今週のハピネスチャージプリキュア! 23話

ハピネスチャージプリキュア! 23話 『超キンチョー!いおなとひめ、はじめてのおつかい!』

ハピプリep23 0

スナック菓子に108種類のオマケはめちゃくちゃ多いですね。
それだけメーカーがプリキュアに全てをかけているということなのか…?
なっとうぎょうざはノーコメント。
ハピプリep23 3

今週の歴代プリキュアは、ふたプリSSから日向咲さんことキュアブルームさんなり。
ふたプリSSの放送開始時、完璧にふたプリMHの続編だと勘違いした筆者は、
「外見がソックリなのに名前が違う! パチモンか?」とずっと思ってました。
そしてその思いは今でもあんまり変わってない
ちなみに中の人は相方と配偶者公認のカップルとなっていることで有名なり。
そんな彼女も現在では2児の母… と思ってたら現在第3子をご懐妊中だそうなり。
おめでたい報告が聞蹴ることを願いつつ。
閑話休題なり。


ハピプリep23 1

クイーンミラージュ登場。謎の威圧感に皆さん面喰います。
ミラージュの暴走を止めようとブルーも自ら鏡を通してやって来てくれました。豪華絢爛。
愛や勇気や優しさを全否定するミラージュさんと、それらを全て肯定するめぐみ。
めぐみこそがブルーの力の源だと核心したミラージュさんはめぐみに直接攻撃。
しかしブルーが間一髪で皆を転送してくれました。めでたしめでたし。

ぴかりヶ丘に戻ってきたことで、めぐみは早速いおなをハピネスチャージプリキュアに勧誘。
が、速攻で拒否られてしまいました。自分が入ることによる、3人のチームワークの乱れを懸念しているようです。
でもお祝いはしようということで、めぐみとゆうこはヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイと
いおなに買い物をしてもらうことにしました。
道中の空気は気まずいことこの上ありません。いおな・ヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイ共々
何とか話題を作ろうとしますが、かえって気まずくしてしまう結果に。
そうこうしている内に目的のスーパーに着くも、ヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルータスの通うスーパーは
高級店。これならいおなさん行きつけのスーパーの方が安くてお得ということでそちらに向かうことに。
とことん節約魂を発揮して出費を抑えようと画策するいおなさん。
ヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルートゥースが欲しがるプリキュアスナックも購入拒否。
まさかのプリキュアアニメでプリキュア商品を拒否ってしまったいおなさん。お前カブトボーグかよぉ!?
しかし交渉の末に何とか1つだけ買ってもらいました。ヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルーハワイ大喜び。
しかもレアカードも入手できたようです。ヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルードラゴン更に大喜び。

そんな調子の彼女に、いおなは質問します。どうしてアクシアを開けとしまったのかと。
ヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルーインパルスは答えます。
アクシアに祈りを捧げてたら、何か声が聞こえてたんでホイホイ釣られてしまった、と。
伝えようとはしたけど、その相手が会う度に口々に罵倒してきたのでタイミングが見つからなかった、と。
いおなさん超ションボリ。ここまで関係がこじれてしまったのは、全部自分が聞こうとしなかったせいだったのだ。
1人駆け出して反省に次ぐ反省をしますが、「謝罪はできたんだから後は歩み寄るべき」とぐらさんからのアドバイス。
と思ったらサイアークが現れました。

新たな変身アイテムでサイアークに対し、1人で健闘するキュアフォーチュン。
しかし今回は小さいサイアークも戦闘に参加。まわりをチョロチョロされて非常に鬱陶しいです。
かといってそちらに気を取られていたら、デカイ方にやられてしまう。アクションゲームで嫌われがちなパターンです。
悩んでいると、空からヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルドックソースの声が。
何分イザコザが終わったばかりなので、お互い緊張してた面もあったのでしょう。
でも腐ってもプリキュアですから、ここは身体を動かしながら本音を言い合うのが性分。
ということでプリカードを使ってチョイアークを一斉撃破。サイアークも一緒に撃破。
戦い通して、2人がいてこその勝利だと実感したフォーチュンとプリンセス。
お互い下の名前で言い合うことも決め、いおなは改めてハピネスチャージプリキュアへ仲間入りするのでした。


