HG改造 ガンダムアメイジングエクシアリペア レビュー

IMG_8507.jpg

「自分語り記事は自分の好きなように書くだけだから更新余裕だろ」
とか調子こいてたら思うように暇がとれず、結局かなりの放置状態になってしまいました。
まだ自分語り記事が書き終わりそうにないので、お茶濁しも難ですが、
BF本編で活躍した某改造プラモを自作したのでそれを紹介したいと思います。
IMG_8491.jpg
はい、最終回で登場したガンダムアメイジングエクシアリペア(仮称)です。
(仮称)というのは公式で正式な名前を貰ってないからです。
その為資料が非常に少なく、作るのは意外と手間がかかってたり。

とりあえず本編の映像からなけなしの情報を得て、
適当にパーツを組み合わせて適当に必要最低限の合わせ目消しをして、
適当に部分塗装した後適当に半ツヤ消しスプレーを吹いて完成しました。

半ツヤ消しスプレーを吹くのは初めてだったのでドキドキしましたが、質感はそこそこいい感じ。


IMG_8492.jpg
私情がゴタゴタしてた為、モチベーションは正直高いとは言えず、かなりダラダラ作ってます。
その為完成品プラモとして見るとかなり粗が目立ちます。バリ跡とか。


IMG_8493.jpg
後ろは普通のGNドライブ。一応トランザムブースターも装着できます。


IMG_8494.jpg
胸はアメイジング仕様から通常のエクシア仕様のものに変わっていることが確認できたので、
HGエクシアを買ってきて移植。レンズだけはアメイジングのものを使用しています。


IMG_8495.jpg
マントはエクシアリペアの時にもお世話になったティッシュを使用。
市販のティッシュを1/4サイズに破った後、シャーマングレーのスプレーを吹いて、
胸と腕で挟み込むように取り付けました。前回のエクシアリペアよりは質感はいいはず。


IMG_8497.jpg
本編でのマントの長さはもう少し長めですが、エクシアリペアと違ってアメイジングの方は、
左腕が健在の為、腕がチラ見できるような長さにすることにしました。
所々ティッシュの元の白さが残ってるのはご愛嬌。


IMG_8502.jpg
1番改造に悩んだ部位である膝当て。
スタービルドストライクとの戦闘で左脚の膝当ては損傷しており、
最終決戦でも左脚はケンプファーアメイジングの膝当てを使用しているので、
「ここは何か代替パーツを使ってるのだろうか?」と思いましたが、
映像見る限りじゃアメイジング仕様の青い膝当てが取り付けられてました。
仕方ないので従来通りのアメイジング仕様の脚にすることに。


IMG_8501.jpg
部分塗装としては足りない部分の色を補うとともに、
成形色が灰色の部分を全て水性ホビーカラーの黒鉄色に塗り替えました。
私はメタリック大好き星人なので、こうしてガンプラの灰色の部分はよく黒鉄色に塗ります。
その方がメカニカル感が増しますし、良いアクセントになると思うんですよね。


IMG_8503.jpg
ちなみにレンズ内部は水性ホビーカラーのシルバー塗装。
メタリック系は水性ホビーカラーでも隠ぺい力が強いので重宝します。


IMG_8504.jpg
適当にブンドド。


IMG_8505.jpg


IMG_8506.jpg
まあ、ダラダラ作った割にはそこそこ良い出来かな。

ただ正直あまり良い改造とは思えません。
エクシアリペアと違ってパーツを削ったり意図的に傷つける部位はなく、(ウェザリング・ダメージ加工は別として)
ただ単に胴体をエクシアのものに変えてマント付けるだけですから。
エクシアリペア作ってる時の方がまだやり応えがありました。
まあ、初心者向けの改造としてはおあつらえ向き…なのかな?

後は最終決戦仕様(ケンプファーアメイジングのパーツを取り付けた姿)も作りたいですが、
ケンプファーの腕とエクシアの胴体の肩軸じゃ、微妙に合わないんですよね。
肩軸を延長させればどうにかなると思いますが、そうなるとエクシアの腕がはめられないし。
う~ん、またHGエクシアの胴体をもう1つ作らなきゃならんのか~!?
なにか良い案が欲しいところ。

あととりあえずメタリックは正義。
とりあえず塗装が思うように上手くいかないという方はメタリックカラーで筆塗りしましょう。
全身に使うのではなく、部分部分に使えば良いアクセントになります。アナザー系MSは特に。
もちろん塗り過ぎには注意。何事も基礎を大切に。

