HGUC 1/144 V2ガンダム レビュー

IMG_3587.jpg
HGUC 1/144 V2ガンダム
メーカー小売価格:1365円

ちきしょーい、1月は中々色々と忙しいです。おまけに眠いし。
2月になりゃあ少しはマシになると思いますが…
どうでもいいけどこの時の為にデザインナイフの刃を替えたら見事に指切りました。
ちきしょーい、バンソコーどこだぁー。

というわけで、HGUC 1/144 V2ガンダムをレビューいたします。
当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
IMG_3589.jpg
LM314V21 V2ガンダム

リガ・ミリティアが、ヴィクトリーガンダム(Vガンダム)に次ぐ新たなるフラッグシップMSとして開発した機体。
主任開発者は、元サナリィの研究者であり、リガ・ミリティア創設メンバー(ジン・ジャハナム)の1人、
ハンゲルグ・エヴィンの妻でもあるミューラ・ミゲル。

基本的な機体構成は、Vガンダム同様に頭部・胴体を形成するコア・ファイターを中心に、
ハンガー(腕部)・ブーツ(脚部)とで成っており、各パーツは同機と互換性がある。
一方で革新的な推進機関「ミノフスキードライブ」を主機として搭載し、
Vガンダムを含む従来の熱核エンジン搭載機を遥かに凌ぐ機動性を発揮。
当初はVガンダムのスラスターユニットをメインジェネレーターごと換装するだけの「セカンドV」と呼ばれるプランが進行していたが、
機体が機関の出力に耐えうる設計ではなかったため、改めて本機が新規設計された。

ミノフスキードライブは推力以外にも莫大な余剰出力をもたらし、これを活かした様々なオプションパーツが並行開発された。
実戦では防御力を強化したアサルトパーツ、長距離砲撃に特化したバスターパーツが投入され、
両パーツを同時に装備したアサルトバスター形態での実戦記録もある。
機体の各部に計10基のハードポイントを持ち、武装追加が可能。

2機が先行生産され、オリファー・イノエとウッソ・エヴィンに与えられた。
なお、オリファー機は早い段階で喪われたため、実質的に稼働していたのはウッソ機のみである。


遂にVガンダムの後継機がオールガンダムプロジェクトで登場。
発売前に告知はされていましたが、光の翼は付属されていません。あしからず。


IMG_3591.jpg
フロントビュー。
プロポーションは…いいのかな? 個人的に腕がちょっと長めに感じましたが…
まあ、フォーマット統一の弊害かもしれませんけどね。
成形色に関しては青色が鮮やかでいい感じ。


IMG_3593.jpg
リアビュー。
ウイングも少し大きめなような気がします。
これで光の翼が発売されたらちゃんと自立してくれるのかしら。


IMG_3595.jpg
顔。どうもVガン系統はツインアイがヘルメットに隠れてしまっている感が… 私の貼り方が悪いのか?
今回はVと違ってアンテナは従来通り上から被せて付けます。
あと眼帯型センサーはやっぱり付属してません。


IMG_3597.jpg
胸。ちゃんと色分けされてますね。Vと比べると少しシンプルになったかな。


IMG_3599.jpg
腕。ここが従来とは大きく異なる仕様に。
今まではフォーマット統一の為どの機体もグレーの関節でしたが、
流石にV2でそれはマズいと感じたのか、上から白いパーツを被せるような仕組みになっています。
おかげで見栄えはバッチリですが、その努力をVにも生かしてほしかった…


IMG_3601.jpg
脚部の構造はVと同じ。


IMG_3603.jpg
ミノフスキードライブユニット。2つともそれぞれボールジョイント接続です。


IMG_3605.jpg
開閉ももちろん可能。内部には意味ありげなハードポイントが…


IMG_3607.jpg
可動範囲。腕は前述の構造上、90度ほどしか曲がりません。
一方肩はかなり上げることが出来ます。アーマーの都合上、腕の上げ具合には限界がありますが。


IMG_3652.jpg
なお今回は00ガンダムのように手首が若干ではありますが上下に可動。


IMG_3609.jpg
脚の開き具合はVと同じくらい。


IMG_3611.jpg
膝立ちも問題ありません。


IMG_3631.jpg
V同様、足首も上下に可動。


IMG_3613.jpg
Vと違い、腰はちゃんと360度曲がります。やはりこの機能が無くては(--;


IMG_3615.jpg
武装紹介。こちらはマルチプル・ランチャー装備型ビーム・ライフル。正式名称長ぇ。
フォアグリップ機能はV同様オミットされてます。何故V系統にだけフォアグリップ機能が実装されないのだ…


IMG_3617.jpg
銃身下部には設定通り、対MS用グレネード弾を装着可能。


IMG_3619.jpg

IMG_3621.jpg
ビームサーベルは通常型、扇型それぞれVと同じ。

IMG_3623.jpg
ビームシールドもV同様、腕のパーツを外して装着させます。


IMG_3625.jpg
で、オマケパーツのコアファイター。シールは一切使いません。
スタンドには付属のパーツが必要になります。


IMG_3627.jpg
造形の都合上、魂SATGEは向きを変えなきゃディスプレイできません。あしからず。


IMG_3629.jpg
type-1とtype-2。やはりV2はヒロイックさに磨きがかかってますね。


それではブンドドいきましょー。


IMG_3639.jpg
新しいモビルスーツ借りまーす。


IMG_3648.jpg
バランス悪いと思ってたウイングや腕の長さも、角度を変えてやれば問題ないか。


IMG_3635.jpg
しかしフォアグリップないのは残念ですな。


IMG_3637.jpg
コアファイターを持ってみた画像。
正確には腕と胴の間に無理矢理挟んでるだけです。


IMG_3654.jpg

IMG_3641.jpg
サーベルの収納ギミックなどはやっぱりオミット。Vはその辺の機能がスタイリッシュすぎんよ~


IMG_3644.jpg
荒んだ心に武器は危険なんです、クロノクルさん!


IMG_3650.jpg
ガンダムッ! てなわけで光の翼はよ。


IMG_3646.jpg
最後はコアファイターのツーショットで。


以上、HGUC 1/144 V2ガンダムのレビューでした。

基本的にVで不満だった点が幾つか解消されている内容です。
Vの出来にガッカリした方も、これなら満足いくんじゃないでしょうか。
ただ遊ぶ分にはやっぱり色々と足りませんね。ABパーツも光の翼も…
光の翼に関してはハードポイントの都合上、発売される可能性は濃厚ですが。
ただ現在V用のHDパーツの発売も告知されてませんし、そもそもこういうパーツってキットの発売と同時期にリリースされるもんだと思いますし。
おまけに情報誌でも何も言われてないし。その癖まだ発売されてないHGUC∀ガンダムに関しては月光蝶エフェクトが発売されるとの情報が…
バンダイ! あなた達のやり方が購入者の不安を煽っているのがまだ分からないんですか!?



関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/01/25 00:30 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/410-973bd478