今週の仮面ライダー鎧武 33話

仮面ライダー鎧武 33話 『ビートライダーズ大集結!』

鎧武ep33 0

ガードベント
鎧武ep33 1

デェムシュの暴走は喰いとめたものの、未だ街にはインベスが蔓延る最中。
自衛隊は街を封鎖するだけで事態には介入せず、おまけに凌馬の置き土産のせいで通信機器も使い物にならず。
ユグドラシルも使い物にならないと決まれば、アーマードライダーの力で何とかするしかない。
ということで、集まったライダーである紘太・戒斗・ザック・耀子・城之内・凰蓮とその協力者のペコと舞の力で街を守ることに。
一方でレデュエは光実と協力して知恵の実を手に入れることを画策。
その為に1番の邪魔者である紘汰を始末してしまおうと光実が提案。
レデュエは光実を信用して紘汰の始末を任せる一方で、目付け役として部下のデュデュオンシュを就かせることに。
光実は半ば信用されてないことを感じつつも、紘太の始末を急ぐことに。

一方紘汰は舞とフルーツパーラーで食事(本人曰く薄味かつあんまり腹が減ってない)をした後、
耀子にインベスを確認したとの情報を聞き、彼女の下へ行くことに。
そこで待ち受けていたのはデュデュオンシュの襲撃。2人は変身して立ち向かうも、彼もオーバーロード故か苦戦。
耀子は変身解除され、鎧武1人で追いかけることになったものの、そこで偽斬月・真とも対峙してしまいます。
偽斬月・真を貴虎だと思い込む紘汰は思うように手が出せず、デュデュオンシュとの連携に押されます。
が、そこへブラーボが参戦。偽斬月・真を「エレガントさが欠けている」ということで偽物視するブラーボ。
じゃあオメー誰だよ! と激おこぷんぷん丸な紘汰は極アームズへチェンジ。
極アームズのことを知らなかった光実。相変わらずイレギュラーな事態には弱く、形勢逆転。
最後の火縄大橙DJ銃の一撃をデュデュオンシュを盾にすることで回避。何とか正体がバレることを回避することはできました。
紘太ならば、いずれまた付け入る隙が見つかるはず。知恵の実を得ようとする彼に待つものとは…


鎧武ep33 2

どんな困難だろうと前へ突き進んできた紘汰とは対比に、妥協の末に妥協を重ねたミッチの行動。
そんな彼の切り札だった「紘太に自分を貴虎だと思い込ませる大作戦」もとうとう通用しなくなってしまいました。
というかイレギュラーの事態を一切想定しない(ついでにそれを学習しない)ミッチってだいぶ策略家とは違うんじゃ…(^^;
「甘い紘汰だからこそ付け入る隙はある」というのが彼の信条ですが、そんな紘汰の甘さを利用することでしか
彼を倒すことを考えられないミッチもまた、「甘い」んじゃないかなと私は思います。
というかレデュエと協力体制だからっていつ裏切られるかも分からないし。その気になればポイ捨てされるかもしれないのに。
「レデュエが力を手に入れる前に横取りしてしまおう」という魂胆なのかもしれないけど、う~ん、もう彼には破滅以外考えられない。
今思えば、紘太の対照的なキャラって戒斗じゃなくってむしろミッチの方が適役ですね。
紘太と戒斗はやり方は違えど似た者同士ですし。一体いつからこうなった…

紘太も紘汰で阪東さんの料理(カレーかな?)の味が薄く感じ、更に腹まで減ってないという。明らかに極ロックシードの影響ですね。
そもそも戦極ドライバー自体が「地球がヘルヘイムに侵食された際に生き残る為に果実から栄養を摂取する」ことを目標に作られたものですから。
それに本来の規格外であるカチドキ&極ロックシードが装填されたとなれば養分の過剰摂取となることは明白です。
オーズでも映司がグリード化の際に似たような現象に襲われてましたが…
まあ極ロックシードの反動がこれだけとは限りませんし。(実際映司も最終的には味覚無くなるどころの問題じゃなかったですし)
あれこれ考えるよりはじっくり見ていった方がよさそうですね。まあ来週はお休みですが…

