今週のドキドキ!プリキュア 46話

ドキドキ!プリキュア 46話 『エースとレジーナ!誕生の真実!』

ドキプリep46 0

正直潘めぐみさんの起用には驚いた。
まだ声優としては新人だけど、これからの活躍を重ねて母親にも負けないぐらい成長してほしい。
というわけで恵子さんとも共演してくれませんかね。起用するとしたら女王様役だろうけど。
ドキプリep46 1

今エターナルゴールデンクラウン(以下EGC)により明かされる、驚愕の真実!
亜久里・レジーナ・そしてアン王女の謎が全て解き明かされる!
ここから書き記す内容は、今まで描写された上記3人に関する話を纏めたものです。
今回の話で明らかになったことは黄色で、筆者の補足・考察的な文章は赤色で表記しています。
それではいってみましょう。



トランプ王国でアン王女誕生。しかし身体が弱かったのか女王死亡。
遺された国王は女王の意思を引き継ぎ、アン王女を育てていくことに。


アン王女はすくすくと育ち、ジョナサンやキュアソードとも仲良くなりました。

しかし謎の現象で病気になってしまいました。ここまで来て原因を隠すのか!?

トランプ王国の医学では成す術も無し。妻では飽き足らず娘までも奪うのかと嘆き悲しむ国王。
しかし唯一の頼みの綱である、EGCの凄い知識を使えば何とかなるかもという話が。
しかしEGCは先代のプリキュア達によって倒された闇の力が封じ込められている。EGCを使うとなると闇の力を開放することになる。
散々葛藤した末に、「アンのいない世界などいらん!」みたいな感じで封印解除。
EGCの知識の力は得たものの、闇の力も一緒に溢れ出てしまいました。EGCはその場に投げ捨てられてました

見事アンを救った国王でしたが、「世界とアンを天秤にかけてアンを選んだお前はまさしく自己中!」と言いがかりを付けられ、
国王は闇の力に侵食され、キングジコチューと化してしまいました。


キングジコチューの出現によりジコチュー側が動きだし、トランプ王国と戦争開始。
ジコチュー側の攻撃の前に、トランプ王国側のプリキュアはキュアソードだけになってしまいました。

アンはキングジコチューと対峙。説得もむなしく巨神兵の如く立ちふさがるキングジコチューに対し、
アンはドラゴングレイブの力を発動。その力を持ってすればキングジコチューを倒すこともできたらしいですが、
元が国王なだけあってか、結局封印止まりに。


・恐らくここの時点でアンはジコチュー側を欺く為に幻影を作った。(そうじゃないと説明つかない)

その後アンはキュアソードを連れて地上へ脱出を図るも、最後の最後でジコチュー側に邪魔されます。
アンはキュアソードを逃がし、自分はジコチューの方へ。
ベールにキングジコチューを倒さず封印したことを嗜められ、「親が親なら子も子、お前も自己中!」と言いがかりつけられ、プシュケーを出現させられます。
が、アンは自身のプシュケーをハートキャッチし、そのまま2分割してハートブレイク
曰く、「世界と父親を天秤にかけることなんて自分にはできないから、コイツらに決着を任せるわ。」とのこと。
王族あるまじき、まさかのMA★RU★NA★GE。本当にありがとうございました。
別れたプシュケーの内、光側は亜久里として地上に降り立ち、闇側はレジーナとしてキングジコチューの下へ。
残ったアンの身体はアイちゃんの卵になり、これも地上へ。


地上に降りた亜久里は瞬時に11歳相応の身体に成長。
一方レジーナは幼体からちゃんと順を追って成長した様子。この違いは何?

・亜久里はアンの光である為、「世界を守る」という使命を生まれつき持っている。
・レジーナはアンの闇である為、「パパ大好き」な感情で心がいっぱい。
・亜久里がプリキュアに変身できるのは、恐らくアン王女自身がキュアエースに変身できるから。
・キュアエースに変身して身体が大きくなるのは、恐らく「アンがプリキュアに変身した姿」がまさしくアレだから。
・王国の宝であるロイヤルクリスタルがキュアエースの変身のキーアイテムなのは、
ラブアイズパレットが最初からアン王女用だとすれば辻褄が合う。
・亜久里がプリキュアになれるのは、アンの「世界を守る」という使命を背負っているから。
レジーナに変身する力はないものの、ロイヤルクリスタルが反応する辺り因子は持っている様子。
(というか総じて上記の通りじゃないとマジで説明つかない。)


