【後編】今週の革命機ヴァルヴレイヴ その24(2ndSEASON)

vvvfin.jpg
後編言うても、別に偉そうなこと話したりはしません。
いつも通り感想をダラダラグダグダ書くだけです。
よく考えたら後編に分ける必要なかったか…?
さあてブランクを覗いて半年かけて終わった我らがヴァルヴレイヴ。
その結末は、女性除くヴァルヴレイヴパイロットを伏線と共に文字通り死蔵させてしまうというものでした。
しかもあろうことか最終回に及んでも新たな設定とか吐いちゃう有様。

ハルトは「自分達の国」(後の第三銀河帝国)を作り上げる為に志半ばで散ったことになりますね。
で、残された者たちはちゃんとハルトの意思を継げたのでしょうか?

・ハルトの願望
①「ヴァルヴレイヴの呪いをここで打ち止めにする」
②「ヴァルヴレイヴを最終的に破壊する」
③「人間とマギウスが共存する世界を作り上げる」

①に関しては、あろうことか一番やってほしくないであろうショーコが1号機を引き継いでしまった為、呪いは継続してしまいました。
あまつさえ200年後の世界の設定では、ヴァルヴレイヴの呪いは「祝福」と美化されてしまっています。

②に関しても、ショーコが1号機を引き継いでしまったり、200年後の世界でも相変わらず戦いが続いていたりと破壊されていません。

③に関しても、本編終了時では世界中でマギウス狩りが横行しているので共存の「き」の字もありません。
200年後も戦いが続いてるあたり、完全な和解はできていないのかも。
そもそも第三銀河帝国は「宇宙の辺境に位置する国」らしいので他国とコミュニケーションとってるのかすら不明。
もしとってないとしたら、やってること101人評議会と大差ないような…

見事にハルトが浮かばれない…
それどころかキューマやライゾウといった、ハルト達の為に死んでいった人達も…

大体マギウスって(完全ではないにせよ)不死設定だよね?
それなのにマギウス狩りが起きたことで何で全滅してるん? マギウス狩りの為にアルスがスーパー兵器を開発したとか…

そうですよ! アルスですよ!
ハルト達を化け物呼ばわりした時はドルシアとグルになり、いざドルシアが化け物だと知ったら手の平返してクーデターを扇動。
この話、結局アルスの一人勝ちじゃないですか!
せめてあのアルス大統領、アマデウスと一緒にエルエルフに始末しておくべきだったんじゃ…

そもそも「革命機」とは何だったのだろう…?
実際アマデウスのマギウスを曝いたのはヴァルヴレイヴでもなんでもなんツイッターだし(劇中での名称はワイヤード)
肝心のヴァルヴレイヴは完全に蚊帳の外。革命機たるアンタが革命の中心にならんでどうする!
ついでに言うと「世界を曝くシステム」ってのも何だったのだろうか。

結局今まで散々挿んできた「200年後の世界」の描写も必要じゃなかったですね。
どちらかといえば200年に至るまでの経緯の方が重要だと思います。
200年もの間ショーコはマギウス化して何してたんでしょうか? 一心不乱に彫像彫ってたとか?
というかAGEといいヴヴヴといい、極端な年月を経過させて有耶無耶にする癖は変わってませんなぁ。
AGEは一応やることやったからまだいいものの、ヴヴヴはまともに纏める気がありません。散々200年後の世界を目立たせといて…
散々出てきた例の「王子」も、シリーズ構成曰く「素性はご想像にお任せします(要約)」とのことです。
お前本当にプロだっていう自覚あるか?

