HGBF 1/144 キュベレイパピヨン レビュー

IMG_4389.jpg
HGBF 1/144 キュベレイパピヨン
メーカー小売価格:2100円

最近スタービルドストライクの戦闘がパンチばっかで食傷気味だよ。
そりゃスクライドは名作だけど、ガンダムでいう殴り合いって「普段見ることのできない戦闘」だからこそ価値があるんだと思う。
6話のようなガチンコバトルをオナシャス。

というわけで、HGBF 1/144 キュベレイパピヨンをレビューいたします。

当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
IMG_4393.jpg
NMX-004 キュベレイパピヨン

「ネメシス」がアイラ・ユルキアイネン専用機として用意した「HGUC キュベレイ」の改造機。
後部ショルダーバインダーが下方に垂れ下がり、前部バインダーと合わせて
蝶(パピヨン)のようなシルエットを形作っている。
武装は原型機と同型のビームガン兼用型ビームサーベル2基、後部コンテナに格納されたファンネル10基に加え、
ライフルとしても使用可能な手持ち槍「ランスビット」を新規に装備。
原型機と同様に、ファンネルを駆使したオールレンジ攻撃で無敵の強さを発揮する。


本編に登場してからというものの、無双状態の続くキュベレイパピヨンが遂に立体化。
ちなみに原型となる『HGUC 1/144 キュベレイ』はHGUCブランド始まって4番目という古参中の古参プラモ。
元が元なだけに、筆者がガンプラ化するにあたって最も不安を感じていた機体でもあります。


IMG_4395.jpg
フロントビュー。プロポーションはかなり良さげ。
色といい、肩バインダーといい、原型であるキュベレイとはフォルムが似通ってるぐらいしか共通点がないような。


IMG_4397.jpg
リアビュー。
ちなみに機体全体の水色アーマーは全て新規ランナー。
キットを構成する7つのランナーの内4つが新規ランナーなので、最早別物と捉えてよろしいかと。

ちなみに先に申しあげておきますと、機体の赤色の装飾全てシールでの再現となっています。


IMG_4399.jpg
顔。ツインアイの上のパーツが、シールを2枚貼るというちょっと難アリなもの。
造形自体は優秀です。後ろのおさげ頭といい、女性的なデザインですね。


IMG_4405.jpg
胸。シールは使ってません。地味にコードのパーツを組み込むのが難しい。


IMG_4407.jpg
ちなみに「コックピットハッチが開く」というギミックがあると説明書に書いてありましたが、
HGBFでそれは必要なのかと問い詰めたい。


IMG_4409.jpg
肩の前面バインダー。蝶の羽をあしらった特徴的なデザイン。


IMG_4411.jpg
背面バインダーは前面バインダーと交差するような位置に。この交差する様が蝶の羽のように見えるわけですね。


IMG_4413.jpg
腕。ピンク色のはサーベル柄。
関節の構造が旧来のものと変わらないので、ポリキャップが丸見えの状態です。
色的には分かりづらいけれども、これには難を示す人が多そう。


IMG_4415.jpg
下半身のデザインはキュベレイと比べてやや落ち着いた印象かな。


IMG_4433.jpg
背部アーマーのコンテナには設定通り10基のファンネルを装填。


IMG_4435.jpg

IMG_4437.jpg
なお殆どのモールドには赤いシールが付いてきてますが、
何故か脹脛の部分だけシールが付属されていません。何故ここだけ手を抜いた…


IMG_4431.jpg
ちなみにランナーを新調してるので、股間にはディスプレイ用の穴が開けられています。
簡易ベースもキットに付いてきますが、今回は使用しません。
え、この角度なんかいやらしい? HAHAHA


