ROBOT魂 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード) レビュー

IMG_7887.jpg
ROBOT魂 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)
販売価格:5800円 ※ガンダムフロント東京限定販売

ガンダムフロント東京に赴いて買ってきました。りんかい線乗るの超久々。
販売数を危惧して朝早くから並びましたが、杞憂に終わったみたいでズコりました。

というわけで、ROBOT魂 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)をレビューいたします。

※7/20 フルアーマー装備関連の画像を2枚追加しました。

※7/25 8/8にガンダムフロント東京にて2次販売することが決定したようです。
IMG_7889.jpg

RX-0 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)

『UC』本編には登場しない機体で、派生作品『機動戦士ガンダムUC One of Seventy Two』にのみ登場。
名称の「フェネクス」は、邪悪な不死鳥が由来。鳳凰をイメージした頭部アンテナの形状や黄金のカラーリングは、
ユニコーンやバンシィと同様に「貴婦人と一角獣」に描かれた動物からコンセプトを得ており、
その絵に描かれた鳥をモチーフとしている。全身の装甲色は金、サイコフレームの発光色は青となっている。
暴走状態では、ツイン・アイの発光色が黄色から赤に変化する。
「UC計画」にビスト財団が関わることをよしとしない、ある地球連邦軍高官の指示で、
納入前の未完成状態であった試験用のフル・サイコフレームの素体を用いて、
1号機と2号機の建造データを反映させて連邦軍が独自に組み上げた機体。
武装は1号機の基本装備に追加して、背部にアームド・アーマーDEを二枚一対の大きな翼のように装備している。
それらをそれぞれ左右の腕部に装着することで、メガ・キャノンの発射形態をとることが可能。
U.C.0095年12月3日にマーサ・ビスト・カーバインの立会いの下、アナハイム社が組み上げたバンシィとの合同評価試験を実施。
「袖付き」のニュータイプ専用分離可変機リバウとの交戦中に、NT-Dを発動させたバンシィの優位に焦る
連邦軍高官の指示により、NT-Dのリミッターを解除。その後、バンシィとのサイコフレームの共鳴により暴走し、
標的をリバウからバンシィへと変更。バンシィを撤退させた後も暴走は治まらず、最後には連邦軍高官の乗る母艦のブリッジを破壊する。


兼ねてから筆者がROBOT魂デビューを熱望していたフェネクスが遂にROBOT魂にて登場。
HGUC版はガンダムフロント東京限定という微妙な販売方法をしとっていますが、
まさかROBOT魂まで現地で売ってしまうとは。ガンプラと関係ないのに。


IMG_7892.jpg
フロントビュー。分かりますかね、この全身の金色塗装の質感。
もうキラッキラです。HGUCのパチ組みのチープさとは大違いです。(比べるのも酷ですが)
ジャンルが違いますが、同じく全身金色塗装のフィギュアーツブレイドのキングフォームと比べると、
こちらの方がかなり濃いめの塗装となっています。


IMG_7896.jpg
リアビュー。
装甲以外にも至る部分がメタリック塗装されています。何というゴージャス仕様。


IMG_7899.jpg
顔。安定のユニコーンフェイスです。ツインアイは黄色なので通常形態ですね。
なお赤色のものは付属しません。


IMG_7908.jpg


IMG_7903.jpg

IMG_7904.jpg

IMG_7905.jpg


IMG_7907.jpg
とにかく舐め回すように見てみます。う~ん、凄いゴージャス。凄いゴールド。そして撮影難しい…orz
反面、サイコフレームのメタブルーの塗装はちょっと薄め…というかチープ。
場所にもよりますが、全体的に下地が浮き出てる感じがします。もっと濃く塗っておくれ。


IMG_7960.jpg
あと細かいですが、ビームトンファーのヒンジの部分が塗装されてないのも残念。
見本ではちゃんと塗装されてたんですが…


IMG_7906.jpg
ちなみに素体はユニコーンガンダムのフルアーマー対応版をベースにしているので、
フルアーマーパーツを装着するハードポイントも備わっています。


