【ダンゴムシは】 今週のニチアサ 21週目 【昆虫じゃないです】

ノートPC購入したので更新スピードが微妙にアップしました。
早くマウスが欲しいっす(-"-) タッチパッドは誤作動が激しいっす


ヒーローズEP30  1
ヒーローズEP30 2

バトスピはもう30話。早いもんだなぁ。
ワールドトーナメントシップ・イギリス代表、レナードとの勝負です。
今回登場したスピリット、騎士の覇王ソーディアス・アーサーは新弾のXレアのようです。
Lv1でBP10000とは破格の強さ。Lv3では何と20000! バゼルの足元にも及びません。
しかも系統【不死】のスピリットをアタックの度に場に戻すという紫らしい中々嫌らしい効果まで。
作中ではレナードはこの戦法を生かし、系統【不死】のスピリットの物量で攻める作戦に。
まとめて破壊しようとも、何度も蘇る! 不死の名に偽りナシ!
今回はハジメの手札の巡りの悪さもあって、敗北は免れない状況でしたね。
まああそこで勝ってたら大会の意味合いが薄くなっちゃうからなぁ。仕方ないね。


ゴーバスep8 1
ゴーバスep8 2

ゴーバスはこれまた苦労人リュウジの苦労の絶えないお話でございます。
年下のヨーコだけでなく、同僚まで厄介をかけられることになるとは…気苦労が絶えないなぁ。
とにかく、そんなリュウさんの大人カッコよさが溢れる回だったと思います。
少年時代に抱いた夢は叶わずとも、今置かれている立場に全力で取り組むリュウさんは実にカッコいい。
単独でドリルロイドを倒すべく二刀流のソウガンブレードを使ったのも良かったですね。
(どうでもいいけど、敵に機密情報を奪わせないならコンピューターじゃなくて接続してるコードを切れば…?)

ゴーバスep8 3

それに対して今回出てきたリュウさんの旧友、木村くんは正反対。
せっかく夢が叶ったのにひたすら幻想に溺れて敵に寝返っちゃう始末。
まあ現実でも、理想の職業に就いたはずが「コレジャナイ!」ってことで悩んでる人はいますからね。
木村くんは理想と現実のギャップに対応しきれなかったのか…

でも改心した木村くんに、リュウジはもう一度仕事をやり直すように促してましたが、
敵とグルだった上に機密情報を渡しちゃったんだからやり直すも何もないでしょう!
木村くんには後で懲戒免職という厳しい処分が待っているハズ… 再就職も難しいだろうなぁ。
戦隊らしくない、カタい題材を出したお話でした。ゴーバス節といったところか? まだ分からないかな。


フォーゼep31 1

仮面ライダーメテオ…じゃなかった、フォーゼ…
ああ、遂に… 遂にこの時が来てしまった!
アリエス・ゾディアーツの登場、流星の裏切り、そして弦太朗の…死?
何だ? 一体どうなってるんだ? 教えてくれ、タチバナさ~ん!

…しかし私はメテオスイッチを持ってないのでタチバナさんと連絡できません。
仕方ないので自分なりに今回の話をまとめてみましょう。

フォーゼep31 2
フォーゼep31 3

その1! 遂に第6の使徒、アリエス・ゾディアーツが登場!
人の眠りを操作するという、かなり厄介な相手です。
しかし十二使徒の割には今回のバトルでは結構押され気味。
キャンサーと違って、戦い慣れしてないのかな? まあキャンサーが強すぎるような気もしますが。
スイッチャーは流星と入れ替えで昴星高校へ転入した山田くん。
一人称は「余」で、絵に描いたような自己中王様な性格。スイッチの影響で更に高まったのかな。
アリエスの力で事実上昴星高校を乗っ取り、すっかり王様気分。
しかし部下である生徒にやらせることと言えば、何と芝居をやらせるというよく分からんもの。
内容から察するに、学園ラブコメをやりたいのかな? 意味の分からない王様でござる。