ハピプリep23 2

前回「プリカード全部あげる!」と言っていたのにシャーベットバレエ使ってるのは何故なんでしょうかね…
そんなこと言ったらパティシエのカードもなんですが。さてはレアカードだけ抜きおったな! やりおる。

ひめといおな、こじれた関係もようやく今回で収束を迎えました。
当初はピリピリしていたいおなもそうですが、ひめも憎まれ対象にちゃんと意見を言えるようになったのも
めぐみやゆうこと関わってきたからですから、2人の関係はお互いここまで時間を費やしたからこそ育めるものとも言えますね。
思えばハピプリ1話はプリンセスとフォーチュンの戦闘シーンから始まったもんです。
片や逃げ回るばかりでロクに戦えず、片や姉のお古を身に纏い、憎しみの化身状態。
あのギスギスした関係が、ちゃんと笑顔で手を取り合える仲に変わっているとなると、う~ん本当に感慨深い。
あとブルースカイ王国の国王と女王は娘さんに「箱に勧誘されても開けるなよ」とちゃんと言い聞かせてやって下さい。
と言ってももう後の祭りですが。

それにしてももう23話。もうすぐ折り返し地点なんだなぁ。
鎧武は「まだ30話台?」って感じがするんですけどね。
関連記事
スポンサーサイト

野島兄「普段からタキシード着てるのは可笑しいだろ。」野島弟「プリキュアを緊縛してる方が変態だと思うけど…」

どうも、ニコ生(PSV)で『美少女戦士セーラームーン Crystal』を視聴したソバスチンです。
かつての放送枠、土曜19時にやるとは粋な計らいですがどうせなら深夜になってもTVかOVAでやって頂きたかったのが正直なところです。
1話は良くも悪くもTV版を踏襲した形でしたがバンクや演出は流石に時代の進化を感じさせて好印象でしたd(-_^)
原作絵に近づけたためギャグパートが固めですが、三石さんも健闘していました。
只、制作発表からの難産、SDが境宗久氏(スイートの総責任者)と不安要素も多いんですがねぇ…(;^_^A
 キュアブルーム・日向咲は相方の舞共々初代のコピーのように言われますが、なぎさ&ほのか が現代風な都会っ子に対して
咲&舞は純朴な田舎っ子な雰囲気で差別化出来ていると思うのです。所属するソフトボール部のエピソードもなぎさのラクロスより好きだったりします。
特にキントレスキーとの「勝利」に対する問答は最終回エピローグへの布石でしたし。
そういえば彼女の憧れの人、舞のお兄さんの和也の中の人は野島(弟)さんでしたねw

 ボンバーガールズがレアキャラという事が判明したハピプリですが、今回はフレッシュでのmktnとせつなの親睦回を思い浮かべました。
プリキュアとしての遺恨は晴れたものの、パーソナリティな所で性格の違いから気まずい空気になってしまう展開です。
いおながせつなだったとして例の「しまむらファッション」を ひめは着てくれるのだらうか…
http://celtsenya.files.wordpress.com/2009/09/10mai292038.jpg?w=300
 いおなのポンコツ化が不安視されていましたが倹約家、家庭的(ケチではない!)という性格付けならシッカリ者として活躍出来ると思います、たぶん(^▽^;)
ひめがアクシアを開けてしまった経緯も判明、予想通りな感じでしたがいおなが改めて自身が憎しみに囚われていたか反省する描写を挟んで好印象でした。
そんな彼女のフォローをするぐらさんは出来た妖精と言えます。改めてスイート勢の不幸は(ry
 今回のバトルは前回以上に大迫力で工夫が凝らされて好きですね、板野サーカスや雑兵に紛れる敵等トリッキーでしたd(-_^)
そして、プリンセス&フォーチュンの本格的なコンビネーションを見れた訳ですから、ラブリーとハニーが最後に遅れて登場するギャグも中々w
 ザブタイのためアッサリと流れた冒頭のミラージュとの絡みですが割と重要な伏線でしたね。
ミラージュがブルーとのフラグが立っているラブリーに対して怒りを露にしていましたしドロドロした展開が待っているのかも…
お母さんの病気の件もありましたし、めぐみを巡る物語は茨の道なのかも…(・・;)
[ 2014/07/06 15:46 ] [ 編集 ]

狩魔冥もフルネームで呼んでくれるのでしょうか?

