HGBC 1/144 ヴァリュアブルポッド レビュー

IMG_7626.jpg
HGBC ヴァリュアブルポッド
メーカー小売価格:864円

テスト撮影兼ねたレビュー…では済まされない最新プラモレビュー。
光の当て方はかなり苦戦してます。写真によって出来が非常にバラついているかと。
次回更新予定のゼータプラスは大丈夫だよな…?

というわけで、HGBC 1/144 ヴァリュアブルポッドのレビューをいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
IMG_7632.jpg
こちらがヴァリュアブルポッド。盾の位置から最初は戦車かと思いましたが、
どうやら飛行兵器だそうです。
「ヴァリュアブル」というのは宇宙世紀のギャン使いであるマ・クベの「いいものだ」に由来してるとか。


IMG_7633.jpg
後ろ。
とりあえずギャンバルカンに改造する為のパーツがコイツに詰まってます。


IMG_7631.jpg
大型のガトリング砲。


IMG_7634.jpg
キットの裏側には、ギャンバルカン用の頭部が隠されています。


IMG_7637.jpg
ギャン特有のミサイルシールド。
一応新規造型であり、真ん中にビームサーベル用のジョイント穴が空いています。


IMG_7636.jpg
ギャンバルカンの肩にあたるパーツ。サーベル柄もマウントされてます。
ちなみにこのサーベル柄も地味に新規造型。


IMG_7635.jpg
そして赤丸で囲った部分には「ヴァリュアブルポッド」専用のビーム発射口があります。
つまりはギャンらしくビームサーベルの仕掛けが至るところに満載なわけです。
で、肝心のビーム刃はと言うと。


IMG_7638.jpg
デデドン!(絶望) まさかの一体成型パーツという…
ちなみにこれよりも遥かに古いキットであるHGUCギャンにはちゃんとクリアパーツのビーム刃が付属していました


とりあえずまあ、HGBCよろしく様々なキットとミキシングすることができますが、
今回は当キットの触れ込み通り、「ギャンバルカンへの換装」を取り扱っていきます。


IMG_7639.jpg
その前にHGUCギャンの簡単な復習。
HGUCブランドの2番目に作られたという、古参中の古参キットです。
古いキット故に造形面は甘く、関節部のポリキャップが剥き出しだったり、腰や脚がロクに動かなかったり、
そんな構造故に関節の強度がかなり弱かったりと、現在の視点ではかなりキツい出来栄えとなっています。


IMG_7643.jpg
ギャンバルカンへ換装する為に、一度ヴァリュアブルポッドのパーツを図のようにバラします。


IMG_7642.jpg
その他にも手首パーツやシールドの保持用パーツなど、キットに同梱されているものが必要になります。
あとはこれらのパーツをギャンに組み合わせるだけです。


IMG_7645.jpg
YMS-15 ギャンバルカン

第7回大会決勝戦前夜祭のイベントバトルでサザキが使用するギャンギャギャンの改造機。
両手のシールドに加え、両肩にビームサーベルを格納した追加装甲、
背部に2門のガトリングを備えた着脱式のパックパックが追加されている。


おお、あのヒョロヒョロとしたギャンが装甲を強化し、ガッチリとしたプロポーションに早変わり!
これは「いいもの」かもしれない!少なくともデザインは。


IMG_7646.jpg
フロントビュー。ロクに武装の無かったギャンが、重装備になって新登場(?)。
2本のサーベルや2つのシールドなど、ギャンらしさが取り残された武装デザインですね。


IMG_7648.jpg
リアビュー。背後のバックパックも大型化し、いい感じに。


IMG_7649.jpg
顔。頭部はギャンバルカン専用のものに変更されています。
モノアイスリット付近の装甲が出っ張ってたり、頭頂部の角のデザインが変わってたりと中々印象的。