 
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/23 12:31 ] ガンプラ(HG) | TB(0) | CM(6)

こんばんは。
マントの質感再現、色々な方法がありますが、これは手軽で良いですね。
塗料スプレーを持ってないのですが、原液を薄めて染めたりできるのでしょうか?
アクセントに黒鉄色は私も好きでよくやります。
使ってみてからシルバーやゴールドもアクセントに良いなと学んだこの頃。
ジーク・メタル!
[ 2014/08/23 19:00 ] [ 編集 ]

トイレ&音姫内蔵のガンダム

どうも「ガンダム Gのレコンギスタ」先行放映を鑑賞したソバスチンです。
ネタばれなので感想は控えますが、久しぶりにワクワクしました4話以降も楽しみです(^▽^)/
バトルもスピード&ビームミサイル垂れ流しみたいな、単調なものではなくシーンも多いですd(-_^)
このクオリティで完走してくれれば名作になるでしょう、因みに観に行ったのは船橋のららぽーと。
京葉線沿線なのでキャラホビ(幕張メッセ)帰りで白いプレバンの箱を抱えた人もいましたねw

アメイジングエクシアのリペアへの改造ですが、ティッシュによるマントの再現は中々だと思います。
RGの正規のパーツは造形が良いのですが「布」では無い事による限界もありますから。
自由に瞬かせるという点で遊び心を感じさせます、作って楽しいか?ブンドドして楽しいかが
ガンプラの本分だと思いますのでd(-_^)
 そういえば腕が損壊してないのにこの改造を提案したのはアランの方でしたね。彼の本編への拘りですかw
元々黒田氏始めOOのスタッフが多いので、参戦作品の縛りはあった物のOOのセルフパロディーが多かったですね。
2期のトライではラルさんの続投は決定しましたが、ユウキ会長は登場するのか?
前期は変なグラサンを掛けてましたから次はオールバックでしょうかw?
[ 2014/08/23 19:21 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ト・マス様、コメントありがとうございます!

ティッシュでマントを再現するのは経済的ですし、
ティッシュを破った時の形が程よくマントのズタボロ感を出しててちょうどいいんですよ。
>塗料スプレーを持ってないのですが、原液を薄めて染めたりできるのでしょうか?
マントに使ったスプレーは、Mr.カラーの缶スプレーを使います。
薄めたりせず、基本的にそのまま吹き付けて使うものです。(筆塗りと同じく少しずつ吹きつけます)
塗料を薄めて使いたいのであれば、プロスプレーを使うのをオススメします。↓
http://www.mr-hobby.com/itemDetail.php?iId=44
本格的にやるのであればエアブラシが1番でしょうが、価格がネックになってきますからね…
ジーク・メタル!
[ 2014/08/26 22:33 ] [ 編集 ]

Re: トイレ&音姫内蔵のガンダム

ソバスチン様、コメントありがとうございます!
もう試写会の時期ですか。そういえばプラモ発売も来月ですね。
刻一刻と迫っている… Gレコを楽しむにあたって色々と準備が必要そうです!

ティッシュによるマント造形は1度エクシアリペアでコツを掴んだので、
今回は前回の反省点などが生かせたと思います。
前回はひたすらマントを黒マーカーで塗りたくってましたから…

>2期のトライではラルさんの続投は決定しましたが、ユウキ会長は登場するのか?
前期は変なグラサンを掛けてましたから次はオールバックでしょうかw?

そんなことより漫画2巻でユウキ先輩が使ってたHi-νガンダムヴレイブ発売してくれませんかね…?
[ 2014/08/26 23:00 ] [ 編集 ]

フルアーマーΖΖは、ガンダム→mkII→Ζ→ΖΖ→フルアーマーΖΖと、
ゴツくハイディティールにすればするほどハッタリが効いて強く見える」路線の到達点だけに、こうして見ると迫力がありますね。
もうちょっと登場話数が多ければ良かったのですが…。
[ 2014/08/29 12:31 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!
もしかしてフルアーマーZZの記事とお間違えでしょうか。

かつてティターンズは「ガンダムによる心理的影響」を及ぼす為だけに、
ガンダムヘッドを装着させたヘイズルなどのMSを作ってましたからね。
そのガンダムが重武装させてきた時の圧巻っぷりは計り知れないでしょう。
しかしどのフルアーマータイプも基本的に「重くて操縦し辛い」ので機会に恵まれませんね…
[ 2014/09/01 15:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/611-ef8018b9