そしてある日、ジョナサンは川原でアイちゃんの卵を見つける。
マナ達の手によってアイちゃんはすくすくと元気に育ちましたとさ。

ただアンはアイちゃんのことを「妖精としてプリキュア達をパワーアップさせること」と「世界のジャネジーを抑えること」の2つの使命があるとも言っていた。
何故自分の心の抜け殻のことをそんなに詳しく知っているのか、凄まじい矛盾が生じる
かなり強引に考察を進めるとすると、恐らくアン王女の変身するキュアエース(完全体)には戦闘以外にも、サポート的な力があって、
そのサポート的な力はアイちゃんの方にいっちゃったと。もう何なんだ私の考えるキュアエースって。


またある日レジーナは地上に舞い降り、マナに接近。偏愛の感情が心の中心なせいか、レジーナはマナにべっとり。
しかしいい感じでマナに影響された為、レジーナの自己中度も鳴りを潜めていく。
レジーナの協力もあって、マナ達はロイヤルクリスタルの回収に成功。するとロイヤルクリスタルはアン王女(の幻影)へ向かっていく。
(この辺の描写はマジで理解不能。)
紆余曲折を経てレジーナはキングジコチューと決別。けれど洗脳に近い形で再びキングジコチューの元へ戻ってしまう。

そんな時に亜久里の変身したキュアエースが登場。偉そうな態度だったけど、これまでの情報を統合すると、あの時がキュアエースの初陣
その後尊大な態度は変わらず、マナ達と接していく亜久里。
その後マナ達5人は三種の神器の1つである、マジカルラブリーパッドを入手。

レジーナが神器が使えるのは王女の力があるからと言っていたが、
これも「王女自身の力」ではなく「王女の中にあるプリキュアの力」が影響していると考えれば、
マナ達が神器を使えても何らおかしくはない。
(というかそうじゃないと説明(ry


レジーナはドラゴングレイブを手にすることに成功。
(プリキュア達が手にできなかったのは、レジーナの持つ愛の力が強かったから?)
後々ジョナサンがEGCを回収し、全てを理解した亜久里によって2人の関係が暴露。現在に至る。



閑話休題。纏めとか言ってかなり長くなりました。最後までご精読ありがとうございます。

まあご覧の通りツッコミどころは山盛りてんこ盛りなわけです。
途中までキチっと描写してた分、ある意味ヴヴヴよりもタチが悪い。

要するに、トランプ王国の親子の不始末を亜久里とレジーナに擦り付け、
あろうことかマナ達一般人にまで飛び火してしまった…ってことなんだよね。

そんでもってプリキュア達にはアン王女、並びに国王の行動は見事に美化されちゃってます。
しかもアン一旦分離したアン王女の心身は元に戻らないらしい。
元に戻るとしても絶対に復活してほしくないけど…

しかも亜久里が見た夢のシーンと実際のアン王女とキングジコチューの対峙のシーン、見事に噛み合ってないし。
大体国王だのEGCが闇の封印をどうこうだの、今回パッと出の設定が多いから唐突感が否めない。

前述の通り、纏め文で赤色で偉そうに筆者なりの分析をしてみましたが、これもぶっちゃけ突っ込み所満載です。分かってます。
そもそもアン王女=キュアエースなんて何処にも根拠ないんだし。まあネタとして受け取ってください。
実際私も真面目半分、「あー馬鹿らしい」と思う半分で書いてましたし。
話数も迫ってますし、筆者の書いた分析に関しては恐らく本編で言及されないまま終わることでしょう。

「アイちゃん=アン王女の身体」って設定はやってほしくなかった。2つのキャラ設定で矛盾も2倍だな。
纏め文でも言った通り、アイちゃんには既に使命とやらが言及されてて、話もその方向に進んでたんだから、
そこへ今更「実はアン王女の身体でした」なんて言われたら設定が音を立てて破綻する。
抜け殻になっても
「氷に封印されていたアン王女は偽物」という設定も同様。ロイヤルクリスタル周りの描写に破綻が生じる。
「氷に封印されたアン王女が、プシュケーを取り出された抜け殻の身体」ってことにすれば全てに説明がつくのでは?

そもそもアン王女の精神・肉体共にバラバラになってんだから、今まで散々描写された「アン王女の声」って何だったの?
ええい、全ては亜久里が「実は戦ってた以前の記憶がありません」なんて言ったからだ! あの時から全てがおかしくなった!
誰だ! 誰だ責任者は! 出でこい責任者! うおおおおおお!


ドキプリep46 2

レジーナは父親であるキングジコチューが物凄い愛をくれていることに感謝し、最後まで父親に付き添うことを決心しました。
どういうわけか封印が解かれたキングジコチューは地上世界へバリバリワープ。巨神兵の如く移動開始。
成り行き気味ではあるものの、プリキュア達の方針は定まった。レジーナとキングジコチューを食い止める!
遂に最終決戦の始まりだ!残り少ない尺の中で行きつく未来とは!?

