体がデカいから目立たない…^^;


IMG_2534.jpg
ジョイント穴が同じなので、ビルドブースターとかも装備可能です。


IMG_2522.jpg
差し替えで腕の伸びるパーツも付属。大・中・小あるパーツを連結させて再現します。


IMG_2514.jpg
頭部の耳は前後に動きます。


IMG_2515.jpg
口は開閉可能。また頭部のフェイスプレートを交換して別の表情にすることも。


IMG_2517.jpg
シールの方は他にも目の表情を整えるものがいっぱい。
弱気な目だったり、慌ててる目だったり… 劇中でとった表情が全て再現できます。


IMG_2516.jpg
ただフェイスプレートは2枚のみ付属。少ない!
それぞれ通常時の目と怒っときの目のモールドが掘られています。
他にも表情をつけたい方は、部品注文しましょう。


IMG_2518.jpg
可動範囲。首は問題なく回りますが、上へ向けるのは苦手。


IMG_2519.jpg
肩は一軸接続。可動の妨げになるものもないのでよく動きます。
関節はボールジョイント接続なので、あまり曲げられません。


IMG_2520.jpg
脚は思いのほか曲げられます。


IMG_2521.jpg
足首もボールジョイント接続で自由度があるので自立面もまずまず。
ただジョイントがヘタれて倒れちゃう場合もあるので要強化かな。


それではブンドドいきます!


IMG_2524.jpg
キャーカワイイー!


IMG_2525.jpg
パンチポーシング的な。かわいい。


IMG_2526.jpg
走ったらコケちゃう。でもかわいい。


IMG_2536.jpg
ビーム発射。アッグやノーベルを一撃で粉砕する辺り、MSとしてのスペックは計り知れないのかも。


IMG_2523.jpg
腕伸ばしギミックは劇中でどう生かされるのでしょうか?


IMG_2527.jpg
ビームサーベルは短いものが2本付属。腕に装着可能です。


IMG_2528.jpg
でも出来れば「綿エフェクトパーツ」が欲しかったなぁ。


IMG_2529.jpg
口にもビームサーベル用のジョイント穴が。でも綿エフェクトパーツが(ry
ふと気づいたけど、プラスチックの中に綿って意味あるのか…?


IMG_2530.jpg
劇中に出てきた表情の中に怒り顔が無かったので、他の目にすれば良かったとちょっと後悔。


IMG_2535.jpg
以上、HGBF 1/144 ベアッガイⅢ(さん)のレビューでした。

う~ん、これは良いキットだ。
ぬいぐるみらしく、適当にポーズをとらせれば全部様になってくれます。
普段メカメカしいプラモばっか作ってる私にとっていい潤滑剤でした。(最近はヴヴヴとかも作ってるし…)
流石に綿は詰められませんが、チナちゃんに倣って私も塗装すべきか?
一体成型パーツが大きい分、ヒケとかも目立ちやすいので細かい処理も入念に行った方がよさそうですね。
惜しむならフェイスプレートの少なさか。う~む、これは部品注文すべきか?
シールの数から計算すると、少なくともあと8枚は欲しいところです。
師走のアナハイム静岡工場ではひたすらベアッガイⅢのランナーを作ってはニッパーで切り取る作業が日夜繰り広げられる…のか?

ちなみに工場は2013年12月29日~2014年1月5日までは営業休止中の予定。
部品注文はお早めに。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/03 10:08 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

チナ「もう一度ズタズタに削いでやる。女型(ノーベル)のガンプラ!」

「シロー・アマダ役の檜山修之さん、流行語大賞おめでとうございます\(゚▽゚*)」
と、メッセージを送りたいソバスチンですヾ(ーー ) 私、半沢直樹 観たことないので…;^_^
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22024109
そういえばシローって隊員から「『あまちゃん』の隊長。」って言われていましたね…じぇじぇじぇ…

まぁ、それはさておき(;^_^ HGBFベアッガイⅢは胴体以外は完全に熊って感じですね(≡^∇^≡)
元々ビルダーズで初登場のベアッガイはガンダムの事をよく知らないリナがアッガイを改造したものです。
(バックパックを本物のランドセルにしたりメガ粒子砲を「目が粒子砲」と勘違いしていたり)
そういった設定を加味すれば、委員長に相応しいガンプラと言えますね。
我々ガノタは頭の硬い設定厨にならないように気をつけるべきですね(-"-;
 ド●えもんやケロロが良い例ですけどこういったシンプルで丸みを帯びた造形物は
誤魔化しが効きにくいので塗装や処理は確かに骨が折れそうですね。
チナってセイに会う為の口実とはいえ初心者用キットにサーフェイサーをかける程マメでしたからねw
 表情を変えるためのシールやパーツはBB戦士やケロプラのノウハウの流用と言えますね。
ベース機に比べると火力が低そうと最初は思いましたが105系(?)規格のお陰で応用は効きそうですw
委員長は世界大会には出ませんしライバルキャラも続々登場しているので出番は少なそうですけど
何らかの形で活躍して欲しいですね、ついでにリボン以外の新装備も(^-^*)
[ 2013/12/04 20:06 ] [ 編集 ]

Re: チナ「もう一度ズタズタに削いでやる。女型(ノーベル)のガンプラ!」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

今回のBFの戦闘シーンはベアッガイⅢが愛くるしくてとても良かったと思います。
記事でも少し触れましたが、私よりも母親が楽しんでいて…^^;

>ベース機に比べると火力が低そうと最初は思いましたが105系(?)規格のお陰で応用は効きそうですw
Pストライクのマルチプルアサルトストライカーを装着させてみたんですけど、
ゲベールが持てないのは当たり前だとして、アグニも胴体がデカすぎるせいで上手くポーズが決まりませんでした…--;
リボンストライカーとは別に、彼に合う新しいストライカーパックが欲しい所ですね。
AGEシステムなら何とかしてくれるでしょうか…?
[ 2013/12/07 15:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/351-29fad776