S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ レビュー

IMG_6893.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ
メーカー小売価格:4104円

世間は最強フォームである極アームズで話題沸騰の中、
ようやくフィギュアーツでは通常フォームであるオレンジアームズが発売!
遅い! 遅すぎるぞバンダイさんよぉ! ソイヤッ!

というわけで、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズをレビューいたします。
IMG_6895.jpg
仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ

葛葉紘汰が変身するアーマードライダー。読みは「がいむ」。名称はDJサガラがチーム鎧武の名を取って名付けた。
モチーフは「和」の鎧。ライドウェアの色は紺色。目は単眼で、各アームズに共通してパルプアイと呼ばれ、
モチーフの果物の断面図の様な模様をしている。
用心棒としてチーム鎧武に所属しており、合同ダンスイベント後はフリーとなった後、
ユグドラシルの斬月(貴虎)と協力関係を結ぶが、凌馬らの陰謀によって一方的な関係解消の危機に陥る。
初変身して間も無い頃はぎこちない戦い方が目立ったが、
短期間の連戦経験と紘汰自身の非常に高い運動神経・身体能力が相まって、
優れた戦闘能力・新たなアームズの力を難なく発揮可能な適応力を瞬く間に身に付けていった。
決め台詞は戦闘開始時に発声する「ここからは俺(達)のステージだ!」、
斬撃系の必殺技発動時に発声する「輪切りにしてやるぜ!」。


待ちに待った鎧武のフィギュアーツデビューです。
ちなみに筆者はAC(アームズチェンジ)シリーズは未購入。
一時は買おうかと思いましたが、世間では品薄によるプレミア価格が付いていた頃なので、
「今苦労してACシリーズを買うよりはフィギュアーツを待った方がいいだろう」と判断しました。


IMG_6898.jpg
フロントビュー。プロポーションは素晴らしいの一言に尽きます。
ACシリーズの如何にも「鎧を被っている」感じが嫌いだったので、このプロポーションにはホレボレ。


IMG_6899.jpg
リアビュー。オレンジアームズ内の細かい造形も立体化されています。


IMG_6903.jpg
顔。ちょっとマスク部が大きいかなーと感じましたが、まあ造形は良い方かと。


IMG_6904.jpg
アームズ全体はメタリックオレンジ塗装。見本と比べるとかなり濃いめです。
と言うよりはむしろ見本の方が薄めだったので、このくらいの色彩が丁度良いかと。


IMG_6906.jpg
ベルト周りは細かい部分はシールで再現している様子。それでもちゃんと再現できてます。


IMG_6914.jpg
戦極ドライバーのカッティングブレードはちゃんと可動します。


IMG_6905.jpg
素体のケンライコウなどの塗装も綺麗。


IMG_6907.jpg
脚も問題ありませんね。


IMG_6908.jpg
背中。アームズのヘタの緑色もちゃんと塗装されてますよ。


IMG_6909.jpg
可動範囲。腕は最近のものらしくよく曲がります。
肩は並み程度。肩アーマーのダイスリーブも可動の妨げにはなりません。


IMG_6910.jpg
腕の引き出しは並み程度。
素体の装飾は軟質パーツですが、ちょっと邪魔になってます。

IMG_6911.jpg
腰は残念ながらちょっとしか動かせません。


IMG_6912.jpg
脚はよく開きますが、いつもの丸型ジョイントなので足首の可動が追いついてない様子。


IMG_6913.jpg
膝立ちに関しては問題無さそう。

総じてフィギュアーツとしては標準程度の可動域。特筆すべき点は特にないです。


IMG_6916.jpg
付属品。


IMG_6945.jpg
初回特典として「漆黒のステージ」が付属。詳細についてはバロンのレビューの記事でお話します。


IMG_6921.jpg
大橙丸。大きさには問題ありませんが、細かいモールドが多い故かやや塗装が雑。


IMG_6920.jpg
無双セイバー。少し刃の部分が短いと思いますが、劇中でもこんな感じだったりする。
塗装に関しては特に言うことないかも。


IMG_6930.jpg
設定通り、ドライバーからロックシードを外して取り付けが可能です。
ややポロリしやすいのが難点。


IMG_6933.jpg
設定通り腰の左側にマウント可能。


IMG_6932.jpg
もちろん連結してナギナタモードにできます。


IMG_6936.jpg
閉じているオレンジロックシードは腰の右側にマウントできます。
ドライバー及び無双セイバーの取り付けは造形上不可能。(一応ねじこめば何とかなりますが…)


