ROBOT魂 ヴァイエイト&メリクリウス レビュー

IMG_3093.jpg
ROBOT魂 ヴァイエイトメリクリウス

余りもの消化レビュー。一部日を跨いで撮影したんで、映りとか結構変わってるかもです。
ひとまず2013年の余りものレビューはこれでオシマイ予定。ゴールドフレーム天は犠牲になったのだ…

というわけで、ROBOT魂 ヴァイエイト&メリクリウスをレビューいたします。
IMG_3103.jpg
OZ-13MSX1 ヴァイエイト

『新機動戦記ガンダムW』に登場したMSおよびMD。モチーフは風神・雷神の風神。
「最強の矛」をコンセプトとした元、遠距離砲撃戦特化した機体。
武装はビームキャノンのみという漢武装ですが、元々メリクリウスとの連携が前提なので、
無茶な運用をしない限りはそこまで問題ではないようです。

例の変態技術者達が作り上げたMSの1つ。
前述の通り武装が1つだけなのには一応運用上の理由があるものの、
あの技術者のことだから意図的に残した欠点とも思えなくもない。


IMG_3104.jpg
フロントビュー。全体的なデザインはリーオーとトールギスを足して2で割ったような感じ。


IMG_3105.jpg
リアビュー。後ろの武装がかなり重たいんで、安定の為に魂STAGEを使って自立させてます。


IMG_3106.jpg
顔。OZ製らしいカメラアイ…と言うよりモノアイ。


IMG_3151.jpg
付属のバイザーパーツを変えれば、トールギスと同じくカメラアイの状態にすることも可能。


IMG_3107.jpg
上半身のデザインはリーオーやトールギスと比べてやや大きめ。
彼らの面影こそありますが、ほぼ別物ですね。


IMG_3109.jpg
下半身の形状はまんまトールギス。


IMG_3110.jpg
腕の形状はリーオーやトールギスのものを簡略化した感じ。


IMG_3111.jpg
ビームキャノン。細かい部分まで色分けされています。
黒成形色は、完全な黒ではなく若干緑がかった感じ。少しだけラメ加工されてる?


IMG_3112.jpg
ジェネレーター。こちらも塗装の質はビームキャノンと同じ。


IMG_3113.jpg
ジェネレーターの開閉ギミックもバッチリあります。内部の塗装も完璧。


IMG_3115.jpg
可動範囲。腕はリーオーと同じく一重関節。そこそこ曲がります。


IMG_3116.jpg
肩の開き具合もリーオーと同じく、90度いかない程度。


IMG_3152.jpg
引き出し機構はリーオー同様不十分。この辺改善してほしかった。


IMG_3153.jpg
腰はそんなに曲がりません。


IMG_3117.jpg
脚自体もトールギス同様、そこまで開きませんが…


IMG_3119.jpg
今回は内股によく曲がるようになっています。これは意外。使うかどうか分かりませんが。


IMG_3118.jpg
膝立ちに関しては問題無し。
そもそもヴァイエイトもメリクリウスも宇宙でしか戦ってないけど…


IMG_3120.jpg
ビームキャノンを持たせるときは、まずキャノンを背中につけたまんま、
胴体に繋がったアームをググっと前に出します。


IMG_3121.jpg
次にジェネレーターとキャノンを接続させます。


IMG_3122.jpg
後は手首を変えて持たせるだけ。差し替えパーツが無いので楽に保持できます。


ブンドドはひとまず置いといて、次はメリクリウスの説明。

IMG_3123.jpg
OZ-13MSX2 メリクリウス

新機動戦記ガンダムW』に登場したMSおよびMD。モチーフは風神・雷神の雷神。
「最強の盾」をコンセプトとした元、防御面に特化した機体。
また接近戦にも対応しており、何気にヴェイエイトよりもパワー重視の設計。
牽制用にビームガンも携行している為、ある程度単独行動しても大丈夫なようになっています。

矛盾の盾と言っておきながら、意外と攻撃的な機体。
というか相棒の矛の方が遠距離からビームキャノンを撃つことしかできないからね。
何かもうコンセプトとかよう分からん。これも全部変態技術者たちのせいだ。


