ROBOT魂 クシャトリヤ レビュー

IMG_5185.jpg
ROBOT魂 クシャトリヤ
メーカー小売価格:13440円

デケぇ。 そして高ぇ。

というわけで、ROBOT魂 クシャトリヤをレビューいたします。
IMG_5195.jpg
NZ-666 クシャトリヤ

『機動戦士ガンダムUC』に登場。ネオ・ジオン軍残党「袖付き」のニュータイプ専用MS。
名称のクシャトリヤは、古代インドの階級で第二位の王族・武人層を意味し、
フル・フロンタル指揮下のネオ・ジオンではフラッグシップであるシナンジュに次ぐ機体であり、
戦闘部隊を率いることを物語っている。

ネオ・ジオンが開発した20m級のサイコミュ搭載型MS。
NZ-000 クィン・マンサをもとに設計された機体だが、サイコフレームの使用と複数の機能を集約した、
肩部に装着された計4枚のバインダーの増設により、
クィン・マンサの圧倒的火力と性能をほぼ維持したまま、小型化に成功している。
頭部はモノアイ式になり、機体各部にジオンの紋章をあしらったエングレーブが施されている。

サイコフレームはコックピット周辺の構造素材に使用されており、
機体の小型化に一役買っているが、この時代のネオ・ジオン軍にサイコフレームを製造する設備がないために、
「シャアの反乱」時にアナハイム・エレクトロニクス社が製造した分が全てとなり、
追加生産はおろか整備もままならない機体になっている。

小型化されたとはいえ、多数のサイコミュ兵器と大火力な武装・複雑な武装を一機で保持する本機の操縦は、
依然として並大抵のパイロットには扱えず、強化人間であるマリーダ・クルス(プルトゥエルブ)の専用機となっている。


時は既にOVA版最終章の公開目前。クシャトリヤも改修され、リペアードとして蘇った頃。
他の機体と比べて、かなり旬の時期を逃してしまいましたが、兎にも角にもめでたくROBOT魂化。
定価ではROBOT魂史上最高額ですが、増税前に販売してくれただけマシと考えるべきか。


IMG_5191.jpg
フロントビュー。
本体だけでもデカいのに、バインダーを装着したスケールはただものじゃない。


IMG_5197.jpg
リアビュー。
バインダーばかりに目が行きがちですが、本体の方も四肢がガッチリしていて、プロポーションバツグン。


IMG_5199.jpg
顔。安定のモノアイですが、残念ながら可動しません。


IMG_5201.jpg
胸。ダクトやエングレーブ・シャフトなども綺麗に色分けされています。


IMG_5203.jpg
腕のエングレーブも綺麗…ですが、ちょっと白が薄めかも。


IMG_5205.jpg
腰。細かいとこまで色分けされています。塗装跳びもない様子。


IMG_5209.jpg
脚も色分けはもちろん、形状もガッチリしていて言うことなし。


IMG_5211.jpg
裏側。


IMG_5213.jpg
そしてバインダー。、クシャトリヤというばバインダー。とにかくバインダー。バババインダー。


IMG_5215.jpg
バインダーは元々別パーツとなっており、専用のバインダー用ジョイントに嵌めるようになってます。


IMG_5217.jpg
中身はこんな感じ。6つのファンネルは全て取り外せます。
4枚合わせて24コ。すげー数だ。


IMG_5265.jpg
サブアームはもちろん展開可能。更に…


IMG_5221.jpg
クシャトリヤの立体化としては初めてで、ファンネルラックの展開も可能です。


IMG_5253.jpg
内部バーニアもボールジョイント接続でグリグリ可動。


IMG_5225.jpg
可動範囲としては、上まで上げようとするとこのくらい。
バインダーは可動基部が「カチッ、カチッ」というクリック式になっている為、ヘタれる心配がなさそう。


