ROBOT魂 Gファルコン レビュー

IMG_3755.jpg
ROBOT魂 Gファルコン
販売価格:4725円 ※プレミアムバンダイ限定販売

色々やりたいことはありますが、まだ時間かかるんでとりあえずいつも通りホビーをレビューするよ。
ちなみに筆者がMGをレビューしたがらない理由は、純粋にMGを置く場所が無いからです…
てゆーかもう満杯です。どーすんだよこのGファルコン…

というわけで、ROBOT魂 Gファルコンをレビューいたします。
IMG_3756.jpg
ブリスターの中身。Gファルコン本体のパーツがいくつかに分かれています。


IMG_3762.jpg
今回はディスプレイ用に魂STAGEも付属。
…が、特にデザインもされていない普通のステージです。ここはちょっと変えてほしかった。


IMG_3865.jpg
GS-9900 Gファルコン

旧連邦軍がガンダムタイプのモビルスーツ支援用に開発したMSキャリアータイプの支援戦闘機。
AパーツとBパーツの2部分に分割出来るようになっており、ガンダムタイプを収納する事で、
最前線への迅速なMSの投入・後方への回収を主目的に開発されていた。
又、合体状態ではMSの機動力強化・航続距離の向上・武装強化の為の追加装備ユニットとしての機能や
「ガンダムを収納した大気圏突入カプセル」としての機能も持ち合わせていたようである。
単機での支援戦闘の能力も充分に持ち合わせている。本来は量産配備されるはずだったようだが、
開発が間に合わず第7次宇宙戦争に投入される事はなかった模様。
戦後、試作機体の内1機がスクラップ同然で宇宙空間に放置されていたがそれをサテリコンが回収、完成させた上で運用され、後にフリーデンの戦力として用いられる事となる。
パイロットはサテリコン所属のパーラ・シス。武装はバルカン砲(Aパーツ)、赤外線ホーミングミサイル、
拡散ビーム砲(Bパーツ)。Bパーツ胴体中央内部に展開形態時の支持架や捕獲回収の機能を持つアームを有する。


立体化に恵まれなかったGファルコンもとうとうROBOT魂化。
ちなみに旧1/144キットは色分けなしの白色成型の上に非スナップフィットで接着剤必須というあんまりな代物でした。


IMG_3765.jpg
ちなみにディスプレイにはディスプレイ用のパーツをBパーツに付ける必要があります。


IMG_3769.jpg
フロントビュー。
色合い的にはガンダムX版のGアーマーといったところでしょうか。


IMG_3771.jpg
リアビュー。アニメではよく分からなかったけど、DXの脚を収納する部分ってそのまんま空洞になってたのね。


IMG_3867.jpg
Aパーツ。この部分はBパーツと別パーツになっています。
バルカンなど細かい色分けも完璧。キャノピーはクリアパーツです。


IMG_3778.jpg
ちょっと分かりづらいですが、キャノピー内には人型の人形が…


IMG_3780.jpg
胴体部の塗装も特に問題無し。


IMG_3875.jpg
ミサイル部は差し替え無しでハッチが開きます。内部の塗装も完璧。


IMG_3782.jpg
拡散ビーム砲部。こちらも別パーツです。


IMG_3784.jpg
ボールジョイント接続なのでかなり自由度が高いです。動かす意味は無いですが、位置の調整には十分な可動域。


IMG_3786.jpg
Bパーツ背面。バーニアとかはここに集中してます。


IMG_3788.jpg
真ん中のバーニア周辺のフィンは可動。


IMG_3790.jpg
左右のブースターも内部まで綺麗に造形されています。


IMG_3792.jpg
アニメ本編では見られなかった予備エネルギーパック。


IMG_3794.jpg
機体下部に取り付けることが出来ます。ディスプレイ用パーツと重複可能。


IMG_3796.jpg

IMG_3798.jpg
付けてみた画像。エネルギーパックは折り畳むことも可能です。
とりあえず当記事内ではエネルギーパック無しで画像撮ります。


IMG_3808.jpg
ROBOT魂版DXと比較。かなり…大きいです。DX収納するんだから当然ちゃ当然ですが。


ブンドド…というより様々な角度から撮ってみますか。


IMG_3869.jpg
あれはGファルコン!?


