今週のハピネスチャージプリキュア! 25話

ハピネスチャージプリキュア! 25話 『恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス!』

ハピプリep25 0_e

筆者が「ニチアサ一の恋愛描写」と愛してやまないのがバトルスピリッツ ブレイヴの第48話。
今までの描写の積み重ねが、全て… この時、この一瞬の詰まってました。
「世界の命運の為に自分を犠牲にしようとする」主人公、ダンさんに対し、
それを心を鬼にしてでも、身を呈して止めようとするヒロインまゐ…
しかもバトルするのは最初で最後の1回目という、最高のシチュエーション。
サンライズ特有のキレッキレの神作画、声優陣の神演技、
どこをとってもまさしく最高の神回でした。

シリーズ通して約8クールほど続いた「馬神弾シリーズ」。
まゐは比較的最初期(と言っても9話と従来に比べるとかなり遅め)から登場しており、
当時ではまゐは所謂サブヒロイン的な役回りで、シナリオでの重要性こそ低かったものの、
何かと人間達とはやや立ち位置や目線が上な果実(本来のメインヒロイン)よりも、
ダン君と同じ目線に立って、苦楽を共にすることができるまゐの方がヒロインとしての印象は上でした。
48話という「結果」を鑑みるに、スタッフ側も見越してたんだと思います。

その結果である48話にも、描写の積み重ねを意識させる確かな演出がありました。
一進一退のバトルを繰り広げるダンとまゐ。お互いに憎みあう心はないはずなのに、本気で殺しにかかってる。
愛する人が、世界の為に犠牲になろうとしている。どうしても止めたい。でも、本心を打ち明けるのは気恥ずかしい。
まゐの年齢は推定17前後。子供と大人の中間点といったところでしょうか。
まゐは我慢強い子です。辛い目には遭っても、他人の前では弱音を吐きません。
でも決して表情には出さなくても、本心では怖がったり、泣きたいときもあった。
ソフィア号のクルーと離れる時は、ブリッジを隔てる扉の前でさめざめと涙を流したこともあった。そんなまゐはまだまだ女の子でした。

48話のバトルもそうでした。本心は出来る限りさらさず、強気な姿勢でひたすら言葉で、バトルで訴える。
しかしまゐは知っている。ダンという男は決して言葉だけで動くようなヤワな男ではないということを。
知っておきながら、それでも今までの姿勢を崩さないまゐ。こうなったらバトルで打ち負かすしかない。
しかしダンさんは強く、いくら強いスピリットを召喚してもゴリ押しで破壊され、
いくら攻撃しても何度も何度も踏みとどまって耐えられてしまいます。
追い詰めるはずが逆に追い詰められ、とうとう持っているライフを全て削られる瞬間。
遠回しな言葉で訴えてもダメ、バトルで勝とうとしてもダメ、それでもダンを止めたい!
なら彼女が次にとる行動はなにか?

そして彼女は遂に告白するのです。「あなたのことが好きなの! 愛してる!」と。
誰にも打ち明けなかった特別な思いを、プライドをかなぐり捨てでも吐き出す。
涙を流して、「愛してる!」と好きを通り越した本当の思いを大胆かつ超絶ストレートな表現で。
昨今のアニメ(と言っても3年前)で、ここまで(約80話ほど?)溜めこんだ思いをどストレートで表現する女の子がいただろうか!?
当時筆者は朝7時というわけでかなり寝ぼけながら見てましたが、
もうこの告白シーン聞いたらハッキリシャッキリ目が覚めちゃいましたね!
「コイツ告白しやがった! 朝7時から愛してるとか言いやがった!と。
涙と嗚咽の混じった告白を聞いたダンさんは、まゐほどストレートではないにしろ、
「俺にもお前が必要だ」という確かな意思を彼女に告げるのでした。
片やバトル馬鹿だった主人公、片やブログ更新に勤しむネットアイドル。
そんなうら若き少年少女が、お互いを異性として意識し、理解し合う時までやって来たのです。

もう、本当に最高のシーンです。好き過ぎて今でも定期的に見てるほど大好きなシーンです。マジで。
この回を見た時私は思いましたよ。というか、ファンの方なら誰しも思ったと思います。
「どんなに辛い状況でも、この2人ならきっと窮地を脱出することができる」と!
ダンとまゐの行く先には、きっと明るいハッピーエンドが待っているのだと!

それなのに…
前 置 き 長 す ぎ ィ !


