HGBF 1/144 ウイングガンダムフェニーチェ

IMG_2621.jpg
HGBF 1/144 ウイングガンダムフェニーチェ

先にあのキット作っておいて本当に良かったと思う。
やはりバンダイプラモの技術力はガンプラにこそ現れるものだ。
違いが分かる大人になろう。

というわけで、HGBF 1/144 ウイングガンダムフェニーチェをレビューいたします。
IMG_2587.jpg
XXXG-01Wf ウイングガンダムフェニーチェ

リカルド・フェリーニが使用する「HGAC ウイングガンダム」の改造機。
バード形態への変形機構を廃止し、背部ウイングを左側に集約、各部の装甲も左右非対称の形状に変更されている。
この改造により機体バランスが損なわれているが、フェリーニはこれを逆手に利用することでトリッキーな機動を実現している。
頭部右側のアンテナと耳当てには過去のバトルで受けた損傷がそのまま残されておりカメラアイは右目がピンク、左目が緑のオッドアイ状になっている。
「フェニーチェ」はイタリア語で「不死鳥」を意味し、カラーリングもイタリア国旗を模した緑・白・赤のトリコローレとなっている。
武装は、背部右側に懸架された縦列2連装式の「バスターライフルカスタム」、
左腕に懸架された「ビームレイピア」、左肩に内蔵された防御用「ビームマント」。
バスターライフルカスタムは、大小の銃に分割して使用することも可能。

変形機構をオミットした、今のご時世じゃ珍しくなってきたアシンメトリーデザインのMS。
厨二心がくすぐられる、秀逸なデザインだと思います。
キットは素組み状態です。


IMG_2588.jpg
フロントビュー。
思えば緑カラーのガンダムって珍しいですよね。デュナメス系列にバスター… あと何だろう?


IMG_2589.jpg
リアビュー。
偏った翼デザインは正に「片翼の天使」といったところか?
しかしそのせいで自立は少し難しかったりします^^;


IMG_2590.jpg
顔。ちょっと見え辛いですがピンクと緑のオッドアイになっています。
右側の折れたアンテナには何かワケがあるとか無いとか。


IMG_2591.jpg
胸や腰回りのデザインはウイングと同じ。


IMG_2592.jpg
左肩はウイングがある影響か、大きく緑カラーの肩アーマーが。


IMG_2593.jpg
対して右肩アーマーはクリーム色の控えめ造形。アシンメトリーの典型例ですな。


IMG_2594.jpg
何気に脚もアシンメトリー。


IMG_2595.jpg
オリジナルにあったウイング2枚は両方ともバックパック左側に集約。


IMG_2596.jpg
空いたバックパック右側はバスターライフルカスタムのラックになりました。


IMG_2597.jpg
左腕にはビームレイピアが。


キット本体の可動はHGAC 1/144 ウイングガンダムに準じているのでそちらを参考に。

IMG_2598.jpg
ウイングはオリジナル同様フレキシブルに動きます。


IMG_2599.jpg
武装紹介。こちらはバスターライフルカスタム。
オリジナルのバスターライフルに下部の小型ライフルを合体させたものです。


IMG_2600.jpg
もちろん分離可能。ただこの状態だと小型ライフルの威力が落ちるんだとか。


IMG_2601.jpg
小型ライフルを外した後のバスターライフルは殆どオリジナルそのもの。


IMG_2602.jpg
こちらはビームレイピア。サンプル写真ではビーム刃はクリアグリーンでしたが変更された模様。
ちなみにビーム刃の素材は珍しくプラ素材。曲がりにくいのは嬉しいですが、破損には注意したいところです。


IMG_2603.jpg
ビームマント。右肩アーマーから形成させます。
ちょっと色が薄めでしようか?