IMG_5227.jpg
横に開くとこんな感じ。


IMG_5229.jpg
ロール機能もある為、前後に回転も可能。


IMG_5245.jpg
なおバインダーの全長は、デストロイユニコーンの全長とほぼ同じ。


それではここから可動範囲。
分かりやすいように、一旦バインダーを外してご紹介します。

IMG_5231.jpg
腕は135度くらい、肩も90度よりちょっと上くらいまで上がります。


IMG_5249.jpg
下腕にもロール機能があります。


IMG_5233.jpg
引き出し機構に関しては、ロールスイングジョイントのおかげでびっくりするほど引き出せます。


IMG_5235.jpg
これを見れば分かると思いますが、ロールスイングジョイントとバインダー接続用ジョイントは同じパーツです。


IMG_5303.jpg
その為バインダー用ジョイントを後ろに倒してロールスイングジョイントを動かせば、
ここまで肩を大きく上げることも可能。実用性があるかはさておいて。


IMG_5237.jpg
首も短い割に、大きく動かすことが可能。


IMG_5305.jpg
腰も問題なく一回転できます。


IMG_5239.jpg
脚もよく曲がりますが、膝立ちは苦手気味。まあ宇宙でしか戦ってないけど…


IMG_5241.jpg
脚の開き具合にはビックリ。180度全開にできます。
ただ足自体が追いついてないので、接地する時はご注意を。


IMG_5243.jpg
付属品一覧。


IMG_5263.jpg
今回はファンネルのディスプレイ用パーツも付属。


IMG_5247.jpg
ビームサーベルはグリーン刃のものが2つ付属。流石に収納機能はオミット。


IMG_5251.jpg
今回は特別に、リゼルから奪ったピンク刃のビームサーベルも付属。


IMG_5257.jpg
バーニア用エフェクトパーツは、バインダー内の全てのバーニアに装着可能。


IMG_5271.jpg
ファンネル用ディスプレイパーツは、8種類×2ある中から選び、バインダーに接続して使います。
ファンネル自体にも2種類のエフェクトパーツを取り付け可能。


IMG_5255.jpg
そしてななんとディスプレイ用特別ステージも付属!
…しているのですが、これがビックリするほどディスプレイできません。
背中にジョイントがあるのですが、いくら差し込んでもまるではめ込みません。どういうこっちゃ…


ここからブンドドコーナーに入りますが、1つだけ注意。
前述の通り、ディスプレイ用ステージが糞なので、ロクに浮かせることが出来ません。
しかし既存の魂STAGEではジョイントが合わないし、何より力不足。
一応画像では既存の魂STAGEのアームで無理矢理浮かせてますが、何分不慣れなもので、かなり不恰好になってます。
全国のクシャトリヤ・並びにマリーダさんファンの皆さん、ご了承を。

IMG_5301.jpg
バインダーの自由度の高さのおかげで、発進シーンも再現可能。


IMG_5261.jpg
バーニアふかしてオラオラいくぜ。


IMG_5273.jpg
ファンネルッ!
ディスプレイ用パーツが16個しかないので、全ファンネル24個飾ることは残念ながら不可能。


IMG_5275.jpg
頑張って浮かせてファンネル展開。


IMG_5286.jpg
ユニコーンとの初対峙。


IMG_5290.jpg
「ここからでていけぇー!」
NTの主人公って何かと叫んでる印象。…あれ、バナージってNTでいいんだっけ?


IMG_5277.jpg
「ガンダムは…敵っ!」


IMG_5284.jpg
デストロイと初戦闘。この時から割とボコボコにされてた。


IMG_5293.jpg
しかし2回目の時は奇襲のおかげで捕獲に成功。やったぜ。


IMG_5295.jpg
でも脱走。押し問答の末に、「この分からず屋ーっ!」


IMG_5296.jpg
ファンネルの操縦権を奪われ、機体もボコボコにされて敗北。
マリーダさんの戦いはまだまだ続くけど、クシャトリヤのレビューはこれでおしまい。