それでは…
「ここから先は俺のブンドドステージだ!」

IMG_6935.jpg
「今という~ 風は~♪」
OPの変身ポーズもきっちり再現。


IMG_6938.jpg
いつの間にか持っている大橙丸。


IMG_6937.jpg
刀振り回しているイメージが強いので、パンチやキックをしているアクションがイマイチ浮かばない…


IMG_6925.jpg
ちょっと上半身を猫背っぽく傾けるのが紘汰っぽいポーズ。
ただし反らせすぎるとドライバーのカッティングブレードがポロリするので注意。


IMG_6926.jpg

IMG_6927.jpg
二刀流のポーズはビシバシ決まります。う~ん、かっこいいぜ。


IMG_6929.jpg
無双セイバーで銃撃してるシーンをイメージ。


IMG_6939.jpg
反面、ナギナタモードの取り扱いはちょっと窮屈気味。
もう少し腕を引き出せれば…


IMG_6940.jpg
ナギナタ無双スライサーのポーズは少し工夫が必要ですね。


IMG_6941.jpg
やはりライダーといえばライダーキック!
ということで影の薄い必殺技であるオレンジスカッシュの無頼キック。これは中々かっこいい。


IMG_6943.jpg
以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズのレビューでした。


プロポーションについては言うこと無し。本当にカッコイイです。
通常よりも期間を設けて開発に取り組んだだけのことはありますね。
大橙丸・無双セイバーの造形にも問題なく、アクションのポーズも一通りとれます。
ただ可動についてはもう少し工夫が欲しかったですね。
決して悪い可動域ではないんですが、前述した通りナギナタモードの取り回しや、
ナギナタ無双スライサーのポーズを考えるともうひと頑張り欲しいところです。
せめて突き用の手首が付属してりゃなぁ…

あとは発売時期かな。5月はいくらなんでも遅すぎです…(--;
(ちなみにウィザードとフォーゼは共に2月上旬発売)
時間かけたからこその出来栄えでしょうけど、もう少し購入者のイライラのことも考えてほしい(^^;
とはいえ若干ハズレ気味だった前作ウィザードに比べれば、優秀なクオリティだと思います。
初回特典のこともありますし、購入は急いで!


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/05/31 12:22 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(2)

オレンジアームズ! 花道 オンステージ!

どうも。最近のライダーはあまり興味が湧かない私ですが、
「鎧武」は面白そうだと思い、フィギュアーツ鎧武は予約までして買いました。

予想していたものより細身のスタイルですが、全体的には満足の行くデキです。
そちらの画像はキックのポーズがイイですね。私んとこの鎧武は手首のジョイントが中々はずれないし、ジョイントパーツのか細さもあって交換しにくい…

「鎧武」の放映は終わりましたが、残りのライダーもやっぱ商品化してほしいですよね。
特にマリカとナックルが欠かせない。
理由は「2体をバロンの脇に並べたい」です!バロン、マリカ、ナックルでチーム「バロン」を再現できますから。

しかし、月の最終日に発売は止めてほしいな…それじゃほぼ翌月発売と同じ…
[ 2014/10/12 20:43 ] [ 編集 ]

Re: オレンジアームズ! 花道 オンステージ!

RGM-122様、コメントありがとうございます!

フィギュアーツ鎧武は時間をかけただけあってほぼ完璧に近い出来栄えです。
ブランド初期の頃は可動性に重視するあまりプロポーションやデザインがおざまり気味でしたが、
かなり技術も主義も変わってきましたね。

>私んとこの鎧武は手首のジョイントが中々はずれないし、ジョイントパーツのか細さもあって交換しにくい…

それは初期不良では… メーカーに取り替えてもらうことを勧めます。

>「鎧武」の放映は終わりましたが、残りのライダーもやっぱ商品化してほしいですよね。
特にマリカとナックルが欠かせない。
理由は「2体をバロンの脇に並べたい」です!バロン、マリカ、ナックルでチーム「バロン」を再現できますから。

シナリオ終盤の戒斗側のトリオのことでしょうか。
何はともあれ2人も商品化してほしいと願います。
[ 2014/10/25 15:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/535-1cf9d972