RE/100 1/100 ナイチンゲール レビュー

IMG_8884.jpg
RE/100 1/100 ナイチンゲール レビュー
メーカー小売価格:8640円

こういうガンプラを買うこと自体のはいいのですが、
店頭買いするのではなく通販で頼むべきだったと身に染みて思い知りました。
流石にデカすぎる。背景紙に収まらないかと思った。

というわけで、RE/100 1/100 ナイチンゲールのレビューをいたします。

※当記事で紹介しているキットは付属のシールのみ貼った素組みの状態です。
付属のデカールは、説明書の指示であった部分のみ使用しています。

IMG_8889.jpg
MSN-04Ⅱ ナイチンゲール

小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』に登場し、『CCA-MSV』に分類される機体。サザビーの強化発展機。
サザビーに比べて頭頂高はやや低く、体勢も前傾姿勢で、胴体部は前後に伸びるように大型化されている他、
巨大な肩部バインダーにはα・アジールのものを小型軽量化したファンネルを10基を搭載。
後部アーマーに2基、背部に3基、計5基のプロペラント・タンクが接続されており、稼働時間の延長が図られている。
スカートアーマー内には、かつての重MSジ・Oにも装備された隠し腕(接近戦用マニュピレーター)が仕込まれており、
MAクラスの巨躯を持つ機体でありながら近接戦闘能力を備える。シールドはサザビーとほぼ同一形状のものを携行。
武装は当初はメガ・ビームライフルとビームサーベル及びファンネルのみとされ、
ゲームなどで登場する際には独自設定として胸部にメガ粒子砲が存在し、シールドにサザビーと同様に
ミサイルが装備されている場合があった。しかしその後、プラモデル「RE/100 1/100 ナイチンゲール」において
シールド裏にミサイルが配置され、漫画版『ベルトーチカ・チルドレン』においてはさらに頭部のコックピットや
ビームトマホークの所持、腹部のメガ粒子砲の存在も描かれ、サザビーと同様の
豊富な武装とギミックを持つ機体として扱われるようになっている。


キット化に恵まれなかったシャア専用の決戦兵器、ナイチンゲールが新ブランド『RE/100』にて遂に立体化。
純粋にMSとしての機能を発展化させたHi-νガンダムと違い、こちらはMSとしてのスタイルを捨ててまさかのゲテモノ化
MB(モビルビースト)とかMM(モビルモンスター)とか言った方が正しいんじゃないでしょうか。
ちなみにグーグルとかで「ナイチンゲール」で画像検索をかけると、
かのお方よりも遥かにこちらの関連の画像の方が多く出るのは有名な話。


先におさらいしておきますと、『RE/100』とは『REBORN-ONE HUNDRED』の略称。
「」GUCシリーズの延長線上のもので、MGよりも外装の造形に拘る」…とは公式からのお言葉。
簡単に説明しますと、「フレームレスの1/100ガンプラ」ということです。
通常MGはフレームとなる骨組みに外装パーツを組み込んでいく組み立て方なのですが、
『RE/100』シリーズはそうではなく、HGシリーズのようにパチパチパーツを重ねて組み立てていきます。
「MGのクオリティをそのまま1/144サイズに縮小させた」のがRGシリーズなら、
『RE/100』シリーズはその逆の、「HGのクオリティをそのまま1/100サイズに拡大させた」ものになりますね。(若干語弊はありますが)
実際公式でも「フレームないから組み立て楽だよ!」というような疎い文句をぶら下げております。
もちろん前述した「MGに匹敵する外装のディテール」もぬかりないそうです。
前置きが長くなりましたが、それらを踏まえてキッチリとキットを見ていきましょう。


IMG_8890.jpg
フロントビュー。とにかくデカい。デカすぎる。
全高約30cmほどのボリューム感は伊達ではありません。νガンダムじゃないけど伊達じゃない。
プロポーションとしては、設定画よりも少し背が伸びた印象。(設定画は全身がもう少し「く」の字のように曲がってる)
その分ケレン味が薄まってしまったのは少々残念。


