HGBF 1/144 戦国アストレイ頑駄無 レビュー

IMG_2625.jpg
HGBF 1/144 戦国アストレイ頑駄無

毎日多くの人が当ブログにお越しいただいているというのに、この更新率の低さは異常…ッ!
とりあえず最新のガンプラでもレビューしておきますんで、暇潰しにでも見といてください。
最近は積み玩具の消化よりも、積みゲーの消化がメインなので中々玩具レビューが進まないのです。
来年になったら改善できるかしら…

というわけで、HGBF 1/144 戦国アストレイ頑駄無をレビューいたします。
IMG_2626.jpg
侍ノ弐 戦国アストレイ頑駄無

ニルス・ニールセンが使用する「SEED HG ガンダムアストレイレッドフレーム」の改造機。
日本武道の心得があるニルスの戦法に合わせ、重厚な甲冑武者のような形状を持つ。
主武装は、ビームをも斬り裂く2振りの日本刀「菊一文字」と「虎徹」。
背中には取り外して手持ち可能な「鬼の盾」を持つ。両肩に追加された大袖状の装甲は、
武器の保持も可能な隠し腕に変形する。

まず「頑駄無」を一発変換できることに驚きました。時代の変化とは恐ろしい。
まさかの形式番号まで漢字表記の趣味丸出しガンプラの出来栄えは果たして?
キットは素組みの状態です。


IMG_2628.jpg
フロントビュー。
鎧武者を意識したデザイン故か、かなりマッシブな印象ですね。
スマートな主役機らしいレッドフレームも好みですが、こっちも悪くないかも。


IMG_2629.jpg
リアビュー。劇中でも意味深だった「鬼の盾」の姿が。


IMG_2631.jpg
顔。アンテナが兜の角をあしらったものに変更。
顔自体にも金ラインが加えられています。


IMG_2632.jpg
肩上には2本のサムライソード、「菊一文字」「虎鉄」がラックされています。


IMG_2633.jpg
肩左右には隠し腕である肩鎧が。


IMG_2637.jpg
肩鎧は独立してフレキシブルに可動。


IMG_2635.jpg
胸や腰のデザインはレッドフレームのデザインに準拠。


IMG_2634.jpg
両脚には追加装甲が施されています。
このキットに追加されてる装甲は「戦国鎧」とか言うんだとか。


IMG_2636.jpg
後ろにマウントされている鬼の盾。色が足りないのは仕様です。


IMG_2638.jpg
可動面。
上半身は追加装甲により、かなり厳しくなってます。
肩を横に広げるのは肩鎧を動かしてやればいいですが、前に上げるのはどうしようもありません。


IMG_2639.jpg

IMG_2640.jpg
下半身可動はそこそこ。レッドフレームの素体を使いまわしたのが生きています。


IMG_2641.jpg
武装。
前述しましたが、こちらが二振りの刀、「菊一文字」「虎鉄」。両者のデザインに違いはありません。


IMG_2642.jpg
パチ状態では、刀は白成形色状態。せめて灰色だったのなぁ…(´・ω・`) シールが浮いちゃってます。
まあレッドフレームの時でもかなりシールは浮いてましたけどね。
そんなわけで刀は多少無理をしてでも塗装推奨です。銀カラーのスプレーを買ってきましょう。


IMG_2643.jpg
突き用の手首左右1つずつありますが、何故か柄と持ち手の穴の大きさが一致しません
その為手首を下におろしちゃうと重力によって刀がズズっと落ちちゃいます。武士としてそれはどうなのじゃ。


IMG_2644.jpg
続いて肩鎧。前述の通りフレキシブルに動きます。


IMG_2645.jpg
隠し腕としても使えるので、画像のように刀を保持することも可能。


IMG_2646.jpg
続いて鬼の盾。見ての通り目の部分が塗られていません。かなり残念。
説明書にガンマカを使った塗り方を指南しているので、そちらを参考にどうぞ。


それではブンドド参ります。

IMG_2648.jpg
最小限の動きで攻撃を回避! すり足移動も印象的でした。


IMG_2649.jpg
可動上の都合で、X時に抜刀することはできません。


IMG_2650.jpg

IMG_2651.jpg

二振りの日本刀でビームを切断!
レッドフレームも実際にやってたけど、まさかトールギスのビームまで跳ね除けちゃうとはね。


IMG_2652.jpg
いつものように剣振りアクション。
でもニルスはあんまり大がかりなアクションとかやりそうじゃなさそうですね。


IMG_2653.jpg
どっかのメカにも赤くて刀使うヤツがいたような…


IMG_2647.jpg
鬼の盾。ガードは刀だけで間に合ってるので、単なる防具としては若干腑に落ちません。
やはりこの盾にも何か隠し機能があるのでしょうか。


IMG_2654.jpg
トールギス・ワルキューレを一瞬にして破壊した肩鎧ギミック。
プラフスキー粒子の吸収・放出に関するギミックではないか? という考察がなされていますが…?


IMG_2655.jpg
今日の私は阿修羅すら凌駕する存在だ! 腕足りないけど!


IMG_2656.jpg
以上、HGBF 1/144 戦国アストレイ頑駄無のレビューでした。


ファイターの趣向により、遠距離装備を撤廃し、近接武装に特化したガンプラ。
合理的な強さではなく、操縦スキル(と粒子の仕組みの理解)で補うその姿勢もまた厨二的かな。
同じ厨二デザインでも、前回レビューしたウイングガンダムフェニーチェは、
オリジナルのウイングのクセを補うような武装が特徴的で、この戦国アストレイとは対極とも言えるでしょう。う~むむ。

まあ設定云々の話は置いといて、キットとしての評価ですが、正直厳しめです。
デザイン上仕方ないとはいえ可動範囲は狭まっていますし、色分け不足面も多く見受けられます。
元のレッドフレームがフライユニットの着脱や武装面などでかなり遊べるキットだったのに対し、
こちらは良くも悪くもシンプルに纏まり過ぎています。
何より、現時点(2012/12/13)では設定が謎すぎて刀振り回すぐらいしかブンドドできないし…--;
デザインは良好なので、それに惚れたら買って損はないです。
ただ私としてはオリジナルのレッドフレームの方が高評価ですね…

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/13 01:03 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

はじめまして、アメブロの朽磨呂と申します。

このキットは色分けがイケてないと思いました。まあ、赤メッキを使用しなかったのは英断だと思いますけれど。剥がさないと部分塗装無理ですからね~
BB戦士のこいつは買うつもりですよ。和風な機体はイケてます(笑)
[ 2014/02/10 04:13 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

朽磨呂様、コメントありがとうございます。

アストレイシリーズは細かい色分けに難点がありますね。
最初ブルーフレームやレッドフレームのシールを見た時はぞっとしました。
特に刀なんかは… 現在はレッドフレームも戦国アストレイの方も刀もどちらもシルバー塗装しています。
和風テイストなデザインはイケてるとは思いますが、可動面はもうちょっと頑張ってほしかったです。
[ 2014/02/15 01:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/360-6178fcb0