なお、可動範囲・本体ギミックにつきましては前述の通りユニコーンガンダムの素体をベースにしているので、
過去のフルアクションver.の記事を参照にしてください。


IMG_7909.jpg
付属品。


IMG_7910.jpg
ビームマグナムはユニコーンに付いてきたものと同じ。


IMG_7911.jpg
アームド・アーマーDEを背負わせる為のジョイントパーツ。
バックパックのハードポイントに装着させて、後はジョイントの先端にアームド・アーマーDEを装着させるだけ。


IMG_7913.jpg
装着させてみた画像。フェネクスのシルエットに収まりました。
アームド・アーマーDEが翼のようで、まさしく不死鳥。


IMG_7915.jpg
後ろ。実はアームド・アーマーDEのサイコフレームを上手く展開できてないんだけど、
比較的上手く撮れたと思うんで見逃して…orz


IMG_7916.jpg
翼ジョイントの基部はボールジョイントなので、フレキシブルに可動。


IMG_7943.jpg
腕用のジョイントパーツを付ければ、腕に装着させることももちろん可能。


IMG_7964.jpg
フルアーマーパーツを装着してみた画像。
両腕のアームド・アーマーDEの見栄えがよろしいですが、バックパックのバズーカとメチャクチャ干渉します。


IMG_7965.jpg
なおアームド・アーマーDEは2枚だけなので、バックパックのシールドはユニコーンから拝借。
2個買いすべきだったか。


IMG_7926.jpg
他ユニコーンと比較。一角獣と獅子と不死鳥。これで美女がいれば完璧か。
アームド・アーマーDEがないせいで妙にユニコーンが貧相に見えてしまう…


IMG_7963.jpg
なおジョイント穴は同一なので、翼ジョイントは他のユニコーンに装着することも可能です。


ではではゴージャスにブンドド。


IMG_7931.jpg
ただの飛行ポーズでも、塗装のおかげで他とは違うオーラを感じますぜ。


IMG_7932.jpg
時代と世界観が違えば某黄金大使も使ってた…のかも?
でもあの人の場合、サイコフレームが共鳴してくれるかどうか。


IMG_7939.jpg
とにかく金色。どんなポーズもゴージャスに決まります。


IMG_7933.jpg
HGUCの箱絵っぽく…したかった。絵の嘘が含まれているとはいえ、難しいのう。


IMG_7941.jpg
ビームトンファーは翼みたく左右に「伸びている」感じで非常に映えますね。


IMG_7942.jpg
とにかくゴージャスな仕様ですが、所詮MSV。影の薄さは拭えない。金色なのに。


IMG_7945.jpg
メガキャノン発射形態みたく。ピントが合わない…orz


IMG_7947.jpg
これならどうや。グフR35でも悩みましたが、両手を広げる射撃ポーズって中々難しい。


IMG_7950.jpg
盾とビームサーベルというガンダムらしい(?)ポーズ。
不死鳥というコンセプト的に、アームド・アーマーDEは同じ位置に装着させたいですが、これはこれでいい感じか?


IMG_7954.jpg
影の薄さを補うべくEXVSに出してもいいと思うんですけど(迷推理)
あーでもその場合パイロットどうしよう。やっぱ黄金大使か?w


IMG_7958.jpg
筆者のコメントが迷走していますが、以上、ROBOT魂 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)のレビューでした。

安定と安心のユニコーンフルアクションver.素体を流用しているので、プロポーション・可動は共に保障されてます。
やはり特筆すべきは全身の金色塗装ですね。本当にキラッキラです。
HGUCみたくチープなキツネ色ではなく、MGのようなメッキ加工でもありません。
本当にゴージャスな金色の塗装です。こればっかりは本当に手に取って実際に目で見てもらいたいです。
というわけで筆者の満足度は上々なわけですが、苦言を呈するとしたらやはり販売方法でしょうか。

筆者は諸々用事を立てていたとはいえ、やはりコイツの為にお台場に出向くことを渋る人はいるかと思います。
特に地方の人なんかは大変ですし。一応後日プレバンで販売されますが、その方法は抽選販売。フォローしきれてないですよ!
ただ実際現地に着いてみると、予想以上の数が用意されてました。店内にも相当な数が用意されてましたし、
レジの奥にもたんまり置いてあった他、ダンボールの中にも用意されてました。魂NATIONSとかよりも圧倒的に販売数多いんじゃ。
ここまで来ると何故ガンダムフロント東京限定にしたのか疑問に思います。
HGUC版フェネクスがガンダムフロント東京限定なので、それとの兼ね合いかなー? とも思いましたが、
よく考えてみればMG版フェネクスは一般販売されてるわけですし…
大体店舗限定販売っつーのはフィギュアーツアギトとかで散々叩かれただろ!

