今週の獣電戦隊キョウリュウジャー 40話

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ40 『グッとくーる!オッサンはつらいよ』

キョウリュウep40 0

当初私はここの前書きスペース部分に、「国府田マリ子のコピペ文」を戸松遥verにしたものを書こうと思いましたが、
長いしグダるし、何より改変箇所が物凄く少なくて、オリジナルの文面諸共切ない気持ちになってしまったのでやめました。
多感な時期をガンプラとフィギュアーツに囲まれて過ごしている私はどうなるのかしら。
キョウリュウep40 1

ノッさん30歳。戦隊で忙しい彼の為に良い縁談を見つけてきたという優子。
当の本人はあまり乗り気ではないようですが、優子としては正直自分達家族と離れて身を固めてほしいんだとか。
そんな縁談会場に向かう道すがら、グロッキーな様子で倒れるラミレスを発見。曰く、パワーが復活したばかりなのに前回無茶をしすぎた反動だとか。
ノッさんは優子にラミレスのことを「日本のアニメ好きで、コスプレしてる外人」と説明しましたが、即座にバレました。


キョウリュウep40 2

ラミレスをソウジと空蝉丸にら任せ、2人は縁談会場へ。
しかしそこへ待っていた縁談相手はキャンデリラの人間態! しかも母親役はラッキューロの人間態…
どちらも地上波では貴重過ぎる中の人の顔出しシーンである。
お互い正体には気付いているものの、縁談という場の手前、声には出せず…
キャンデリラの目的は、自身の魅惑とデーボモンスター「カントックン」の力で男性を魅了させ、そのハートを奪ってしまうこと。その相手がたまたまノッさんになってしまったのです。
やがてノッさんとキャンデリラの2人だけになり、ノッさんお気に入りの場所に行ってデート。何やらいい雰囲気です。
縁談相手がキャンデリラだと分かっているノッさん。どうにか尻尾を掴もうと、誰かに言われてやっているのではないかと聞いてみますが、キャンデリラははぐらかして、以前に「敵じゃなかったら恋してたかも」と言っていたことを思い出させます。
ムードはさらに濃密になり、ノッさんの身体からハートが出てきますが、どういうわけかキャンデリラはそのハートを奪うのを躊躇ってしまいました。


キョウリュウep40 3

そこへ現場が思うようにいかないカントックンが怒って攻撃してきた!
ダイゴらがその場に駆けつけるも、カントックンの力によりノッさん除くキョウリュウジャー5人は警察映画の世界に連れて行かれてしまいました。
カントックンは、人間を映画の世界に連れて行くことのできるデーボモンスター。何故警察映画なのかは、昨日アミィが警察映画のDVDを見た影響だそうです。
混乱に乗じてゾーリ魔が襲いかかってきましたが、別にキョウリュウジャー側は弱体化するわけでもなく、普通にキョウリュウチェンジもできた為、警察映画の役を演じつつも普通にゾーリ魔を蹴散らしてしまいました。
しかしゾーリ魔の1人が放ったミサイルがノッさんとキャンデリラの下に飛んできてしまった!
すかさずキャンデリラを庇って身を防ぐノッさん。思わず見つめ合う2人。冗談抜きでいい雰囲気に…
やがてキョウリュウジャー側の攻撃が激しくなったことで、カントックンはキャンデリラを連れて退散。
しかし彼女が消える寸前に、ノッさんはもう一度この場所で会ってほしいと頼み込みます。

しかしキャンデリラは倒すべきデーボス軍の敵。今回のキャンデリラの作戦で捕らえられた人たちだっているのです。
ノッさんの意思を再確認するダイゴ。それでも行くというノッさんの姿を見て、ダイゴは全てを任せることに。


キョウリュウep40 4

約束の場所には、既にキャンデリラがいました。ノッさんに礼を言いつつも、結局は戦わなくてはいけないことを暗に示唆するキャンデリラ。その様子は何処となく寂しげ。
そこへ箒を持った優子が現れ、キャンデリラに向かって攻撃! キャンデリラは怪人態になって攻撃を防ぎます。あっけなく優子に自分が怪人であることをバラしたキャンデリラ。
しかしノッさんは優子にキャンデリラのことを最初から知っていた上で呼び出したのだと説明し、キャンデリラに捕まった男達の居場所を教えてほしいことと、もう悪事はしないでほしいことを頼み込みます。
ミサイル攻撃を防いだ時の、ノッさんを見るキャンデリラの眼差しは「本物」だった。
そんなノッさんの一途な純情さと、KYな親父ギャグに笑みをこぼすキャンデリラ。
キャンデリラもまた純粋を心を持っていることを知った優子は、笑って彼女を信じることに。


キョウリュウep40 5

しかしそこへやってきたカントックンとゾーリ魔! ノッさん達は取り囲まれてしまいました。
その様子を見ていたラミレスがゾーリ魔達に突っ込み、優子を助けることに。しかし当の優子もまた「エマージェンシーよ!」かつてのSPD魂を燃やしてラミレスを振り回し、ゾーリ魔を蹴散らしてしまいました。これにはラミレスもタジタジ。
一方カントックンはノッさんを「使い辛い俳優」と称してフルボッコ。変身しようにもガブリボルバーを弾き飛ばされてしまいます。
一緒にハートを集めようとキャンデリラに話すカントックン。対するノッさんは、もう悪事はやめてくれ! と言わんばかりにキャンデリラに必死の説得。当のキャンデリラはオロオロするばかり。
ラッキューロとキャンデリラは人間の楽しみと喜びの感情から生まれたデーボモンスター。だったら人間を好きになることだってできるはず! 優子だってキャンデリラのことを認めてくれた。だったら…!