IMG_8891.jpg
リアビュー。後ろから見るとすごい数のバーニアが。
これだけの重量級機体ですからね。


IMG_8965.jpg
付属デカール。
前述の通り、一部だけ使ってます。


IMG_8894.jpg

IMG_8893.jpg
頭。分かりにくいと思うので角度を変えて2枚。
ぶっちゃけサザビーの頭部を後ろにグーッと引っ張った感じですね。


IMG_8895.jpg
胸上部はバーニア以外特にモールドなども無し。何か寂しい。


IMG_8897.jpg
胸下部はバルカンがあります。


IMG_8898.jpg
肩アーマーは小さく、ほぼバーニアのカバー的な役割をしています。
バーニア内部の黄色はキッチリ色分け。


IMG_8899.jpg
腕もやや小さい…というか細長い形状のような。
関節部はサンダーボルトよろしく防塵カバーが装着されてます。


IMG_8900.jpg
ちなみにカバーや下腕アーマーなどはモナカ割り。


IMG_8934.jpg
手首は最近のMGと同じく、エモーションマニュピレーターのみ。
Hi-νガンダムと比べると指の関節が丈夫になり、握りこぶしが作りやすくなった感じがします。


IMG_8901.jpg
フロントアーマー(フロントスカート)。こちらもデカールを貼らなければ小さいバーニアがあるのみ。
一応モールドは彫られてるんですけどね。


IMG_8903.jpg
男のイチモツ…ではなく、…これもフロントアーマーに分類されるんでしょうか。
とりあえず先端はバーニアのみ。


IMG_8904.jpg
サイドスカート内部はバーニアが3つ埋め込まれています。


IMG_8906.jpg
脚。メチャクチャでかいです。
デカすぎて位置取りによってはお互いの足が干渉します。


IMG_8911.jpg
脹脛アーマー内部にもバーニアが。足裏はモールドこそあるものの、色分けはされていません。


IMG_8907.jpg
背中全体。


IMG_8909.jpg
上部にあるのは3本のプロペラントタンク。位置は完全に固定です。
ちなみに当キットに装着されているプロペラントタンクは全てモナカ割りです。


IMG_8910.jpg
巨大なリアアーマー。小さいバーニアが6つ付いています。


IMG_8912.jpg
リアアーマー内部には巨大なプロペラントタンクが2本。


IMG_8914.jpg
タンク先端付近にある赤いラインは、当キットで唯一使用しているデカールです。
貼る部分にモールドなどは彫られてない為、完全に製作側の判断で貼る位置を決めることになります。


IMG_8913.jpg
その下に付いているのは接地用のスタンド。
こいつのおかげでバカでかいナイチンゲールさんも安定して自立することができます。


IMG_8915.jpg
肩アーマーの後ろに装着されている巨大なバインダー。


IMG_8917.jpg
先端に付いているイボイボはファンネル・ビット。キュベレイを思わせるような漏斗型の造形。
取り外しが可能ですが、ディスプレイについては一切触れられてません。
画像は魂STAGEで無理矢理浮かせてますが、単に「ファンネルが外せるよ」程度に思っておきましょう。


IMG_8919.jpg
裏側には9つものバーニアが。バインダーが主な推進器の役割をしているのかな。
それにしては被弾率高めだと思うけど…あ、その為のファンネルか。


IMG_8918.jpg
両バインダーの接続部は固定式。
ただしバインダーそのものがデカいので、重さとかで接続部も若干ヘタリます。
気になる人はダボを太らせるなり、いっそ完全に接着するなりしましょう。


IMG_8920.jpg
可動範囲。
腕は90度ややいかない程度に曲がります。


IMG_8921.jpg
肩の上がり具合は90度ほど。


IMG_8922.jpg
引き出し機構は無し。精々ライフルを両手で抱える程度だから、そんなに重要じゃないかな?


IMG_8923.jpg
首は左右にある程度動かせます。前後には微動する程度。


IMG_8924.jpg
例の如くモノアイもしっかり左右に動きます。


IMG_8926.jpg
脚関節。最大の曲げ幅はこの程度が限界。


IMG_8927.jpg
上げ幅に関しては、フロントスカートの可動の仕様上、この程度が限界。
後ろも同程度ですが、地面に設置する際は足がデカすぎて、後ろには殆ど動かせません。


IMG_8928.jpg
分かりにくいですがリアアーマーも可動します。
ただスタンドの可動域の関係上、自立させる為には自ずとこちらの可動域も限られます。


総じて最近のガンプラとしてはかなり動かないキットとなります。
とはいえこんなゴツい見た目ですし、素立ちさせるだけでも十分なインパクトです。
問題は可動面より、むしろ後述する武装との兼ね合いの面が…