ではではブンドドド~

IMG_2606.jpg
初登場シーンは遠距離狙撃でMS軍団を殲滅させたシーン。オッドアイがカッコよかった。


IMG_2604.jpg
次に登場したのがVガンダムをフルボッコにしたシーン。
どちらも明確なバトルシーンは映してないんですよねー。


IMG_2607.jpg
というわけでここからはガンプラらしく妄想だ。重妄想!


IMG_2608.jpg
正直、主武装が戦略兵器級のバスターライフルだったウイングガンダムに
普通のライフルが付属してくれたのは嬉しい。


IMG_2609.jpg

IMG_2610.jpg
ビームレイピアを抜刀!


IMG_2612.jpg
レイピアの名に恥じず、突いたりするんでしょうか。
ビーム刃なんだからあんまり関係無いと思うけど… そこはロマンか。


IMG_2613.jpg
騎士っぽく。


IMG_2614.jpg
ビームマントで攻撃をガード! 機能美を感じるなぁ。


IMG_2615.jpg
インファイト時にビームマントを使えば武器としても役に立つかも?


IMG_2618.jpg
愛機と共に。
HGBC 1/144 メテオホッパーのレビューは本編での登場を確認できてからにするつもりです。


IMG_2616.jpg
以上、HGBF 1/144 ウイングガンダムフェニーチェのレビューでした。


私の中ではHGBFシリーズ暫定で一番評価の高いキットです^^
元々ウイングのデザインが好きだったので、それを上手く厨二心を生かしてアレンジしてくれたのは真に光栄。
武装にも無駄を感じないし、本当に良いデザインだと思います。
悪い点をあえて挙げるなら、手首の手甲がやけに外れやすいことかな…^^; 個体差だと思いますが。
メテオホッパーの登場も楽しみなところ。




余談。

IMG_2619.jpg
以前小改造を施したHGUCデルタカイのアンテナが見事に折れてしまいました。


IMG_2620.jpg
しかしこれはこれでカッコイイからいいよね。うん。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/06 23:41 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(3)

リカルドが普段乗っているのは「ベスパ」なんだよな…。

 どうも、「ガンダム+バイク」と言うとイヤな思い出しかない世代のソバスチンです
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5996871
↑当時の私は小5でした(;-_-) =3
 
 まぁ、気を取り直して(^▽^;)HGBFフェニーチェですがやはり現行の最新キットを流用している分良い出来てすねd(-_^)
逆説的にいえばビルドMk‐Ⅱみたいにベースキットの出来いかんに左右されるわけですが…。
(ジムスナK9とケンプファー・アメイジングとの差が不安ですσ(゚・゚*))
 仰るように従来のWと異なり変形機能こそ無くなった物の
扱いやすそうな武装のラインナップで中二的な見た目とは裏腹に堅実な改造と言えるかもしれませんね。
(1話で素のWで戦うのはセイにとっては結構敷居が高かったのかも…)
分離式のバスターライフルはVガンダムのライフル分離式ビームピストルに近いですね。
コチラは分離後も両方使えるのでツインバスターライフルの流れも汲んでいると言えます。
 モデラー同士で因縁の深いセイとマオに対してリカルドはファイター同士でレイジと因縁の深いライバルキャラと言えます。
フェニーチェ自体は本編では早々登場しているもののその戦闘能力は未知数です。
「古傷」の事も気になりますしいったいどのような戦いを見せてくれるのか期待です(^-^*)/
[ 2013/12/07 22:10 ] [ 編集 ]

バスターもこんな色だった

デルタカイのアンテナが…
よし、逆フェニーチェだ!(錯乱)
[ 2014/03/09 19:28 ] [ 編集 ]

Re: バスターもこんな色だった

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

そういえばフェニーチェの改造前であるウイングも、デルタカイと同じ可変機ですね。
デルタカイをアシンメトリーにする時は同じように可変機能を捨てる必要がありそうですね。
まあぶっちゃけデルタカイのキットは変形というより分離合体といった方が正しいような…
[ 2014/03/11 18:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/353-827bcd80