今週のハピネスチャージプリキュア! 1話

ハピネスチャージプリキュア! 1話 『愛が大好き!キュアラブリー誕生!』

ハピプリep0

忘れもしない、ちょうど1年前。
筆者のマイパソのキーボードがイカレてしまい、ドキプリ1話の記事は実家のPCで書くはめになりました。
Windows8でプレイするMinecraftは驚きのヌルヌルっぷりでした。
あー高スペPC欲しいなぁ。
ハピプリep1 0

「世界を不幸の下へ! 愛、勇気、優しさ、幸せ…? 全ては幻よ!
幻影帝国臣民よ、おろかなるプリキュアを倒し、この世界の未来を最悪なものに変えるのよ!
このクイーンミラージュの… 思い通りの世界に!」

出落ちならぬ出マリ姉さん。前々作に登場したはいいけど、出番の少なさに絶望したのかしら。
それにしても小者そうな女王様である。ぜってぇバックに誰かいるだろ…


ハピプリep1 1

で、場面変わって地上世界。今回の敵キャラであろうサイアーク相手に苦戦中のプリキュア、キュアプリンセス
聞く限りじゃ連戦連敗のご様子。相棒のリボンからも叱責されてしまいます。
何とか弾丸マシンガンなるバンク技を発動してみるも、サイアークは無傷。反撃を喰らって下着一張羅にされてしまいました。わぉ。
何処かで見たことのあるシチュエーションです。確かハトプリあたりで。あっちもオシャレ重視でしたね。


ハピプリep1 2

そんなプリンセスのピンチに颯爽と空から現れたのが、キュアフォーチュン
サイアーク相手に一歩も引かずボコボコに殴り飛ばし、決め技であるプリキュア・スターダストシュートを決めて大勝利。
「星よ! 天に昇れ!」バンクアニメが凄いキレキレです。
サイアークを倒し、相棒であるぐらさん(平仮名表記が正しいっぽい)の鼻をコショコショするフォーチュン。
出てきた異物はカードとなりました。今作はこうやって課金アイテムを集めるようです。
それにしても、一歩間違えたら「くしゃみで出した異物がカードになるとか汚い!」とかPTAに言われそうだ。これもハトプリで見たぞ
で、助けてもらったことをフォーチュンにお礼するプリンセスでしたが、2人の仲はよろしくない様子。
「勘違いしないで! 私は貴女を助けたんじゃない! 世界にサイアークが溢れたのは貴女のせいよ!
私は貴女を許さない! 絶対によ!

これも何処かで聞いたことのあるフレーズですね。


ハピプリep1 3

で、OPに入るのですが、ここで一大サプライズ。何やら歴代プリキュアが冒頭で一言メッセージ残してくれるようです。
今回はキュアブラック。いやぁ懐かしい! 当時私いくつだったっけ? てかもう10年前かぁ。
そうそう、当時はなぎさとほのかとメップルしか知らなくて…


ハピプリep1 4
ハピプリep1 5

閑話休題。マカロンって美味しいですよね。
で、引き続き地上世界。今作はプリキュアとサイアークの攻防が一般市民にも普通に知られているようです。
というか、現在進行形で侵食されている様子。日本政府は何をしているのだ!?
前作のラストで衛星落下という国家が動くべき事態をプリキュアに丸投げしていた描写があったが、アレは今作の現状を暗示していたのか…?
国家の支援も無しに戦うプリキュア。ああ。何と儚げなヒロインであろうか。
というかここまで目に見えて侵食されてるって、相当追い詰められてるんじゃ… 喧嘩してる場合じゃないっすよプリキュアさん。
そんなことを考えていると、現れました我らが主人公、愛乃めぐみ(あいの-)さん。底なしに明るくて元気な子です。
クラスメイトの大森ゆうこ(おおもり-)さんと登校中。OP見た限りこの人がキュアハニーっぽいけど、さて。


ハピプリep1 6

一方我らがキュアプリンセスことヒメルダ・ウィンドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイ(便宜名:白雪ひめ)さんは街の大きな屋敷の中でそれはそれはグレていました。
頑張りたくてもどう頑張ればいいのか分からないと愚痴るひめさん。
すると屋敷内の鏡の中からイケメン男性が。リボン曰く、ブルーという名前だそうな。
能力自体は備わっているものの、度胸が据わってないせいで思うように結果を出せないひめ。
そんなひめに、ブルーは光り輝く宝石を渡します、曰く、それで仲間を作れとか何とか。
しかし引っ込み思案なひめさん。他人に声をかけるのは苦手みたいです。それでもブルーは愛の結晶が友達へ導いてくれるとか何とか。

