HGBF 1/144 ガンダムアメイジングエクシア レビュー

IMG_8320.jpg
HGBF 1/144 ガンダムアメイジングエクシア
メーカー小売価格:1944円

レコンギスタやビルドファイターズトライなどでガンダムの話題が高まる中、
皆大好き福田監督がサンライズで新しいアニメ作品を作るようです。
しかもなんか、監督よりも偉い立場らしいです。色々指図できるみたいです。
ロボ作品の不振っぷりから、もしかしたらサンライズはマゾになってしまったのでしょうか。
「ほら、見えてる地雷だぞ! 踏めよ! オラ!」みたいな。

というわけで、HGBF 1/144 ガンダムアメイジングエクシアをレビューいたします。

当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
IMG_8321.jpg
PPGN-001 ガンダムアメイジングエクシア

第7回大会準決勝でタツヤが使用する「HG ガンダムエクシア」の改造機。
PPSE社研究班が保有する宇宙空間施設で製作され、最終調整にはタツヤ自身も参加している。
開発時のコード名は[A5]。原典機よりも各部の装甲が鋭利かつ大型化し、
やや青の割合が増したカラーリングとなっている。初陣の段階では8割の完成度ながらも、
ほかのガンプラを圧倒する性能を持つ。武装はGNソード改のシールド部分を改装した「アメイジングGNソード」
完全オリジナル形状の「アメイジングGNシールド」、原典機と同じく両腕に内蔵されたGNバルカン計2門。
原典機の「トランザムシステム」は機体のプラフスキー粒子放出量を増大させることで再現しており、
機体性能を通常時の3倍に高めることができる。
ただし、システムの時間制限や終了後の性能低下という弱点も同様に存在するため、
使用のタイミングには高度な見極めが必要とされる。
決勝戦直前には、強化バックパックユニット「トランザムブースター」を新たに装着。
このユニットはトランザムシステムの安定装置を兼ねるとともに、鳥型の飛行メカとして分離・単独行動が可能となっている。


登場自体はダークマターより先なのに、発売順で先を越されてしまい、
挙句トランザムブースターを装備した完全体はアニメで戦わせてもらえなかったという悲しきライバル機が遂にHG化。
ちなみにエクシアの改造機とされていますが、パーツ構成を見るに「エクシアR2」の改造機と見た方が正しいかと。


IMG_8322.jpg
フロントビュー。基本的には先発のダークマターのカラバリです。
部分部分のパーツが違いますが、プロポーションの印象は同じ。


IMG_8323.jpg
リアビュー。今回はリアスカートのシールが綺麗に貼れたよ。わーい。


IMG_8326.jpg
顔。基本的にダークマターと同じですが、アンテナの形状がダークマターと違いややシャープなものに。


IMG_8327.jpg
後頭部サイドの青いパーツも、ダークマターのようなトンガリ形状ではなく平らなものに。


IMG_8330.jpg
胴体。パーツ形状的には、上半身にダークマターとの違いはもうありません。


IMG_8331.jpg
ただ見て分かるように、全身のレンズパーツが全てクリアグリーンのものに変わっています。
内部には付属の銀色のシールを貼っています。


IMG_8332.jpg
足先はダークマターのようにとんがることなく、普通の形状に。


IMG_8333.jpg
ブースター無しでも動くことを前提としたせいか、今回はコーン型のGNドライブパーツが付属。
ちなみに「取り付けたけど何か外れやすいな」と思ったら、多分胴体側のパーツを間違えて付けてます。
説明書を読み返して付け直しましょう。(経験者は語る)


本体側の可動範囲とかは、ダークマターのレビューを参考に。

IMG_8334.jpg
本体だけダークマターと比較。
カラーリングだけでここまで印象が変わるとは… これだからカラバリ品はやめられないのだ。


IMG_8360.jpg
ノーマルエクシアとも比較。
こうして比べると、色合いがシンプルなノーマルエクシアの方が、「ガンダムらしく」見えますね。
アメイジングの方はヒロイックではあるものの、どちらかと言うとアストレアみたいな「外伝機体」みたいな印象です。