ピノとプルーの謎、ハルトの親父、黄金の7人etc... 数えきれないほど謎が死蔵されてしまう結果となりました。
今のところ劇場版やOVAの告知もなく(正直あっても困る)、漫画版も連載終了とのことらしいので、メディアミックスの方も期待できなさそう。
このまま黒歴史の埋もれてしまうのが一番なのでしょうかね。だとしたらスパロボ参戦なんてもってのほかです。
結局2クールやって視聴者に何伝えたかったんだろうか、このアニメ。

一応前述はしましたが、想像以上のダラダラグダグダっぷりですいませんm(_ _)m
年明けたらまたサンライズがアニメ出すっぽいですね。
この流れでいくとそのアニメも感想書いていきそうな雰囲気…
ちなみにシリーズ構成の方は年明けまた別のアニメのシリーズ構成やるみたいです。もうぶっちゃけどーでもいいや。

サンライズの明日はどっちだ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013/12/29 12:29 ] 革命機ヴァルヴレイヴ | TB(0) | CM(11)

LYUS

初コメントです。いや、このアニメひどかったです。
サンライズのロボアニメはいつからこんな風に落ち目になってしまったんでしょ。
ハルトは目標をぜんぜん叶えられず、ヒロインに裏切られ、最後は死ぬという悲惨さ。
ショーコはお前散々マギウス批判しといて、何マギウスになって200年後もちゃっかり生きてんの?と。
なんていうか、伏線もぜんぜん回収されませんでしたし、色々不満ありまくりな終わり方でした。

最後のハルトの銅像は笑い転げました。ガンダムAGEと同じENDじゃねーか!
主人公が最後は銅像になるとか、ラスボス機が最終話のたった1話しか出てこないとか。

なにが「革命」だったのかもよく分からない駄作でした。
来年のサンライズのはバディ・コンプレックスとかいうやつですね。
これもあちこちでヴヴヴの二の舞とか期待できないとか言われてますけど、どうなるのかなあ・・・。
[ 2013/12/29 14:20 ] [ 編集 ]

訂正ですが冒頭の「LYUS」は名前を題名欄への打ち間違いです、申し訳ない。
[ 2013/12/29 14:23 ] [ 編集 ]

私としてはヴァルヴレイヴは結構好きな作品なんですけどね。
この作品のテーマは「情報に先導される民衆」だと思ってます。1話からやかましいぐらいに報道関連の描写があって、数話に一回はワイアードでの情報のやりとりが描かれています。そもそも革命って情報戦で起こるものですしね。

ネットが広がりすぎた現代では個人が常に世界につながっている。ネットの世界で、他者より優越感を得るために自分から話題を作り周りに支持されることを喜びとしたり、自分が攻撃されるのを恐れて目立つことを避けようとする。どちらも自分のアイデンティティを他者に譲りすぎている。
よく言われる手のひら返しだって、ネットという匿名の空間ですらまともに意見が言えていなからでしょう。排斥されることを恐れて周りの流れに安易に従おうとする。
2Chでのアニメ評価を見ていると思いますが、アラを探そうとするばかりでまともに作品を楽しんでいないようにとれる。実際、公式設定すらまともに理解せずに叩く人多いですし。伏線や描写もわざわざアピールして目立たせないとわからない幼稚な思考の人が多い。そういう人が少しでも作品を楽しめないと安易に否定するから立ちが悪い。それに流される用に叩く人たちもね。

ヴァルヴレイヴはそういった他者に依存しすぎる人たちに、自分の考えを持って行動しろと言いたかったのではないでしょうか。最後には自分のエゴとともとれる言動でカインを黙らせたハルトのように。
[ 2013/12/29 16:27 ] [ 編集 ]

バディコンとでも言えばいいのか…?

どうも、FAガンダムを購入した店の主人にさりげなく…ってこれはもう言いましたねw(;^_^A
ヴヴヴプラは一応陳列されていたのですがテトリスみたいにキッチリ詰まっていて3号機の箱は横向いてました…

