ROBOT魂 ガンダムヴァサーゴチェストブレイク レビュー

IMG_7114.jpg
ROBOT魂 ガンダムヴァサーゴチェストブレイク
メーカー小売価格:5940円

最近の妖怪ウォッチとやらの人気は凄まじいですな。
筆者は全然分からんのですが、開店早々ガチャガチャの為に長蛇の列ができるとは。
でも近いうちに熱が急速に冷めそうなのは気のせいかしら。

というわけで、ROBOT魂 ガンダムヴァサーゴチェストブレイクをレビューいたします。
IMG_7115.jpg
NRX-0013-CB ガンダムヴァサーゴチェストブレイク

ガンダムヴァサーゴの強化改良機。機体の出力や推力等の基本性能の向上は勿論の事、
特に武装面において大幅な強化が施されている。大幅な出力上昇に伴ってエネルギー放出時の発熱も増大し、
背部のラジエータープレートは6基構成の扇形アクティブ・バインダーに換装され、
より高効率の機体冷却が可能となっている。これらのデバイスは更なる微細な姿勢制御を行うと同時に
、サテライトシステムの使用時にはマイクロウェーブ受信用のリフレクターも兼ねる実に多機能なユニットである。


我らがゲテモノガンダムの申し子の強化機体が遂にROBOT魂で立体化。
正直視聴当時の筆者にとって、デザインが「マスターやエピオンの二番煎じ」という印象しか受けなかったので、
評価はあんまり高くないです。ダブルエックスが好き過ぎるってのもあるんですが…
腕伸ばしギミックだってシェンロンやアルトロンでやったしなぁ。
多分3作品連続で悪役ガンダムを描くことになって、ガワラさんも相当苦労したんだと思います。


IMG_7119.jpg
フロントビュー。近年のMSらしい、ガッチリとしたプロポーション。
やはりガワラガンダムはこういうマッシブなデザインが1番上手い。
全体の塗装はツヤ消しのダークレッド。最近こういうMSが増えてきたような…


IMG_7120.jpg
リアビュー。禍々しさを示す背面リフレクターは、普段は折り畳まれてるんですよね。


IMG_7123.jpg
顔。やっぱりマスターやエピオンの二番煎じ感ががががが。
一応造形自体はイケメンですね。


IMG_7125.jpg
胸。視聴時は気にしてなかったけれど、ここのデザインも相当ゲテモノですね。
目?の部分はクリアパーツ造形。


IMG_7126.jpg
腕のストライククローの金色塗装はしっとりとした感じ。
今回は下腕ロールも実装されています。


IMG_7127.jpg
シェンロンやアルトロンと同じく、腕の延長部は肩パーツに内蔵されています。


IMG_7128.jpg
脚は意外にもゴチャゴチャせずにスマートな印象。ゲテモノじゃない。


IMG_7130.jpg
背中。こうして見るとブースターとか殆ど目立たない…


IMG_7131.jpg
リアスカートにはビームサーベル柄がマウント。初めて知った。


IMG_7132.jpg
可動範囲。腕は一応かなり曲がるのですが、
曲げる時に下腕の方を先に曲がらせないとここまで動きません。


IMG_7133.jpg
肩の構造は設定上特殊なので、一応腕を展開しない状態での可動域。
腕のボールジョイントだけだとこのくらいが限界。


IMG_7172.jpg
一度腕を展開させて肩パーツの位置をいじくると、ここまで上がるようになります。


IMG_7173.jpg
腕の引き出しに関しては、腕そのものが内部まで動く仕組みに。結構いい感じ。


IMG_7134.jpg
腰は問題なく一周します。


IMG_7135.jpg
脚の開き具合はこの程度。足の接地が追いついてないのが残念。


IMG_7136.jpg
膝関節の可動はまあいい感じ。膝立ちもできます。

総じて基本的な可動域は水準以上は満たしているかと思います。
メチャクチャ動くわけではないですが…


IMG_7138.jpg
背面リフレクターの構造はダブルエックスのものと全く同じ。


IMG_7139.jpg
当然ゲテモノチックに展開可能。


IMG_7140.jpg
腕を展開させるとこんな感じ。造形は細すぎず太すぎず、ちょうどいい感じ。


IMG_7141.jpg
延ばすとヴァサーゴの全長にまで匹敵する長さ。
肩パーツがシェンロンやアルトロンより大きいので、自然とパーツも長くなるわけです。
なおシェンロンやアルトロンに付いてきた腕の延長パーツはありません。


