ROBOT魂 エクストリームガンダム(type-イクス) Special ver. レビュー

IMG_8170.jpg
ROBOT魂 エクストリームガンダム(type-イクス) Special ver.
販売価格:4536円 ※プレミアムバンダイ限定販売

そろそろこの背景での写真の撮り方にも慣れてきたと思います。
今回のレビュー写真は今までと比べると、多分見やすい方なのではないか… と思い込んでいます。
思い込んでるだけです。絶望したくない。

というわけで、ROBOT魂 エクストリームガンダム(type-イクス) Special ver.をレビューいたします。
IMG_8177.jpg
形式番号不明 エクストリームガンダム(type-イクス)

木星の衛星に遺されていた「地球再現用データベース」内で開発された機体で、
本機は力の象徴とも言える「ガンダム」を模倣して設計された。
そして人工知能が進化した意識体であるex-(イクス)が創りだそうとしている「完全で理想的な宇宙」における
秩序の調停者となるべくして建造された。
基本装備はエレキギター型のビームライフルとギターケース型のシールド、
2本のビームサーベル。シールド内にはビームライフルを収納できる。


レオス機の兄弟機であり、絶望大好き変態お兄さんのエクストリームガンダムがROBOT魂にて立体化。
シンプルなスタイルながらも機体スペックは異常に高く、A.C.時代のガンダム達を圧倒するほど。
しかしながら、エクストリームガンダムというのは戦局に分けて巨大補助兵装を身に纏って戦うのがルーツである為、
ゲーム・漫画共にノーマルの状態で現れることは殆どありません
つまり1番影の薄い形態が商品化してしまったわけですが…


IMG_8178.jpg
フロントビュー。
本体は以前発売されたtype-レオスのカラバリ。(一応、後述する微妙な変更点があるっぽいです。)
シンプルで細いプロポーション。


IMG_8179.jpg
リアビュー。本当にtype\レオスと一緒なので言うことが見つかりません。


IMG_8180.jpg
顔。type-レオスと同じ形状。ただツインアイの位置がちょっと修正されてるっぽいです。


IMG_8181.jpg
ちょっと塗装飛びあるんですけどぉー!?
よく見たらバリ跡とかも汚い。バンダイに電話すべきか。


IMG_8185.jpg
胸。下地がブルーなのでクリアパーツがちょっと分かり辛いですね。
腹部のコクピットハッチの形状が、type-レオスに比べてちょっと長細くなってるっぽいです。


IMG_8186.jpg

IMG_8188.jpg

IMG_8187.jpg
後は多分、typr-レオスと形状が同じだと思うので、適当に何枚か写真撮りました。
青色のクリアパーツが綺麗ですね。

可動範囲については過去のtype-レオスのレビューを参照に。


IMG_8204.jpg
付属品。
専用のギター型ライフルとシールドが付かない代わりに変なものが付属してます。


IMG_8208.jpg
更にspecial ver.ということで、漫画版を手掛けるときた先生直筆イラスト付きの魂STAGE2つ付き。


IMG_8213.jpg

IMG_8214.jpg
イラストが分かりにくいと思うんで、下地に紙を敷いて再撮影。


IMG_8196.jpg
ヴァリアブル・ガン。type-レオスのアイオス・フェースで使うライフルのカラバリ品です。
ゲーム・漫画共に使用したことはありません。


IMG_8198.jpg
シールド。こちらもtype-レオスのアイオス・フェースで使うシールドのカラバリ品。
ゲーム・漫画共に使用したことはありませ(ry


IMG_8200.jpg
カラバリ品なので、パーツの付け替えで伸縮も可能。


IMG_8203.jpg
ビームサーベル。type-レオスと違ってクリアブルーのビーム刃が2本付属。
相変わらずサーベル柄の保持力は弱いです。


IMG_8201.jpg
フル装備。ライフルとシールドという一般的な出で立ちですが… 何か違う。
何故あのギターの形したライフル&シールドを作ってくれなかった!? そりゃあっちもあんまり活躍してないけどさ!


IMG_8223.jpg
レオスとイクス。見事なまでの色違い。


IMG_8233.jpg
ちなみに内蔵ギミックも一緒なので、type-レオスの各フェースのパーツを取り付けることも可能。
上画像はゼノン・フェースのパーツを取り付けた姿。


では… 究極のブンドドを見せてやる!
…あ、あとで絶望とかしないでください(´・ω・`)


IMG_8216.jpg
ふんす。


IMG_8217.jpg
ヴァリアブル・ガンはカッコイイんだけど、やっぱりギターライフルは捨てがたい。


IMG_8219.jpg
とりあえず漫画パラパラめくってみましたが、見事なまでにノーマル形態の活躍が少ない。


IMG_8220.jpg
現れたとしてもすぐに別形態に換装しちゃうからなぁ。


IMG_8222.jpg
とりあえず、元々の接地性の悪さは相変わらずなので、地上アクションはやや蟹股っぽくなってしまう。


IMG_8227.jpg
ここからは数少ない活躍シーンである、レオスVSイクスのラストバトル。
本来ならレオス機の左腕の肘から下はなくなってるんですけどね。


IMG_8224.jpg
散々絶望とか絶望とか言いまくった結果がこれだよ!


IMG_8230.jpg
レオスの一撃が腹を直撃!


IMG_8231.jpg
そして戦いはガンダムEXA VSへ…
ハッキリ言って漫画版ガンダムEXAは専門用語とか難しくていまいちストーリーが把握し辛かったです。

以上、ROBOT魂 エクストリームガンダム(type-イクス) Special ver. のレビューでした。

貴重なエクガンの立体化ですが、前述した通り本来エクスのエクガンというのは、
戦局ごとに形態を変化して戦うのがルーツなので、一切他形態への換装ができないコイツのプレイバリューは相当低いと言わざるを得ません。
加えて付属する武装もチグハグですし、ときた先生には申し訳ないですがスタンドもあっても無くてもどっちでもいいので、
総じてかなり頭を捻らざるを得ないセット内容となっています。
しかもこの内容でtype-レオス(4410円)よりも価格が微妙に高いんだからなぁ。
あっちはゼノン・フェースに換装できるからプレイバリュー高いのに。

しかしまあ、貴重な立体化であることには変わりありませんし、
ガンダムEXAという作品そのものがクロスオーバー前提なので、自身の妄想力を駆使して
色々なガンダムと組む楽しみがあります。type-レオスと組んでもいいですし、色んな遊び方ができそうですね。
でも塗装飛びに関しては… ちょっと電話しとくか。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/07/27 20:28 ] ROBOT魂 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/592-52acd4f3