IMG_4417.jpg
可動範囲。腕関節・肩関節共に90度ほどは開きます。古いキットの割には中々動く。


IMG_4419.jpg
バインダーも、片側とバインダー側の2つの基部のおかげでフレキシブルに可動。


IMG_4445.jpg
頭は前後には良く動きますが、反面横には殆ど動けません。この点は非常に惜しい。


IMG_4429.jpg
引き出し機構も古い構造ではありますが、それなりに前後に動かすことが出来ます。



IMG_4421.jpg
脚の開き具合はこのくらい。まあそこそこ開きますね。接地性はまずまずといったところ。


IMG_4425.jpg
膝立ちは…うん、無理☆
頑張ればできなくもなさそうですが、ぶっちゃけ常に浮いてるような機体だし、そんなに問題ないか。


IMG_4423.jpg
腰は問題なく回ります。


総じて古いキットをベースにしている割には良く動きます。原型が良かったんでしょうね。
どっかのリバウさんは爪の垢煎じて飲んでいただきたい。


IMG_4439.jpg
武装。こちらはランスビット。水色のパーツに先端に赤いシールを貼るだけという簡素なものです。


IMG_4441.jpg
ライフル用の持ち手に持たせることも可能。
保持面としてはこっちの方がしっかりしています。


IMG_4443.jpg
こちらはビームサーベル。キュベレイのものと同一です。
昔はクリア素材こそ使っていたものの、柄の部分も一緒に成形されてたんですよね。
ちなみに腕にマウントされているサーベル柄は穴が空いて無い為使用不可。これも当時の時代相応。


IMG_4447.jpg
持たせるもん持たせてもっかい素立ち。ちなみにデザイナーは石垣純哉氏。


それではブンドドいきましょ~


IMG_4449.jpg
アイラ・トンデミルネン


IMG_4451.jpg
アイラ・モデルダチスルネン

…って今日に至るまで無双状態だから特別ポーズが思いつかないw


IMG_4453.jpg
ランスはライフルとしても使用らしいですが、首が横に動かない為「何処撃ってんだ」状態に


IMG_4455.jpg
やっぱり飛んでるポーズが安定かなぁ。


IMG_4457.jpg
サーベルを振るうのも、やっぱり首が横に動かないせいでムチャクチャに振り回してるみたいに…w


IMG_4459.jpg
予想だけど、スタービルドストライク戦ではランスを壊されて、ビームサーベルでの白兵戦になるんじゃないかな。
そしふ多分、スタービルドストライク側のシールドも壊されるんだろうなw
殴り合いはやめちくりー。


IMG_4461.jpg
ファンネル展開。ファンネルディスプレイ用のステージが欲しかった…orz
「10基全部飾れ」とか、そういう拷問まがいなことを強いるのはやめてよね。


IMG_4463.jpg
劇中では「透明のファンネル」として猛威を振るっていましたが、
もしかしたら何かの操作でステルス状態にしているだけかもしれない。
ミラージュコロイドかな? …んーでもキュベレイっぽくないか。


IMG_4465.jpg
来週はフェリーニの操るフェニーチェとの戦い。結果は見えてるようなものですが、果たして。


以上、HGBF 1/144 キュベレイパピヨンのレビューでした。

とりあえずプロポーションは優秀。可動も思ったよりも動くので好印象。色分けもそこそこ頑張ってる。
「首が横に動かない」。この一点が全てを引きずってる。本当にこれだけは惜しい。
上級者の方は首を延長するなりなんなりした方がいいかもしれません。筆者には無理です。
後つっこむところがあるとすれば、ファンネルの扱いでしょうか。ディスプレイする為に、何かしらフォローが欲しかった。

なおこれから作る方にアドバイスするとすれば、機体の赤いシール部分は始めから自分で塗ったほうがいいと思います。
前述の通りシールは意図的に足りてませんし、モールドも彫ってあるので塗るのはそこまで難しくないかと。
塗装例ではややピンク気味の赤色で塗るよう書かれていますが、ガンマカレッドでも特に問題ないはず。

くどいようですが、古いキットがベースの割にはそこそこ頑張っているキットです。
次回の20話の内容次第でこのキットの売り上げが決まりそうですが… どうなるかな?


