【来週で】 今週のニチアサ 17週目 【デジモンが終わります】

私情により少し遅れての更新となりました。御了承下さい。


覇王ep26 1
覇王ep26 2
覇王ep26 3

バトスピはハジメVSイサミのバトル後編!
今までにないギリギリな緊張感の漂う、熱いバトルでした!
「絶対に諦めない!」と言わんばかりにWロード・ドラゴンをフルに使いまくるハジメの熱さがシッカリ伝わってきました。
イサミのミブロック軍団をあの手この手を駆使して崩すシーンも見応えありました。
ラストのバゼルがブレイヴァーを打ち破るシーンは痛快の一言に尽きます!
バーストが如何に昨今のバトスピに影響を及ぼしているのか改めて実感しました。

それにしても、冒頭のシーンでロード・ドラゴンとブレイヴァーが激しく格闘してましたが、
それぞれのBPは4000と16000。
10000以上も差があるのに、何であそこまで格闘できてたんだ…?


ゴーバスターズep4 1
ゴーバスターズep4 2
ゴーバスターズep4 3

ゴーバスターズは第4話。
冒頭で現実空間と亜空間の位置付けを説明をしてましたが、果たしてチビッコには理解出来たのか…?
私自身、よく分からない部分もあったしw
今回はバトル面ではかなり苦戦していたようでした。
メガゾードを倒す時も、かなり大きな賭けに出てましたしね。
最後にメガゾードの攻撃を受けつつ仁王立ちするエースの姿がカッコよかったです。

それにしても、今回はバスターズ3人の関係が印象に残りました。
自分達が戦う理由を確認しあったり、お互いの身を心配したり。
本部がヒロムの決死の戦闘を作戦の一部としか思っていない態度に、2人が抗議したり。
少しずつではありますが、3人には絆が芽生えているようですね。
これでヒロムが2人を名前で呼び合うことが出来たらなー。

しかし今回は敵こそ倒せたものの、全ては敵幹部のエンターさんの思惑通りでした。
敵の作戦は成功したワケです。素直に喜べないなぁ。
次回以降もこんな作戦が実行されるとなると、苦戦は必至ですね…


フォーゼep27 1
フォーゼep27 2
フォーゼep27 3

フォーゼは…何話だったっけ?
いや、そんなことはどうでもいい! そんなことより…
遂に流星=メテオの正体が敵にバレてしまいました!
お陰で流星はタチバナさんから見限られ、もうメテオには変身できず…

フォーゼep27 4
フォーゼep27 5

流星は弦太朗の「友達」に対する考え方を否定してましたが…どうだかなぁ。
1人で威張れるのはメテオに変身できるからでは? と私は思いました。
いざ変身が出来なくなり、気付けば自分の周りには誰もいない。
こんな状況の中で、彼は何を思うのでしょうか…?
今更弦太朗に全てを打ち明ける…ってのはプライドが許さないかな。
弦ちゃんなら「流星、やっと話してくれたな! 後は俺達に任せておけ!」みたいに言ってくれそうですがw

フォーゼep27 6

何はともあれ、特撮において「最大のピンチ」は「最大のチャンス」の前ぶれというのがお決まり。
次回ではメテオストームが登場するようですし、次回の展開が気になるところです。

フォーゼep27 7

お決まりと言えば…今回でキャンサー・ゾディアーツが超新星の力で巨大化しました。
これは明らかに次回で倒されちゃうパターン… スコーピオンと同じ道を歩むのか…
しかもスコーピオンとは違い、自ら超新星の力を使うとは… 確信犯だっ!
さらに前述の通り、次回ではメテオストームが…
これはもう、絶対に逃げられない! 短い間でしたがお疲れ様でした、鬼島君。


スマプリep7 1
スマプリep7 2

スマイルプリキュアは7話。秘密基地を探す回です。
色々とキャラの個性が生かされた場所探しをしてました。見てて微笑ましいです。
筆者待望の「みゆきの絵本好き設定」が生かされたのは喜ばしい限りです。
でもせっかく秘密図書館を秘密基地にするなら最初の「ここはダメ!」はいらないような。

スマプリep7 3

バトルシーンは相変わらず短いですが、映画で動くバトルシーンを見たので、
あんまり言うことは無かったり。
でもやっぱり、本編でもちゃんとしたバトルシーンが見たいなぁ。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/18 21:47 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(2)

ゴリサキ デコルデコールを買う

他のコメントでも申しましたが、今回のスマプリは「赤毛のアン」の要素がある一方で
全体的な話の流れが「青い鳥」だったのが心憎いエピソードでした。

明確に描写していないけど「童話に詳しい人なら解る」所がポイントです。
ポロロッカ逆流現象で児童書や童話に興味を持つ女児が増えてくれると良いのですが(*゚ー゚)>

最も、青い鳥をモチーフとしたフィクションは結構多いのですが…有名所だと『銀河鉄道999』
・主題歌の歌詞に「青い小鳥」というフレーズ
・青い鳥の原作者の名前は「モーリス・“メーテル”リンク」
・主人公、星野鉄郎は機械の体(幸せの象徴)を求めてメーテルと銀河を旅するが…


ゴーバスターズの方は「個人的に好きだけどシビア過ぎなイカ?」って感じですね(;^_^A
タイムレンジャーの靖子さんよりギンガマンの靖子さんの方が好きなので(・・。)ゞ
[ 2012/03/19 19:23 ] [ 編集 ]

Re: ゴリサキ デコルデコールを買う

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

「青い鳥」は幼少期に読んだ事がありますが、今回のスマプリを見ている中では意識してませんでした。
これに限らず、こういったお話に別のお話の要素を持ってくる展開には全く気づけません。
だいたい他の人に指摘されて「あ! 本当だ!」と気付きます。鈍いなぁ俺(・ω・`)
それにしても、さり気無く童話の描写を持ってくるやり方は憎いですね。
ただただ登場キャラが騒いでいるシーンしか見れていない自分が恥ずかしいです(> <)

銀河鉄道999は青い鳥をモチーフとしてたんですね! 知りませんでした。
鉄郎の求めていた機械の体が「幸せの象徴」ですか… なるほど。
鉄郎の「機械の体を手に入れる目的」はごもっともですが、
機械の体ってそんなにいいかなぁ? というのが当時の私の気持ちでした。
999のストーリーを知ったのはわりと最近なので、若干捻くれて理解してたところもあるのですが。

さて、ここからはこのブログに関することなのですが、
基本的に「明確に答えを求められているコメント以外は返信しない」というのがこのブログの決まりです。
ただニチアサ関連に関しては私自身も勉強することが多い為、独断で返信させてもらっている次第です。
そういうわけなので、申し訳ありませんが「The 3rd birthday」のソバスチン様のコメント返信は省かせてもらいます。
まことに勝手ですが、ご理解の程よろしくお願いします。
[ 2012/03/19 21:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/55-2f26c267