「困った時に助けてくれたり、何でも言うこと聞いてくれたり! 友達って、と~っても便利なのよね~!」
「友達」というワードに反応したひめさん。彼女曰く友達は一方的に頼れる便利な存在とのこと。その理屈はおかしい。
おかしいけれど、誰も注意しません。それでいいんかい。ひめさんは友達を捕まえに外へ飛び出してしまいました。
友達を捕まえる方法は簡単。高台から宝石を投げ、当たった人と友達になるというのです。
その時お使いに出ていためぐみ。宝石は見事めぐみにクリーンヒット。早速ひめはめぐみを遠くから観察してみます。


ハピプリep1 7

八百屋で買い物するめぐみ。「○○万円」もどっかで聞いたことあるフレーズだな。確かアレも成田女史がメイン脚本を務めていた。
仲がいいのかオマケまでしてもらいました。続くゆうこさんのお店でも自前のコミュニケーションスキルでアメゲット。
誰とでも気さくに話せるそのスキルを前に、ひめは羨ましがります。
しかもあろうことか年頃の男の子とも難なく会話をやってのけてます。
とにかく良い子です。持ち前の性格の良さに加え、環境の良さも加わってます。そんな彼女の周りは笑顔であふれかえっています。
ただドジでちょいと不器用なのがたまにキズなようで。


ハピプリep1 8

そんな人気者の彼女に、とうとうひめがアタックを仕掛ける時がやって参りました。
しかし引っ込み思案なひめさん。めぐみと対面するも、まともに顔を合わせて声を出すこともできません。
先攻を得たのはめぐみ。ひめの着ているファッションを高く評価します。
引っ込み思案なひめも、ファッションには自信があったようで、そこからは流暢に会話が進みます。
ひめのファッションが評価される一方で、めぐみ自身の服装はかなり地味。曰く動きを重視しているのと、自身のファッションセンスには自信がないとのこと。
そんなめぐみにひめはファッションのことをグイグイと勧めます。いつしかひめはめぐみから師匠呼ばわりされるように。


ハピプリep1 9

しかしそんなこんなでサイアーク出現。幻影帝国の幹部ナマケルダが帽子を被っている女の子にムカついて、鏡に閉じ込めてしまったようです。
サイアークの力で辺り一面カビ塗れに。
「サイアーク! 今度こそ負けないんだから!」
友達が出来て少しは度胸がついたのか、ひめは勇ましくプリチェンミラーを掲げ、いざ変身!


ハピプリep1 10

「プリキュア! くるりんミラーチェンジ!」


ハピプリep1 11

「天空に舞う蒼き風! キュアプリンセス!」
記念すべき第1回目の初変身バンクはまさかのプリンセスさんでした。バンクアニメの動きがキレにキレてます。
しかし勇ましく戦ってみたものの、連敗続きで勝てるはずもなく。というか完全に相手に舐められてます。
追い詰められるプリンセス。距離をつめようとするサイアークの前に立ち塞がるめぐみ!
しかし出てきたはいいものの、身体は震えています。そのことをナマケルダに指摘されますが。


ハピプリep1 12

「こんなの、怖いに決まってるでしょ!」そらそうだ。
「怖いけど… どうしたらいいか… 分からないけど… でもあたし、友達を助けたい!」
「自分だけ良ければいいなんて、そんなの嫌だ! 皆で幸せになる! それが幸せ! ハピネスなんだからぁぁぁっ!」
するとめぐみの持っていた宝石、愛の結晶がめぐみの想いに反応してか、光り輝き出しました。
愛の結晶はプリチェンミラーと3枚のプリカードに変化。ひめの見よう見真似で、めぐみも遂に変身!


ハピプリep1 13

「プリキュア! くるりんミラーチェンジ!」


ハピプリep1 14

「世界に広がる、ビッグな愛! キュアラブリー!」
主人公、遂に変身。でも残念、君は二番手だ。
変身して喜んだのもつかの間、早速サイアークに襲われますが、何の考えも無しに突っ張りをしたところ、これが効果覿面。
そうだ、困った時は「押す」のが一番。ウルトラマンパワードもとりあえず最初は「押す」ことから始まったんだし。
そして番組もラスト。サイアークを吹き飛ばした主役プリキュアさんは声高らかに宣言するのでした。


