HG 1/144 フルアーマーガンダム(サンダーボルト版) レビュー

IMG_2891.jpg
HG 1/144 フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)

ねんまつの どとうのホビーラッシュで もうおかねがありません
でも こころは みたされています
だから わたしは しあわせです
せかいで いちばん しあわせです

というわけで、HG 1/144 フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)をレビューいたします。
IMG_2894.jpg
FA-78-1 フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)

サイド4「ムーア」跡宙域、通称「サンダーボルト宙域」を攻略する、地球連邦軍の艦隊「ムーア同胞団」に配備される試作MSで、イオ・フレミング少尉が搭乗。
ジオン軍リビング・デッド師団のスナイパー部隊と交戦する。
武装は腕部2連装ビームライフル、バックパックの右肩部に大型ビームキャノン、左肩部にミサイルポッド(多弾頭型)、
ビームサーベル。またバックパックは増加ブースターを2基装備する他、
2基のサブアームが取り付けられており、それぞれガンダムと同タイプのシールドを装備している。
他に変わった装備として、デブリをデコイとして使うための、小型ロケットを複数装備している。

他のフルアーマー仕様ガンダムを差し置いて、キット化されたサンダーボルト版フルアーマー。
年末の大変な時期にリリースしてくれましたが、さて。

キットは素組みですが、一部黒シールを使ってる箇所をスミ入れペンで塗ってます。


IMG_2895.jpg
フロントビュー。
宇宙戦仕様なんだから、このくらい暗い色の方が視認されにくそうですね。常識的に考えて。


IMG_2896.jpg
リアビュー。フルアーマー仕様だけに、大きなバックパックが特徴的。
ただ角度をちゃんと調整してやれば自立は余裕です。


IMG_2892.jpg
初回特典付きなので、単行本仕様のプチ資料集付き。


IMG_2893.jpg
HGでは珍しく本格的なデカールも付いてきますが、今回は貼りません。


IMG_2897.jpg
顔。伝統あるフルアーマー仕様がベースなので、顔も標準的なガンダムヘッド。
最近サブカメラのシールを貼るのが苦手になってきているような。


IMG_2898.jpg
胸。配色が複雑でないだけに、色分けは完璧。肩の白パーツの黒ラインはスミ入れペンで塗ってます。


IMG_2899.jpg
下半身。Vマークが塗られていないのも最早伝統か。


IMG_2900.jpg
肩には4つのバーニアが。


IMG_2904.jpg
フレームには謎の「シワ」が。これ何だろう?


IMG_2902.jpg
脚にもバーニアパーツの他、シールで再現している箇所も。


IMG_2903.jpg
脚側面にも小さなシールを貼る箇所が。ここがはがれやすい。


IMG_2905.jpg
バックパック。ここの色分けも完璧。スミ入れないと若干寂しいですが。


IMG_2906.jpg
背後には大き目のバーニアが。


IMG_2907.jpg
下部にはロケットブースターが。ユニコーンのものより少し小さ目です。


IMG_2908.jpg
こちらも側面に細かいシールが必要。よく見たら一部はがれてるし。


IMG_2911.jpg
可動範囲。腕関節はよく曲がりますが、肩は大きさの都合上殆ど上がりません。


IMG_2913.jpg
脚はサイドアーマーが小さいので180度開きます。相変わらず足首が追いついてませんが。


IMG_2914.jpg
膝立ちもちゃんとできてますね。


IMG_2915.jpg
002ndシーズンのフォーマットを利用していますが、肩の大きさの都合上引き出し機構は控えめ。
無いよりはマシですが。


IMG_2916.jpg
武装紹介。こちらは右腕に装備する二連ビーム・ライフル。つよそう。


IMG_2917.jpg
外側はシールドも一緒に装備します。


IMG_2918.jpg
トリガーの部分は外して、腕のジョイントのみでも接続可能。
この場合ライフルは発射できるのかな?


IMG_2919.jpg
こちらは左腕に装備するロケット・ランチャー。こっちもつよそう。


IMG_2920.jpg
こちらも外側にシールド。フルアーマーらしいですね。


IMG_2921.jpg
で、こちらもトリガー部を外して腕で接続できます。
腕が空くのでビームサーベルを保持できます。


IMG_2909.jpg
バックパック上部右側に付いているのが大型ビーム砲。デブリを貫くほどの大威力だとか。


IMG_2910.jpg
左側はミサイル・ポッド。開閉ギミックとかが無いのが残念。


IMG_2912.jpg
ビーム砲とミサイル・ポッドは若干ですが前後に可動できます。


IMG_2925.jpg
こちらはビームサーベル。サーベル刃はMG並みの大きさです。
手首による保持はまあまあ。


IMG_2923.jpg
で、バックパックのサブアームは差し替えパーツを使ってシールドを保持することができます。


IMG_2924.jpg
持ち手はこんな感じ。


IMG_2926.jpg
フルアーマーらしく全装備。このゴテゴテ感がたまらない。


IMG_2927.jpg
バックの大きなロケットブースターもこの装備なら浮かないですね。


それではブンドドだ~

IMG_2928.jpg
シールド構えながら突進。オラオラドゥンドゥンこいよ。


IMG_2929.jpg
フルアーマーらしく、重装備をガンガン構えるのが楽しいです。


IMG_2930.jpg
全部重火力なのもロマン溢れる。


IMG_2931.jpg
倍返しだぁぁぁっ! …いやこの場合100倍返し?