IMG_3124.jpg
フロントビュー。
機体全体のデザインは頭部を除いてヴァイエイトの色違い。


IMG_3125.jpg
リアビュー。
背後の武装がディフェンサーだけなので、ヴァイエイトよりもスッキリした感じ。
自立も普通に可能です。


IMG_3126.jpg
顔はヴァイエイトと違ってアンテナが2本になっています。


IMG_3127.jpg
ヴァイエイト同様、バイザーパーツを入れ替えればカメラアイ形態に変更可能。
アンテナの形状がヴァイエイトと違うので、取り替える際は破損に注意。

作りがヴァイエイトと同じの為、可動範囲の説明は省略。


IMG_3128.jpg
プラネイトディフェンサー。
左右それぞれ5個ずつ、全て連結されてます。1つずつ取り外しも可能。


IMG_3129.jpg
胴体のアームを前に出せばこんな感じに展開可能。塗装の質はヴァイエイトのビームキャノンと同じ。


IMG_3130.jpg
左右のディフェンサーを入れ替えて前に出せば、バリア張ってる形態みたいにすることも可能。
ただ自由にディスプレイするパーツがないので、総じて自由度は低め。


IMG_3131.jpg
ビームガン。特にギミックはなし。


IMG_3132.jpg
クラッシュシールド。保持する時のグリップがやや細めなのか、結構ツルツル動いちゃいます。


IMG_3133.jpg
ビームパーツを先端に付ければビームサーベルにすることも可能。


それでは矛盾共々ブンドド。

IMG_3134.jpg
脚が内側に可動できるようになったのは嬉しいけど、正直何処で生かせばいいのか分からない…(^^;
エクシアとかならポーズ決まったかもしれませんが。


IMG_3136.jpg
ビームキャノンを構えて発射。
腕の引き出し機構があればもっとポーズの幅が広がったかも。


IMG_3135.jpg
撃つ時はちゃんとジェネレーターを開いておきましょう。


IMG_3137.jpg
メリクリウスはヴァイエイトと違って武装のバリエーションが多い為、ブンドドするならこっちの方が楽しい。


IMG_3138.jpg
盾なのにガンガン接近して戦闘してた印象ばかり。


IMG_3139.jpg
ディフェンサー専用ディスプレイパーツがないのは本当に残念。
劇中ではバラバラ動いていただけに…


IMG_3150.jpg
一長一短な機体なので、戦う時は仲良く連携しましょう。


IMG_3140.jpg
「近づかないでって言ってるだろぉー!」
※実際ここまで近づいてません。


IMG_3143.jpg
「言いたいことはそれだけか!」


IMG_3144.jpg
そんなこんなでヒイロを殺す気マンマンのカトル君でしたが。


IMG_3145.jpg
ヴァイエイトの爆発には流石に我に返って動揺。戦いとは無常なり。


IMG_3146.jpg
場面変わってデスサイズヘルとの戦闘シーン。
ヒイロとトロワの戦闘データが使われていることに同様するデュオでしたが。


IMG_3147.jpg
「どんなにうまく真似しても、所詮はお人形さんなんだよ!」


IMG_3148.jpg
「これで終わりだぁー!」
さすがにメリクリウスを真っ二つにするのはご勘弁。


IMG_3149.jpg
以上、ROBOT魂 ヴァイエイト&メリクリウスのレビューでした。


可動範囲などは甘い部分もありますが、劇中でのアクションを大体こなせる辺りは優秀な出来と言えるでしょう。
デザインや塗装面も特に言うことはありません。
そもそも滅多に立体化されないWの脇役機体ですから、資料としても中々役立ちます。
そう考えると、本当に惜しいのはディフェンサーのディスプレイ面だけかな。
Wシリーズの機体は今後もどんどんリリースされてるので、今後もがんばってほしいところ。
以前のイベントでジェミナス01の試作品が展示されてた辺り、外伝機体のリリースも期待できるかな?


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/08 13:16 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/396-68c605d2