ところで冒頭で昌姉さんが避難中に子供と一緒にインベスに襲われてたけど、
あの後きっと紘汰が駆けつけてインベスやっつけたんだよね? そうだよね??
ブラーボが現れる場面といい、どうもその辺の演出とかが雑になってきてるような…
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/08 14:07 ] 仮面ライダー鎧武 | TB(1) | CM(4)

ホ○と学ぶメロンの見分け方

政府に街を封鎖され沢芽市がいよいよラクーンシティっぽくなった鎧武ですが。
ユグドラ上層部も各国首脳も結局責任の擦り付け合いとなり人類存亡の危機においても人類は一丸になれない状況は
正にニーサンが予想した通りになってしまったと言えます、最悪な形で…。
そんな彼らを嘲笑う凌馬は全情報を世界中に公開、マギウス同様自滅街道まっしぐらですか(^▽^;)
最も彼は禁断の果実を手に入れるのが目的ですから目くらましとして最適といえますが…。
 誰にも頼れない状況でアーマードライダー達だけで事態を収めようとしますが。
紘汰は耀子から「考えが甘い」という指摘を受けてしまいました。
「皆を救いたい」という考えは確かに理想的ですがそれが自身の足元をすくわれる原因になりかねません。
『皆』というのは誰と誰と誰のことなのか?今回紘汰を狙ったミッチも含まれるのでしょうが
彼からしたらそんな紘汰が一番の嫌悪の対象なのですが…
 耀子が戒斗に一目置いているのは不器用ながらも純粋に力を欲し頂点に立つことを目指す
ハングリー精神に因るところでしょうね、予告で「戒斗に譲る」と言った紘汰の心境は果たして?
極アームズの副作用と思しき異常が早速現れましたしミッチの企みに気付いてしまうのも時間の問題でしょうし
今後、紘汰を蝕むイベントは沢山控えているように思えますが乗り切れることが出来るのか?
あと確かにインベスに襲われた姉さんがあのままスルーされてましたが只の演出ミスなのか、それとも…σ(゚・゚*)
[ 2014/06/08 18:09 ] [ 編集 ]

味覚のシーンは「もうオーズでやったのに繰り返すの?」という感じでしたね。
[ 2014/06/08 20:47 ] [ 編集 ]

Re: ホ○と学ぶメロンの見分け方

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

確かに今のところ、紘汰は知恵の実を目指すものとしてはまだまだ未熟だと思います。
戒斗は紘汰にはひたすら強くなってほしいように思いますので、「譲る」と言われるのは拍子抜けでしょうね…w
個人的には力のある者についていくだけの耀子も最終的に何がしたいのか良く分からないのですが…
シドと並んでどうもこの2人はキャラ描写が不十分なような。
あと良く考えたら昌姉さんの前世は某美少女戦士だからインベスくらい…w
[ 2014/06/12 22:55 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

どうもメイン脚本の方がライダーファンっぽいので、
歴代シリーズのオマージュを狙ってるのかもしれませんね。
まだ紘汰に対する影響は始まったばかりなので、静かに見守ろうと思います。
[ 2014/06/12 23:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/545-bcea6ec2


仮面ライダー鎧武 第33話「ビートライダーズ大集結!」

仮面ライダー鎧武の第33話を見ました。 第33話 ビートライダーズ大集結! オーバーロードに率いられたインベスに乗っ取られてしまった沢芽市から住民達は避難することになり、紘汰の姉・晶も自宅を出る。 一方、紘汰らビートライダーズは凰蓮、耀子らと共に作戦会議をするのだが、耀子から沢芽市のことはユグドラシルで対処することになっており、いまさら警察や自衛隊が動く可能性はない...
[2014/06/08 18:12] URL MAGI☆の日記