さてやっと最終回を迎えたヴヴヴですがニコ動のこの結果が私には特定の悪意に先導されたものとは考えられませんでした。
確かに便乗して叩いている者も多いのでしょうがそれは本作の本質的な不出来さ故の物です。
私もAGEに続き銅像を出すとは思いませんでした。H野氏と気が合うんじゃぁ無いですかねw
 私は目先を変えて分割2クールやプレスコ方式に関して思ったのですが。
分割2クールという点では「リトルバスターズ」、プレスコという点では「てさぐれ部活もの」に劣っていたと言わざる得ません。
リトバスは最初の1クール目は演出こそ凝っていたものの割とありきたりで甘々であざとい青春ドラマだと思っていましたが
2クール目のRefrainシナリオに入ってからはその様相が一変しました。
前期のあざとさが実はとても意味のある重要な伏線だったんです。
加えて只の賑やかしに過ぎないと思っていたキャラが実は結構深い業を背負っていたりと。
それらを乗り越えて未来に向かう主人公 直枝理樹(CV七海リオン)には見事な成長を感じられました(^^)b
 一方の てさぐれはプレスコ+声優さんのアドリブを加えた野心作でした。
これと同じ方式のアニメは同スタッフの「gdgd妖精s(フェアリーズ)」によって確立されていましたが
こちらはよくある日常アニメや学園物のメタネタと声優のアドリブによる化学反応が異彩を放っていました。
その最たる例がOPテーマの歌詞でアニメOPのテンプレを上手く用いています
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22036884
因みにリトバス1期のOPアニメーションと重ねてみると…
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22030633
 以前の申しました「サムライフラメンコ」にも超展開という点で負けてしまった感が否めませんし
ヴヴヴのやっている事ってもう斬新でも革命的でもなく先人がやった事の劣化コピーでしかない気がします。
WOLT様のおっしゃる通り主人公であるハルトは結局何も成さぬままこの世を去ってしまいました。
ベンチマークであろうコードギアスのルルーシュも彼がやって来たことに正当性や共感を持てたのかは別としても
彼が死ぬ事でキッチリ物語を終結させる事が出来たのですから(━_━)ゝ
[ 2013/12/30 20:06 ] [ 編集 ]

Re: LYUS

LYUS様、はじめまして。コメントありがとうございます!

私もサンライズの落ちぶれっぷりには動揺を隠せません。
当記事で散々罵倒してきたハルトですが、いざ死んでしまうとなると無性に悲しくなります。
思えば彼も彼で主人公という立場を利用された脚本の被害者なのかもしれません。
ショーコについては、ふと思ったのですけど彼女も1号機から生まれたマギウスならば、
ハルト同様人を喰らうようになっちゃうはずなんですよね。そんなので和解なんてできるのか…(^^;
そもそも「人を喰らう」設定すら終盤じゃほぼ無かったことになってますが。

銅像オチはもう、サンライズの引き出しの無さにかえって呆れましたね。
だたラスボスが最終話限りってのは演出的には一応アリだと思います。
リボーンズガンダムも最終話とその手前だけの活躍でしたし、十分な活躍を見せてくれましたし。
AGEの場合はメカ同士が合体するというトンデモ演出でしたが…(--;

バディ・コンプレックスに関しては一応制作チームが違うということで期待できる面もあると思います。
最もサンライズアニメということで、当分はこの余韻を引きずっていきそうですが。
[ 2013/12/30 23:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Tao様、はじめまして。コメントありがとうございます!

>この作品のテーマは「情報に先導される民衆」だと思ってます。1話からやかましいぐらいに報道関連の描写があって、数話に一回はワイアードでの情報のやりとりが描かれています。そもそも革命って情報戦で起こるものですしね。

ヴァルヴレイヴはそういった他者に依存しすぎる人たちに、自分の考えを持って行動しろと言いたかったのではないでしょうか。最後には自分のエゴとともとれる言動でカインを黙らせたハルトのように。

なるほど。確かにインターネットが普及した今の時代、他人に便乗して意見を言う人は多いと思います。
事実私も他人の意見に流される面は少なからずあるので、人のことを言えてないところもあるでしょう。