IMG_7142.jpg
関節部も非常に多く、表情がつけやすいです。


IMG_7151.jpg
胴体のメガソニック砲の展開は差し替え無しで再現可能。
上半身をガチョンと引き伸ばします。


IMG_7152.jpg
胸部の差し替え無しでパッカリ開きます。内部はクリアパーツ満載で綺麗。


IMG_7154.jpg
そしてリフレクターを展開させ。腕を伸ばせばトリプル・メガソニック砲のポーズの完成。
ヴァサーゴの中でも最も印象的なポーズですが、何故か説明書ではこのポーズに一切触れられてない始末。なんでや。


IMG_7157.jpg
ヴァサーゴの頃は正座して撃ってたような。


IMG_7143.jpg
遅くなりましたがその他付属品。
武装を除けば手首が4つだけという貧相っぷり。


IMG_7144.jpg
ビームサーベルはエピオンのものをかなり大人しくさせたような形状。
つーかどう見てもビームソードなんだよなぁ。


IMG_7145.jpg
そして今回は旧1/100プラモに付いてきたストライクシューターが付属。


IMG_7146.jpg
分割して持たせることもできる他、金クロー部も可動します。


IMG_7147.jpg

IMG_7148.jpg
更にヴァサーゴ本体には左右それぞれ3箇所にハードポイントが開いている為、


IMG_7149.jpg

IMG_7150.jpg
それらの部分にストライクシューターを装着することができます。
いつからかROBOT魂はこういうオリジナル方面で売り出してきたな…

というわけでブンドドいきます。


IMG_7166.jpg
AWの世界で唯一ビームサーベルを所持している割と正統なガンダム。ゲテモノなのに。


IMG_7169.jpg
下腕ロールがある分、手首の遊びが一切ないのでサーベルを斬りつけるポーズは少し工夫がいりますね。


IMG_7170.jpg
正直ライバル役&ゲテモノなガンダムとして、ストライクシューターは余計な装備かも。
武装がシンプルな方が暴れやすそうですし。


IMG_7158.jpg

IMG_7159.jpg
やはりここはゲテモノらしく、腕を伸ばして禍々しいポーズをとらせたいところ。


IMG_7160.jpg
がおー。


IMG_7164.jpg
ダブルエックスと対決させてみる… が、実際あんまりヴァサーゴCBと戦ったことないのよね。
基本兄弟で二人一組の行動でしたし、そもそもヴァサーゴCB自体登場が終盤でしたし。


IMG_7163.jpg
一部ではヴァサーゴCBの数値上スペックはダブルエックスの上位互換とも聞きましたが、
そんな相手に本当に良く戦えたもんです。大体が仲間の援護あってものでしたが。
まあ、仲間と共に未来を紡いでいくのがフロスト兄弟とは違う、ガロード達の総意でしたからね。


IMG_7155.jpg
以上、ROBOT魂 ガンダムヴァサーゴチェストブレイクのレビューでした。

う~ん、W系統の系譜を引き継ぐ、安定な出来栄えだと思います。
そもそもヴァサーゴ自体商品化が少ないですから、こういう立体フィギュアは資料としても役立ちます。
スクライクシューターが付いてきたのも嬉しいですが、どうせならもっと手首パーツが欲しかったところ。
この調子なら後々発売するであろうエアマスターBやレオパルドDにも旧1/100のオリジナル武装が付くかも。
ダブルエックスは犠牲になったのだ… まあアイツの場合は付属武装多かったし、仕方ないね。
とりあえずヴァサーゴ好きなら買って損はないです。筆者も再評価のいい記念になったかも。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/06/14 13:16 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/548-8d3826de