とはいえ準備数が相当だったのは事実なので、恐らく当日並んだ方は皆買えたと思います。
この記事書いている時点(7/19 19時)では公式HPで完売の報告がない為、恐らくまだ売ってるものと思われます。
まだ買ってないあなたもまだ間に合いますよ! 是非どうぞ。

※1次販売分は7/20にて完売。8/8にて2次販売されるようです。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/07/19 19:37 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(6)

EP7仕様という名の色修正版ローゼンズール…。

WOLT様、遠路お台場までお疲れ様です あそこは東京近辺に住む者から見るとことさら立地が悪い場所ですからあまり行きたく無いんですよね(^▽^;)
都会のセンスから隔離されたフ○テレビが落ちぶれるのも当然至極なんですよ。

 それはさておき、ROBOT魂版フェネクスはバンシィ以上に仰々しい姿になっていますね。
元々バンシィ自体が原作連載中にテコ入れで投入された感がありましたから
「ついでだから、あの絵の動物を全部出そう」なんて考えが本機を生み出したとも言えますが…。
一般販売されているのはMGのみですし例によって扱い難い全身金メッキですから
1/144の立体物が欲しいのならこの機会は逃せられないのでしょう(私の心はもうGレコですがw)
不死鳥がモチーフなのですがサンライズ繋がりなこともあり「TIGER&BUNNY The Rising」に登場する
ゴールデンライアンを私は思い浮かべてしまいます(^▽^;) 
http://bandai.hs.llnwd.net/e1/bc/images/shop_top_tamashii/TB_SHF_1280_800_RYAN_0122.jpg 
http://tamashii.jp/item/10587/
 UC-MSVにおいてはその後の行方等、最も謎の多いフェネクスですが。
新展開をやり易いようにあのような裏シナリオを付け加えたのか?
サイドストーリーズアレルギーもありまして非常に感心出来ない物で。
この手のMSはパイオニアのブルーディスティニーのリリースまで興味は湧きませんね…( ̄ω ̄;)
[ 2014/07/20 17:09 ] [ 編集 ]

どうしようかと悩んでいたフェネクスですが、記事を見てると結構良さそうと思い、空いている日に行けばあるだろうなと思ってたらもう完売……(´・ω・`)

バ○ダイさん今からでも遅くないので抽選から受注に変えてくれませんかね(ーー;)
[ 2014/07/22 23:25 ] [ 編集 ]

Re: EP7仕様という名の色修正版ローゼンズール…。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
どちらかと言えば、お台場よりは秋葉原の方が行ってて楽しいですね。
お台場はファミリー向けのレジャー施設ばかりで、1人でぶらつくには退屈すぎます。

フェネクスの全身金塗装は、確かに神々しくもあれば、禍々しくもあります。
正に触れるに触れられない、神格のような存在です。
ウケ狙いで投入されたのは丸わかりですが、まあ活躍に関しては所詮MSVってことで…w
そもそもサイコフレームなんていう得体のしれないものを全身にはめ込んだ機体を、
どうして3機も作らねばならんのか疑問に思います。
まずはサイコフレームが何たるものなのか、ちゃんと解析してから作らないと…
[ 2014/07/27 00:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

75system様、コメントありがとうございます!

そうですか、購入できませんでしたか… 残念です。
噂によれば、抽選販売の為に在庫を確保する為、急遽完売扱いにしたとかしてないとか…
…と思いきや、8月に再販されるみたいです。
善は急げとは言いますし、今度こそ買い逃さぬよう祈っております。
[ 2014/07/27 14:23 ] [ 編集 ]

黄金大使懐かしいですね。あの人金色ならなんでも乗りそう。
[ 2017/01/17 23:31 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

OH様、コメントありがとうございます。

小者ながらも強欲である彼にサイコフレームはどのような反応を見せるのか気になりますね。
サイコフレームが光ったらそのゴージャスさにかなり感動しそう。
[ 2017/01/21 18:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/579-d8b1e65d