HGCE 1/144 エールストライクガンダム レビュー その2

IMG_4065.jpg

HGCE 1/144 エールストライクガンダムのレビュー、その2です。
今回のキットであるストライクガンダムと様々なキットを組み合わせてアレコレ遊びたいと思います。
なので「エールストライクガンダム」はぶっちゃけ関係ないです。

エールストライクガンダムのレビューが見たい方はこちらへ(その1)

※当記事で紹介しているキットは塗装など手を加えている部分があります。
IMG_4015.jpg
GAT-X105+AQM/E-X02 ソードストライクガンダム

ソードストライカーを装着したストライク。
対艦刀「シュベルトゲベール」とビームブーメラン「マイダスメッサー」、
ロケットアンカー「パンツァーアイゼン」を使って戦います。
ミゲルやニコルといった名有りパイロットを倒した形態でもあります。

ソードストライク再現に使っているパーツはこちら↓

 

『HG 1/144 パーフェクトストライクガンダム』からはシュベルトゲベールと左肩、腕アーマー、
『コレクションシリーズ 1/144 ソードストライクガンダム』からはバックパックを使用しています。


IMG_4017.jpg
バックパックの軸を少し削って、HGのシュベルトゲベールを嵌められるようにしてます。
…と言ってもしっかり固定できてるわけではありません。無理矢理嵌めてるだけだったりします。
ちなみにバックパックは黒鉄色塗装ですが、親和性を考えるなら黒が妥当だったかも。


IMG_4007.jpg
旧ストライクよりも可動範囲が広いおかげで、サンライズパースもこの通り。


IMG_4023.jpg
水中戦ではビームを切って戦っていました。


IMG_4025.jpg
保持自体はしっかりしてませんが、その分角度を変えることが出来るので、ポーズの表情も変えやすいです。


IMG_4027.jpg
剣振り回すのは楽しいですが、左肩アーマーが固定なので左腕の可動域は悪いです。


IMG_4029.jpg
ブーメラン投降。このポーズをちゃんととらせる為にも平手手首が欲しい。
ちなみに真・ガンダム無双だとこのブーメランがメチャクチャ使いやすいです。


IMG_4031.jpg
パンツァーアイゼン。やっぱり左肩の可動の悪さが足を引っ張ってます。


以上、ソードストライクのレビューでした。

IMG_4050.jpg
GAT-X105+AQM/E-X03 ランチャーストライクガンダム

ランチャーストライカーを装備したストライク。
320mm超高インパルス砲「アグニ」と右肩パーツのバルカンで戦います。
アニメで一番活躍の薄い形態であり、ヘリオポリスを破壊した確信犯でもあります。

ランチャーストライク再現に使っているパーツはこちら↓

  


『HG 1/144 パーフェクトストライクガンダム』からはアグニと右肩アーマーとアグニ保持用のアーム、
『コレクションシリーズ 1/144 ランチャーストライクガンダム』からはバックパックを、
『関節技 ロールスイングジョイント 中』からはボール型のジョイントを使ってます。

IMG_4052.jpg
バックパックにボールジョイントパーツを接着し、パーストに付属されているアグニの保持アームを連結させています。
この方がランチャーストライク付属のアームを使うより、はるかに自由度が高いです。
ボールジョイントをくっつける際はパテとかを使うのがオススメ。


IMG_4034.jpg
肩や腕関節の自由度が上がったことで、HGパーストよりもアグニの取り回しは良くなっています。


IMG_4036.jpg
といっても細かい部分で可動が追いついてないのも確かですが、まあ許容範囲内。
そもそもプロポーションがバツグンだし。


IMG_4040.jpg
躍動感のあるアクションとは無縁の形態ですが、一応それっぽいポーズを。


以上、ランチャーストライクのレビューでした。


IMG_4056.jpg
GAT-X105+AQM/E-YM-1 パーフェクトストライクガンダム

マルチプルアサルトストライカーを装備したストライク。
HDリマスター化の際に、ムウのストライク初陣の際に使用された形態です。
シュベルトゲベールとアグニを使う重武装形態ですが、その分機動力が低下してしまっている為、
キラからはオワコン扱いされました。所謂ロマン装備。


IMG_4058.jpg
基本的に武装は全て『HG 1/144 パーフェクトストライクガンダム』からの流用ですが、
エールストライカー部の上部のみHGCEのものを使っています。
HGCEのエールストライカー上部とHGパーストのマルチプルアサルトストライカー下部の接続自体は無改造で可能です。