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/02/20 19:24 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(4)

ただでさえ永野分が濃いキュベレイがランスを持つとますます…。
これまでずっとポージングで来たわけですが、来週ではどんなアクションを見せてくれることやら。
[ 2014/02/21 19:26 ] [ 編集 ]

セイ「土田の娘と同じ名前じゃないですかー!」

どうも、ガンダム関連で「土田&子安 対談」みたいなのやらないのかな?
と考えているソバスチンです
http://sokkuri.net/alike/%E5%9C%9F%E7%94%B0%E6%99%83%E4%B9%8B/%E5%AD%90%E5%AE%89%E6%AD%A6%E4%BA%BA
http://sokkuri.net/alike/檜山修之/矜羯羅童子像
↑は昨年流行語大賞を受賞(?)したので何となく貼ってみました

 さて、未だ謎の多いガンプラ キュベレイパピヨンですが。
HGUC最古参特有のポリキャップ丸見え等の欠点はある物の新規パーツと
割と稼動出来る構成がのおかげで良キットのようですね。
これはキュベレイというベース自体がモデラーでもある永野護氏の考えた
「ムーバブルフレーム構造」にのっとったデザインである事も大きいですね。
実機は稼動の殆どをバインダースラスターに依存してますからスタンドに立てられさえすれば様になります。
 只、石垣氏やアイラには申し訳ありませんが個人的な意見を述べさせていただきますと
あまり好きなデザインじゃないんです…(゚ー゚;A
キュベレイというベース機自体がガンダム初の女性型MSとして洗練されているので
これ以上の改造が余計に感じてしまいまして…手持ち武装もキュベレイには余計に見えてしまいます。
なにより元のパイロットであるハマーン様とのシンクロイメージがとても強いですからね(^▽^;)
多くのハマーン様ファンにとってもモヤモヤする機体じゃないでしょうか?
アイラに関してもデビルガンダムを圧倒したジェガンや生まれて初めて自作したコマンドガンダムの印象が強いです。
まぁ次回の放送を見るまではなんとも言えないのは確かですが(^▽^;)
[ 2014/02/21 23:57 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

永野デザインのキュベレイに比べると、ちょっとオシャレなデザインですね。
アクションについては操縦者が女の子だけに、バリバリな肉弾戦は似合わないと思いますが…
フェリーニのことですから、アイラもただじゃすまされないでしょうね。
[ 2014/02/23 11:43 ] [ 編集 ]

Re: セイ「土田の娘と同じ名前じゃないですかー!」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

HGUCキュベレイは組んだことがない(ネットでチラ見した程度)だったので不安でしたが、
思ったよりも優秀なキットで安心しました。
旧素体を使いまわしていたビルドMk-Ⅱと違い、新規パーツが多くスタンド用の穴もあるのでディスプレイも困りません^^

> 只、石垣氏やアイラには申し訳ありませんが個人的な意見を述べさせていただきますと
あまり好きなデザインじゃないんです…(゚ー゚;A
キュベレイというベース機自体がガンダム初の女性型MSとして洗練されているので
これ以上の改造が余計に感じてしまいまして…手持ち武装もキュベレイには余計に見えてしまいます。

私自身、「これはハマーン機のキュベレイとは別物」と考えています。
仰る通り、「ハマーン=キュベレイ」のイメージが強すぎるんですよね。
派生機が少ないのも、原典のキュベレイのデザインを上手くアレンジ仕切れないのが問題の1つではないでしょうか。
そう考えると、今回のキュベレイパピヨンは少し野心的な改造機と言えますね。

>アイラに関してもデビルガンダムを圧倒したジェガンや生まれて初めて自作したコマンドガンダムの印象が強いです。
確かにコマンドガンダムはアイラが初めて自分で手掛けたガンプラですからね。
あんな胡散臭いスーツ着ながら戦うより、よっぽど彼女らしいと思います。

ところでジェガンと言えば、プレバンでジェガンD型の受注が始まっていますが、ソバスチン様はどうなされますか?^^
私は予算的な都合上、今のところは保留中です…(^^;
[ 2014/02/25 01:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/438-cd1ebd69