その上で反論させていただきます。
劇中でのワイアードの動きで大きく批判されているのは、21話~24話の出来事だと定義します。
この間、世界中では「ハルト達がマギウスであることを暴露→アマデウスもマギウスだった→と思いきや嘘だった→クーデター勃発で情報でっち上げ」と短期間で様々な情報が飛び交っていることになります。
私個人の意見となってしまいますが、そんな短期間で相反する情報が飛び交うとなれば、どれが真実なのか分からなくなります。
少なくとも、どれか1つの情報を絶対視して盲目に信用することなんてできません。
しかしヴヴヴの世界で描かれているワイヤードでは市民たちの混乱する声は確認できず、全員が真っ向から一番新しい情報を信じてしまっています。これはどう考えても「市民たちによるノリの良いコント」にしか見えません。

また、
>よく言われる手のひら返しだって、ネットという匿名の空間ですらまともに意見が言えていなからでしょう。排斥されることを恐れて周りの流れに安易に従おうとする。
と書かれていますが、もっと単純に、簡単に周りに排斥されない方法があります。
それは「何も書き込まない」ことです。会話の中に入らなければ、そもそも排斥なんて置きません。永遠に傍観者のままです。
そもそもネット社会という、不特定多数の人物が何処でも簡単に情報を確かめる中、安易に「書き込み」といった足跡を残すことは非常にリスクのあることです。
実際、ブログや掲示板などでの迂闊な発言からの「炎上」は珍しくありませんし、犯罪予告などといった書き込みをした人は軒並み警察のお世話になっています。
「ネットに情報を残す」という行為は便乗以前に、「リスクを冒してでも、ネット上に自分の爪痕を残したいから」という意思のもとで行っているではありませんか?
2chの皆さんだってきっとそうですし、私もそうです。Tao様もそうではありませんか?
まるで機械のようにパカパカ書き込むヴヴヴの世界の住民たちに、そのような意思があるとは思えません。

>アラを探そうとするばかりでまともに作品を楽しんでいないようにとれる。実際、公式設定すらまともに理解せずに叩く人多いですし。伏線や描写もわざわざアピールして目立たせないとわからない幼稚な思考の人が多い。そういう人が少しでも作品を楽しめないと安易に否定するから立ちが悪い。それに流される用に叩く人たちもね。
「伏線や演出の意図が分かりにくい」というアニメで、画像のニコニコ生放送の結果が出るとは思えません。
大体最低評価である「良くなかった」が6割も占めるというのは明らかな異常事態です。
私は業界の方から見れば素人ですが、そんな素人の目からもこのアニメの不出来さは明らかです。
(一応、これまでの記事で私はちゃんと、中身のある批判をしてきたつもりです。)
そもそもこのアニメ、伏線が分かり易かろうが難かろうが、最終回でそれらの伏線を投げてしまっているので問題外です。

真っ向から反発する形となってしまいましたが、内心このアニメに対する肯定的意見を聞けたことは貴重な体験であり、嬉しく思います。
改めて、コメントありがとうございました。
[ 2013/12/31 01:31 ] [ 編集 ]

Re: バディコンとでも言えばいいのか…?

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

ニコ生でアニメ放送は見たことなかったのですが、今回はアンケート結果が気になったのでTSをチラ見してみました。
結果はご覧の通りです。ニコ生アニメ界でも過去最悪クラスだとか…
プレスコ方式に対しての考察には考えが至りませんでした。流石です。
プレスコ方式のアニメはあまり見たことないので偉そうなことは言えませんが、
少なくともヴヴヴはそんじょそこらのアフレコアニメと違いが分からないと思います。
ただ文中から察するに、やっぱりプレスコ式というのは野心的・実験的な要素が強いんですね。
声優のアドリブとありますが、やはりプレスコでアフレコに差をつけるとすればそこが肝心になるのでしょうか。
(その割にトランスフォーマーではアドリブのオンパレードが酷かったような… まあアレも元は海外のアニメですが(^^;)
分割2クールに関しての問題は私にも明らかです。
「前期の意見を後期に反映させる」という触れ込みについて、一体どの辺を反映させたのか小一時間問いただしたいです。