ハピプリep1 15

「不幸はここまで! このキュアラブリーが、皆のハピネス、取り戻すんだから!」


・感想
私、家の中では年中問わずTシャツ1枚と短パンで過ごしてるんだけど、
そんな私にファッションの話とかマジで大丈夫でしょうか。ついでにリア充話も展開するようですが… それはまあいいや。

そんなわけでハピネスチャージプリキュア、とうとう放映開始です。全体的にキャストは新人が多いですね。
全体的にハトプリに似せてきてる感じかな? OPの構図とか似てるし、フォーチュンの浄化ポーズとかも…
ひめなんかいちいち演出がえりかと同じ匂いしかしない。OPでも似たような動きしてるし。
そんでもって記事内でもちょくちょく取り上げたけど過去作の細かい小ネタも取り入れてるね。
何より何じゃあのEDのクオリティは! 3DCGの出来栄えが今までのダンチですぞ。唖然としちまったよ。
あれで力を使い果たしたかと思えばそうでもなく、バンクアニメは妙に動きがキレてますし。黄色担当のアニメが楽しみ。
しかもフォームチェンジを取り入れた本作では、バトルでも一部3DCGを取り入れるようです。予算の都合上、連発はしないと思うけど。
かんたんルミナスだけは簡便な!

ただ世界観は今までと全く違いますね。前情報を殆ど仕入れてなかったのでかなり戸惑いました。
プリキュアが一般市民に認知されているとは。フォーチュンを見る限り、流石に変身前までは認知されてないようですが。
(ひめがめぐみの前で堂々と変身したのは恐らく彼女の性格故でしょう)
ハトプリ中心に過去作をリスペクトしているのは見てて何となく分かりましたが、
こちら側もハピプリの空気に慣れるよう、少し頭の中を整理せにゃならんようだ。

最後に成田良美女史についてちょこっとだけ。
成田女史のシリーズ構成作品といえばプリキュア5。賛否あるけど私は嫌いじゃないです。
ただ何が面白かった? と聞かれたらまず第一に「ブンビーさん」って答えそうですが。
近年じゃあ成田女史は「聖闘士星矢Ω」の新生聖衣編のシリーズ構成も務めてらっしゃいますが、
あっちの方は微妙なんだよね… というかアレは成田女史の実力云々よりも、正直聖闘士星矢というコンテンツそのものが
今となっちゃオワコン気味な気もします。何つーかアレは本当に古き良き時代の作品って感じがする。

まあ何が言いたいかっていうと、10周年記念作品なんだから、全作品の脚本を担当している彼女がメインに起用されるのは当然の話か。
オールスターズの脚本書いてるのもあの人だしね。頑張っていただきたいところ。

今回の1話目の評価は、正直前年度のドキプリよりも上かも。何気に伏線描写も目立ってましたし。
OPでクイーンミラージュの前に映っていた黒髪の女性とは? キュアプリンセスがサイアークを広めた原因ってどゆこと?
あと地味にめぐみが手話を流暢に使っていたのも…(^^
ひめの抱いている「友達」の固定観念がどう変化していくのも見ものかね。
バトルのフォームチェンジネタとか私の大好物ですし、色々と楽しめるかも。
てなわけで1年間よろしくお願いしますぜい。アイカツに負けるなよ。





サイアーク

サイアークって何か聞き覚えあるなーって思ってたらお前か!( ゚д゚)
関連記事
スポンサーサイト

ひめ「変身アイテムは投げ捨てるものッ!」

サイアークもそうですが、スプラッシュスターの「アクダイカーン」も
トノサマンの方が先だったなと思い出したソバスチンですσ(゚・゚*)
所で「新おにいさん」のブルーさんがキルラキルの三木杉にに似ていて噴いてしまいましたw
https://pbs.twimg.com/media/Be_yG7YCAAEAgUh.jpg
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=41344404

