S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト バーニングフォーム レビュー

IMG_2978.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト バーニングフォーム

財布ん中、もっと熱くなれよぉぉぉぉぉ!
と言っておきながらコイツを買ったせいで更に氷河期時代へ突入中。何たる矛盾。

というわけで、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト バーニングフォームをレビューいたします。
IMG_2980.jpg
仮面ライダーアギト バーニングフォーム

津川翔一が水のエルに対する恐怖を克服した際に覚醒したアギトの強化形態。
別名「燃え盛る業炎の戦士」。所謂火のエル的な立ち位置となっております。
上半身の筋力が増加し、パワーは全フォーム中最高。
反してスピードやジャンプ力は全フォーム中最低という実に極端なフォームです。

恐らく筆者にとって今年度最後のお買いもの。誰かお年玉プリーズ。
年末の大変な盛りに発売されたフィギュアーツですが、その出来栄えや如何に。


IMG_2981.jpg
フロントビュー。最初見た時は「うわ、バランスわるっ!」と思いましたが、
設定を鑑みれば上半身ムキムキなのは当たり前なので、プロポーション的には良好。


IMG_3009.jpg
リアビュー。とにかく上半身ムキムキ。


IMG_2982.jpg
顔。強化形態だけあってクロスホーンは常時展開。造形に関しては文句なしですね。
シャイニングフォームとの兼ね合いか、赤色が少し明るめ。


IMG_2983.jpg
胸。フェニックスさん同様、炎が噴き出るかのような裂け目が特徴的。
色彩は頭部のものよりも暗めなメタリックワインレッド。塗装面に問題はありません。


IMG_2985.jpg
腕のトゲトゲ。名前なんだっけ。とにかくトゲトゲしてるので保持する時は注意。


IMG_2984.jpg
オルタリング。ドラゴンズネイルの造形も問題無し。


IMG_2986.jpg
脚。ちなみにダイキャストではなく、最近よく使われているボール型のジョイントです。
安定性はまあまあですが、接地性は劣ります。


IMG_2987.jpg
で、可動範囲ですが… むむむ、動かん!
腕関節は約90度、肩は約60度ほどしか動きません。特に肩の動かなさは致命的。


IMG_2993.jpg
どうやら造形重視の為か、肩パーツの装着は従来と異なりボールジョイント接続の様子。
ボールジョイント自体は可動しますが、肩パーツ自体がデカすぎて全く意味がありません。


IMG_2988.jpg
脚の開き具合はいつも通り。ダイキャストじゃないから足首があんまり動かないのが残念。


IMG_2989.jpg
膝立ちについては問題ないかな。


IMG_2990.jpg
腰も上半身の造形のせいでそこまで動きません。まあここはそんなに問題じゃないか。


IMG_2996.jpg
あと上半身がムキムキなおかげで肩の引き出し機構は完全に死んでます。
総じて可動については往年の装着変身とどっこいどっこい。いくら造形にこだわっているとはいえこれは…


IMG_2991.jpg
付属品。
・交換用手首×8
・シャイニングカリバー×2(エマージュモード・シングルモード)

となっております。すくなっ


IMG_2994.jpg
エマージュモード。大き目で造形に問題無し。
武器持ち手は2種類ありますが、持ち手の径が大きい方がエマージュ用。


IMG_2995.jpg
こちらはシングルモード。こっちも問題ないですね。


ではではブンドドじゃあ!

IMG_3010.jpg
放送当時、某子供雑誌でのシャイニングとバーニングのバレが同時期だったので、
当時の私の頭の中ではかなりごちゃごちゃになってました。


IMG_3001.jpg
肩動かない、腕動かない、引き出し機構ないの3拍子でブンドドは困難を極めます。
しかも関節動かす度にギチギチと嫌な音が聞こえます。


IMG_2998.jpg
一応脚は最近のものと変わらないので、アクションは容易。
パンチ特化のバーニングにとってはコレジャナイ感が漂いますが。


IMG_2999.jpg
胸に手を当てて炎を溜めるポーズ。肩が引き出せないので胸に手が当たってないけどね。


IMG_2997.jpg
バーニングライダーパンチ…的な。どうせならエフェクト欲しかった。


IMG_3002.jpg
エマージュモードって何に使ったっけ。


IMG_3007.jpg
武器持ち手は左右両方付いてきますが、肩が引き出せないので両手持ちは困難というか不可能に近いです。
なので持ち手は左右どちらかにして、片方を平手にして添えてあげるのがベストか。


IMG_3003.jpg
もう今回の最大の戦犯は肩の引き出し機構ですね。


IMG_3004.jpg
肩さえ引き出せればアクションの幅もぐぐーんと広まったものを…


IMG_3006.jpg
あと、バーニングボンバーってどんな技だったっけ…?


IMG_3008.jpg
最後はいつもの決めポーズでシメ。

以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト バーニングフォームのレビューでした。


以前レビューしていた2つのガンプラが安定の出来栄えだったんで、「年末ホビーは安泰かな?」と思ったらズッコケました。
いくらプロポーションがいいとはいえ、ここまで動かないのはかなりガッカリです。
付属品も少なく、白い魔法使い同様、これで定価4200円はかなり割高ですね。
どうせならバーニングライダーパンチorバーニングボンバー用のエフェクトが欲しかったところ。
最近そういうサービスが少なくなってきてるぞ、バンダイさん。
一応次回のシャイニングフォームは造形が元に戻るから、少しは期待できるかな…?


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/28 12:51 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/382-61129d41