IMG_3871.jpg
これもGファルコン!?


IMG_3873.jpg
どれもGファルコン!


それではGファルコン本題である、DXとの合体シークエンスへ。

IMG_3810.jpg
まずDXのリフレクターの位置を逆にしてサテライトキャノン砲身を立てます。
この際バックパック中央のパーツを外してハードポイントを出しておくのを忘れずに。


IMG_3812.jpg
次にBパーツからAパーツを取り外し、本体のジョイント位置を変えます。


IMG_3814.jpg
次にDXを収納する為のハッチを開きます。


IMG_3816.jpg
後はDXとBパーツ、それぞれハードポイントを合わせて、Aパーツを合体させれば完成。
DXの足首を倒しておくことを忘れずに。


IMG_3818.jpg
GX-9901-DX+GS-9900 GファルコンDX 飛行形態
主にDXの大気圏突入時や高速離脱時に行う形態です。
ディスプレイパーツ無しでも安定して自立できるので魂STAGEは無し。


IMG_3820.jpg
後ろから。


IMG_3822.jpg
裏から見れば、DXそのまんま。


IMG_3833.jpg
DX・Gファルコンと一緒に戦闘空域まで突撃~!


IMG_3877.jpg
「パーラ、合体解除だ!」
でも本編ではずっとこの調子でした。


IMG_3835.jpg
この形態でサテライトキャノン撃てれば強いな~ と思ってましたが、発射は不可能の様子。
そりゃ、マイクロウェーブ受信できないからね… エネルギーパックがあれば別だろうけど。
でもその場合照準合わせるのが大変そうだ。実用的じゃないね。


で、最後にDXとの合体形態への合体シークエンス。

IMG_3837.jpg
まずAパーツのウイングを倒して、ジョイントをこんな感じに変えます。


IMG_3839.jpg
Bパーツ側のジョイントもこんな感じで変更。この辺結構ややこしいです。


IMG_3841.jpg
DX側はサテライトキャノンの砲身だけでも展開させておきます。
後はバックパックとBパーツ、Aパーツを合体させるだけ。


IMG_3843.jpg
GX-9901-DX+GS-9900 GファルコンDX 合体形態

アニメでは未登場の形態。説明書ではDX側のリフレクターを展開するよう書かれていますが、
ゲーム版では閉じているので今回はこちらを準拠にさせていただきます。


IMG_3847.jpg
後ろから。ここから見ればそんなに違和感ないですが…


IMG_3845.jpg
横から。合体というか…貫通ですね、コレは。
当然ですが魂STAGEがなければ自立は不可能です。


IMG_3863.jpg
公式のサンプル画像ではエネルギーパックを支えにしていましたが、実際やってみると微妙に高さが合いません
旧キットでは確か支えにできたっけか…?


IMG_3851.jpg
スパロボとかではこの形態でもアクションしてましたが、


IMG_3853.jpg
サテキャを展開しているので肩が動かせず、自由度はかなり低いです。
ライフルを構えるのはともかく、斬撃シーンは無理。


IMG_3859.jpg
そしてサテライトキャノン展開。こうして見ると如何にもな強化形態ですね。


IMG_3861.jpg
なおこの時エネルギーパックを付けていればマイクロウェーブの受信無しでサテキャが撃てるそうですが、アニメはおろか、ゲームでも再現されてません。
ゲームでは相変わらず「あなたに力を…」をやってます。


IMG_3879.jpg
最後は分離状態でのブンドドシーン。結局分離させて遊ぶのが一番なのか…?