IMG_8335.jpg
トランザムブースター。内容は完璧にダークマターブースターのカラバリ品。
内部ギミックとかも前述のダークマターのレビューを参考に。


IMG_8336.jpg
ダークマターと違い、単品での発売の予定はない様子。
こっちはこっちで色々使えそうなんですが。


IMG_8358.jpg
装着してみた。
丸腰状態だとイマイチマッチしてない感が…


IMG_8338.jpg
その他付属品。


IMG_8341.jpg
アメイジングGNソード。ダークマターライフルにGNソード改の刀身を装着させたものです。


IMG_8339.jpg
別方向から。


IMG_8342.jpg
ソード展開。まんまGNソード改ですね。
HGのGNソードの展開ギミックはヘタりやすいので、扱いは慎重に。


IMG_8345.jpg
ダークマターライフルと同じ構造なので、ビームサーベル刃を装着させることも可能。


IMG_8350.jpg
アメイジングGNフィールド。こちらのデザインは完全オリジナル。
個体差かどうか分かりませんが、腕側の装着ジョイントがめちゃくちゃ外れやすいです。


IMG_8352.jpg
左右の青いパーツを展開させることができます。何の為に展開するのかは不明。


IMG_8354.jpg
アメイジングGNブレイド。ダークマターのブライクニルブレイトのカラバリ品です。
ダークマターのものよりも、手首にフィットして外れにくくなった印象。


IMG_8356.jpg
ダークマター同様、左右の腰にマウント可能。
設定上は左側にマウントするのが正しいらしいので、当記事でもそちらを準拠に。


IMG_8353.jpg
本編22話で登場した8割完成型装備で素立ち。
こちらの方がエクシアっぽい。


IMG_8357.jpg
そして全部乗せ。ゴチャゴチャはしてますが、カラーリングのせいか禍々しさは感じられません。


IMG_8387.jpg
ダークマターと比べて手持ち武装が多いので、背中のブースターとバリバリ干渉します。
特にGNソードの方は図のように刃をしまわないと辛いです。(見本でもそうなってます)


IMG_8362.jpg
エクシアダークマターのフル装備と比較。カラーリングだけでここまで(ry


IMG_8361.jpg
セブンソード・エクシアと比較。
ガンダムとしての纏まりの良さは、やはりノーマルエクシアの方に軍配が上がりますね。
アメイジングは確かに派手ですが、「ガンプラだからこその姿」だと思います。
そこがいいんですけどね。

それではブンドド開始!

IMG_8366.jpg
まずはブースター無しの状態で。


IMG_8365.jpg
余計な装備がない分、こちらの方が動かしやすいです。


IMG_8369.jpg
やはりシンプル装備でスタイリッシュなMSはポーズも決めやすい。


IMG_8367.jpg
当然GNソードの順手持ち(?)もできます。接近戦仕様のガンダムは動かしてて楽しいですね。


IMG_8371.jpg
シールドは形状的に「弓系の攻撃でもするのかな?」と思いましたが、詳細は不明。
もしかしたら「シールド展開→内部に貯まったGN粒子を放出して簡易GNフィールド形成」みたいな感じなのかも。


IMG_8386.jpg
何かと忘れがちになるビームサーベル。
でも緑とピンクのクリアパーツが良い対比になって綺麗。


IMG_8375.jpg
ガンダムF91・イマジン(の代理)と対決!


IMG_8372.jpg
「(イマジンは)どうせ色変えるだけで完成するから楽勝っしょ」と後回しした結果、この日になってしまった。
後々ちゃんと作る予定です。


IMG_8376.jpg
ブースター装備。
こちらは本編の活躍がないのでいまいちポーズが思い浮かばない…orz


IMG_8378.jpg
下手に動かそうとしてもダークマターの二番煎じになっちゃうし、
そもそもブースターのせいで動かしづらいし、シールドはポロポロ落ちるし…


IMG_8379.jpg

IMG_8380.jpg

IMG_8382.jpg
二刀流のカッコイイポーズを模索した結果。難しいなぁ。


IMG_8388.jpg
何かと忘れがちになるトランザムGNブレイド。


IMG_8384.jpg
本編での活躍は少なかったけど、そのヒロイックなフォルムは目に焼き付いて離れない…と思う筆者であった。


IMG_8364.jpg
以上、HGBF 1/144 ガンダムアメイジングエクシアのレビューでした。

ダークマターと比べると装備も多彩になり、ノーマル形態←→ブースター装備形態の切り替えもできる為、
総じてプレイバリューはとても高いと言えます。ヒロイックなデザインも購入意欲をそそること間違いなし。
各武装がブースターと干渉してしまいがちなのが欠点ですね。特にシールドなんかは勝手に外れてくれますし。
その辺はブースターの羽の位置をずらしてあげるなりして調整してあげましょう。
外見が非常にカッコイイので、ダークマターよりも気に入っています。皆様も是非。

現在プレバンではスタービルドストライクのRGシステムver.が受注中。
この流れで行けばアメイジングエクシアのトランザムver.とかも売り出すかもしれませんね。
(というか大阪ではダークマターのトランザムver.が売り出されるらしいですが(^^;))
とりあえず筆者はリペア形態用に2個買したので、まだまだアメイジングエクシアで楽しむことが出来そうです。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/07 21:19 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(8)

次は「妖怪ガンダム」か?「ラブライブ!XENOGLOSSIA」か?