IMG_4067.jpg
背中の武装が忙しくなったことで、同時に可動範囲も狭まっています。
フル装備故の弊害ってヤツですね。


IMG_4071.jpg
とりあえずアグニを構えたポーズはこんな感じのポーズしかとれないかな。
左肩のパーツを装備したことによる弊害が大きい。


IMG_4075.jpg
シュベルトゲベールの構えたポーズ自体はそこまで弊害はないかな。


IMG_4081.jpg
それでも細かいポーズはやっぱり苦手。大胆に振り回そう。


IMG_4077.jpg
サンライズパースも何とか再現可能。


IMG_4061.jpg
以上、パーフェクトストライクのレビューでした。
レビューはこれにて終了です。


今回発売されたHGCEは過去のストライクのパーツとの互換性があるとのことで記事に書かせていただきました。
素体となるストライクの出来栄えが非常にいいので、プロポーションについては完璧です。
ただ再現に使っているパーツが全て旧ストライク世代の古いパーツなので、
これをHGCEストライクに使うとやはり可動面に支障をきたしてしまっています。
HGCEの可動を損なわない、新しいパーツが欲しいところです。
エールストライカーの思わしげな接続穴を見るに、プレバン限定で発売とかしそうですが、
VのヘキサダッシュやV2のアサルトバスター用のパーツの情報が滞っている今、プレバンが何処まで本気なのかは分かりません。
正直あんまり当てにしない方がいいかもしれません…

まあ飾って適度にポーズをとらせる分にはHGパーストとコレクションシリーズでも十分間に合っているので、私的には十分満足しています。
また今度ちゃんと塗装して記事に上げましょうかね。

なおコレクションシリーズは現在も生産・販売がされていますが、
数自体はあまり多くないと思うので購入の際はお早めに。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/07 00:19 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

放送中に桑島さんと白鳥さんとの仲が険悪になったのは嫁のせい。

どうも、ストライカーパックで何が一番好きなのかと問われれば
「やっぱノワールでしょ!」と答えるソバスチンです
IWSPをコンパクトにして動きやすく、且つ火力もそこそこな格闘機体で好みですね
スウェンの中の人はちょっと前にゲテモノロボットに乗ってたような…うっ 頭が…(-"-;)

さて、HGCEとなって蘇ったストライクガンダムですが。
元がビルドストライクだけに同じ感覚で扱えるようですね。
一方、最近BFからガンダムに嵌り始めたちびっ子には「貧相なビルドストライク」
に見えてしまうかも…
 とはいえ肩部のハードポイントは旧HGとの互換性もあるわけで
ランチャーやソードのパーツを付けられるのが大きな利点ですね(^-^*)/
エールに関しては放送中から宇宙用だのやっぱ空も飛べるだの結構設定が揺らいでました。
フリーダムのハイマット・フルバーストもそうなのですが監督の周囲を無視した対応が後に…(~-~;)
元々エールは「機甲戦記ドラグナー」の飛行ユニット「リフター」が元ネタなので飛べて当然なのですがねw
http://www.dragonar.net/mechanics/
翼部に武器を懸架出来る機能は後にジェットストライカーとして流用されました。
 オールガンダムプロジェクトが何処までやってくれるか不明ですが。
個人的にはこの流れで105ダガーやノワールも出して欲しいのですがね。
PストライクがHDリマスターで登場したのは今回が初耳なのですが。
どうせならフラガの兄貴には使い慣れているガンバレルの方を装備すれば良かったのではなんて。
じゃあモーガンの105ダガーが何を背負えば良いのかって話になってしまいますがw(^▽^;)
[ 2014/02/07 21:43 ] [ 編集 ]

Re: 放送中に桑島さんと白鳥さんとの仲が険悪になったのは嫁のせい。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

実際『seed』視聴時は、キラがストライクに乗っている間はそこそこ楽しんで見てたんですが、
フリーダムに乗り換えてからは何処か偉そうで何かを悟りきったような態度がどうも馴染めず、
どちらかと言うと力がないと分かっていながら自分なりに居場所を作っていくサイ君の方に好感が持てました。
一時期恋敵な関係となってしまった2人ですが、私は断然サイ君の方が好きだったよ…

とまあ、seedについてはまだまだ語りたいことがありますが、それはさておき。
HGCEの新ストライクの出来栄えにはメチャクチャ感動しました。
現在は塗装なり手を加えていますが、ポーズをとらせる度にニンマリできる出来栄えですw

>オールガンダムプロジェクトが何処までやってくれるか不明ですが。
個人的にはこの流れで105ダガーやノワールも出して欲しいのですがね。

ノワールは既に比較的新しいフォーマットでリリースされているので、難しいかもしれません。
105ダガーはMSVなのでこちらも難しいかも…
何というか、オールガンダムプロジェクトって「主役ガンダムを出すだけ出す」って感じなんですよね。
敵役がいなきゃ絡ませてブンドドできないじゃないですかー

>PストライクがHDリマスターで登場したのは今回が初耳なのですが。
どうせならフラガの兄貴には使い慣れているガンバレルの方を装備すれば良かったのではなんて。
じゃあモーガンの105ダガーが何を背負えば良いのかって話になってしまいますがw(^▽^;)

アララ初耳でしたか。動画貼っておけば良かったですね。
ガンバレルを装備しなかったのは、きっと作るのが追いついていなかったからでしょうw
まあ高山漫画版ではガンバレルに乗ってプロヴィデンスに特攻するという最大の見せ場がありますし…w
[ 2014/02/14 13:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/425-885a6a89