IMG_2934.jpg
サーベル抜刀。カッコいいなぁ。


IMG_2932.jpg
FAユニコーンと違ってビーム刃が大きいので、サーベル姿も映えます。


IMG_2935.jpg
シールドはいっぱいあるので防御面も完璧。
ただこのタイプのシールドってよく壊されるよね。


IMG_2936.jpg
2刀流もカッコいい。


IMG_2937.jpg
パッケージ写真っぽく。筆者がポーズをとらせるとどうも棒立ちっぽくなる…


IMG_2939.jpg
以上、HG 1/144 フルアーマーガンダム(サンダーボルト版)のレビューでした。


フルアーマーガンダムだけあって、武装もてんこ盛りでボリューム感はあります。
手持ち武器が少ないのが難点ですが、ある意味ブンドドがし易くて助かったというか^^;
(私的には標準的な手持ちライフルが欲しかった)
私の中ではフルアーマーガンダムは7号機が一番好きでしたが、独特の配色とロマン溢れた装備を構えたこちらも目を惹きます。
ゴテゴテしてる割にはフォーマットのおかげで良く動きますし。
ただ素組みだと細かいシールが多いせいでかなり剥がれ易いので注意。
初回特典が欲しい方はお早めに!


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/26 21:48 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

グッバイ、ショーン(笑)。…が、しかし…。

どうも、ついさっき仕事納めの帰りに本アイテムを購入したソバスチンです。
ついでにデザインナイフも新調しておきました、前回ケガキをする時ヒヤっとしたのでw

HG FAガンダムは一通りランナーや資料を見てみましたがホントに良い出来のようです(゚∇^d)
HGUCブランドでないのは、サンダーボルト本編がオフィシャルとは微妙な位置付けなためでしょう。
ボックスアートは原作者の太田垣康男 先生直筆なので尚更他のHGUCとは別格に見えます。
そもそもHGでありながらこのキットは「対象年齢15才以上」なんですよね。
その証拠に頭のツノはしっかり尖ってますしMG並のマーキングシールも。
これは恐らく原作の連載誌の購買層である普段はプラモをやらないガノタのオッサンを取り込む意図もありそうですσ(゚・゚*)
 WOLT様が気にしている関節部のシワは防塵カバーによるシーリングです。
背部のバックパックもよく見てみると同様の処理がされています
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e5/STS-114_Steve_Robinson_on_Canadarm2.jpg
↑のリンク先の画像を見れば分かるように実在する宇宙船や宇宙ステーションのロボットアームは
精密部品に異物が混入しないようにカバーに包まれているのです。
又、「モビル『スーツ』」に因んでバックパックも実在する船外活動服の生命維持装置を参考にするなど
太田垣 先生独自の解釈が盛り込まれています。
氏の連載作の一つ「MOONLIGHT MILE」はリアルな宇宙開発紛争を描いた作品でそこで培われたノウハウが活かされています
http://big-3.jp/bigsuperior/rensai/moon/
ただ、本作を始め氏の作品は良い意味でも悪い意味でも「THE劇画」「男の世界」が描かれていますので
結構お下品な表現やスラングが多いのでご注意です、このガンダムのパイロットであるイオ・フレミングにしても
コックピットではしゃいだり鼻かんだり、かつてレースクイーンに病気をうつされたことを嬉々として打ち明けたりと
とことんガンダムの王道から外れた主人公です、青年漫画誌らしいとも言えま
[ 2013/12/28 22:44 ] [ 編集 ]

Re: グッバイ、ショーン(笑)。…が、しかし…。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
自分もプラモ用工具を一新したいものです。
デザインナイフは替え刃を無くしてしまい、残った刃もボロボロで…(^^;
ニッパーはまだまだ現役ですが、巷で聞く「アルティメットニッパー」というものも気になって…

HG FAガンダム、安定の出来栄えで本当に安心しました。
試作品見た時は「あー、これは肩上がらなそうだけどちゃんと動かせるかな?」と思ってましたが、
00と同じフォーマットだったので可動面はちゃんと保障されていました。肩はあんまり上がらないですが(^^;
関節部のシワは防塵カバーでしたか。バックパックのシワもランナー見た時点で確認していましたが、
当時は「こんなところに何でシワが…」といった感想でした。
今になって考えてみれば、細かい部分まで再現を怠らない作りの細かさには恐れ入るばかりです。

>ただ、本作を始め氏の作品は良い意味でも悪い意味でも「THE劇画」「男の世界」が描かれていますので
結構お下品な表現やスラングが多いのでご注意です

オゲヒン ダーイスキ (∩´∀`)∩
[ 2013/12/30 23:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/379-35fd6be9