IMG_8930.jpg
その他付属品。


IMG_8937.jpg
メガ・ビームライフル。巨大なナイチンゲールに相応しい、超巨大なライフルです。
ただし装着時のアーマーとの干渉面のバランスがかなり悪く、
上手く位置をずらしてやらないと手首ごとポロリする恐れが高いです。


IMG_8939.jpg
銃身にはバイポッドスタンドが備わっており、展開することができます。
が、一体何に使えというのかは不明。少なくともナイチンゲールのガタイで狙撃の構えなんて…


IMG_8936.jpg
ライフル自体も、HGでよくあるモナカ割り+砲身を後付けするタイプ。チープさが拭えません。
全長はビルドストライクのおよそ2倍。


IMG_8933.jpg
シールドはサザビーのものをそのまま巨大化させた感じ。
デカールを貼ってないのでなんか寂しいです。


IMG_8932.jpg
内部にはシールド先端にミサイルが装備されてます。
また、ビームトマホークを装填することも可能。


IMG_8935.jpg
全長はビルドストライクの2倍いかない程度。1.7~1.8倍くらいかな?


IMG_8945.jpg

IMG_8946.jpg

IMG_8947.jpg

IMG_8948.jpg
ビームトマホークには、ビームホーク刃(小)・(大)、サーベル刃の合計3つが付属。
全部乗せをすることも可能です。


IMG_8941.jpg
ライフルとシールド持たせて素立ち。撮影範囲ギリギリのスケールです。


IMG_8960.jpg
ライバル機と並んで。
ナイチンゲールの身長自体は、Hi-νガンダムより少し大きい程度。
最も横幅や前後幅は段違いですけどね。


それではブンドドドド~

IMG_8944.jpg

IMG_8943.jpg
度重なるライフルの装着の末に、マニュピレーター君が限界です。
カッコイイ射撃ポーズをとるには、腕を支えるスタンドが必須かも。


IMG_8949.jpg

IMG_8950.jpg

IMG_8953.jpg
ビームサーベルなら、そこそこカッコイイポーズがとれてるかしら。


IMG_8954.jpg

IMG_8955.jpg
大きいホーク刃は2つ付属してほしかった。シナンジュみたいにできたのに~


IMG_8961.jpg
そこそこ可動するけどバックパックが妙に外れやすい機体VSバックパックは外れないが殆ど可動しない機体
見事に相反している。


IMG_8962.jpg
設定によれば白兵戦用の隠し腕があるみたいですが、キットでは再現されず。
この柔軟性のなさそうなボディで殴り合いは不向きだよなぁ。


IMG_8964.jpg
以上、RE/100 1/100 ナイチンゲール レビューのレビューでした。

全体的なプロポーションは、そこまでモンスターっぽいわけではなく、
むしろサザビーっぽさを意図的に残したような、やや人間的なフォルムを描いていると思います。
ゲテモノっぽさを求める人にはイマイチかもしれませんが、これはこれで十分カッコイイです。
可動については正直期待してなかったのでこれも許容範囲。

当キットの問題点については、恐らく『RE/100』というカテガリそのものに起因するかと。
まず「フレームレスで組み立てスピーディ」という疎い文句に関してですが、
いくら設計が簡単になったとはいえ、組み立てるモノがモノなのでガッツリ時間はかかります。
明確に測ったわけじゃありませんが、筆者は完成までに2時間以上は掛かったと思います。
そもそもナイチンゲールはHGやMGといったスケールモデルのプラモで立体化したことがない為、
掛かる製作時間の単純比較はできないはずです。疎い文句としてはどうも弱いじゃないかと。
一応1つ1つのパーツは大きめで、ポリキャップも少なく精密作業も少ないのは確かです。
しかしこれまでガンプラを作ってきたモデラーさんなら、
「同じ1/100サイズなら、フレームから精密に組み立てていくMGの方が作り甲斐がある」
という方もいるかと思います。

もう1つが… これが最大の問題点だと思うのですが、『MGに匹敵するディテール面』について。
前述しました通り、MGはフレームに装甲を取り付けて組み立てるプラモです。
MGのディテール面の魅力とは、そういった骨組みから作ることによる機体デザインの精密さ…
具体的に言うなら、装甲と装甲の間からフレームがハミでて見える部分なんかが魅力だと思うのです。