IMG_7670.jpg
ちなみにこの頭部パーツのモノアイ部は、3つのシールから1つを選んで取り付けるようになっています。
しかし頭部パーツは1つしか付いてこないので、ぶっちゃけモノアイを真ん中にする以外の選択肢がないです。
これは頭部パーツを3つ付属させるべきだと思うんですが…


IMG_7650.jpg

IMG_7654.jpg
ヴァリュアブルポッドで主砲だったガトリング砲は、バックパックに繋がれて装備。
作中では宇宙を自在に飛び回っていたあたり、かなり大型のバックパックです。


IMG_7655.jpg
サーベル柄は肩にマウントされている構造に。シールドはジョイントパーツを使って手持ち。


IMG_7656.jpg
なおシールドは従来の仕様通り、ジョイントパーツを倒して前に向けることができます。
ただしポリキャップが一切使われてないので、ヘタりが結構怖いですね。


IMG_7660.jpg
シールド真ん中のジョイント穴にはビーム刃(一体成型)を装備可能。
HGUCギャンのクリアビーム刃は径が合わないので装備することはできません。


IMG_7663.jpg
サーベルの方も同じくビーム刃(一体成型を装備できます。
こちらもHGUCのクリアビーム刃と径が合っていませんが、穴が深いので無理矢理はめ込むことが出来ます。


それではかるーくブンドドいきます。


IMG_7657.jpg
スタンド用の3mm穴は開いてないので、ディスプレイにはアクションベースがほぼ必須。
魂STAGEでもできないことはないですが、ギャンバルカンが重いのと掴みにくいのがネック。


IMG_7659.jpg
シールドかざして一斉砲撃!
正直シールドが重くて関節が結構ヘタレてきてますorz


IMG_7661.jpg
接近武器に関しては可動範囲が良くないので、ポーズをとるのには結構苦戦します。
主に下半身の自由度の低さが辛い。


IMG_7662.jpg
何とか肩のサーベルを抜刀しようとしてる図。ギャンの関節構造だとこの角度が限界。


IMG_7664.jpg
抜刀。せっかくなので一刀流の時はクリアビーム刃使います。


IMG_7665.jpg
マ・クベっぽく突きのポーズ。
やっぱり大人しいポーズは換装前のノーマルギャンが似合いますかね。


IMG_7666.jpg
やはりここは思い切って浮かせてポーズをとった方がかっこいいですかね。


IMG_7667.jpg
2刀流。装甲を増した肩パーツのおかげで剣豪っぽくでかっこいい。


IMG_7668.jpg
んでもって浮かせてみる。やっぱりギャンってビームサーベルありきなんだなぁ。

IMG_7677.jpg
以上、HGBC 1/144 ヴァリュアブルポッドのレビューでした。


実際のキットで見た時のギャンバルカンのかっこよさには結構惚れました。
武装デザインとかも面白いですし、デザイン自体は「いいもの」だと思います。

でも、そういう問題じゃないですよね?

前述の通りギャンはプラモとして相当古いものであり、外部から手を尽くすだけじゃ限界があります。
元々関節の強度が弱いキットですから、ギャンバルカンのような重装備を施すとますます強度が悪化します。
特に下半身に関してはヴァリュアブルポッドで一切パーツが追加されない為、重心のバランスが非常に悪くなってしまいます。
元々の接地性も悪い為、とにかく不安定です。そして浮かせて飾ろうにもいつもの3mm穴はないし…orz

やはりグフR35同様、ギャンバルカンも時間をかけて、ちゃんとした完成版を世に送り出すべきでした。
古参キットをリニューアルするわけですから、ちゃんと手間暇かければ相当売れますよ。きっと。
せめてヴァリュアブルキットに付属するビーム刃がクリアパーツだったら、まだ評価上がってたんだろうけど…

ギャンバルカンは遊びにくいですし、かと言って他のキットに流用するにはイマイチデザインがアレですし。
このヴァリュアブルキットを使いこなすには、とにかく「愛」が必要です。
逆にそのシブさにハマったり、「ガッツリ改造したるわ!」って人なら勧められると思います。
とりあえず、まずは壺を愛でてみることから始めましょうか?