ハピプリep25 1

今週の歴代プリキュアは、ドキプリから菱川六花さんことキュアダイヤモンドさんです。
キュアダイヤモンドさんは現在フィギュアーツが7/28まで受注受付中です。
キュアハートのレビュー後はそこそこの反響こそ貰ったものの、やはりプリキュアーツによる出費は手痛いです。
買うかどうかは今でも悩んでますが… う~ん。
閑話休題。


ハピプリep25 2

風邪でダウンしてしまっためぐみを看病するブルー。
そんなブルーを前に、誠司はいつもと変わった様子。彼を後目にブルーとめぐみは超絶イチャイチャを繰り広げます。
そんなブルーにめぐみはクイーンミラージュとの確執を聞いてみますが、
曰く「自分がクイーンミラージュを傷つけてしまったが故」とのことです。結婚詐欺でもしたんでしょうか。
でもその直後に、めぐみに対して自分を「ブルーと呼ぶように」指示する辺り、反省の色が薄いんじゃないでしょうか
そんな看病と言う名のイチャコラを続けるめぐみ達を後目に、その他一同はバーベキュー開始。
食事中にやたらとめぐみを心配する言葉を吐く誠司に対し、いおなからめぐみに対する想いを指摘されますが、
本人曰く「兄妹みたいなもの」と否定。しかし周囲の関心は深まる一方です。
そんなこんなでめぐみは風邪から復活。景気祝いに海で貝を採ってこようとする誠司。
そんな皆から興味を眼差し見られている誠司を、ちょっとイタズラしてしまおうとひめは人魚姫にカワルンルン。
海から誠司を驚かそうとしますが、逆に本人が魚にビビってしまい、誠司に助けられるという「逆人魚姫」状態に。
おまけに怪我の手当てまでしてくれ、周囲に対して話も合わせてくれた超絶イケメン誠司君。そりゃひめも惚れるってもんです。
そんな恋愛模様を疎ましく思った1人の幻影帝国幹部が攻めてきましたが、あっさり返り討ち。
申し訳ないが露骨にシャイニングフィンガーの真似をするのはNG。俺の左手がピンクに燃える!
戦闘後に誠司は脇役の1人であるりんから告白されますが、速攻拒否。脇役は辛い。
本人曰く、他に想い人がいるとのことです。周囲は「めぐみこそが想い人」と見てますが…?


ハピプリep25 3

おうおうおうおう、前回以上に甘酸っぱいじゃねぇの。
ブルーとかいう神様の立場を利用したプレイボーイではなく、めぐみ達と同じ目線である誠司君をプッシュしてくれたおかげで、
非常に見やすかったですぞい。しかしここまで恋愛に関する描写を押し出してくるとはね。
しかし誠司くんを取り巻く温かい(?)恋愛描写の一方で、ブルーとクイーンミラージュの関係は、その恋愛が仇となってしまったみたい。
一体2人に何があったのか。…なんか今回の話から察するに、ブルーがミラージュを弄んだ臭いんですが。
事の原因が単なる痴話喧嘩だったとしたら、流石の私もキレますぞ!
次回もまだまだ甘酸っぱい青春が続くようです。つくづくギャルゲ主人公な誠司君。

・いつも明るくてお人よしな幼馴染
・人見知りだけど慣れたら自己主張の激しいお姫様
・穏やかでご飯大好きな弁当屋の娘
・クールで才色兼備な空手少女


ギャルゲ顔負けの個性的なヒロインズ! さあ、あなたなら誰を選ぶ…?(^^
関連記事
スポンサーサイト

戸松さんは寿さんから色々アドバイスを貰ったそうです。

前回の胸キュン(?)な引きからの2話構成な夏合宿回とはプリキュアにおいては新たな挑戦と言えます。
誠司、ひめも絡んできて方や爽やか、方やどす黒い展開を受け持つブルーは確かに。
知念大輔以上にバッシングの対象になりそうです、御子柴くんはせつなに浮気心を見せたり金に物を言わせて
(高いドレスを送りつけてブッキーを船上パーティを断れない状態にした)論外ですがw
古今東西の神話を紐解けば全知全能な神の方が少ないくらいですから彼みたいな存在は珍しくもありませんが。
パインアラビアンに続き布を増やしてバッシング回避した「人魚ひめ」ですが。
さっそくピクシブでは「逆修正」のイラストが投稿されていますw
「ギャラクシーエンジェル」の原作&OVA版とTVアニメ版で衣装の異なる蘭花・フランボワーズを思い浮かべますw
[ 2014/07/20 17:43 ] [ 編集 ]

「磯とヤル気と恋の香り」…今日の子安さんは下ネタしか言ってませんね。

どうも、意味はともかく「クレ○ジーサイコ○ズ」という響きは悪くないと感じたソバスチンです( ̄ε ̄;|||
立花のマナに対する感情は至極真っ当な幼馴染の物による筈なのですが大友による拡大解釈が幅を利かせることとなってしまいました。
それに対するカウンターとして今年は男女による恋愛描写に力を入れたのかもしれませんね(;^_^A