キョウリュウep40 6

カントックンにボコボコにされながらも、キャンデリラに呼びかけるノッさん。
見かねたカントックンはトドメとばかりにノッさんに攻撃しようとするも、意を決したキャンデリラがノッさんにガブリボルバーを「うっかり」蹴って渡し、形勢逆転!
キャンデリラは最後にカントックンに向かって「胸の中の人間は取られちゃダメよ?」と言い残して去っていきました。


キョウリュウep40 7

ノッさんの意思はキャンデリラに確かに届いていた!
ノッさんはブルーに変身し、カントックンの胸を破壊。そこへダイゴとアミィがトペランダの力で胸に侵入し、見事ハートを取られていた男の人達を救い出しました。
イアン・ソウジ・ウッチーとも合流し、一同変身! しかしまたもカントックンの力で映画の世界に連れて行かれてしまいます。
連れて行かれたのは学園モノの映画の世界で、ソウジを除く5人時代の香りを感じる不良姿に。ソウジはいつもの制服姿。原因はやはり、アミィが見たDVDだそうで…
襲いかかるゾーリ魔でしたが、ダイゴ達も不良の役をノリノリで演じながらアクション。むしろ警察の時より強化されてる…
最終的に映画の世界を打ち破り、ノッさんのケントロスパイカーの一撃で見事カントックンを撃破!


キョウリュウep40 8

しかしスクスクジョーロで巨大化したカントックン。「怪獣大決戦」という怪獣モノの映画の世界を作ってしまいました。
原因はやはりアミィ… と思いきや、スピリットベースに置いてあったアミィのDVDをトリンが見たせいだそうです。要するに結局アミィが原因
すかさず6人はギガントキョウリュウジンに乗り込み、映画をキョウリュウジャーのものに無理矢理書き換え、カントックンをアッサリ撃破しました。


キョウリュウep40 9

氷結城で一人人間態で思い悩むキャンデリラ。何処までもサービス豊富な監督である。
いつの間にかノッさんの親父ギャグはキャンデリラにも遺伝しちゃってました。
そんな中久々に姿を見せるカオス。その姿は禍々しいオーラに包まれて…


・感想


二大声優の生出演、豊富すぎるパロディ要素、何より安定のノッさん回クオリティ!
う~ん、濃い。実に濃いお話でした。バナだけに。私にもうつってしまった…--;
そういやカントックンの中の人は前年度プリキュアでも監督キャラを演じていたような。

今回の戸松さんは前回までの2回と違い、歌唱シーンはなくガチの女優としての演技のみ。色んな意味で新鮮でした。
やはりラッキューロ共々、彼女とは和解の道が開けるのでしょうか? しかしホネヌッキーの回が伏線だったとはね^^;
残念だったのはラミレスの活躍が薄かったことですかな。彼も彼で出演は貴重ですからね。
そんな安心信頼暴走セクハラの坂本監修を追えて、次回はクリスマス商戦に向けて大販促バトルだっ!
関連記事
スポンサーサイト

みゆき「Another観てたら死んでたねー。」あかね「あんさん、宙吊りだったもんなー。」

まさかレッドが弦ちゃんのポーズなキョウリュウジャーですが。
パロディギャグを挟みつつノッさんの人柄の良さが魅力的でした(^_^)
彼のオヤジギャグを心の底から笑ってくれるのは世界広しといえ
喜びの戦騎であるキャンデリラだけかもしれませんね(;^_^A
こうして喜楽コンビにフラグが立った訳ですけど。
恐竜戦隊らしく最終的にヤツデンワニの仲間入りでしょうか?
ガンダム的にはミケロとミレイナとカトルですか?確かに濃いですね(;^_^A
カオスの旦那もここ最近のデーボス軍の不甲斐なさ故か?
孫のために「サムライフラメンコ」の脚本作りで煮崩れているのか?だいぶおかしくなってますねw
次回はクリスマス商戦ですしかなり荒れますね(^◇^)
[ 2013/12/08 21:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/357-50594c76


獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ40「グッとくーる!オッサンはつらいよ」

獣電戦隊キョウリュウジャーの第40話を見ました。 ブレイブ40 グッとくーる!オッサンはつらいよ 「そんな真剣になんなよ、優子。どうせ僕なんか…」 「何言ってるの!?戦隊なんかやってるから、出会いのチャンスが少ないんでしょ」 「え、何?今、何か言った?」 「何でもない。兎に角、ビッグチャンスなんだからしがみ付くのよ!全部私の言う通りにするのよ!」 ノブハルが優子の...
[2013/12/08 14:54] URL MAGI☆の日記

獣電戦隊キョウリュウジャー 第40話「グッとくーる!オッサンはつらいよ」

獣電戦隊キョウリュウジャー 第40話「グッとくーる!オッサンはつらいよ」 優子は戦隊で忙しいノッさんのために良い縁談を見つけてきたといい、ノッさんもしぶしぶお見合い会場に向かうことに・・・が、その途中、パワーが復活したばかりなのに無茶しすぎたラミレスが裏...
[2013/12/10 12:53] URL ひびレビ