どうも、「ヴヴヴと同じ、プリキュアが4人もおるやん…。」と思ってしまったソバスチンです。
http://crossange.com/
まぁ福田己津央氏は「然るべき」ポジションにいれば良い仕事をします…
奥さんも居ないみたいだし…ダイジョウブ…(-。-;)

 さて気を取り直してアメイジングエクシアですが。
⑨カラーからオーソドックスなエクシアカラーになることでだいぶ印象が変わります。
正しく「闇落ちから浄化されたガンダム」(マ○ーダをムッコロしたショックで正気に戻ったアイツのような…)
只やはりブンドドする上で背負い物は相性が悪いようで、OOライザーを除けば刹那の搭乗機はスッキリしてますからね。
 間もなく2期のトライが始まる中旧シリーズの機体もプレバンで別仕様の発売とはやっぱり商魂たくましいですね、アナハイムはw
ビルド・バーニングもMF仕様な分劇中描写で何でもアリかもしれませんし。
一方、GレコのGセルフも実はインパルスみたいに背負い物で色が変わる仕様みたいですし今年のラインナップはかなりキツイのでは?(゚ー゚;A




[ 2014/08/08 20:16 ] [ 編集 ]

どう見てもR2の改造機だよね。

あの〜…A5の部分が抜けてるような気がするんですが…

あとコンデンサーすっごく光りますね
何だろ 貯めておける粒子量が増加したとかなんだろうか
[ 2014/08/08 23:22 ] [ 編集 ]

Re: 次は「妖怪ガンダム」か?「ラブライブ!XENOGLOSSIA」か?

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
正直、現在進行形で問題発言を繰り返す福田監督が「良い仕事」をするとはとても思えんのです…

こうして見てみると、アメイジングエクシアは背負い物の関係から
「エクシア版00ライザー」みたいな感じがしますね。
ただその00ライザーは背負い物の位置が主に両肩に集中しているので、ブンドドには困らないんですけどねw

>(マ○ーダをムッコロしたショックで正気に戻ったアイツのような…)
「シャアベルナァァァァァッ!!!」

>一方、GレコのGセルフも実はインパルスみたいに背負い物で色が変わる仕様みたいですし今年のラインナップはかなりキツイのでは?(゚ー゚;A
Gセルフの背負い物はまんまインパルスっぽいですよね。インパルスは商品化には恵まれないキットなので、
Gセルフではキッチリしてほしいところです。
[ 2014/08/10 18:19 ] [ 編集 ]

Re: どう見てもR2の改造機だよね。

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

A5とはどの部分でしょうか? アメイジングエクシアにAランナーはそもそもないですが…
コンデンサーが光ってるのは内部に銀シール貼ってるからだと思います。
HGエクシアの頃より、プラモの質感を高めようとしているのではないでしょうか。
[ 2014/08/10 18:21 ] [ 編集 ]

コードネーム:A5 のところかと思われます。
それにしてもトランザムGNブレイドって妙な名前…
[ 2014/08/10 23:02 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

>コードネーム:A5 のところかと思われます。

申し訳ありませんが仰っている意味が理解できません。
コードネームとは何のことですか?

ちなみに写真を見返したところ、アメイジングエクシアのGNドライブと、
ダークマターの足先のパーツが抜けていることを確認しました。意外とありますね…orz
もしかしたらこの中のどれかでしょうか?

トランザムGNブレイドの名前の違和感は私も同意します。
[ 2014/08/14 19:14 ] [ 編集 ]

AGE-2のアンテナがフェニーチェしそうで怖い今日この頃

ほら、機体の紹介文のとこです!
ごっそりA5が抜けてまして…
[ 2014/08/14 20:44 ] [ 編集 ]

Re: AGE-2のアンテナがフェニーチェしそうで怖い今日この頃

(´゚д゚`)(仮)様、コメントありがとうございます!

てっきりプラモそのもののことかと思っていました。
お手数かけて申し訳ございません。訂正致しました。
ご指摘ありがとうございます。
[ 2014/08/14 22:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/597-49e35899