一方の『RE/100』は、これも前述した通りHGをそのまま1/100にした感じなので、
スジ彫りなどのディテール面は所詮、HGと同程度に過ぎないのです。
HGに勝るディテール面は、せいぜい細かいバーニアが造形されてるとか、
バーニアの内部が色分けされてるとかくらい。そもそもスジ彫りの箇所だってそんなに多いわけじゃない。
ぶっちゃけ言って結構ノッペリしてます。1/144サイズなら許されても、1/100でこれは…
これが「MGに匹敵する」とは思えないのです。

もちろん、シリーズ初期作品ということでまだ手探りの部分があることでしょう。
RG第1弾のガンダムだって色々問題のあるキットでしたしね。
しかしこちらの第1弾はガンダムと違い、つくづくキット化に恵まれなかったナイチンゲール。
期待の新カテゴリによる、栄えある第1作なのに、妙に不運なスタートを切ってしまったようでなりません。
(単に私がケチを付けすぎているだけかも)

そもそもこの『RE/100』、一体誰を対象としているのか分からないんですよね。
多分上級者モデラーさんなら、ディテールの精密なMGを好む方が多いかと思います。
逆に設計面の簡易さから、「ガンプラ初心者なら勧めるのでは?」とも考えましたが、
何度も言うように当キットはMSの中でも最大クラスのスケールを誇るナイチンゲール。
組み立ては単純作業の繰り返しとはいえ時間がかかるのは事実ですし(初心者なら尚更)、
いざ完成しても、そのスケールの大きさ故にめちゃくちゃ置き場所に困ります
そもそも高額商品ですし、あらゆる面で初心者さんに対する負担を大きいと思われます。
ああ憐れなりナイチンゲール。第1弾に選ばれてしまったが為に…

しかし腐ってもナイチンゲールの立体化は貴重な機会です。
パーツ構成が簡単になっているとはいえ、必要なパーツ分けはされている為塗装はそこまで難しくないでしょうし、
前述した通り、人の好みは分かれるでしょうが、プロポーションの纏まり度は高いはずです。
長々と書いて申し訳ないですが、純粋にナイチンゲールが大好きな方、
または「RE/100の未来に賭けてみるぜ!」という方は是非是非ご購入して、バンダイにお布施なさってください。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/09/12 10:27 ] ガンプラ(RE/100) | TB(0) | CM(10)

対象ははっきりしてると思いますよ?もちろん上級モデラーから初心者まで。
構造が単純であるということは、イコール手を加えやすいということに他なりません。
上級モデラーはHGだろうがMGだろうがとことんまで手を入れるので関係ないかと。
個人的にはガンプラに慣れて、そろそろ改造でもしてみようかな…という所謂「にわかモデラー」
が対象なのかなと思います。隠し腕なんかに顕著ですが、できれば再現して欲しかったですが
その分値段にも跳ね返ってくるでしょうし、なるたけ作りやすいようにしといた感が漂っています。
あとディテールについてですが、個人的にはMGがごちゃごちゃ付け過ぎなんだと思います。
何より、このナイチンゲールは史上初めてメーカーが一般流通で販売する商品になります。あまり凝ったディテールやスタイルのアレンジは
入れて欲しくありません。まずフラットな状態の立体物を望んでいましたので、今回の商品内容はベストだと思います。
初めてでしかも長文になりましたが、巷で言われているディテールや仕様について、どうしても言いたく思い、コメントさせていただきました。
[ 2014/09/12 13:32 ] [ 編集 ]

プラモデルに限りませんが、精密でない=のっぺり・大味
では無いと思うんですよね。

実写版パトレイバーのイングラムなどは
ディティールとその密度が増えた事で、メカメカしさは増しましたが
同時に元のデザインが持っていた美しさが失われていると感じます。
(イングラムの場合、監督がソレを狙っている節もありますが)

要は好みの問題であって、優劣の問題では無いと言う事で。
[ 2014/09/13 02:04 ] [ 編集 ]

とおりすがった人

誰に賛成、誰に反対、と言う訳ではありませんが。

確かに、ナイチンゲールの市販化は喜ばしい事ですが
「ハイディテールな外観」
「マスターグレードに比肩するシャープな造形」
「設定考証を取り入れた説得力のあるディテール」
と言う謳い文句が、結果的に物足りなさを感じさせる要因ではないでしょうか。

