ROBOT魂 クロスボーン・ガンダムX1フルクロス レビュー

IMG_6614.jpg
ROBOT魂 クロスボーン・ガンダムX1フルクロス
メーカー小売価格:5940円

魂の夏コレ行ってきました。レビュー遅れたのはその為です。
夏コレレポートも後々書く予定ですが、とりあえずこっちのレビューを優先させるということで。
それにしても久々のアキバは疲れたぜい。前回と違って修羅場じゃなかったのが幸い。

というわけで、ROBOT魂 クロスボーン・ガンダムX1フルクロスをレビューいたします。
IMG_6615.jpg
最初はノーマル状態のX1(X1改・改)を紹介。
プロポーションはちょっと頭大きめな印象ですが、悪くないかも。
クロスボーンX1はブランド初期に発売されましたが、今回のものは完全新規造型とのこと。


IMG_6616.jpg
フロントビュー。
全体的なフォルムはW系のガンダム達と似通ってる気がします。


IMG_6617.jpg
リアビュー。ここんとこクロスボーン系MSを取り扱うのが増えたせいか、
×字ブースターにすっかり見慣れてしまった。


IMG_6618.jpg
顔。見本と比べるとスミ入れというか、ややエッジが弱いかなーと思いました。
まあ慣れればそこまで問題じゃないかも。


IMG_6625.jpg
頭部の飾り(?)はボールジョイント接続。破損が怖いので外すのは自己責任で。


IMG_6619.jpg
胴体のバルカンや肩パーツなど、ノーマル形態にする時は
一部のパーツを差し替えのものに変更する必要があります。


IMG_6620.jpg
ボディのモールドや塗装面には特に不具合なし。


IMG_6621.jpg
可動面は後述しますが、足の方の可動がゴチャゴチャしているせいか、接地性はかなり微妙。
脚を大きく広げないとイマイチ安定しません。


IMG_6622.jpg
ブースター。結構可動面がユルいので、外れやすいです。
しかも一度外れると付け直すのが難しく、はめようとしてもすぐに外れちゃいます。厄介な。


IMG_6623.jpg
こんな感じでブースターは可動。


IMG_6624.jpg
バーニアのみも可動。


IMG_6626.jpg
可動範囲。腕に関しては下腕ロールが追加されてます。
下腕アーマーの形状ゆえに、回転させた一にょって曲がり具合が変わります。
ただ下腕ロールのせいでちょいと腕が抜けやすいです。


IMG_6627.jpg
肩の上がり具合はこんな感じ。よく曲がります。


IMG_6628.jpg
腕の引き出し機構はちょっと独特な形状。まあ可動範囲としては中々かな。


IMG_6629.jpg
腰はリアアーマーの形状上、このくらいまでしか回りません。


IMG_6630.jpg
脚もよく曲がります。関節デザインも全体像を損なわないようにされています。


IMG_6632.jpg
脚の開き具合はまあまあ。足首はよく動くので、接地性はいい感じ。
…というよりも、前述の通りこのくらい開かないとイマイチ安定しません。


IMG_6659.jpg
腕のブランド・マーカーは差し替え無しで可動。


IMG_6634.jpg
ヒートダガーは脚部に収納されているのですが、


IMG_6674.jpg
ご覧の通り柄だけです。刃は付いてきません。


IMG_6633.jpg
スクリュー・ウェップもリアスカートに収納。
鞭のように振るって使う武器ですが、今回のキットには一切のギミックがありません。

最後の方はやや疑問の残る出来栄えでしたが、フルクロス形態ではどうなのか?


IMG_6635.jpg
クロスボーン・ガンダムX1フルクロス

『鋼鉄の7人』に登場。フルクロス (Full Cloth) と呼ばれる強化パーツを装着した形態で、
本編におけるX1の最終仕様。

グレートキャニオンでの戦闘で破損した腕部をフリントのパーツを利用して修復。
その際に対ビーム防御用ユニット・フルクロスを装着し、カラーリングはX1本来のものに戻された。
胸部のガトリング砲を除けば、本体の機体仕様はパッチワーク以前に戻されている。
また修理の際に残存する予備パーツを全て使用した為に、事実上「最後のクロスボーン・ガンダム」となった。
両腕はフリントの物を利用し、ブランドマーカー兼ビームシールドに戻され、
予備部品として残されていたX3用の腕部Iフィールドジェネレーター4基を改修してフルクロスのスカルヘッドとして
両肩の1つの部品として使用される。また、X1は幾度もの戦いを経ているため、
『鋼鉄の7人』作戦が実行された時点では新造されたフルクロス以外傷だらけである。
手持ちの武器としてはスカルハートが使用したピーコックスマッシャーと、
X3が使用したムラマサ・ブラスターを装備する。


両肩にマントを装備させたX1の最終形態。
ノーマル形態からパーツを差し替えての再現ですが、正直すこぶる面倒臭いです。
パーツ付け替えるだけならまだしも、地味にポロリとか多くて…


IMG_6636.jpg
フロントビュー。
追加のマントの色合いが微妙に紫っぽいので、海賊のようなワイルドさよりも、
むしろ死神とか魔術師みたいな禍々しさを連想させるような。


