今週の仮面ライダー鎧武 38話

仮面ライダー鎧武 38話 『プロフェッサーの帰還』

鎧武ep38 0

大丈夫だ! まだ「久保田悠来オールアップ報告」を聞いてないぞ!
鎧武ep38 1

光実と貴虎を止めるべく、映画の宣伝に邪魔をされながらも先を急ぐ紘汰。
しかし時すでに遅く、紘汰を待っていたのは光実でも貴虎でもなく、
壊れたメロンロックシードと戦極ドライバーという、戦いの結果を嫌でも暗示させるものでした。
ガレージに戻り、舞に貴虎がやられてしまったことを告げる紘汰。それでも光実を諦めきれない。
そんな彼の下に、プロフェッサー戦極凌馬が短パン姿で久々に登場。
彼が言うには、ユグドラシルタワーに戻る為の秘密の出入り口が町の外にあるとのこと。
ユグドラシルタワーに潜入することは、紘汰たちにとっても凌馬にとっても大きな目標。しかし凌馬を簡単に信用することはできない。
結論が出せないまま、ガレージを後にする凌馬。紘太にとって答えが出せないのは、何も凌馬のことだけではありませんでした。
ある日舞とペコが物資調達に向かっていると、光実がオーバーロードのシンムグルンを伴って参上。
ペコを軽蔑の眼差しで睨み、シンムグルンを使って徹底的に痛めつける光実。
舞は光実に止めるよう説得しますが、光実は笑顔で「一緒に来てください」と壊れたラジカセのように繰り返すばかりです。怖い。
結局舞はペコを助ける為、光実に従うことに。満身創痍のペコは無線で紘汰と戒斗を呼び出します。
光実に追いついた紘汰は説得を試みるも、肝心の相手が殺す気マンマンだった為仕方なく抗戦。
ジンバーレモン、カチドキと使いこなす鎧武でしたが、堕ちるとこ堕ちた光実の斬月・真の暴走は止まりません。
バロンも介入し、2人がかりで必殺技を決めるも、いとも簡単に打ち消されてしまい、手痛い反撃を喰らってしまいました。
紘太たちを見下し、「見逃してやる」と言ってのける光実。なお抗おうとする紘汰でしたが、戒斗は無理矢理紘汰を連れて逃げることに。
戒斗をも認めさせた、「迷いを捨てて覚悟を決めた」光実の強さ。
貴虎の幻影をも振り切った彼は、一体どこへ向かうのでしょうか。


鎧武ep38 2

なーんかここ最近「光実は何処へ向かうのか」という締めくくりで終わってるような…
紘太も相変わらずウジウジしてるし、戒斗もイマイチ覚悟のつけられない紘汰のせいでイマイチ身動きがとりにくいみたい。
人間臭いのは結構ですが、そろそろ彼にも覚悟を決めてもらわないといい加減こっちもイライラしてきますぜ。
舞も連れていかれ、現状は悪化の一途を辿るばかり。次回で凌馬の手を借りることになるようですが、
彼がユグドラシルタワーに戻りたがる理由とは一体。既に内部は植物とレデュエの魔改造機器に侵食されてるんですが。
とにかく今一番見たいのは、登場人物の心理描写とかよりも、シナリオの明確な進展です。
もういい加減ミッチが落ちぶれてるのは分かりましたから。
「光実はそのうち舞ですら手にかけるのでは?」という兄さんの警告は中々ヒヤヒヤしましたが…

ちなみにレデュエがロシュオに言っていた「蛇に唆されたか」の蛇というのはサガラのことです。
映画でも明かされてましたが… 何故彼が蛇なのか。思えばサガラ関連はまだ謎だらけだぁ。
ちなみに劇場版は昨日観てきました。できる限り早く感想のまとめ記事を上げる予定です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/07/20 11:48 ] 仮面ライダー鎧武 | TB(3) | CM(2)

幻影になった途端強気なニーサン

「子供が好きなフルーツ」を謳っておきながら実はレモンが3人もいた鎧武ですが。
確かにここ最近はミッチの闇落ちばかりが強調されていて物語が進展していない状態です。
晶姉さんが連れ去らてしまった今、紘太も覚悟を決める段階な筈です。最終フォームを手に入れたんだし。
以前私は「魔法少女まどかマギカ」が2クール以上あったら…という話をしましたが。
今まさに、紘太が決心を前に足踏みしている状態に視聴者が苛立ってしまう頃合いです。
凌馬の口車に乗る形とはいえ、次回ユグドラシルタワーに向かうのは一安心ですが(^▽^;)
 レデュエの言う「蛇」、サガラの正体は未だ不明ですがやはり、創世記の蛇や北欧神話のロキよろしく
状況を引っ掻き回すトリックスターなのは間違いないですね。
蛇繋がりならニーズヘッグはラグナロクを生き残る存在ですからやはり最後まで何を企んでいるのやら。
そして舞を手に入れるべく闇に堕ちたミッチですがンーサンの幻影の言う通りになるやもと考えると…( ̄ー ̄;
[ 2014/07/20 19:20 ] [ 編集 ]

黒影トルーパー「僕たち」「子供の大好き」「フルーツです!」

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

各回に見所をちゃんと残しているのは嬉しいですが、進展がないのはやはり寂しいです。
何より紘汰の心境に一切の進展がないのはモヤモヤします。
個人的には、ミッチの心理描写には比重を置く一方で、
耀子やシドといったサブの連中にそれらの機会を与えなかったことにも疑問に思います。
2人ともヘルヘイムに挑む者として、常人にない心構えのはずですので。もうシドは死んでしまいましたが…
ここまでミッチに比重を置くということは、きっとミッチの迎える「オチ」にも相当な仕掛けがある…
と踏んでよろしいのでしょうかね?w
[ 2014/07/27 09:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/582-9d504da8


仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」

仮面ライダー鎧武の第38話を見ました。 第38話 プロフェッサーの帰還 貴虎を倒し、レデュエの前で強気に出る光実だったが、その目の前に貴虎の幻影が現れる。 「お前は決して私からは逃れられない…」「またアンタか…」 「お前の人生は全て私から与えられたものだ。自分の力で勝ち取ったものなど何一つない」 「黙れ!説教はもうウンザリなんだよ!」 「一人では何もできない半端者...
[2014/07/20 12:27] URL MAGI☆の日記

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」

第38話「プロフェッサーの帰還」 数々の妨害を排除してやっと埠頭へ駆けつけた紘汰。 しかしすべては終わっていた。 破壊されたゲネシスドライバーとロックシードを手にミッチを止められなかったことを後悔する。
[2014/07/20 21:46] URL いま、お茶いれますね

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」

仮面ライダー鎧武 第38話「プロフェッサーの帰還」 貴虎と光実を戦わせまいと急ぐ紘汰だったが、着いた先で見たのは、壊れた戦極ドライバーとメロンのロックシードだった。そしてそんな紘汰を見つめるのは、かつて1人ユグドラシルを見捨て消え去った彼だった。 貴虎を...
[2014/07/23 12:33] URL ひびレビ