今週の最強銀河 究極ゼロ 48話

最強銀河 究極ゼロ 48話 『一番星のレイ、それは究極のゼロ!!』

ゼロep48 0

最終回目前なのに、後番組が宣伝されないどころか6:30の新作アニメの宣伝ばかりする始末。
そりゃキャストは一部似通ってるけど… やっぱこの時間の後番組は単なるバトスピの繋ぎ役なのか。
ゼロep48 1

ネイクスのせいでとにかく宇宙がヤバイ。おまけにキリガとエリスもいない。
彼らが作った道を無駄にしない為にも、ネイクス本体に挑みたいレイですが、
肝心のトレジャー号はネイクスの力に阻まれて出力不足。
でも何やかんやでレイの持つ力で銀河中のカードの力が結集し、トレジャー号は前進。
キリガとエリスのアルティメットシンボルを受け取ったレイは究極色に染まり、ネイクスに最後のバトルを挑みます。
エッジウルフやU・ジークフリード、U・セイバーを揃えて攻撃を仕掛けるゼロですが、
ネイクスはバーストやトリガーカウンターなどのマジックを駆使してゼロに攻撃の隙を与えず、
それどころかライフを増やし続け、何とアニメ史上最多であるライフ12に。
それでも前進あるのみと、U・ムゲンドラゴンを召喚し、【W・Uトリガー】でライフを一気に3つ削るゼロ。
しかしネイクスは動じず、遂に切り札である「蛇帝星鎧ブレイヴピオーズ」を召喚。
召喚時効果でライフを4つ捨て、その捨てた数だけゼロのスピリット・アルティメットを全破壊!
ゼロのバースト「ネオ・コールオブロスト」でU・セイバーだけでも何とか手札に戻すことに成功。
そしてブレイヴピオーズはゴシック・グラーヴにブレイヴ。蛇遣い座の恐怖に、ゼロは耐え切ることが出来るのか?
そして宇宙の運命は? というかキリガとエリスは何処に?


ゼロep48 2

やっとのこさOPの伏線回収。長かった。
序盤の「皆のカードで出力全開」の描写はツッコまないでおこう。
あれぐらいの超展開は以前のバトスピでもあり得たことだし。無性に叩きたくなるのは最強銀河究極ゼロだからだろう。
バトル内容はかなり白熱していたと思います。ライフ12とかぶっちゃけアニメだからこその描写ですが、
恐怖演出としては十分ですぞ。三龍神&三相棒竜(勝手に命名)を手に戦うってのも十分熱い。
ただ今回ゼロが召喚したアルティメットはジークフリード、セイバー、ムゲンドラゴンだけなんだよね。
公式のデッキレシピを参照すると、ジーフクリーデンは出せないまでもサジットアポロドラゴン、ジークヴルムノヴァ、
メテオドライアン、ショコドラのアルティメットは出す必要があると思いますが…
まあ次回は丸々バトルでしょうし、尺はあるでしょうから何とかなる…かな? すんごいアルティメット祭りになりそう。

ちなみにラストバトルにてようやく姿を現した蛇帝星鎧ブレイヴピオーズですが、
「今週の一番星」で意図的にボカされた効果とは、
『合体中のアタック時に、自分の効果で破壊されたカード1枚につき相手の手札を1枚破棄させる』というものです。
「自分の効果」とは召喚時の破壊効果のことでしょうか? ちょっと分かりにくい。
むしろ恐ろしいのは合体元であるゴシック・グラーヴの方で、このスピリットが相手によって破壊された時、
自分の手札から紫のカード2枚を捨てれば回復状態で場にとどまることができるようなのです。
そんでもって再びブレイヴピオーズとブレイヴすれば、再びスピリット・アルティメットの破壊効果が…
必要なライフも、ネイクスの戦術から察するに、まだまだライフと手札を増やす気なのでしょう。
おまけにゴシック・グラーヴ自身もBPが高いわけではなく、ブレイヴピオーズとブレイヴしても最大BPは15000。
アルティメットなら簡単に超えられる数値でしょう。多分破壊されるんだろうなぁ。

本編のストーリーは全く楽しめなかったので、せめて最終回ぐらいはバトルを楽しめたらいいな。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014/09/14 10:34 ] 最強銀河 究極ゼロ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
※コメントは管理人が承認するまで表示されません

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doddemokuriasiteyany.blog135.fc2.com/tb.php/633-9853caaf