IMG_6637.jpg
後ろは相変わらずのX字ブースター。


IMG_6639.jpg
胴体バルカンの上に襟首パーツが差し替えで追加。
個体差があるかもしれませんが、コイツがメチャクチャ外れやすいです。


IMG_6641.jpg
胸部にもアーマーを追加。


IMG_6642.jpg
マントもデザインや造形には問題ないですね。ただ色は黒の方が良かったような…


IMG_6643.jpg
マントの可動範囲。横にはこんくらい動きます。


IMG_6645.jpg
前後にもかなり開きます。


IMG_6647.jpg
マントの前の部分はギミックの都合上、ボールジョイトなどで可動するようになってます。


IMG_6649.jpg
武装紹介。こちらはビーコックスマッシャー。


IMG_6651.jpg
両側の黄色いウイングが可動します。塗装も問題無し。


IMG_6650.jpg
なおマガジン部とは分離が可能。


IMG_6652.jpg
こらちはムラマサ・ブラスター。


IMG_6654.jpg
パーツを差し替えればビームサーベル状態にすることも可能。


IMG_6660.jpg
持ち方を変えればライフルとしても使用可能。


IMG_6658.jpg
パーツを付け替えればマウント可能に。


IMG_6655.jpg
Iフィールドエフェクトを付ける際は、スカルヘッドのパーツにジョイントパーツを組み込む必要があります。
これが中々面倒臭い。


IMG_6656.jpg
実際付けてみた図。エフェクトとしての造形に問題はないか。


IMG_6657.jpg
なお設定通り、スカルヘッドは手持ちにさせることも可能。


IMG_6661.jpg
フェイスオープンの時の顔も付属します。


IMG_6667.jpg
そして今回は玩具オリジナルギミックとして、
身体中のアーマーを後ろに配置させた、マントモードにすることも可能。

IMG_6668.jpg
こっちはこっちでそれなりにワイルドでカッコイイような。


それでは各形態ごとにブンドド。

IMG_6677.jpg

IMG_6679.jpg

IMG_6676.jpg
ノーマル形態は動かしやすいですが、装備が少ないのが欠点。
ヒートダガーとかスクリューウィップは一応ありますが、ギミックはないし…


IMG_6673.jpg

IMG_6671.jpg

IMG_6672.jpg

IMG_6665.jpg

IMG_6666.jpg
それに対してフルクロス形態だと一転して動かしづらくなります。
主に肩と胴体の干渉が原因。襟首の部分のパーツがポロポロ外れます。
干渉しないような位置にするとイマイチ恰好がつかないし…


IMG_6669.jpg

IMG_6670.jpg
マントモードだと遊びやすいです。可動の妨げになるものが少なくなりますからね。
マント装備状態で遊びたいならこの形態がベストか。


以上、ROBOT魂 クロスボーン・ガンダムX1フルクロスのレビューでした。

結論から言いますと、私からの評価はかなり悪いです。
ノーマル形態はともかく、ウリであるフルクロス形態は動かしづらく、パーツも外れやすく、
何より武装の幅が狭すぎます。MGはビームザンバーやらヒートダガーやら付いてきたのに。
しかもヒードダガーとかスクリューウィップとか、中途半端にパーツだけ残しているのが地味にウザイ
バックパックのブースターもガッチリしてないし、一度外れると中々ウザいことになります。
動かしやすさについてはマントモードにすれば少し解決しますが、
玩具オリジナルギミックに頼るようでは根本的な解決にはなっていません。
せっかくの完全新規造型なのに残念です。

私が思うに、これをフルクロスとしてではなく、「X1のフルアクションver.」として売れば良かったんじゃないかな。
もちろん武装はX1のものを付属させて。X1はROBOT魂の中でも古いタイプなので、再販としてもちょうどいいですし。
んで、後日プレバン限定で「フルクロスパーツセット」として今回のパーツを売ってくれれば完璧だったかも。
う~ん、痒い所に手が届かない、詰めの甘さがとことん気になるような商品でした。

ちなみにブンドド時に筆者コメントが少ないのは、クロスボーン本編を全部読んでないからです。すいません。



関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/05/10 21:06 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(6)

ROBOTO魂シリーズは、ガンプラ作りにおいても非常に参考になるので、
レビューいつも拝見させて頂いております。

顔がちょっとアメコミヒーローチック?といいますか、
原作絵に忠実といいますか、最近のかっちょいい!系と違った良さがありますね。
フルクロスの可動はどうなっているのか常々疑問だったので、
今回掲載くださって非常に参考になりました!
[ 2014/05/11 10:45 ] [ 編集 ]

可動や造形はいいんですがポロリの多さや諸々の中途半端さについてはホントに同感です・・・。
あと通常頭部の顎の塗りが甘いのも他は問題なかっただけに非常に残念でした。
[ 2014/05/12 09:57 ] [ 編集 ]

なんかすっぽ抜けやすい…?回転させたーにょって

なるほど、ポロリがすごく気になりそうですね…あと肝心のダガーの刃が付属しなかったり…
プロポーションはちゃんとしてるんですけどね〜…
でも思いっきり殴るポーズができるのはいいことです
[ 2014/05/13 20:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ト・マス様、コメントありがとうございます!

顔は正直評価良くないです(^^;
今になって良く見てみたら、アンテナ基部と顔の間に変な間隔があいてるんですね。
違和感の一番の原因はこのせいだったかもしれません。
可動の方は新規造型なので大きな問題はないですが、ちょっと残念な出来栄えでした。
[ 2014/05/14 15:42 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

den003様、コメントありがとうございます!

フルクロスはちょっと顔の造形に問題が大きかったように思えます。
あとポロリの面も… 大きな差し替えが必要なのはROBOT魂でも珍しくありませんが、
ここまで「組み替える楽しさ」よりもイライラやストレスが一方的に溜まるのは珍しいかと思います。
[ 2014/05/18 00:55 ] [ 編集 ]

Re: なんかすっぽ抜けやすい…?回転させたーにょって

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!
うおー! 気が付けばこんなに日にちが経ってしまった! 申し訳ない!

すっぽ抜けやすいというか、細かいポロリが気になります。
特に肩のマントのあたりですかね。
後日X1用の追加パーツが発売されるようですが、そちらのポロリも気になるところです。
[ 2014/05/23 21:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/515-a6de1b00