IMG_5299.jpg
以上、ROBOT魂 クシャトリヤのレビューでした。


立体化クシャトリヤとして見れば、文句のない完璧な出来栄えです。
プロポーション・塗装共に良好ですし、可動面に至ってはヘタなガンプラよりはるかに動きます。
武装も問題無し。ファンネルを展示できるのはROBOT魂ならではですね。
しかし…それ以外のオプションが致命的。テメーだよディスプレイ用ステージ!
コイツが不甲斐ないせいでどれだけブンドド写真撮るのに苦労したか…
どれだけクシャトリヤの位置を固定させるのに苦労したか… 。゚(゚´Д`゚)゚。
「これ、レビュー記事書くのやめよっかな…」と何度も考えました。
何やらMETAL BUILLEDと同じ規格のジョイントにしいですが、筆者は未所持。
ちゃんときちんとしたディスレイ用ジョイント付けてくださいよ~

何はともあれ、立体化クシャトリヤとしては最高峰の出来栄え。
元々の値段が高いですし、クオリティのおかげであんまり値崩れしないかも。
ご購入をお考えの方はお早めにどうぞ。もっともこれより遥かに安価なHGUCも十分な出来栄えですが…

ちなみにROBOT魂ユニコーン(デストロイフルアクション)の価格とは、約3倍の違いがあったりする。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/03/21 21:00 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(2)

アニタ「こんなのMSじゃないわ、羽のついたピーマンよ!」 コマンドガンダム「だったら食べればいいだろう!」

超合金に迫る価格になったROBOT魂版クシャトリヤですが。
イヤー壮観ですねwHGUCに比べて胴体がスマートになった印象ですが稼働は良好。
バインダー部のギミック、各種エフェクトパーツと至れり尽くせりじゃないですか(≧∇≦)ъ
お金に余裕がありMGに迫るHGUC版に苦手意識があるのなら買って損はないですね。
ヒッチハイクしたトラックの中でバッチリ仕上げて運転手にお礼にプレゼントするだけのスキルがあるのならばその限りではありませんがw
 4枚羽に隠し腕、ファンネル、しかもゲルググ頭とUCの中でも人気なMSの一つでしょうが
無名のスタークジェガンパイロットに危うくやられかけたりダグザ中佐のチャフ太陽拳でピーマンにされたり
ビームガトリングガンをユニコーンにパクられ終いにはボドボドにされたりとその活躍は残念だったりしますΣ(T□T)
 まぁパイロットであるマリーダがアレなんですけどね…。
彼女の正体に関しては割と早々察しが付きますが本編に至るまでの経緯がハード過ぎて引いてしまう程で; ̄ロ ̄)
ジンネマンやアンジェロもそうなのですが福井作品はキャラクターの暗いバックボーンを過剰に描写する傾向にありますね。
∀の小説も執筆されてましたけど、グエン坊ちゃんがアレになった経緯とかも赤裸々に綴ってしまいました。
その点、アニメ版は匂わせる程度の描写で済ませているのでだいぶ見やすくなっているのですがね( ̄ε ̄;|
[ 2014/03/22 22:07 ] [ 編集 ]

Re: アニタ「こんなのMSじゃないわ、羽のついたピーマンよ!」 コマンドガンダム「だったら食べればいいだろう!」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

ROBOT魂版クシャトリヤはその価格に相応しい、非常に満足のいく出来栄えでした。
デザインもそうですが、可動範囲が物凄いですね。これでHGUC並みだったらだいぶ損してた感が。

ちなみに私はUC本編(OVA版)は機体デザインやキットを見てから入ったのですが、
仰る通り、クシャトリヤの活躍の微妙っぷりは少々残念だったです。
バインダーもピーマンの如く切られる切られる…w

どうでもいいですが、某ガンダムスレでの「マリーダさんがバナージにバレンタイン用のハーゲンダッツをねだる」というSSが
個人的にツボりましたw 興味があればご一読を。
[ 2014/03/26 23:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/466-0e5b725c