LYUS様への返信でも触れましたが、散々批判してきたハルトがいざ死んでしまうとなると、何処かやるせなさを感じます。
今まで共に戦ってきた1号機もショーコに持ち去られてしまいましたし、彼を思わせるものって実質あの銅像だけじゃないでしょうか?w
サンライズの銅像至上主義は何時まで続くのでしょうか…w
[ 2013/12/31 02:39 ] [ 編集 ]

Re:Re:

うーむ、どうやら勘違いされてる感があるな。
私が書いた内容は
>結局2クールやって視聴者に何伝えたかったんだろうか、このアニメ。
に対する1人のファンとしての意見です。あなたの意見を批判するでも評価するでもなく、こういう視点もありますよって感じで意見しただけなので、それに対して反論は的外れとしか言い様がないですw(煽ってるわけじゃないですよ)
ですが、私が書いた内容に反応を返してくれたこと、それについさっきは拝見したキットの出来からあなたもヴァルヴレイヴに対して特別な思い入れがあると感じました。反論を書いてしまったのは、きっと負けず嫌いなお方だからなんでしょうね。

ですから、以下に書く文章はケンカを売っているわけでなく、反論しているわけでもない。私が書いた内容が伝わりにくかったみたいなので補足です。
(断り書きが長いな…すみません)


あなたの返信を見て思ったこととして、おそらくあなたは視点と結論が異なるだけで私と同意見だ、ということです。
>私個人の意見となってしまいますが、そんな短期間で相反する情報が飛び交うとなれば、どれが真実なのか分からなくなります。
少なくとも、どれか1つの情報を絶対視して盲目に信用することなんてできません。
しかしヴヴヴの世界で描かれているワイヤードでは市民たちの混乱する声は確認できず、全員が真っ向から一番新しい情報を信じてしまっています。

これが私が言いたかったことなのです。情報に簡単に扇動されてしまう民衆ということです。
ヴァルヴレイヴの世界はワイアードという量子通信サービスを通して宇宙統べてが情報的につながっています。距離にかかわらず、自分の意見は即座に翻訳されながら全世界へ配信されるのです。その一方で、世界は物理的にはあまりにも遠すぎる。人口の7割が宇宙で暮らしている世界ですからね。この近くて遠い距離感というのはまさに現世界を極端にしたかのようです。
そしてそのような世界だからこそ、劇中であったように安易に手のひら返しが起こるわけです。実際どこで何が起ころうと遠すぎるために事実を確認する手段がない。何が起ころうと、どのような情報がながれようと対岸の火事なわけですから、安易に意見してしまうのです。
リアルな喩えをすると、
新作ゲームが出た。バグばっかりだ→期待させといてそれかよ。運営クソじゃん
[速報]バグは単なる操作ミスだった。操作性改善されてやりやすくなった→運営大勝利!
[悲報]裏ボスで操作を間違えると倒せなくなるバグ→やっぱりダメじゃないか。
みたいな流れは日常茶飯事ですよね。ゲームの速報記事で例えたのはおそらくワイアードで書き込んでいる人達もその程度のノリだと思ったからです。
とくにワイアードは全世界同時配信ですから書き込みの速度も2Chの比ではないですし、実際そのように描写されていました。
>まるで機械のようにパカパカ書き込むヴヴヴの世界の住民たちに、そのような意思があるとは思えません。
まさにあなたの言うとおり。意思なき意見だからこそあんなに簡単に送信できるわけです。
さて、ここであなたと意見の相違点を一つ説明しなくてはいけません。
>ワイヤードでは市民たちの混乱する声は確認できず、全員が真っ向から一番新しい情報を信じてしまっています
これです。実はこれを言いたいがために書いたようなものなのですが、「いつから全世界の声がワイアードに全て載っていると錯覚していた」
ワイアードは劇中でも散々描写されたとおり、だれでも手軽に書き込めるコミュニケーションツールの一つです。そして前記の通り、それは意思のかけたコメントが多い。だからワイアードに描写されたことを市民達の主な意見とするのは早計というモノでしょう。
事実、エルエルフが流した処刑映像を真摯に受け止め新たな情報を待とうと足を止めていた無関係な市民たちはさんざん描写されていましたし、疑いを持っていた人がいたからこそ、クーデターで煽動することが出来たのでしょう。