 

あと、写真の撮り方をもっと上手くならないと… まだまだ背景に振り回されてばかりです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/07/10 21:06 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(2)

あの壺は北宋ではないという説も…

どうも、オリジンのマ・クベの名将っぷりに驚くソバスチンです。
対照的にシャリア・ブルがララァを立たせるための噛ませになっていたり。
アニメでは出番が少ないけどなんだか嫌味なゴップ提督が有能な人物だったりと
「歴史の解釈は時代によって変わる」を体現しているのは歴史大河物を手がけた安彦氏ならではですd(-_^)
あまりにも早く亡くなられた塩沢兼人氏に是非オリジンでも演じて頂きたかったです。

某太陽戦隊みたいな名前になったギャンバルカン&ヴァリアブル・ポッド(壺)ですが
両手にクラッシュシールド、背部のスラッシュウィザードに追加装甲と
歴代の近接専用MSのイイトコ取りでありながらバランスの良いデザインは中々しっくりきますねd(-_^)
BF本編で前身のギャンギャギャンを見た時は「両手をシールドで塞いじゃ抜刀できないじゃん」
と呆れていましたがサザキくんはこの問題点を見事に解決したわけです。
防御しながらも火力が落ちない点ではラルさんのグフR35を上回っています。
(ザクもグフもシールドを構えながら射撃できないのは大きな欠点)
 しかしというかやっぱりというか、この程度の単価のキットにクリアパーツを付けないのはいただけませんね(-_-;
なにより新造のHGUCギャンを開発しなかったのはグフに比べ冷遇と言わざる得ません。
開発リソースをグフとギャンどちらかに割くかという選択を迫られ結局「キャラ人気の差」で
グフに軍配が上がったのがアナハイム静岡の裏事情じゃないかと邪推してしまいますw
 YMS-15、「ギャン」はジオン公国軍次期主力MSの候補としてツィマッド社で試作されたという設定が後付されましたが。
当時のジオンのドクトリンの違いとジオニック社との政治的な駆け引きの必敗でゲルググに敗れる形となりました。
本機の駆動系には「流体パルスアクセラレーター」という運動性を強化する装置が組み込まれたり
マさんのようなパイロットとしては素人同然な者でも難なく扱えたりとジオンで一番ガンダムに近いMSは本機であるという設定も加わりました。
又、再設計機体のガルバルディαはゲルググと同種のビームライフルを運用できますし、色物に見えてポテンシャルも決して低くはないようです。
戦略SLG「ギレンの野望」では次期主力機をギャンにすることも可能で高機動型や砲撃型等のバリエーション展開も可能です。
http://egps.web.fc2.com/gyan-k-1.JPG
http://pds19.egloos.com/pds/201104/08/88/b0040388_4d9ee759970ec.jpg
http://stat.ameba.jp/user_images/d1/ce/10136829917.jpg
シャアとマ・クベ、ラルさんとサザキくん、どちらも搭乗者の差で冷遇されるのはギャンの宿命なのでしょうかw
[ 2014/07/11 18:54 ] [ 編集 ]

Re: あの壺は北宋ではないという説も…

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

予想通り、ギャンバルカンに関しては可動面は本当に悲惨なことになってますが、
デザインについては実際組んでみて初めてその良さが実感できたと思います。
ちょっと可動面をいじくって「新生ギャン」を作ってみようかなとも考えました。考えただけですが。
しかしサザキくんもラルさんほどではないにしろ人気はあったと思うんですけどね…
再登場までのブランクが妙に長かった割には某掲示板や某動画ではサザキくんの名前を良く聞きましたし。
…やはり彼の為にも改造してみましょうかね、ギャン…
[ 2014/07/18 23:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/571-c20f9b96