さて10周年記念作品の看板を引っさげてスタートしたハピプリですが。
先ず感じたのは「東堂いづみは本気だな。」という事ですねw(゚o゚)w
長峯SDは「『ワンピースフィルムZ』を超える作品にしたい。」と豪語していたそうで。
確かに星矢Ωを引き合いに出して今回の人選にケチをつける意見もありますが
久々のテレビシリーズと10年も続いたシリーズを比べるのは酷ですね。
 初回の感想はやはりハートキャッチを思わせる要素がかなり多いですね、それ故期待感はここ最近№1かも。
敵味方双方「愛や勇気や幸せが云々」とあからさまに台詞に組み込んでいたのが気になりましたが。
本作のメッセージ性に関してはマダマダ未知数なので様子見ですね(前作でハードルが上がってしまいましたが…)
2人してリアクションの演出が来海えりかに似ていたのは驚きましたねw
残りのフォーチューンやハニーが突っ込みとして機能してくれないと収集がつかない可能性もありますw
 1話の時点でプリキュアの活躍が認知されている世界観なのは平成ライダー二期のように
前作との繋がりを感じさせる演出とも言えますし、それ故主人公のめぐみはプリキュアに憧れを抱いているという
NS1のキュアエコー・ ‎坂上あゆみと同じ設定といえます。
只、あゆみとの大きな違いはTVシリーズの主人公らしい積極性でこれまでの主人公のプリキュアになる動機が
「よく分からないけどやってみる。」から「憧れのプリキュアになって戦いたい。」へと
よりアグレッシブになっている点ですね。
 さて私、前作の最終回が「輪廻のラグランジェみたいだ。」とコメントしましたが
まさか本作の第1話までもがラグランジェを彷彿させるとは思いませんでしたw
http://lag-rin.com/
主人公の京乃まどかは人助けを生業とする「ジャージ部」部長だったり。
仲間になる異性人のお姫様ラン(しかも青髪)の本名がやたら長かったり…そして主題歌を歌うのはまめぐ…。
元々ラグりん自体が「プリキュアっぽいロボットアニメ」という評価もありまして
これは東堂いづみ…意図してやってるかも; ̄ロ ̄)!!
 まぁいずれにせよ、巷の期待度も上々な感じですし次回が楽しみに変わりありません。
WOLT様の指摘にあるように初回ながら色々伏線も多そうで意外とシリアスになりうる要素も散見されます。
ハートキャッチは人気作で一般知名度も高いですが決して完璧な作品ではないのが私の意見です(特にラスト)
長峯氏がハトプリの長所短所を振り返り本作に活かせるかがカギじゃないかと思います。
後やはり本編でのCGのお手並みですねフォームチェンジの噂も気になりますしバトルシーンは期待です(^-^*)/
[ 2014/02/07 20:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/423-667205e7


ハピネスチャージプリキュア! 第1話「愛が大好き!キュアラブリー誕生!」

ハピネスチャージプリキュア!の第1話を見ました。 第1話 愛が大好き!キュアラブリー誕生! 「世界を不幸のもとへ。愛、勇気、優しさ。幸せ、全ては幻よ!幻影帝国臣民よ、愚かなるプリキュアを倒し、この世界を未来を最悪なものに変えるのよ!このクイーン・ミラージュの想い通りの世界に!」 白雪ひめがキュアプリンセスに変身して妖精のリボンと共に幻影帝国のナマケルダとサイアークと戦っ...
[2014/02/02 21:39] URL MAGI☆の日記

ハピネスチャージプリキュア! 第1話「愛が大好き!キュアラブリー誕生!」

プリキュアの新シリーズ!  原点回帰からか、最初は二人のプリキュアからスタートです。 三人目も出てますけどね(笑) 毎回の歴代のプリキュアの応援メッセージも楽しみですね。 ある日、街で見知らぬ女の子・ひめに出会った愛乃めぐみ。 そんな2人の前にサイアーク幹部のナマケルダが現れた ひめはキュアプリンセスに変身して戦うがまるで勝てない… 助けたいって思うめぐみに変身アイ...
[2014/02/02 22:43] URL 空 と 夏 の 間 ...

ハピネスチャージプリキュア! 第1話「愛が大好き!キュアラブリー誕生!」

ハピネスチャージプリキュア! 第1話「愛が大好き!キュアラブリー誕生!」 今日から始まった新しいプリキュア。第1話のOP冒頭には、何と初代のキュアブラックが登場!毎週別のプリキュアが出てくるようなので、今からブルーム、イーグレット、マリン、ムーンライト、ミュー...
[2014/02/05 12:04] URL ひびレビ

ハピネスチャージプリキュア! 第1話「愛が大好き!キュアラブリー誕生!」

始まりましたハピプリ! 最初からプリキュアありき、人間界が敵さんに侵略されとる^^; 敵さんアジトがなんかメルヘンだったw 全体的にソフト路線なのかな。 これまでの変身&魔法少女ものエッセンスがあちこちに。 ひめちゃんはキュアプリンセス! 弱ええ^^;^^; ハトプリつぼみとえりかを足して割ったような子ですね~ むらさきさんキュアフォーチュンがフォローに。 ふがいないプ...
[2014/02/05 13:50] URL のらりんすけっち