 ひめ同様、だいたい想像がつくブルーよりナマケルダの過去の方が気になる今週のハピプリですが。
ジェットマンよろしくこれは相関図が必要な状態になりましたねw
http://blog-imgs-43.fc2.com/i/k/a/ikawoyobu/20130214200107317.png
http://livedoor.blogimg.jp/anico_bin/imgs/4/e/4eb3d8da.jpg
こうしてみるとお金大好き天真爛漫なブルースワロー・早坂アコと
お米大好き癒し系のキュアハ二ー・大森ゆうこは一歩引いたボジションで緩衝剤になっているという点で共通点があります。
(キョウリュウジャーのイアンは只「黒」というだけで最終回で言い寄った女性の一人にNice boat.されるなんて噂が…)
 確かにめぐみと幼馴染の誠司目線で今回は進展しましたしウエスター氏大絶賛でしょうw
こちらは素直に応援したくなる関係性でありますが、「白馬の王子様」の登場にひめも複雑な心境なようです。
ブルーに関してはまぁ、めぐみ達の純粋さに触れ今一度ミラージュと向き合う決心をいずれすると踏んでます。
所謂反面教師として大友からバッシングを受ける宿命なのかも…(・・;)
 次回は誠司とひめ、二人きりというシチュエーションがまたも来るようで、3クール目からはガンガン飛ばしますねw
ここまで徹底すると返って清々しいかもしれません、元々「ニチアサ」が生まれる前、この時間帯は
「ママレードボーイ」「花より男子」と今じゃ考えられない本格少女漫画枠(キャラデザ馬越氏)でしたから。
あっ!そういえば「ママレードボーイ」のヒロイン、小石川光希のCVは國府田マリ子さんでした; ̄ロ ̄)!!
[ 2014/07/20 18:46 ] [ 編集 ]

そういや、5のりんちゃんも恋には恵まれなかったな。

>反省の色が薄いんじゃないでしょうか。

ピクシブでのブルーの好感度は最早、ブラックホールLVでニコニコ大百科のブルーの記事ではオールライダーキックをくらわせようコメントがあり、感想サイトでもゲスブルー、疫病神等々、もう散々なもになっています。
しかも、今回、ミラージュを傷つけた発言で前から囁かれていた戦いの元凶、痴話喧嘩説の可能性が…一体、ブルーをどういうキャラとして作っているんでしょうね、製作者の皆さんは?
ソバスチンさんが書かれている通り、大友からバッシングを受けまくっているんですよね。
なにか好感度を上げるエピソードでもなければプリキュアシリーズワーストNo.1になりかねない勢いですよ。
しかも、めぐみが吊り橋効果的な好意を抱いているから第二のミラージュになる可能性があるなんて妄想まででているんですよね…ありえそうで怖いですね。

>戦闘後に誠司は脇役の1人であるりんから告白されますが、

ちなみに8話でいおなの占いでうまくいくという感じに占われたので告白したんですよね、りんは。
8話の時はオレスキーのせいで伸び伸びになっていましたが、今回、告白して玉砕。
折角、占ってもらったのでいおなと今後、なんか絡みがあってほしいところです。

>本人曰く、他に想い人がいるとのことです。周囲は「めぐみこそが想い人」と見てますが…?

特にゆうゆうは幼馴染という感じに最初から察していた感があって安定していましたね。
もしかして、幼い頃は誠司が好きだったけど誠司はめぐみが好きな事を察して告白することもなく失恋し身を引いた。
だけど、失恋の悲しみに沈むことなく幼馴染として二人をずっと見守っていた…というエピソードがあったら私、感動します。

それでは、
[ 2014/07/24 10:04 ] [ 編集 ]

Re: 戸松さんは寿さんから色々アドバイスを貰ったそうです。

よたろう様、コメントありがとうございます!

合宿と銘打って恋愛描写を押し出すのは確かに意欲的ですね。
「全知全能な神様は少ない」と言われると確かに否定できません…w
特にギリシャ神話なんて顕著ですね。しかもやたら恋愛沙汰で問題を起こしてるような…
今回の恋愛描写で(主にブルー)に関してピクシブが色々と大盛況のようですが、この流れはいつまで続くのでしょうか。
[ 2014/07/27 08:34 ] [ 編集 ]

Re: 「磯とヤル気と恋の香り」…今日の子安さんは下ネタしか言ってませんね。

ソバスチン様、コメントありがとうございます!