確かにソバスチン様の仰るように美希とせつなで衣装を買う回を思わせました。
美希の場合、最初にせつな=イースと疑った事や正体が判明した後も強硬な姿勢をラブに示していた事もあり気まずい感じになっていました。
(タコの事もあり美希が一人で空回りしていたのも彼女らしくもありましたが。)
WOLT様がスイートでの『和解』に不満タラタラなのも前半の連続性の無いリセット地獄な所と
ビート加入がサブキャラに過ぎないハミィの 「無垢な善意」に引っ掻き回されたせいでしょう、プリキュアそっちのけで。
ガンダムOOのティエリアが言うように「無垢(盲信的)な善意は悪意よりタチが悪い」そう思わせてしまう捻くれた脚本でした。
それにしても、ぐらさんが言うように短い出演ながらクイーンミラージュの威圧感はスゴイですねw
女性のラスボスは5のデスパライア以来ですが、ヘタな怪物を出すより効果的です。
國府田さんの熱演もありますし、プリキュアシリーズにおいては中々稀なケースです。
ひめ&いおなパートは爽やかに幕を閉じられましたが、めぐみの恋愛事情は確かに険しいかもしれませんね。
[ 2014/07/06 21:58 ] [ 編集 ]

S☆Sが一番、大好き。

>今週の歴代プリキュアは、ふたプリSSから日向咲さんことキュアブルームさんなり。

この日に丁度、映画ふたりはプリキュア スプラッシュスター チクタク危機一髪!のコミックが通販から届いたんですよね。
いや~なんか色々と嬉しくなりましたね、ファンとして。

>めぐみこそがブルーの力の源だと核心したミラージュさんはめぐみに直接攻撃。

……力の源になる様な場面あったかな?と思いましたね。
あひこは完全に昔の女が元カレに新しい女ができたことに対する嫉妬にしか見えませんでしたね。
今回、はぐらかされましたがブルーとミラージュの過去は一体?

>が、速攻で拒否られてしまいました。自分が入ることによる、3人のチームワークの乱れを懸念しているようです。

嘗ては戦力としか見ていなかったのに前に断ったのは感情的な理由だったのに今回は三人を思ってでの拒否。
ほんと、成長しましたな、いおなは。

>片や逃げ回るばかりでロクに戦えず、片や姉のお古を身に纏い、憎しみの化身状態。

ほんと、ここからよく二人とも、仲良くなれたましたね。
今回の話は今までの中でも一二を争う素晴らしい出来でした。
今までの確執と積み重ねがあればこそまだまだなにかあるだろうけど二人なら乗り越えてますます仲良しになることでしょう。

>あとブルースカイ王国の国王と女王は娘さんに「箱に勧誘されても開けるなよ」とちゃんと言い聞かせてやって下さい。

描写を見る限りでは邪悪なものと王国では伝わっていなかったみたいなんですよね。
どうして、ブルースカイ王国に箱があったのか?いおなはどうして、ひめが箱を開けたことを知っていたのか?
未だ多くの謎を残しているだけにこちらも気になります。
それでは、
[ 2014/07/11 15:19 ] [ 編集 ]

Re: 野島兄「普段からタキシード着てるのは可笑しいだろ。」野島弟「プリキュアを緊縛してる方が変態だと思うけど…」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
セーラームーンについてのコメントは別の記事で…

フレッシュのmktnとせつなの親睦回は懐かしいですね。タコの回ですねw
どちらも戦いを通して本気を語り合う、っていうのがプリキュアらしいですね。
ちなみにキャラ付けに関してはしっかり者といいますか、ババ臭いと言いますか…(^^;
あそこまで家庭的ということは、親御さんはどうしてるのでしょうか。まさか姉と揃って親御さんも…?
…という話までは聞いてないので、流石にないと思いますが…w
次回はまためぐみとブルーの距離が急接近するみたいですが…?
ああゆう純粋な良い子は茨の道を辿って修羅場展開になるのが面白いと思うんですけどね~(ゲス顔)
[ 2014/07/13 00:40 ] [ 編集 ]

Re: 狩魔冥もフルネームで呼んでくれるのでしょうか?