この謳い文句では、どうしてもMGと比較してしまいます。
MGと比較すれば、コストダウンされた部分が優劣となって見えてきます。

RE/100とMGはブランドが違うと言うのであれば
それらを比較させるような文言を使用してはいけません。
つまり、公式の販売戦略上のミスです。

だから、このような問題が起こるのではないでしょうか。
[ 2014/09/13 06:56 ] [ 編集 ]

一見して縦に引き伸ばされているのが分かりますよね。
ナイチンゲールは、アニメじゃないから動かさなくていいと言わんがばかりの人型離れしたフォルムが特徴だったんで、そこをモビルスーツ系統樹の整合性にためにアレンジされると、なんだかガッカリしてしまいます。
[ 2014/09/13 18:05 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

のんどん様、コメントありがとうございます!

私が「初心者にも上級者にも合わない、どっちつかずなカテゴリ」と評したのを逆に受け止め、
「初心者から上級者まで幅広く対応している」と受け止めたわけですか。なるほど。
確かに1/100サイズであれば改造が簡単そうです。1/144だとサイズの小ささ故に、
ジョイントパーツを入れようとしても入らなかったりすることが私も多々ありました。
確かにスケールモデルのガンプラ初ということで、余計な装飾はいらないかもしれませんね。
しかしそれだったら私としてはHGUCで出してほしかったと思います。やはり値段が張るので…(^^;

長文でも一切構わないので、キットのことに関して思ったことがあればドンドン書いてください。
私自身の知識の教養に繋がりますので。
[ 2014/09/14 15:47 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ナナジン様、コメントありがとうございます!

今回のナイチンゲールは初ガンプラ化ということもあり、
公式側も細部のデザインに困ってたのでしょうね。
前のコメントにもありましたが、下手なディテールを加えるよりも
元々の設定画のコンセプトを残したのでしょうね。
[ 2014/09/18 02:49 ] [ 編集 ]

Re: とおりすがった人

とおりすがった人様、コメントありがとうございます!
名前とタイトルを間違えたのでしょうか。
とりあえず今回は名前有り扱いにします。

仰る通り、今回のレビューはかなりMGとの比較を重視してる面があります。
特にディテール面はちょっと誇張表現かと思います。
そもそもナイチンゲールは初ガンプラキットですから、比較すること自体が間違いかと…
これがRX-78-2だったら違ってたんでしょうが。
ナイチンゲールにとってもRE/100にとっても、ややしこりの残る封切りとなったのではないでしょうか。
[ 2014/09/18 16:18 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

児斗玉文章様、コメントありがとうございます!

私も、ナイチンゲールにはもっとゲテモノらしさを残してほしかったと思います。
プラモ化するにおいて人型に近くなってしまったのは残念ですね。
ROBOT魂なら何とかしてくれるかもしれません。その分値段も張りそうですが…
[ 2014/09/20 01:01 ] [ 編集 ]

今回のナイチンゲール、試作品を見た段階から賛否分かれるキットになるであろうことは予想できていました。
しかし、ガンプラを造って30年、ナイチンゲールの発売を待ち望んだ私には世間の評価なんかどうでもいい。
あのナイチンゲールが高額でスキルも必要となるガレキではなくプラモデルとして発売されたことに意義があると感じます。
ディテールや可動に不満をお持ちの方も多いようですが、私は素人ながら30年で培った知識もスキルもありますので、ディテールの追加や隠し腕の可動工作を前提で購入しました。
実際に組んでもタイトでピーキーなMGやPGと違って伸びしろのある素晴らしいキットだと思います。
何より、かってのファースト時代の1/60スケールキットの(良い意味で)ざっくりとした造りを思い起こさせてくれます。
全く不満が無いわけではありませんが、傑作キットであることは間違いないと思っています。
 
乱文長文、失礼いたしました。
[ 2014/09/29 23:05 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ガンスミス様、コメントありがとうございます!

コメント文から察するに、ナイチンゲールの公式プラモ化を待ち侘びていたみたいですね。
ガレキのは最初見てビックリしました。そもそもガレキ自体私にとって馴染みのないものなので。
30年もの技術を培ってきたガンスミス様にとっては改造などお茶の子さいさいかもしれませんが、
私にとっては少し敷居が高い気がします。まあ、ナイチンゲールをプラモ化してくれたこと自体は素直に嬉しいですけどねw
私も少し改造してみましょうかしら。せめて隠し腕のギミックだけでも…
[ 2014/10/05 10:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/631-6deb9947