フォーゼep31 4
フォーゼep31 5

その2! アリエス登場という展開で、遂に流星が本気を出す!
次郎を蘇生させる絶好のチャンスなのに、タチバナさんから下された命令は「アリエスの撃破」。
倒したアリエスのスイッチからどうにか次郎を蘇生させる方法を見つける、ということらしいです。
おいおい、ここまで来てちょっと詐欺臭いぞ! タチバナさん!
しかし流星はそんな命令に我慢ならず、アリエスと共謀して次郎を蘇生させることに!
アリエスは次郎を蘇生する代わりに、フォーゼを倒す(つーか殺す)ことを流星に提案。
そして流星はその提案に従い、マグネットキャノンを失ったフォーゼを殺る気マンマンにフルボッコ!
いくら次郎の為とはいえ、まさか弦ちゃんを殺そうとするなんて…
仮にも28話で「次郎のような人を増やしたくない」と宣言したのに! これじゃ逆戻りだよ!
…いや、他人を殺そうとするほど危害を加えてる分、むしろ悪化してる! どーすんのよ!?
こんな状況で次郎を生き返らせてもスッキリしないよぅ…
悪の道に走るのが「友情」の為なら、改心するのも「友情」の為…か?

フォーゼep31 6

その3! …もう、言わなくても分かるかな?
弦ちゃんが… 弦ちゃんが… 死んじゃった… 。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!
自分を殺した犯人を前にして、やっと流星の本当の気持ちを知ることができた、と微笑む弦ちゃんが切ない…
ああ、フォーゼの変身できる人がいなくなってしまいました。もうおしまいだぁ…

いや、でもよく考えたら弦ちゃんは死んだんじゃなくて心肺停止状態になっただけ。
過去には同じように心臓が止まっても強化されて復活したライダーがいました。
これに乗っ取れば弦ちゃんもライジングベースステイツとかアメイジングベースステイツとかになるかも!
行け! 仮面ライダー部! まずは最寄の心臓科のお医者さんに相談して、
どうにか弦ちゃんに電気ショックを受けてもらうんだっ! それしかないっ!

フォーゼep31 7

まあ、来週に登場するステイツはもう決まっちゃったのですが…
いよいよ最強ステイツ、コズミックステイツが来週堂々登場。頑張れ弦ちゃん!


スマプリep11 1
スマプリep11 4
スマプリep11 3
スマプリep11 2

スマイルプリキュア! 5人が小さくなっちゃった回です。
敵の罠に嵌ったり(というか誤爆)、また警官とのやり取りが出たりなど、
前々々回辺りと似たような構図でしたが、お話は全く別モノ。
虫が苦手ななおちゃんが、虫と同じ大きさになって、虫も人間と同じ生き物であることを実感し、
命の大切さを学んだ、とてもいい話だと思います。
こういう話に動物を題材にすることは多いけど、虫を題材にするのは珍しい方じゃないですかね。
脚本は成田良美先生。成田先生の脚本は、他の方よりも「子供たちに伝えたいこと」が明確に感じられます。
変に奇をてらうことなく、ストレートに表現してるところがまた良いです! 流石ベテランの手腕です。

とにかく今回はなおちゃんの意外な一面が見られましたね!
虫を見る度に様々な悲鳴を出すなおちゃんが実に生き生きしていらっしゃいます。
虫のデザインとかも生き生きしてましたよね! でもダンゴムシってあんなふうに親子で生活するのかな?
声優の井上麻里奈さんの熱演っぷりが凄く伝わってきました。
小さくなったら、なったなりの苦労の書き方も完璧でございます。
バトルシーンはアカンベエまで小さくなるというまさかの親切設計。
タンポポのミサイル(胞子?)を色々な動きで弾いたりしているのが中々面白かったです。

次回は時期的にも強化アイテム回かな? どうなるんでしょう…?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/04/15 17:22 ] 旧ニチアサレビュー | TB(0) | CM(4)

沖佳苗は『地球戦隊ファイブマン』ファンらしい

『スマイルプリキュア』11話は基本8話の展開なのですが、主役やメッセージを変え飽きさせないようにしていますね。
あのおまわりさんは準レギュラー決定でしょうねw
ttp://dic.pixiv.net/a/%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%9E%E3%82%B8%E3%83%A7
ヤッターマンのような良い意味での「お約束パターン」を狙っているようです

バトルも段階的に進化しているのが素晴らしいです
早くもプリキュアで「板野サーカス」を見れたので大満足です


今回の『ゴーバスターズ』は後味が悪かったですね
カズヤは所謂「現状に押しつぶされた人間」といえますが、いずれフォローとなるエピソードが欲しいところです
これはバスターマシン4号機に関するエピソードが今後控えているのでしょうか?