よたろう様、コメントありがとうございます!

もしや私のスイプリの感想記事を見てくださったのでしょうか。
確かにビート加入の一連のイベントは今でも不満タラタラです^^;
あの記事を書いた時は所謂「若気の至り」的なノリで書いた部分もあるので、
今では若干評価を見直した部分もあるのですが、あの部分だけは歪みないですねw
クイーンミラージュの威圧感は確かに圧倒的ですが、個人的にラスボスとは思えないんですよね。
ブルーとの絡みもありますし、何か背後にいるような感じがします。
[ 2014/07/13 12:11 ] [ 編集 ]

Re: S☆Sが一番、大好き。

:様、コメントありがとうございます!
SSが1番好きなんですか。この頃は視聴率やら玩具売り上げやら色々と激動の日々だったそうで。
2人体制のプリキュアとしては、中々洗練されたものだと思いますよ、私は。

>……力の源になる様な場面あったかな?と思いましたね。

これはちょっと語弊があったかもしれません。正確には「心の支え」みたいな。
まあブルーに関してはまだまだ分からないことが多いので、決めつけるのもアレですね。

>ほんと、ここからよく二人とも、仲良くなれたましたね。
今回の話は今までの中でも一二を争う素晴らしい出来でした。
今までの確執と積み重ねがあればこそまだまだなにかあるだろうけど二人なら乗り越えてますます仲良しになることでしょう。

私も記事に載せた、2人が笑顔で手を取り合ってるシーンを見て、
「ああ、ちゃんと分かり合ってる」としみじみ納得しました。
きちんと描写の積み重ねをするハピプリには「納得のシーン」というのが本当に多いです。

>どうして、ブルースカイ王国に箱があったのか?いおなはどうして、ひめが箱を開けたことを知っていたのか?

私の予想としては、
「ひめ、ブルーに自分が箱を開けたことを告白」

「ブルーはプリキュアの妖精にも通じているので、ぐらさんとも交流があった」

「その交流の中で、ブルーはぐらさんにひめが箱を開けたことを話す」

ということで、ブルー→ぐらさん→いおな経由で伝わったのではないかと思います。
あくまで推測ですが。それ以外のことはまだ分かりません。大人しく見守っていきましょうかね。
[ 2014/07/13 15:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/568-e55e04c5


ハピネスチャージプリキュア!23話超キンチョー! いおなとひめ、はじめてのおつかい!感想

ひめが言うにはクイーンミラージュを倒せばブルースカイ王国や両親も元に戻るらしい、尤もビッグな威圧感があるそうだからそう簡単には倒せないだろうけどね。 ファントムがクイーンミラージュに怒られてた、黙って行動すればそりゃ怒られるか。 クイーンミラージュはブルーから愛とかが幻想だと教えられてたらしい、何があったのかが気になる。 ブルーがクイーンミラージュと昔の知り合いだったことを...
[2014/07/06 19:07] URL 気が向いた時にだけ書きたい事を節操無く書くだけのブログ

ハピネスチャージプリキュア! 第23話「超キンチョー、いおなとひめ、初めてのおつかい!」 キャプ付感想

いおなとひめの初めてのおつかいに緊張。 サブタイは、そっちなの?w 冒頭のクイーンミラージュとの初対面よりそっちが緊張するんだ(^^; クイーン・ミラージュとの戦いの後、気まずい雰囲気のめぐみたち。 ホームパーティーで仲良しになれるかな? 一緒におつかいに行ったひめから、アクシアを開けた理由が明かされる…。  
[2014/07/06 19:28] URL 空 と 夏 の 間 ...

ハピネスチャージプリキュア! 第23話「超キンチョー!いおなとひめ、はじめてのおつかい!」

ハピネスチャージプリキュア! 第23話「超キンチョー!いおなとひめ、はじめてのおつかい!」 突如、巨大な鏡を通してその姿を現したクイーンミラージュは、ファントムにぴかりが丘に行けと命じたかと問いかける。そして自分の計画を邪魔するハピネスチャージプリキュアに...
[2014/07/07 12:35] URL ひびレビ