HGBC 1/144 スカルウェポン

IMG_6529.jpg
HGBC 1/144 スカルウェポン
メーカー小売価格:864円

今月はガンプラのリリースが控えめですね。BF終わった反動が今に来た感じ?
クシャリペは高いから恐らく買わないだろうし、今月のHGの新商品レビューは多分コイツだけになりそうです。
ということは毎週木曜が開いてしまいますね… 何か別の記事上げるべきでしょうか。

というわけで、HGBC 1/144 スカルウェポンのレビューをいたします。

当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
IMG_6503.jpg
こちらがスカルウェポン。最早BFのwikiにすら情報がありません。
形状はクロスボーンX1のコアファイターを思わせるような形ですね。


IMG_6504.jpg
機首の部分以外はクロスボーン魔王のバックパックと構造が同等。


IMG_6506.jpg
機首の部分はドクロマーク。
コクピットやキャノピーがないので、もうまんまプラモオリジナル機体って感じ。


IMG_6508.jpg
クロスボーン魔王でも装備されていたアームが、今回は4つ装備。


IMG_6509.jpg
こちらもフレキシブルに可動します。


IMG_6510.jpg
ブースターの部分はミラーユニットをシールで再現。
クロスボーン魔王のものと似てますが、こちらは色が違うのと、先端にブースターが追加されています。


IMG_6511.jpg
先端のブースターは倒して可動。


IMG_6523.jpg
なお今回はオリジナルのスタンドも付属。


IMG_6524.jpg
このスタンドに飾る時はこんな形に変形させるのがいいんだとか。


IMG_6512.jpg
では早速親和性の高いであろうクロスボーン魔王とドッキング。


IMG_6513.jpg
構造が一緒のものなので、違和感はないですね。
強いて言うならサブアームが長すぎて上手く畳むなりできないことか。


IMG_6514.jpg
サブアームの先端はHGのマニピュレーター同様武器を挟むことが出来ます。


IMG_6520.jpg
機首の部分はシールドとして装備させることができます。


IMG_6521.jpg
裏側から。


IMG_6528.jpg
何故か握り拳の手首も付属。
ブースター同様、色がクロスボーン魔王のものと違うので装備させる際は注意。


それではここからはHGBC恒例のオリジナル装備紹介~
それぞれ武器の名前が説明書には書かれてなかったので、以下名前は筆者が考えた仮称ということであしからず。

IMG_6515.jpg
右手に装備しているのがナギナタ。


IMG_6516.jpg
左手に装備しているのがサーベル。どちらも一体成型です。
色が付いていないということで、塗装次第では実剣/ビーム刃の切り替えができそう。


IMG_6517.jpg
こちらはナイフ。2本付属します。


IMG_6518.jpg
こちらはピストル。銃口の穴が開いてないのが残念。


IMG_6519.jpg
最後にフック。こちらはサブアームの先端パーツを入れ替えて装備します。
そのパーツ形状の都合上、手持ちさせることもできません。


IMG_6527.jpg
付属のジョイントパーツを使えば様々なMSに装備させることができます。
画像はAGE-2ダークハウンドに装備させた図。


IMG_6525.jpg
その気になればクロスボーン魔王のバックパックに重ねるように装着させることも可能。


IMG_6522.jpg
装備とサブアームを使いこなしてMSをカッコよくポーシングさせよう!

以上、HGBC 1/144 スカルウェポンでした。
感想は… 特に無いかな(笑) 正直HGBCには飽きてきた感じ…
武装は全部個性的すぎるし(これはHGBC共通ですが)、何よりクロスボーン魔王自体が良キットだったので、
あれだけで十分遊びきれます。拡張キットとしても少し魅力が薄いかなぁ。
サブアームにどれだけ利用価値が見いだせるかでこのキットの魅力が大きく変わりそう。
とりあえず私からの評価はこんな感じ。MSにアウトローな装備させたい方はどうぞ。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/05/09 01:52 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/514-10dba78f