S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー響鬼 レビュー

IMG_8736.jpg
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー響鬼
メーカー小売価格:5400円

久々のMGレビューで疲れたけど、まだまだ終わらないぜい。
WOLTは後回しにするとどんどん溜めていく傾向にありますからな。適宜消化していきます。

というわけで、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー響鬼をレビューいたします。
IMG_8753.jpg
仮面ライダー響鬼

ヒビキが変身する鬼。頭部の角は通常形態と「紅」が銀色の二本、「装甲響鬼」が金色で少し大きなものになる。
和太鼓の音撃武器で戦う音撃戦士であり、数多くの音撃打を身に付けている。
炎の属性を備え、炎を活かした鬼幻術・鬼棒術を多用する。太鼓・管・弦のいずれも習得しているため、
臨機応変に対応可能なマルチプレイヤーである。


ライダー史上でもトップクラスのゴタゴタっぷりと賛否両論を招いてしまった仮面ライダー響鬼の、
主役ライダーの響鬼さんがフィギュアーツ真骨彫シリーズ第2弾として商品化。
中の人の棒読みばかり目立ってしまう(?)彼ですが、実はライダーの歴史の中でもスペックは高く、
太鼓もトランペットもギターも使える超人なのです。


IMG_8754.jpg
フロントビュー。第1弾のカブトに比べると、かなりヒョロっとした細いプロポーションです。特に胴体。
カブト以上に装甲が少なく、ほぼ人間の身体に近いせいでしょうか。
全身はツヤツヤの紫塗装。見本に比べて結構テカテカ光ってます。


IMG_8756.jpg
リアビュー。
ここまでフロントビューと印象の差のないライダーも久々か?


IMG_8757.jpg
顔。まさしく響鬼さんの顔そのものです。流石真骨彫。
額の鬼のマークもきっちり造形されてます。


IMG_8759.jpg
胸部パーツは細かい部分もちゃんと造形されてますね。
ちなみに体色はwikiによると「マジョーラアンドロメダII」なんだとか。なにそれ。


IMG_8763.jpg
後ろ。


IMG_8760.jpg
音撃鼓 火炎鼓。


IMG_8802.jpg
取り外し可能ですが、火炎鼓は巨大化せず。残念。


IMG_8761.jpg
腕。下腕部はヒビ割れの造形とか細かく掘ってあって見栄えが素晴らしい。


IMG_8762.jpg
脚。ここは…そんなに感想はないか。


IMG_8766.jpg
可動範囲。腕関節はもちろんのこと、肩が90度以上上げられるのは驚き。
肩パーツが肩側面にスライドするように取り付けられてる為、可動の妨げになりません。


IMG_8767.jpg
腕の引き出しは並み程度。


IMG_8768.jpg
ただ、伸ばした時に胴体の関節パーツが見えないようカバーのようなパーツが取り付けられてます。


IMG_8770.jpg

IMG_8771.jpg
腰も前後に良く曲がります。


IMG_8772.jpg

IMG_8773.jpg
左右にもある程度振れます。


IMG_8774.jpg
腰も問題なく1回転可能。


IMG_8776.jpg
脚もバリバリ開きます。関節部には腕同様にカバーパーツが取り付けられてます。


IMG_8777.jpg
膝立ちも余裕。

総じて可動は非常に優秀です。


IMG_8779.jpg
付属品ズ。


IMG_8780.jpg
これ、変身音叉 音角。ギミックは特にありませんが、造形は優秀です。


IMG_8781.jpg
展開前のものは右腰にラッチ可能。


IMG_8782.jpg
ディスクアニマルのディスクモード。
アカネタカ、ルリオオカミ、リョクオオザルの3枚が付属。流石に変形は不可能。


IMG_8783.jpg
起動前のディスクは左腰にラッチ可能。


IMG_8785.jpg
音撃棒 烈火。サイズは意外と小さいです。


IMG_8786.jpg
非常に分かり辛いですが、2本の先端の鬼の顔はちゃんと作り分けられてます。細かい!


IMG_8795.jpg
そして先端部を差し替えれば、炎を出している状態にもできます。


IMG_8787.jpg
後ろ腰にラッチする時は専用のものを取り付けます。
この時の烈火のサイズは、手持ちのものよりも更に小さめ。


それではブンドドてりゃー!

IMG_8803.jpg
ハーッ! と炎を振り払うイメージで。


IMG_8788.jpg

IMG_8789.jpg
フィギュアーツ屈指の可動範囲を持つのに、イマイチ格闘シーンが印象になかったりする。
鬼爪用の手首が付かないのも残念。


IMG_8790.jpg
一応ガンバライドではキック技もありましたね。鬼蹴りだったっけ。


IMG_8791.jpg
ディスクアニマルを音叉で起動させ、ヨロシクゥ!


IMG_8792.jpg
こっからは烈火の出番。


IMG_8793.jpg

IMG_8794.jpg
ぶっちゃけると特殊な技を出してる時以外は炎を出してませんね、烈火。


IMG_8797.jpg
烈火弾の溜めポーズをイメージして。


IMG_8798.jpg
そういえば「烈火剣」なんて技もありました。まあアレは烈火が完璧なライトセーバー状になるんですけどね。


IMG_8799.jpg
ま、普通に炎出して振り回してるシーンも十分カッコイイです。


IMG_8801.jpg
清めの音を叩きこめ~!


IMG_8800.jpg
乱れ童子を倒したときの爆裂強打の型のポーズすき。


IMG_8804.jpg
以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー響鬼のレビューでした。

細いと思っていたプロポーションですが、動かしてみると特に違和感はないですね。
個人的にもう少し胴体あたりを筋肉質にしてもいいと思うんですけど… まあ、これはこれで良しとします。
可動面もよく動き、アクションフィギュアとしての完成度は非常に高いのですが、
付属品が所謂「痒いところに手が届いてない」状態です。
格闘シーンの為の鬼爪パーツは付いてませんし、音撃打を決める為の巨大版火炎鼓もありません。
そのせいで遊びにちょっと幅ができちゃってる感じです。せめて火炎鼓さえ揃っていれば~
まあエフェクトパーツやディスクアニマルといった小物は付属されてるので、サービス面はキチっとしてます。
あんまり我儘ばかり言わずに、ちゃんと完成度の高いフィギュアを作ってくれたことに感謝しましょうw
この調子で装甲響鬼も作ってほしいな… あ、フィギュアーツキバも忘れずに…


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/08/30 16:06 ] S.H.フィギュアーツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/619-5aebbd44