ハピネスチャージについては冒頭でちょこっとコメントしたからいーや。
うんこうんこ。まじうんこ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/05 16:44 ] ドキドキ!プリキュア | TB(3) | CM(2)

ありす「戦車道もレディのたしなみです!」

全ての真相が語られたドキドキ!プリキュアですが。
WOLT様は大変ご立腹な所申し訳ありませんが私としては結構腑に落ちて熱い回だった物で…
時間軸の厳密なイベントの整合性に関しては個人的に余り気にしないのと今回をもって
「ジコチュー」というテーマと問題提起が明確に示された事にスッキリしましたから。
 「愛と自己中は表裏一体」という部分ですね。
例えばマナの言動や行動には自己中な要素も含まれているという指摘は前々からありました。
「愛」即ち「自己愛」や「家族愛」何でもいいですけどそれらが行き過ぎれば他社に迷惑を被らせる害悪になるという側面です。
今回パッと出ではあるトランプ国王のした行為は為政者としては最悪ではある物の
人間、一人の父親としては共感できる部分もあります。ソウジの親父さん同様オッサンは精神的に結構打たれ弱いんですよw
キングジコチューはさしずめウィザードの笛木と北斗の拳のサウザーを合わせたようなラスボスと言えます。
愛ゆえに人は嘆き悲しむ、ならば愛など最初からいらぬ…ってやつですね。
 亜久里とレジーナの関係も王女の中の「公」と「私」が葛藤の末分離したと言えます。
(アイちゃんの事やチョチョウの目の前であんな事になっていたのは過剰な描写ではありましたね)
亜久里が本人としてはプリキュア経験がない物の本能的な使命感からマナ達に対して指南役だったり
レジーナが天真爛漫な悪童キャラだった事の裏づけとも言えます。
 全てを知り瞳が戻ったレジーナですがそれでも尚キングジコチュー側に付くのは返って本作のテーマと問題提起を明確にして
私としては結構熱かったのですが…「愛と自己中は表裏一体」。
あとは相田マナ・キュアハートが彼女なりの回答が導き出せるかに掛かっていると…。
 とはいえWOLT様の仰るとおり全編に渡る描写過多が仇となり本作のテーマに至るまでの総括が疎かになったことは確かです。
起承転結の「転」と「結」の繫がりが悪いといいますか、それ単体は悪くないのですが。
マックスハートのひかり・シャイニールミナスを巡る設定もややこしく上手く機能していなかった事と被りますね。
総じてもっとシンプルな設定&描写で「愛とジコチュー」に関して物語って行くべきでしたね(━_━)ゝ
[ 2014/01/05 18:45 ] [ 編集 ]

Re: ありす「戦車道もレディのたしなみです!」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
私も文章に熱が入り過ぎて、「作品のテーマ」の考察に対する配慮が行き届いていませんでした。
いやはやお恥ずかしいところをお見せしましたm(_ _)m
確かに作品のテーマについては明確に描かれていたと思います、
しかしそれにしてはあまりに引っかかる点が多すぎました。私にはちょっと無視し切れません。
ただ前に申した通り、プリキュアとしてはテーマとしても、話の構成自体にも無駄な点は殆ど無かったと思われます。
ロイヤルクリスタルや3種の神器など、4クールで済ますには設定が少し広すぎましたかね…?
[ 2014/01/12 13:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/394-c5681ab4


ドキドキ! プリキュア 第46話「エースとレジーナ!誕生の真実!」

エターナルゴールデンクラウンの明かす、レジーナとエース誕生の秘密。 そしてキングジコチューの正体とは…。 物語は佳境へ!  
[2014/01/05 18:04] URL 空 と 夏 の 間 ...

ドキドキ!プリキュア46話エースとレジーナ!誕生の真実!感想

今回は色々な事が明らかになったから、まずはそれらをざっと纏めます。 アン王女を生んだ時に母親は死んで、アン王女はそれまで話に出て来なかった父親の国王によって無事に育てられたがトランプ王国の医療技術では治せない病気になった。 娘まで死んで欲しくなかった国王は何故かトランプ王国にあった(ジョー岡田はどうやって回収したのかが気になる)エターナルゴールデンクラウンの知識を使えば治す方法が...
[2014/01/05 19:51] URL 気が向いた時にだけ書きたい事を節操無く書くだけのブログ

ドキドキ!プリキュア 第46話「エースとレジーナ!誕生の真実!」

ドキドキ!プリキュア 第46話「エースとレジーナ!誕生の真実!」 レジーナとエースが王女から生まれた光と影だという事実に困惑する一同。レジーナがエースを見てムカムカするのは、レジーナが自分自身を見ているから。エースはレジーナにエターナルゴールデンクラウンを...
[2014/01/06 12:47] URL ひびレビ