>意味はともかく「クレ○ジーサイコ○ズ」という響きは悪くない

ググってみたらニコ大の一覧の中にクッキー☆が含まれてるとかどういうことなんですかね…(ねっとり)

相関図の全貌は正に凄いスケールですねw しれっとファントムが入ってるのが何とも…
休憩を挟むことなくガンガン恋愛描写を押しだしていくのは珍しいですね。
前例に出したバトスピでは、明確な恋愛描写は殆どと言っていいほどなく(そもそも入れる余地がない)、
48話という大きな節目で爆発させるという構図をとっていました。
地道に描写を積み重ねていく少女マンガ的な展開を辿るハピプリの結末や如何に。

>ブルーに関してはまぁ、めぐみ達の純粋さに触れ今一度ミラージュと向き合う決心をいずれすると踏んでます。

でもこいつ相当ゲスいと思うんですけど(迷推理)
[ 2014/07/27 09:42 ] [ 編集 ]

Re: そういや、5のりんちゃんも恋には恵まれなかったな。

:様、コメントありがとうございます!

一部の大友の方々の評価は手厳しいですねw 実のところ私も痴話喧嘩説を疑っておりますが…
ブルーの恋愛描写だけで評価を下げるような真似は私はしませんが、好感度アップイベントは是非欲しいです。

>ちなみに8話でいおなの占いでうまくいくという感じに占われたので告白したんですよね、りんは。

ああ、そんな描写ありましたね。今になって考えてみると、何故彼女はあの時占い館なんて開いたのか…
りんの告白も成功せず、めぐみとひめの仲も特に破綻せずで、占いは一方的に外れてるわけですが…

>だけど、失恋の悲しみに沈むことなく幼馴染として二人をずっと見守っていた…というエピソードがあったら私、感動します。
おおう、中々濃いですねw エピソードとしては十分面白いですが、
中学生が抱える話としてはやや重いような気もします。でも私的には嫌いじゃないですよw
[ 2014/07/27 14:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/583-3ed853de


ハピネスチャージプリキュア!25話恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス!感想

ひめの友達の反応からするとめぐみが風邪を引くのは珍しいのか、ひめは友達達に何の合宿と言ってたのかが気になる。 ブルーは世間一般から見てイケメンなのか、後はギター?を弾けると。 ご飯が一升で足りるかなってゆうこはよく食べるね。  ブルーはミラージュを傷つけてクイーンミラージュにしてしまったのか、何をどうやって傷つけたのかは不明だから暫く待つか、本当は戦いたくなくても戦わないと...
[2014/07/20 18:16] URL 気が向いた時にだけ書きたい事を節操無く書くだけのブログ

ハピネスチャージプリキュア! 第25話「恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス!」 キャプ付感想

ナマケルダでなくても、ラブコメの波動を感じまくりな回(笑) 誠司はフラグ立てまくりですねw めぐみに一筋なのが、また憎いほどイケメンですよ。   熱をだして倒れためぐみを看病するブルー。 ふたりを見てモヤモヤとする誠司のもとへ、クラスメイトの りん が…  
[2014/07/20 23:25] URL 空 と 夏 の 間 ...

ハピネスチャージプリキュア!第25話「恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス!」感想

第25話脚本:高橋ナツコ ↑りんちゃんの失恋はこの人のせいです。 ハピチャ25話感想は追記に記載します。 ---------- プリキュアラジオ寝てしまって聞き逃しました。 後でYouTubeで配信されるとはいえ、 もう少し放送時間を早めて欲しいです。 プリキュア関連でラジオと言えば キュアメタルこと高梨康治さんと、 スマプリでキュアサニー役だった 田...
[2014/07/21 10:46] URL nonbonのプリキュア感想ブログ

ハピネスチャージプリキュア! 第25話「恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス!」

ハピネスチャージプリキュア!の第25話を見ました。 第25話 恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス! 合宿中に風邪で倒れてしまっためぐみを抱きかかえて部屋まで送るブルーを見た誠司はなぜか2人が気になって心の中はずっとモヤモヤしていたのだが、更にゆうこの手作りお粥をブルーが食べさせていることを知る。 「どうだった?めぐみの様子」 「まぁ大丈夫そうだったよ。神様にあ...
[2014/07/21 13:48] URL MAGI☆の日記

ハピネスチャージプリキュア! 第25話「恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス!」

プリキュアメッセージ、今週はキュアダイヤモンド! 六花ちゃんの真面目さがよく出てますね(^^) ダイヤモンドはジャスト30人目のプリキュアでした。 誠司→(好き)→めぐみ めぐみ→(どう見ても好き)→ブルー ひめ→(フラグ立った)→誠司 お友だちキャラたち→(メロメロに)→ブルー りん→(悲恋)→誠司 フラグを立てまくる誠司とブルー神様^^; めぐみと誠司争奪戦でど...
[2014/07/21 15:27] URL のらりんすけっち

ハピネスチャージプリキュア! 第25話「恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス!」

ハピネスチャージプリキュア! 第25話「恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス!」 風邪でダウンしてしまっためぐみ。誠司はめぐみのために氷まくらを借りてきたりするものの、ブルーが自分を届けると申し出たことにいい顔をしなかったり、どこか慌てた様子も見せて...
[2014/07/23 12:37] URL ひびレビ