長くなりましたが、簡単に情報に流されてしまう民衆についての補足です。コントみたいと仰ったのもよくわかります。現実もコントのような手のひら返しが多くて笑ってしまいますよね。ゲームの話だけでなく、外交の問題でも。


あ、最後い一つ思い出したので付け加えますと、劇中で呼称は確か無かったと思いますが、「革命機」は人型の殲滅兵器の通称です。ヴァルヴレイヴやキルシュバオムがそう。まあ、MSみたいなものですね。
[ 2014/01/02 23:24 ] [ 編集 ]

Re: Re:Re:

Tao様、コメントありがとうございます。

反論という形でしか反応を返せなかったことは安直でした。猛省いたします。
負けず嫌いというのはあると思います… ブログという自分の意見を発信するサイトを運営してる以上、
自分と相反する意見を目にすると、やはり自分の意思を固執してしまいがちです。
特にヴァルヴレイヴに対しては「駄作」というフィルタをかけているので、一層それが強まったのかもしれません。
これも反省しなければなりませんね。ブログを3年やっていて、お恥ずかしい限りです。
わざわざ補足のコメントまで書いてもらって申し訳ございません。
「ワイアードの意見が全てではない」というのは確かに抜けていたと思います。
最終局面ではワイアードの描写が中心に立ってましたし、あまりの怒涛のコントばりの展開に私も惑わされてしまいました。
自分の中では駄作評価のヴァルヴレイヴですが、もう少し考えを整理してみたいと思います。

改めて、貴重なご意見ありがとうございました。
[ 2014/01/04 14:28 ] [ 編集 ]

かなり時間経ってますが初コメ失礼します。

初めまして。突然すいません。
ちょっと立ち寄ったらコメントしたくなったのでさせて頂きます。

始まりの騎士の事をショーコは

この国を作る時に死んでいった私の大切な人~

と言っていましたが「殺した」の間違いだろ!と突っ込まずにはいられませんでした。
そもそも、本当に国の代表ならば七海先生みたく何故話し合いの機会を作る事や事実確認を行うようにしなかったのかそしてそれを怠った結果がハルトや先輩、サンダー達の死なのに事実を捻じ曲げて都合の良い結果に作り変えているしか見えません。それと同時に父親を殺されたとはいえちゃんと確認もしなかった北川イオリも許せませんと同時に何故生きているんだと疑問です。ハッキリ言ってこの2人を誰か説得するか先述のとおりの事をしていれば、この悲劇は少なくとも免れたと思えます。

国の代表を盾にぬくぬくと安全圏内にいてハルト達を殺しておいて何が大切な人だ!人殺しはお前らだとしか言えません。ハルト達が報われないと同時に利用されて最後の最後まで主人公とそれに賛同した人たちが悲惨すぎるアニメであったと同時に私の中では史上最悪ヒロインを見たアニメでした。ホント何であんなキチ○イヒロインさえいなければ良作になっただろうに残念です。
[ 2014/04/18 23:48 ] [ 編集 ]

Re: かなり時間経ってますが初コメ失礼します。

シェリシャ様、はじめまして。コメントありがとうございます!
過去記事に関するコメントについてはお気になさらず、自由にコメントして構いませんよ。

とにかくヴァルヴレイヴは後味の悪いアニメでしたね。
散々宣伝しといてこの爆死っぷりですから、もう笑うしかないですw
難点はやはり女性キャラたちの描写についてですね。
特にイオリについては終盤でガンガン印象を下げてきたので、どういうことかとかなり面喰いました。
逆にサンダーやキューマのようなサブの方たちはそこそこ味は出せていたと思います。

ある意味「対話の重要性」を示した作品でもありますが、
最終的にバッドエンドな終わり方をしてしまうのは非常にマズかったと思います。
[ 2014/04/20 11:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/383-43e83435