以上、ROBOT魂 Gファルコンのレビューでした。

Gファルコン自体は造形・塗装共に完璧で、ギミックもちゃんと内蔵されてて言うこと無しです。
DXとの合体も特に問題はないんですが、飛行形態とサテキャ発射形態のまんまディスプレイすることぐらいしかないのが残念。
スパロボばりにアクションさせてみたかったんですが… まあ肩が動かないのは設定通りなんで仕方ないですね。
DXはHGAWの方も持っているので、ROBOT魂の方はGファルコンとの合体形態でディスプレイさせてもいいですかね。
貴重な1/144サイズでの立体化のGファルコンなので、ガンダムXファンの方は是非。


 

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/01 00:28 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(2)

長沢美樹さんの自慢は元彼(関智さん)より宇宙世紀作品に出ている事らしい。

やっぱり発売したROBOT魂版Gファルコンですが。
旧キット同様にすさまじいボリュームですねwファーストのGアーマーよりかは無理の少ないデザインですが。
(シールド2枚重ねは無理ありますもの)
Bパーツがすっからかんなのは宿命と言えます、GディファンサーやGNアーチャーより空力性能は良さそうですが。
ゲームだとシミュレーション、アクション問わず優等生な合体形態ですけど実際運用すると
対MS格闘戦(ドッグファイト含む)は苦手でしょうね、あくまで一撃離脱での殲滅、対艦対拠点攻撃がメインでしょう。
軍隊ではないガロード達フリーデン一行がとる作戦ではありませんからね。
 本機のパイロットを務めたパーラ・シスは所謂スペースノイド側の戦災孤児であり
ガロード達と同じ立場の少女でしたが既に登場時期はガロードとティファの関係性は完全な物になっていたこともあり
クラウド9編以降は影が薄くなってしまいましたね、スパロボでは乳揺れ要因扱いです…(-_-;
ランスロー・ダーウェル大佐もそうなのですが本作は尺の短縮が仇となり
スペースノイド側のキャラの描写にしわ寄せが来てしまった事がネックでした。
もう少し尺があれば彼女のエピソードやウィッツ&ロアビィとの連携も見れたのかもしれませんねσ(゚・゚*)
 所でガンダムBF14話にてマオ君はフルスクラッチ(?)でGファルコンらしきものを作っていましたが
http://lipcre.sakura.ne.jp/13/gundam/1631.JPG
結局本編ではその詳細は不明でした、これはフラグなのでしょうか?
そもそも本機は第7次宇宙戦争時に開発された物で本来は旧GX系MS用の支援戦闘機です。
DXとの合体機能も「たまたま出来た」に過ぎず魔王との合体の方が本来の仕様に近い形態と言えなくもありません。
http://ecx.images-amazon.com/images/I/513fZgQN7oL._AA300_.jpg
一応GジェネFでは作れますがすごく影が薄いですねw(^▽^;)
[ 2014/02/01 22:53 ] [ 編集 ]

Re: 長沢美樹さんの自慢は元彼(関智さん)より宇宙世紀作品に出ている事らしい。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

スパロボでのGファルコンDXの活躍っぷりには恐れ入りますが、
実際動かしてみるとこんなに動かないとは思いませんでしたw 肩が動かないだけでこうも違うとは。

>ランスロー・ダーウェル大佐もそうなのですが本作は尺の短縮が仇となり
スペースノイド側のキャラの描写にしわ寄せが来てしまった事がネックでした

ランスロー大佐については私も同感です。とは言っても前作Wのキャラよりかは捻くれた設定ではないので、
呑み込みは簡単だったと思います。Wはドロシーあたりのキャラの把握に苦労しました。
パーラに関してはラストでキッドといい関係になっているからまあいいかなと(^^;

しかしGXとGファルコンとの合体形態は地味ですね… サテライトキャノン1つしかありませんし…w
そもそもあれだと肩が固定されてるから、砲身をマニュピレーターで支えられないんじゃ…
Gファルコンと合体してるから大丈夫なんでしょうかね。
[ 2014/02/12 01:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/418-bc4987fa