ところでWOLT様は東京MXかBS朝日は視聴可能でしょうか?
ttp://www.akibaranger.jp/
『非公認戦隊アキバレンジャー』、非常にチープに見えるかもしれませんが侮れません。
「非公認」といいながら実際は東映制作の「公認」セルフパロディー特撮です、スタッフも「本物」を使っていますしw
個人的に一般人目線代表の青柳美月 / アキバブルーが好きです。
スーパー戦隊の「お約束」に拘るヲタクのレッドや同じくノリノリなイエロー(やよい/ピースと気が合いそうですw)
に振り回される様が面白いですwでも良い子は見ちゃダメです、お色気もありますからw
[ 2012/04/15 23:21 ] [ 編集 ]

ポケモンの前例を考えれば、自分と同じサイズの虫とかトラウマ物のような気が…昆虫の体表面って顕微鏡で拡大すると凄いんですよ?

自身も小さくなる辺り、敵キャラもちゃんとKをYするぐらいの事はできるんですね。感心だなぁ
[ 2012/04/16 18:47 ] [ 編集 ]

Re: 沖佳苗は『地球戦隊ファイブマン』ファンらしい

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
タイトルにある沖さんは大の特撮ファンで有名ですよね。
ゴセイジャーに出演されたことは覚えてます!

ポリマジョですかw 流石pixiv、ネタとあらば隙がありませんね。
今回のスマプリは独自のテンポを大事にしつつも、成田脚本のメッセージ性も共生させる良い回だと思います。
お約束展開は嬉しいですね! こういう展開を大事にしてほしいです。

ゴーバスに関しては「夢と現実のギャップ」、「そのギャップに苦悩する大人」という子供には結構難しい話ではないでしょぅか。
中々暗い題材を使った斬新さは評価したいですが、やはり後味が悪いですね…
今回話題に出たリュウジ達の「先輩」が後の話でキーワードになってくるんでしょうね。
そのキーワードが明かされる時、カズヤ君も救われるような展開がほしいですね。

アキバレンジャーはS.H.フィギュアーツを通して知る機会がありました。
と言っても名前ぐらいしか知りませんでしたが… なるほど、ソバスチン様一押しの特撮番組だと。
正直この手の特撮ものは自主制作ビデオのような三流ものばかりだと思ってましたが、
ちゃんとしたスタッフも揃ってると。中々熱意を感じさせますね。ネタなんだか本気なんだかw
MXは私の家でも映るので、機会があれば見てみようと思います。
毎度の情報提供、ありがとうございました。
[ 2012/04/17 00:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ふくじんづけ様、コメントありがとうございます!

スピアーとかモルフォンとかって主人公トレーナーとほぼ同じ大きさなんですよねぇ。
それらポケモンは意思疎通が簡単だからまだしも、リアルな巨大虫に会ったらそりゃトラウマもんでしょうね。
顕微鏡でしか見れないような虫たちの精密な姿を嫌というほど間近で見るとなると…嫌だなぁ。
人によっては地球防衛軍に出てくる蟻とか蜘蛛とかも(表面の質感とかは結構リアル)駄目っていう人もいるから、そういう人がこんな目に会うと…ゾ~ッ

今回の敵キャラはとにかくノリで動いてるようなモンですからね。
バッドエナジーを奪い取るシーンさえなければ、マジで只のズッコケ三人組(笑)みたいなモンです。
アカンベエを倒された後、マジョリーナが大きさ的に自分でも倒せることに気づくシーンなんか、ノリの塊でしょうw
[ 2012/04/17 00:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/61-84e0bc39