S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム レビュー

IMG_4299.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト シャイニングフォーム
メーカー小売価格:4200円

レビューが遅れてしまい、申し訳ございません。
フィギュアーツの撮影は、ガンダム達と違って妙に馴れないというか、手こずってます。
光の当て方とか、日々研究しているはずなのですがががががが。

というわけで、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト シャイニングフォームをレビューいたします。
IMG_4303.jpg
仮面ライダーアギト シャイニングフォーム

バーニングフォームが太陽の光を浴び、外皮が割れて誕生するアギトの最強形態。
基本カラーは赤・銀色。胸部・腕部以外はバーニングフォームと同型である。
パワー・防御力はバーニングフォームに劣るが、それ以外の能力は全フォーム中最強を誇り、
アギトの全形態・他のライダーを圧倒する戦闘能力を発揮し、グランドフォーム以上のスピーディーな格闘戦、
バーニングフォームと同様にシャイニングカリバーを使用する近接格闘戦を得意とする。
通常はバーニングフォームの状態で太陽の光を浴びる必要があるが、
最終話のみ特別な変身ポーズによって直接変身している。
劇場版では地底部の崩壊によって漏れたわずかな光で変身した。


アギト最強フォームもとうとうフィギュアーツ化。
ちなみに上記説明文はwikiから取ってきたものですが、実際のスペックでは防御力はバーニングと同等です。
まあバーニングの身体ってひび割れてるしねぇ。


IMG_4305.jpg
フロントビュー。
バーニングと違って体系のバランスはスッキリしていますが、やや頭部が大きめな印象。
頭部の大きさを抑えるか、肩アーマーを少し大きくすれば完璧だったかも。


IMG_4307.jpg
リアビュー。
ちなみに足はダイキャストじゃないので、接地性はかなり悪め。
写真でも結構フラフラしてます。


IMG_4309.jpg
頭部はバーニングと同じ。


IMG_4311.jpg
胸部の細かい造形も問題無し。白い部分は全てパールが吹かれています。
肩の赤い部分は頭部と同じ、やや明るめのメタルレッド。


IMG_4315.jpg
ベルトもバーニングと同じ。


IMG_4316.jpg

IMG_4319.jpg
腕と脚には文字のような装飾が。


IMG_4321.jpg
可動範囲。腕の曲がり具合はバーニングと同じですが、肩の開き具合は改善されてます。


IMG_4379.jpg
ちなみに肩の構造はバーニングと同じ。
今回は肩アーマーが小さいので、アーマーを独立して動かすことに成功している為、可動範囲のアップに貢献しています。


IMG_4323.jpg
脚は開きますが、前述の通りダイキャストじゃないので接地性悪し。


IMG_4325.jpg
膝立ちは難なく可能。


IMG_4383.jpg
バーニングの時では筆者から大不評をくらった肩の引き出し機構ですが、
優秀とまではいかないまでも、標準程度には回復しました。ブンドドにも支障はありません。よかった~


IMG_4328.jpg
付属品。やっぱりちょっとさびしい。


IMG_4339.jpg
シャイニングカリバーは造形・大きさ共に良し。持ち手との相性もOKです。


IMG_4385.jpg
…と思いきや、片方1本に塗装が飛んでる箇所が…orz
皆様はくれぐれもお気をつけを。


IMG_4381.jpg
グランドフォーム(2009年発売)と比較。
グランドフォームも決して悪い出来栄えではありませんが、体系のバランスは後発のシャイニングの方が上ですね。
ただグランドフォームの方にはダイキャストが使われているので、接地性・安定性はグランドの方が上です。
昔はほぼ全てのフィギュアーツにダイキャスト使われてたのになぁ。(そして見本との差も大きかった)


ではブンドド~


IMG_4355.jpg
バーニングの時に目立っていた関節のギチギチ具合もなく、ブンドドはスムーズに決まります。


IMG_4359.jpg
蹴りポーズも余裕ですが、やっぱり接地性があれなのでスタンドを使った方が賢明。


IMG_4349.jpg
シャイニングカリバー。


IMG_4353.jpg
地のエルに叩き割られたショックが大きくて、あんまりいい印象がないのよね…(^^;
カッコいいとは思うんだけれども。


IMG_4341.jpg
ちなみにガンバライドにはシャイニングカリバーブレイクという必殺技がありまして。


IMG_4345.jpg
その名の通りシャイニングカリバーで叩き斬るという単純で地味な技なのですが、
ボタン1回押し技なのでトリプルライダーキックに派生できる為、筆者は愛用していました。


IMG_4361.jpg
例の構えをとり、


IMG_4365.jpg
一度腕を払ってから、


IMG_4367.jpg
走って、


IMG_4371.jpg
飛んで!


IMG_4375.jpg
シャイニングライダーキック! 「紋章を蹴る」というルーツを築いた名誉の必殺技です。
最初に見たのは劇場版でした。あの時はカッコよかったなぁ。

以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト シャイニングフォームのレビューでした。


とりあえず、バーニングの不満は解消できたと思います。
最新商品としての「ここがスゴイ!」という点は特に見当たらないのですが、
裏を返せば特に欠点のない、堅実な出来栄えのフイギュアだとも言えます。
体系のバランスも良好ですし、正直「頭が少し大きめ」は個人差もあると思います。
ケチつけるとしたら、バーニング同様オプションに乏しいところかな。
個人的にはシャイニングライダーキック時の紋章エフェクトが欲しかったところ。
発売日が見事に積雪災害にぶち当たってしまいましたが、安定の出来栄えなので買って損はないですよ。




しかしグランドフォーム発売から早5年。ここまで定価も高くなったもんだ。
昔は大手家電量販店とかなら2000円でお釣りが返ってくるような価格設定だったのに。
ダイキャストもめっきり見られなくなった。5年って短いようで、長い…のかなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/20 01:18 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/437-9d5b59f4